戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ティーパーティーとアメリカの対外政策: その2

●テロ攻撃やイランの核開発のような問題は、国際社会は危険だという雰囲気を継続させることになるからだ。

●ちなみに、最近の意識調査によると、実に最大64%もの人がイランの核開発を終わらせるためなら軍事攻撃もやむを得ない、と回答している。

●また、勃興する中国が及ぼすと感じられる脅威は、強力な軍隊を維持し、アメリカはグローバルなコミットメントを継続すべきだという国民の支持を強める働きをするものと思われる。

●ランド・ポール派とサラ・ペイリン派は、共にリベラル・インターナショナリズムに対する反感、つまり国際法や協定などの厳しい網の目による多国間制度機関を通じた国際関係の実践に対する不信感という点では一致するのだ。

●そう言った意味で、ティーパーティー運動に含まれる意味は色々あるのだが、本当に効果的な対外政策を考えるには、まず現実的にありのままの事実を見ることから始めないといけない。

●今日のジャクソニアンたちが消滅するとは考えにくい。しかも色々な意味で、ティーパーティー運動というのはアメリカの世界秩序建設という使命にとっては60年前の孤立主義者よりもはるかに好ましいものであり、その害悪も含めて大歓迎すべきなのだ。

●トルーマン政権時代のジャクソニアンたちと比べても、今日のジャクソニアンたちは人種差別的ではなくなっているし、反フェミニスト的、反ホモでもなくなってきており、他文化や異なる世界観にたいしては寛容である。

●さらに言えば、今日の南部の共和党のポピュリストたちはリベラルな資本主義の中核となるコンセプトに対してかなり許容しているところがあり、百年前のウィリアム・ジェニングス・ブライアンの支持者たちと比べるとその差は明白だ。

●対外政策の実務者たちは、国民からの余計な介入なしに外交に集中したいと考えることが多い。

●ところが彼らの望みはアメリカで叶えられることはない。なぜならもしティーパーティー運動が過ぎ去ったとしても、また別のポピュリスト運動が登場するはずだからだ。

●アメリカの政策家たちや、海外の政策家たちは、アメリカの政治を動かす大きな力を深く理解することなく自分たちの仕事をうまくこなすことはできないのだ。
Commented by キモオタ at 2011-02-28 14:25 x
えーっと ファーストイメージとか土人論とかで思いついたんですけど

白雪姫って話ありますよね SnowWhiteって奴

あの話を聴いた時ってさ 大抵の人は白雪姫側に立ってお話を聴きますよね 守る小人たちや王子様とかそっちの方 

でも、人の本質を鑑みると、たいていの人はそれこそ97パーセント以上は どちらかというと 悪い王妃なんですよね 精神構造が

そりゃ、世界で一番美しいのは誰?という高レベルまでは達する人は少ないでしょうけど
多かれ少なかれ、現実の自分とは違うセルフイメージを持っていて
それが否定されると他人を呪ったり社会を呪ったり国家を呪ったりするんじゃないかと 

そして、自分より優れた他者に対して毒林檎を食わせることに悦びを感じるんじゃないですかね・・・

勿論、自分も含めてですけど

Commented at 2011-02-28 14:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:41
キモオタさんへ

>人の本質を鑑みると、たいていの人はそれこそ97パーセント以上は どちらかというと 悪い王妃

なるほど。

>現実の自分とは違うセルフイメージを持っていて

いるでしょうなぁ

>それが否定されると他人を呪ったり社会を呪ったり国家を呪ったりする

ありますね。つまりは「否定」なんですが。

>自分より優れた他者に対して毒林檎を食わせることに悦びを感じる

これがフクヤマの言うところの「優越願望」とかにつながりますよね。コメントありがとうございました
Commented by 村石太マン at 2011-03-10 21:58 x
アメリカの政治で検索中です。
アメリカの政治家の人数は 何人かなぁ?高齢者は何人かなぁ
社会人は何人かなぁ(医療 福祉 公務員 消防署 警察 労働者 民営化企業 中小企業経営者 商店 輸出 輸入 フリーター 芸能人 風俗嬢 ジャニーズ 他) 子供は何人かなぁ 人口密度。経済。税金(市民税 県民税 固定資産税 都市計画税 消費税 他たくさん) 治安。外国労働者。軍事費 
生活費 給料(この場合日本の平均年収では困ります)他
時給自足できる国はあるのだろうか?国際社会。天候など
世界の国の細分析研究会(名前検討中
世界とノーべル賞 
世界史研究会(名前検討中
政治研究会(名前検討中
by masa_the_man | 2011-02-27 02:17 | 日記 | Comments(4)