戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アメリカの国防政策 by 福田毅

今日の甲州は薄い雲がかかっておりましたが、それなりの初夏のような天気でした。

さて、久々にオススメの本のご紹介。できたてホヤホヤの最新刊です。

b0015356_23431513.jpg


『アメリカの国防政策:冷戦後の再編と戦略文化』by 福田毅(昭和堂、2011年)

著者の方は国会図書館で国防関連の情報を扱う、いわば情報のプロの方なのですが、実は私も戦略研究学会を通じて親しくさせていただいている同い年の方です。

この本の内容なのですが、日本では本当に珍しく、冷戦後のアメリカの国防コミュニティーで議論の的になってきたイシューや概念の経緯などについてかなり詳細な説明がなされており、冷戦後の各政権の個別の国防政策の傾向と対策のみならず、本ブログでも簡単に紹介してきた「戦略文化」や「RMA」、そして「COIN」などについて防衛コミュニティー内外で行われてきた議論についても詳しく論述。

具体的な本の構成ですが、

第1章 アメリカの軍事力の特質
第2章 国防政策をめぐる論争の焦点
第3章 ベトナム戦争と冷戦期の国防政策
第4章 最大の敵の喪失と新戦略の模索
第5章 冷戦と9.11 の狭間で
第6章 米軍の「変革」(transformation)と二つの戦争

となっており、全266ページに参考文献や索引までついた本格的なもの。

どうやらこれは「アメリカの経済モデル社会」というシリーズの一環として出版されたようなのですが、シリーズとは全く関係のない単著としても通じるクオリティーの高さを感じます。

唯一の難点として挙げるとすれば、この本の体裁が学術書的で脚注がつくものであり、あまり一般向けに作られたものではないという点かも知れません。ただしそれを越えてもあまりある情報量の多さと濃さは注目かと。

戦略学や安全保障だけでなく、これからのアメリカの対外政策を知る上でも日本語で読めるかなり貴重な本です。この分野に関心のある方には必読書です。
Commented at 2011-05-18 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-18 17:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2011-05-18 21:32
waterloo さんへ

>売り切れています

再販しました!

>まだ発売されていないのですか?。通販サイトで、ひっかからないみたいです。

みたいですね。実は来月発売です。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-05-18 21:33
メルソー さんへ

>英語の論文や図書の内容紹介は「超お得」で重宝

ありがとうございます。お役に立てていただければありがたいです。

>論文の話もお聞かせ下さい

了解です。次の成果を期待しております。コメントありがとうございました
Commented at 2011-05-19 07:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ラッコさん部隊 at 2011-05-21 12:41 x
アマゾンがまた在庫操作をやっている。
関岡英之氏の『国家の存亡』という本を、どうしても日本人には
読ませたくないらしい。
アマゾンジャパンの社長、ジャスパー・チャン氏の指示だろうか。
by masa_the_man | 2011-05-17 23:56 | おススメの本 | Comments(6)