戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

宮崎氏のメルマガから転載:ルトワックの意見

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より 
     
=======

◯戦略に一貫性を見失った中国の誤謬:拙速に軍事大国をみせつけ、周囲を敵対させてしまった

 中国は戦略に整合性を欠如し始めていると指摘するのは米国シンクタンクで戦略研究をするエドワード・ルトワック博士である。
 彼は「中国はナチス・ドイツと同じ誤りを繰り返すのか?」と疑問を呈する。彼が来日した折、数人でルトワック博士を囲んだ。

 第一に中国は現在、「総合戦略」を欠いている。一部の指導層にはあるかもしれないが大半は自己の狭い利益のために動いている。

 第二に中国はそのあまりに拙速で迅速な軍事力の拡充に、世界を早く警戒させすぎた。自己の力を誇示して英国を警戒させ露仏との同盟に向かわせ、結局包囲されて失敗した第一次大戦前のドイツと同様に中国は失敗の途上にある。

 となれば中国は軍事力を削減し、領土紛争を一方的に解決するという自己犠牲的な方針を取らない限り、米側陣営(米、日、印、アジア諸国)の警戒を解くことはできない。だから失敗する。中国側が米側陣営と対抗できる蓋然性は例外的にロシアと同盟できるか、どうか。しかしロシアが中国と同盟するだろうかとルトワックは続ける。

 1890年末にドイツの産業システムは英国より優れていたうえ、科学でもギリシャ文学でもドイツ語の知識なしに研究ができない有様であり、英国の凋落は明らかだった。

 しかしドイツが英国より優れていたのは軍事力ではなく、産業・金融、科学・学術の分野におけるシステムだった。30年後にはドイツが世界のナンバーワンになることは誰の目にも明らかに思われた。だがドイツは第一次世界大戦に敗北し、英国はその後も数十年の世界覇権を維持できた。この文脈から言えば、現在の中国は当時のドイツと同じ危険な道を走っている

 英国はフランスと植民地争奪戦を演じていたもの、モロッコの帰属ほかで妥協し、フランスを同盟国とした。
他方、日英同盟を締結し、ロシア帝国を牽制し、はたまたロシアとも同盟関係を結び、米国とイタリアも英国の陣営に引っ張り込んだ。こうして英国はドイツ包囲網を形成し、囲まれてしまったドイツは敗北した。


 ▲GDP世界三位までの中国は比較的おとなしかった

 中国はGDP三位だった2008年あたりまでは適切な戦略を行使してきた。
 2008年九月からの「世界金融危機」で欧米、日本の衰退と反比例して中国の台頭に自信を得るや、唐突に傲慢になり、「ドル基軸は過去の遺物、ドルに変わる貨幣を」などと発言し、南シナ海や東シナ海で軍事行動を展開し、日米両国、アセアンからインドまでに中国脅威感を与え、究極的には中国脅威に対抗できる連合機関を造った。

 ルトワックは次のように結論する。
 「人口でもGDPでも軍事力でも中国のかなうところではない。第三次世界大戦が起こると思っているわけではないが、戦火を交えないレベルでの様々な「闘争」において、中国は米国陣営により包囲され、究極的に敗北へ到る。これは現在の趨勢がつづく限り確実なコースである。

中国は余りにも早く世界を警戒させすぎたのだ。台頭する国家がやってはならない誤りである」

 それゆえに日米両国は今後、ロシアを取り込む外交を展開することが極めて重要になり、ルトワックは「そのために日本は北方四島問題を「棚上げ」してロシアと戦略的関係を築くべきである。ベトナムやインドと連携を深めているのは良いセンスだが、ロシアが鍵であるなどと言っている。

 この大胆な問題提議、じつは『フォーリン・アフェーズ』に掲載される前に、人民日報系『環球時報』に抄訳され、中国の知識人が先に読んだという。

====== 
Commented by FFF at 2011-05-17 03:27 x
ご無沙汰してます。
なんとなく「イチイチ中国はめんどうだな」と思ったとき、地球儀を見て「ロシアと手を組んで叩いてしまえ」と思ったことがあります。
完全に直感だけでしたが、こうして文章になると「なるほどな」と改めて思いました。
北極海ルートのこともあるし、ロシアとの関係は重要なのでしょうが、具体的なことはサッパリ分かりません(笑)

遅ればせながら、試験合格おめでとうございます。益々のご活躍に期待させていただきます。
Commented by yoshi at 2011-05-17 08:15 x
いつも興味深く拝見しております。
ビザ無し交流事業の関係で北方領土に2回訪問したことがあります。
墓参事業と高校社会科教師達とです。
どなたも返還に強い意志を持っていない印象でした。同行した外務省の方は中央アジア担当でしたし。
ロシアと関係強化というのは面白いですね。
領土問題の上手な棚上げ方法があればよいのですが。
Commented by 大阪人K at 2011-05-17 21:17 x
かつての冷戦時代はソ連を包囲するために中国を西側に引き入れ、結果、ソ連を追い詰めることに一役を買う。

そして、西側に引き入れたはいいが、今度は中国が嘗てのソ連並みに厄介になって来たので、次はロシアを引き込む。

何でしょうか。このシーソーゲームは(笑)
これが典型的なシーパワーの戦略はというところで何でしょうか。

竹島で揉めながらも、それなりに協力関係がある韓国の例もあるので、ロシアとの協力関係も不可能ではないでしょうね。
問題はそれに対して、棚上げに日本国内のどれだけの人が納得できるのかが微妙なところでしょうか。
Commented by yutakarlson at 2011-05-17 21:25 x
中国の高速鉄道には重要な軍事的意図が隠されている―米誌―【私の論評】敵に塩をくれてやっただけではなく、軍事力の増強にも手をかしている平和ボケ日本!!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。昔から、鉄道は、軍事目的に使われていました。中国の高速鉄道も例外ではありません。しかも、これは、日本の鉄道を技術を盗用してつくられたものです。これでは、まるで、敵に塩をくれてやっただけではなく、軍事力の増強にも手をかしているようなものです。平和ボケ日本、ここにきわまれりという所だと思います。米誌は、こうしたことも、やんわりと、指摘するという目論見もあったのかもしれません。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
Commented by umi at 2011-05-17 23:05 x
ドイツと同じ道ですか。

そういえば、中国の戦略的国境論はドイツ地政学の生存圏やアウタルキーの考え方と似ているところがありますよね。

これは、おかれている環境が似通っているからなのか、それともたまたまなのか・・・。
Commented by ぱんだ at 2011-05-17 23:05 x
ロシアと手を結べというのは、「敵の敵は味方」ということですかね?北方領土の戦略拠点化は、棚上げして大丈夫なんですか?ロシアの南下政策とも関係ありそうですけど…。
Commented by 愚人 at 2011-05-18 01:49 x
英語の報道は最近BBCとCNNを見るくらいですが、確かに中国は調子に乗っているものの、欧米にはあまり危機感が無いような?
欧州が危機感無いのは地理的に当然としても、米国は実のところどうなんでしょう?

中国を包囲するのにロシアを取り込む戦略には賛成です。北方4島返還はもう一度ロシアと戦争するしかないでしょう。放棄はするべきではありませんが、どうせ返還不可能なのであれば、棚上げくらいはかまわないかと思います。

でも、日本にはロシアに対する不信感が根強いようなのでどうですかね?
直近の脅威はロシアより中国だと思いますけど、親中の人は多いですが、あまり親露の人は見かけませんね。鳩山前総理くらいですか?
戦略的に正しくても日本人には無理そうな気がします。
Commented by 焔剣 at 2011-05-19 01:52 x
かつて、かの国と戦略的関係を築いた結果、現在まで引きずる問題を起こしている訳ですから、論外ですな。

大陸国家間の争いに火をつける策があれば良いのですがねえ・・・。
Commented by at 2011-05-20 00:19 x
最近震災、原発で何か物申す気力も失せてしまいました。
一時的に米中が対立していましたが、一連の戦略対話で軌道修正がおこなわれ、結局衝突回避に向かいそうです。
中国はアメリカとは絶対対峙、仮想敵国は叩きやすい日本なんですよね。
今後アメリカが国益のために中国と安定的な関係を選ぶとなると、奥山さんも著書で指摘するように、日本は間違いなく切られるでしょうね。
その時日本は変化して欲しいと願っていますが、今の体たらくを見ると没落してしまうのかなぁと不安以外感じません。
Commented by at 2011-05-20 11:03 x
×中国はアメリカとは絶対対峙
◯中国はアメリカとは絶対対峙しない
Commented by littlefox at 2011-05-27 10:19 x
中国が海外からの反発と、インフレに苦しむ国民からの突き上げの狭間でどこまで冷徹な戦略を取れるかみものですな
by masa_the_man | 2011-05-17 02:20 | 日記 | Comments(11)