戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「リアリズムをネットで学ぶ」より書評

今日の甲州は曇ったり雨がぱらついたりと、梅雨特有のはっきりしないお天気でした。しかし気温は確実にじわじわと上がってきてますね。

さて、原稿の締切りなどで時間がないので、今日は人のブログに紹介されていたレビューをそのまま引用。3エントリー前の書評と同じ本の書評です。

===

リアリズムをネットで学ぶ

奥山真司氏のブログやAmazonのレビューで「攻撃的」と評されていた吉田亮太氏のリアリズム論「覇権支配システムー力の均衡と世界の民主化ー」を早速購読した。

読後の印象としては、吉田氏のリアリズム論は決して「攻撃的」なものではなく、その論調とは逆に、非常にクールかつスマートなもののように感じた。

吉田氏の結論を私なりに換言すれば、「リアリズムにとっては、米中露という大国間のバランス・オブ・パワーを適切に管理することこそが新たな世界大戦を予防し現在及び将来の世界平和を維持するために最も重要なことであり、この目的の前ではリベラリズムが主張する自由民主主義の発展や人道問題などは『コーヒーショップの泡』のような瑣末事に過ぎない。しかし、民主主義国の覇権国であるアメリカはその政体の制約により国家のパワーを自由に行使することが出来ず、そのことが非民主主義国である中露との勢力均衡を図る上で大きな弱点となっている。したがって、アメリカをはじめとした民主主義国を制約から解き放ち、国家のパワーを自由に行使できる存在に変化させなければ、世界のバランス・オブ・パワーは危険な状態に陥るであろう」というものであり、そのために必要なこととして吉田氏は「世界の民主化にノーを」唱えよと主張している。

個人的には本書の「第9章 世界の民主化にノーを」が最も刺激的な論考であったものの、「第10章 「新しい中世」の中で」における「新しい古代」や「新しい近代」といったアイディアは未だ生煮えの議論であるように感じた。吉田氏にとっても「リアリズムの現代的展開」に関する議論は現在進行中のものであるのだろう。

本書で示された吉田氏の認識を踏まえれば、今後も日本は覇権国アメリカの庇護の下で東アジアにおける勢力均衡に汲々とするほかない立場であるが、個人的には、バランス・オブ・パワーの維持ではなく劇的変化を企図する中露の攻勢を前にして、日本は果たしてそれだけで有効に対処することが出来るのか疑問に感じるところもある。

いずれにせよ、日本リアリズム界(!?)に突如として彗星の如く現れた吉田亮太氏の激辛リアリズムを本書で学ぶことは、日本のリアリストにとって義務教育に等しいと断言できる。

本年度リアリズム新人賞確定です。

=====

うーん、さすがよくまとまってます。
Commented by Great_Gatsbyy at 2011-06-21 22:13 x
「一般の大学院よりもはるかに多種多様な年齢・職業の人からなる放送大学大学院のゼミはまるでトーマス・マンの『魔の山』さながらの人生や思想のるつぼだったといえます。自由民主主義の楽観的な勝利を説く方が多い中で、時には袋叩きに遭いながらも怪気炎をあげ続けた2年間は、私の人生の中でももっとも充実した時間だったと自負しております。」(本書あとがきより)

いまここに、現在の日本の知的閉塞状況を打破し、新世界を開く戦闘的思想家が誕生した。

そう、私は確信します。
by masa_the_man | 2011-06-20 23:55 | おススメの本 | Comments(1)