戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

なぜリーダーたちはウソをつくのか:基本情報

b0015356_23173687.jpg

タイトル:なぜリーダーたちはウソをつくのか―国際政治におけるウソ
原題:Why Leaders Lie: Lying in International Politics

著者:ジョン・ミアシャイマー John J. Mearsheimer
書籍情報:University of Oxford Press 2011年出版 初版 本文104ページ

● 著者紹介
ジョン・ミアシャイマー(1952年〜)シカゴ大学教授。コーネル大学博士課程卒。

●本書の内容
なぜ国家のリーダーたちはウソをつくのだろうか?国際政治において一般的に考えられているのは、「政治家はウソをつく」ということだ。しかし歴史的事実を詳しく検証していくと、どうも彼らは思われているほどウソはついていないらしい。もちろん明らかにウソをついていたケースもあるにはあるのだが、実は国内に向けてウソをついている場合のほうが多いのだ。本書はこれまでほとんど検証されてこなかった「国際政治でのウソ」というものを、国際政治理論の学者として名高いミアシャイマーが体系的に分類してまとめた、いままでに前例のない極めて珍しい視点からの簡潔な研究。

●目次
まえがき
イントロダクション 
第一章 「ウソ」とはどういうことか
第二章 国際関係における「ウソ」の一覧表
第三章 「国家間でのウソ」
第四章 「恐怖の煽動」
第五章 「戦略的な隠蔽」
第六章 「ナショナリスト的な神話づくり」
第七章 「リベラル的なウソ」
第八章 国際的についたウソがバレた時のダメージ
第九章 まとめ

Commented by エルトリューム at 2011-03-27 01:06 x
「国家がつくウソ」と多少似たような使い方がされるのはご存知「プロパガンダ」ですが、両者とも、目指す所は大衆を操作したい。という所が出ていると思われます。
そういえば、昔、ジャパン・タイムスから、良い本(大衆操作 っていう名前の本)が出ていたのを思い出しました。
まだアマゾンでも出物が残っているようですね。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E8%A1%86%E6%93%8D%E4%BD%9C%E2%80%95%E5%AE%97%E6%95%99%E3%81%8B%E3%82%89%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%BE%E3%81%A7-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BBS-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88/dp/4789006743/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1301155779&sr=1-2
by masa_the_man | 2011-03-24 00:20 | 日記 | Comments(1)