戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

オフ会参加者の方にいただいた本

今日の甲州は昼間まで晴れたんですが、午後から曇りまして、一気に寒くなりました。春はまだなんでしょうか?まるで冬でした。

さて、今日は久々に本の紹介。といっても珍しく日本の本です。

b0015356_0541980.jpg

「日本ダメ論」のウソ
by 上念 司

この本は、実は先月のオフ会にいらした人に直接いただいたもの。出たばかりの新刊です。

中身は基本的に経済ものなんですが、その特徴としては最終章で地政学についての議論が展開されており、小生の著作からもいくつか引用されております。

まさかこういう本の中で私の本の内容が引用されるとは思わなかったのですが、興味のあるかたはぜひ。
Commented by nanashi at 2011-03-25 08:58 x
リフレ派は、戦前の新興宗教と同じだ
理論と現実の接点に位置する最も信頼のおける経済学者が存在する場所は、日本においては日銀だ
経済学者とバランスシートが接する場所が、最も知恵の宿る場所であり、独創的な「マイナス金利」論を唱えているのも日銀出身者
その対極にいるのが、リフレ派や某アルファロガーのような反リフレ派であり、もっとも信頼できない人たち
Commented by nanashi at 2011-03-25 09:04 x
高橋洋一はバランスシートが人間の営みであることが分かっていない。理解することと経営することは違う。
バランスを理解しているものなら、あんな大言壮語は吐かない
バランスシートは、「構え」や「受身」であって「解決策」ではない
Commented by nanashi at 2011-03-25 09:07 x
福島の原発に海水を入れる行為と、リフレ派の考え方は非常に良く似ていると思う
Commented by デマゴーギを修正してみた。 at 2011-03-25 10:30 x
緊縮財政派は、戦前の新興宗教と同じだ
理論と現実の接点に位置する最も信頼のおけない御用経済学者が存在する場所は、日本においては日銀だ
経済学者とバランスシートが接する場所が、最も知恵の宿る場所であり、独善的な「消費税増税」論を唱えているのも日銀出身者
その対極にいるのが、リフレ派や某アルファロガーであり、もっとも信頼できる人たち
Commented by デマゴーギを修正してみた。 at 2011-03-25 10:38 x
上のは文章がちとおかしくなりましたが、比較のためあえてそうしてます。

>高橋洋一はバランスシートが人間の営みであることが分かっていない。理解することと経営することは違う。
バランスを理解しているものなら、あんな大言壮語は吐かない
バランスシートは、「構え」や「受身」であって「解決策」ではない

財務諸表論を理解してないなwwww

>福島の原発に海水を入れる行為と、リフレ派の考え方は非常に良く似ていると思う

内国債で破綻した国を教えて下さいなw
ついでに24日の参院公聴会を聞いて、財務省の負債額の嘘を認識汁
根拠もなく、レッテル張りとかミスリード乙。
Commented by 待兼右大臣 at 2011-03-25 22:38 x
帯をみて手にとるのをやめたのですが、そういうことでしたら、該当部分だけでも見てみます。
Commented by sdi at 2011-03-26 01:36 x
待兼右大臣殿
書籍の帯、特に新書の類は本のサイズが小さいせいもあって、やたらと煽り・釣り的な見出しにして店頭での注目を集める方向に走りがちです。内容は、オフ会で筆者の方にお会いしていれば「ああ、あの方の書きそうな文章だな」とは思いますが内容は悪くありません。新書の一般向けとしては出来は良いと思います。ご本人なりにリサーチ・分析して書かれているので無責任なことは書いてません。値段もページ数も手頃ですで、読まれることをお勧めします。読みもせずに批判するのやはり論外でしょう。
Commented by ウヨなM at 2011-03-26 16:11 x
帯の話でなぜか奥山さんの悪の論理~を思い出してしまった
なぜだろう?(笑)
Commented by 待兼右大臣 at 2011-03-28 01:57 x
ということで、書店でザット見てみましたが、確かにSDIさんの言われるとおり、
>>内容は悪くありません
と思いました。しかし、感想としては

「デカルチャー」な本

と言う印象が残りました。
Commented by kabe at 2011-03-28 10:51 x
待兼さん

瑣末なことで恐縮ですが、「デカルチャー」をはじめて聞いたので調べたらとても興味深かったです。この単語自体、肯定的・否定的どちらの響きをもつんでしょうね。そこはニュアンスなのかな。
Commented by 待兼右大臣 at 2011-04-01 15:33 x
>>そこはニュアンスなのかな

単純に「すごい」でもよかったのですが、最終盤であのようなネタ(どんなネタかは実際に手をとって読んでみてください)を出されれば、係り結び的に

「デカルチャー」

と叫ぶしかなかったということです。
Commented by (^o^)風顛老人爺 at 2011-05-16 02:20 x
拝啓、奥山様
日本ダメ論のウソを読み始めました。第五章最終章、中国に土下座しても日本は守れない領土問題のウソ
とあり、此方の章に地政学 アメリカの戦略地図
五月書房が紹介されております。
内容が読み解き易いと感じております。m(_ _)m乱文にて 敬具
by masa_the_man | 2011-03-25 01:03 | おススメの本 | Comments(12)