戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

口頭試験当日の話

今日のイギリス南部はよく晴れまして、午後になってから気温がかなり上がりました。半袖の人間がチラホラ見えるほど初夏のような陽気です。

一昨日のエントリーに対して本当にたくさんの方にお祝いコメントいただいております。本当にありがたいです。

さて、当日の様子を少し。

口頭試験の日程なんですが、およそ一ヶ月ちょっと前、つまり三月の末あたりに、担当指導教官とは別の女性教授から連絡があり、「4月28日(木)の午後2時から開始するのはどうか」という連絡がありまして、私はもちろん問題なかったのでOKを出しました。

時差ボケの関係もあるため、私は到着してから二日ほど間を開けておくべきだと考えまして、イギリス着を25日(月)の午後にしました。そうなると日本は同日昼前の出発ということになります。

着いた次の日である26(火)は朝三時頃目を覚ましてしまったのですが、さすがに長旅の疲れが溜まっていたので午前中にもう一度寝て、街で簡単に買い物をする程度にしてゆっくり過ごしました。

そして二日目となる27(水)なんですが、ロンドンで長年お世話になっているC教授と昼飯を食べることになっていたので、ちょっと眠かったのですが電車で向かい、ついでに色々と口頭試験をやりすごす方法を教わってきました。

彼が私にアドバイスしてくれたのは、

1,リラックスせよ。それしかない。
2,イギリスの政治学系の博士号論文の口頭試験の場合、平均時間は1時間〜2時間の間。
3,進行だが、まずは全体的な質問からはじまり、それから各章での細かい部分についての質問に移っていくことになる。

というもの。もちろんこの人自身も外部・内部試験官を何度もやったことがありまして、私の元コースメイトたちも彼に試験官を担当してもらっております。

このようなアドバイスをいただいてかなり参考になったのですが、いざ当日を迎えてみると、なんだかやはり落ち着かないもの。

ちなみに試験を受けたあとにどのような判定が下されるのかというと、基本的には大きくわけて四つの結果が出るわけで、

①合格(パス)
②修正したら再提出(マイナーリヴィジョン)
③大規模修正して再提出(メジャーリヴィジョン)
④不合格(フェイル)

となります。

そして②の場合は三ヶ月以内に再提出、③の場合は一年以内に書き換えて出すということになります。

私は自分の感覚では「最低でも②で大丈夫だろう」とはなんとなく感じていたわけですが、それでもいざ本番が近づいてくると不安なもの。英語だってネイティブではないですから、どこまで試験官を説得できるのか未知数なところがあります。

当日は朝はまだ時差ボケが残っているために早起きしてしまったわけですが、昼にサンドイッチを食べてから昼寝をしようと決めていたので、15分ほど部屋で休んでから、スーツで正装し、普段はあまり乗らないバスにわざわざ乗って、試験会場となる先生のオフィスに開始15分前に到着しました。

オフィス近くの待合室のような場所に行ってみると、なんと昼飯を終えたイギリス人の白人のカップルがイチャイチャしている現場に遭遇。

彼らはデレデレしながら愛を語り合っていたのですが、こっちはこれから人生を決定する大事な一戦が待っていたので、お互いになんだかミスマッチの雰囲気を感じつつ居心地の悪さを感じて座って待っていると、いよいよ学部全体の博士号コースの担当者となっている女性教授が登場。

ここで彼女がとんでもないことを私に言ったのです。これには驚きました。

と、ここまで書いて時間切れです。続きはまた明日。
b0015356_718939.jpg
(結婚式二日前のWhitehallの様子)
Commented by 池沼・高橋和司 at 2011-05-01 07:31 x
改めておめでとうございます。いきなり博士号を取得されたということは先生は①の合格(パス)を授与されたわけですね。今までは先生と呼んでいましたが、これからは博士と呼ぶことになりますね。

ただ博士号は単なる学者の「普通自動車運転免許」のようなものなので(免停・免許取り上げはないですが)、これからも精進して、場合によっては指導教官も敵に回すような言論を著述して下さいね。
Commented by masaya at 2011-05-01 07:34 x
すごい臨場感あふれる描写ですね。こっちが試験を受けている様な気になってきました。
Commented by 柴崎力栄 at 2011-05-01 13:01 x
奥山さんに質問。

わたくしの名前(↑)にurlを入れたツイート。

「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ。(東郷平八郎)」

は、当日のどの場面でつぶやいたのでしょうか。
Commented by ざわ・・・ざわ・・・ at 2011-05-01 18:46 x
はやくしてくれぇ><;;
Commented by masa_the_man at 2011-05-02 07:06
柴崎さんへ

>当日のどの場面でつぶやいたのでしょうか。

もちろん出発直前です。正確にはネットを見ながら昼飯のサンドイッチを食べていた時に書き込みました。どういう意味で書き込んだのかはもちろんお察しいただけるかと(笑)コメントありがとうございました
Commented by けいしゅう at 2011-05-03 09:56 x
だいぶご無沙汰しております。

このたびはおめでとうございます。
お祝いかたがた、オフ会にお訪ねします。

本当に、おめでとうございます(^ー^)
by masa_the_man | 2011-05-01 07:18 | 日記 | Comments(6)