戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

国際関係の「三つのイメージ」:再録

今日の甲州はかなり気温が上がりまして、午後になってから風がかなり強烈になりました。どうやら春一番というやつみたいです。

さて、国際関係に大きな影響を与えるリビア情勢の先が見えない中東はますます混沌となってきましたが、今日は裏のほうでも活用している、ウォルツの「三つのイメージ」について。

実は去年あたりから、ビジネスをやっている方々の前で私がお話させていただく時にウォルツの「三つのイメージ」という分析法を使うことが多くなったのですが、この概念についておさらいをするために、かなり昔にこのブログのエントリーで書いたものの中の、主要部分だけをもう一度ここに貼りつけておきます。

これは自分の人生や組織の戦略を考える場合にも使えますので、ぜひ応用してみて下さい。

=====

国際関係や世界情勢を論じる場合の考え方の枠組みとしてさまざまな方法があるのですが、これをわかりやすく分類したのが、ネオリアリストの創始者であるケネス・ウォルツ(Kenneth N. Waltz)でした。

ここでも何度か紹介している名著、『人間、国家、そして戦争』(Man, the State, and War)という古い本(1959年刊)の中で、ウォルツは「ファースト・イメージ」、「セカンド・イメージ」、「サード・イメージ」というアイディアを提案しております。

b0015356_152641.jpg


これはどういうことかというと、国際政治の動きを分析する際に「どのレベルを見ていけばよいか」ということを言っているわけです。

たとえば今回の「アメリカによるイラク侵攻」という事件があったとして、これをブッシュとフセインの関係など、個人の関係などから分析するやりかたがありますが、これを「ファースト・イメージ」による分析といいます。

ところが同じ事件をネオコンや政府内の省内の権力争い、ロビーなどの団体や組織の面や、アメリカの文化などから分析する方法もあります。これは国内レベルを中心に見ますので、「セカンド・イメージ」。

そして国家同士の力関係や国際システムなどの枠組みの変化によってアメリカが侵攻した、という分析は、もっとも高いレベルの「サード・イメージ」による分析である、ということになります。

ウォルツはこの三つのレベルの強さを比較検討して、最終的には「サード・イメージ」、つまり国家の国際レベルの枠組みの力が国際関係を動かすもっとも強力な要素だという結論を出しております。

もちろんすべての国際政治の動きはこのように単純ではなく、ファースト・イメージからサード・イメージまでの力が複合的に組み合わさったものなのですが、とりあえずこの分析法を理解しておくととても便利だということです。

問題なのは、日本をはじめとする国際関係を分析する人々が、往々にしてこの三つのイメージの分析を整理せず、ごちゃまぜにしたままでいる、ということですな。

もちろんこの分析をごちゃまぜにしてもかまわないのですが、欧米の国際関係を分析する学者たちの間では、ウォルツのこのような分析の仕方を基本知識として持っている、という点で大きなアドバンテージなのです。

で、私が翻訳したミアシャイマーなのですが、完全に「サード・イメージ」による分析

これを理解できているといないとでは、なぜミアシャイマーが「国際システム内の枠組み」の中だけで議論をしているのかわからない、ということにもなりかねません。

もちろんミアシャイマーはナポレオンやヒトラーについても論じているのですが、自身の国際関係の理論であるオフェンシヴ・リアリズムを説明する際には、下の二つのイメージを完全に無視して議論を行っております。

もちろんウォルツも言いだしっぺだったので、1979年に発表したネオリアリズムの聖書である『国際政治の理論』では完全に「サード・イメージ」だけの分析でした。

ところがウォルツの「サード・イメージ」だけによる理論では、うまく説明できないことがたくさんありまして、それを出版直後から色々とほかの研究者に突っ込まれておりました。

よって、彼の弟子たちは、この「サード・イメージ」だけの理論に、「セカンド・イメージ」の要素、つまり国内政治の要因(軍国主義、官僚政治、国内の政治闘争など)を含むことによって補ったわけです。

========

この「三つのイメージ」による分析なんですが、かなり応用が効きます。

たとえば「グローバルに展開しているある自動車会社の業績が落ちている」というケースを分析しようとした場合、「三つのイメージ」から考えると、

●サードイメージ:欧米を中心とするサブプライムローンの失敗による、世界経済の失速が原因

●セカンド・イメージ:日本の政府、社会制度、もしくは会社組織そのものの制度疲労などが原因

●ファースト・イメージ:社長をはじめとする会社のリーダーたちの責任

という風にわけることができます。

ちなみにこれは個人の人生を分析する際にも使えるわけで、たとえば「最近自分の収入が落ちているなぁ」と考えた時に、その原因を探ってみると、

●サード・イメージ:世界の景気が悪いことに原因がある。

●セカンド・イメージ:会社がダメだから問題がある。

●ファースト・イメージ:自分自身に問題がある。

という風に考えられるわけです。

ここで重要なのは、あらゆる分野で「成功した人物」というのは、どう考えても「ファースト・イメージ」で考える人、いいかえれば「人生で起こる全てのことは、自分に責任がある」と考えている人が圧倒的に多い、という事実です。

そこで教訓:自分の人生は徹底的にファースト・イメージで考えるべし
Commented by 中川信博 at 2011-02-26 07:58 x
ご無沙汰です。

>あらゆる分野で「成功した人物」というのは、どう考えても「ファースト・イメージ」で考える人、いいかえれば「人生で起こる全てのことは、自分に責任がある」と考えている人が圧倒的に多い、という事実です。

このように考える人々を「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」で分析したのがマックス・ウエーバーでしょう。かれらの予定説に対するbehaviorがまさしくサード・イメージとは言えないでしょうか。

ですからご指摘の"成功した人物」というのは、どう考えても「ファースト・イメージ」で考える人、いいかえれば「人生で起こる全てのことは、自分に責任がある"というよりは"ファースト・イメージで考える実践を積んだ人が成功する"ではないでしょうか。
Commented by 中川信博 at 2011-02-26 08:10 x
訂正
>かれらの予定説に対するbehaviorがまさしくサード・イメージとは言えないでしょうか。

サード・イメージ→ファースト・イメージ

失礼しました。
Commented by エキゼエル at 2011-02-26 14:48 x
奥山さんお疲れ様です
〉「人生で起こる全てのことは、自分に責任がある」と考えている人
こういう方は失敗などを基にして更に改善しよう、良くしていこうと物事を積極的に見ているような気がします。
自分から何かしていこうとしたり、人の役に立とうとする意思も大切だと私は判断します。
明日のオフ会でもそのあたりを話せるのが楽しみです。
Commented by nanashi at 2011-02-26 19:22 x
こういうのは宗教の問題だから論争は無意味だな
私の個人的な「成功」の評価基準は二つあって、
(1)学問的には、他人の頭にアイデアの種を植え付けること
(2)子供をつくり育てること
これ以外は、私にとっては無意味な基準だな
Commented at 2011-02-26 20:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-02-26 21:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by えんき at 2011-02-26 21:25 x
ナポレオンが典型的なそれですね。「状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。」 という言葉はファースト・イメージ成功法の名言だと思います。

宗教では、グノーシスや神道の 「外界は内面の投影である」 という考え方が有りますが、これがファースト・イメージの元祖でしょうか。
Commented by 大阪人K at 2011-02-26 22:32 x
重要なのは、状況を変えることは、「それほど難しくはない」という確信を持つか否かと思います。

難しいと感じると、結局は無力感に繋がり自己責任で考えることが出来なくと思えるからです。よって、状況を変えることは簡単なのだという思い込み(勘違い)が一つのポイントになるのでしょうか。
Commented by nanashi at 2011-02-27 06:02 x
私が地政学で重要だなと感じていること

(1)国家の位置関係が地理的に初期条件として決まっていること
(2)資源の偏在と輸送路も地理的に決まっていること
(3)人間は一生を通じてかなり固定性の強い或る世界観を形成していくこと
(4)一部の白人は、上記のどれをも統治の原理として良く理解し操作していること。土人は自分の地理(国境や外国人が拓いた都市の地理的な意味)と世界観が操作されている可能性を理解していない。
(5)累積戦略と順次戦略

   歴史のバランスシート
(借方)言語 : 時間(貸方)



韓国の例でいうと、
朴正煕の漢字教育廃止の決定は、30年以上を掛けて韓国人の世界観を入れ替える効果を生み出し、韓国の文化・政治・安全保障関係の全てを根本的に塗り替えた

Commented by ラッコさん部隊 at 2011-02-27 12:22 x
nanashiさんの「歴史のバランスシート」が、単に仕訳の1つに見える。
nanashiさん、実際に貸借対照表作ったことある?
Commented by 花ブナ at 2011-02-27 12:41 x
成功哲学の元祖、ジェームス・アレンも「あなたの人生は、他人やまわりの環境が作ってきたのではありません。それらはあなたがどんな人間なのかを知らせてくれているだけです」と言っていますからね。

己の人生においてファースト・イメージを失わないことは極めて重要と思います。そもそもそうじゃないと人生が楽しくなりませんから(笑)

結局、サード・イメージというのは、分析者の立場や価値感、受けてきた教育や文化などの「世界観」によって、ああも言えるし、こうも言えるという部分が必ずあるから、自身の行った分析(イメージ)を己がどう納得し、また周りに伝えるか、すなわちイメージを現実へ移しかえる最終の「選択」のときにおいて、絶対的にファースト・イメージの影響を受けると思います。

これは優れたスポーツ選手とか武術家が、まずは己のイメージや普段の心のあり方を重要視するようなところに似ているかもしれませんね。

“You cannot depend on your eyes when your imagination is out of focus. (想像が定まっていないときに目を頼ることはできない。)by Mark Twain”
Commented by 花ブナ at 2011-02-27 13:08 x
また、国や組織を個人のように見立てるとすれば、それらの集合意識の日々のあり様が最終的な意思決定に係るということになりますね。

例えばある戦争がなぜ始まったのか、という分析において色んな(自称)客観論は成り立つけれども、実際には「わかっちゃいるけど、やめられない」という心理が様々なレベルで働いた効果、もきっとあるでしょう(実際、今の世でもしばしばそうであるように…)

例えば心理的トラウマを持った人とそうでない人では、同じ環境要因(例えば他人から悪口を言われる)に晒されても反応が違う。国や組織レベルにおいても、集団心理全体に働く自他の‘捉え方’次第で、最終選択が違うことはあると思います。

孫子のいう「己を知り、相手を知れば…」という基本戦略は、目に見えるものだけでなく、目に見えない自他の集団心理面にも適用することが重要なのではないでしょうか。おそらくそういう面では今の日本より戦国大名時代の方が人材豊富だったでしょうけど。

“Get your facts first, and then you can distort them as much as you please. by Mark Twain”
Commented by elmoiy at 2011-02-27 16:25 x
>人生で起こる全てのことは、自分に責任がある

中世人は、人間は神が最後の審判の光で照らしてくれる日まで運命に甘んじていればよいという考え方でしたが、ルネサンス期になると、ピコ・デラ・ミランドラのような哲学者が、人間が動物と異なるのは、自由意志によって何者にも(神のようにも獣のようにも)なる事ができる点だと主張するようになりました。それに通ずるものがありますね。
Commented by nanashi at 2011-02-27 18:54 x
バランスシートは、
(借方)資産:資本負債(貸方)
ですが、これを最も抽象的に理解して、人間の認識があるから資産があると考え、資産を言語に置き換え、
また一方で、そういう資産を現実たらしめているのは、返済を猶予すること(負債)で自己ないし他者が評価して与えた時間である、と返還して、
(借方)言語:時間(貸方)
とした訳です。歴史があるのは、人間が認識しているから。
仕訳にあたるのは、一人ひとりの人間の頭・世界観でしょう。その集計物が、歴史のバランスシートです。
Commented by touge at 2011-02-27 22:17 x
イメージを3つに分類。というと、内容を読む前になぜか吉本ばななパパの共同幻想論を思い浮かべてしまった...自分が若くないことを感じす...
Commented by 花ブナ at 2011-02-27 22:56 x
>elmoiyさん
>自由意志によって

ところが、その近代思想の基礎となる自由意志について、徹底的に批判したのが、上記のマーク・トウェインなんですね。とくに晩年彼は、人間には自由意志などなく、単に環境=外的要因によって動く自動機械のようなもの、と断定しております。

実際、最近の脳科学においても自由意志は脳活動の‘後追い’である、という観測が得られており、自由意志に関する事態は混沌としております。

私は哲学や脳神経学の専門家ではありませんのでこれ以上深い議論はできませんが、実際普通に意識されるところの「自由意志」というものはそれほど大したものではなかろうと思っています。まあ、土人なので(笑)
Commented by 花ブナ at 2011-02-27 22:57 x
ジェームス・アレンについて話せば、彼は自己犠牲の大切さを説くと同時に、自分の心に嘘をついて他人のために我慢するようなことはやめましょうといっています。大切なのは、あなたの心があなたにずっと送り続けている小さな声に気がつくこと、その本当の心の声に素直に従うこと、と述べています。

アレンのいう小さな声は、プロテスタントや近代思想の基本となる「自由意志」とは本質において異なると感じます。現代的な言葉で言えば「深層心理」に近いものでしょう。むしろ「自由意志」を標榜する表層的な自我を野放しにするあまり、アレンのいう小さな声が掻き消けされてしまうのが近代以降の精神状況かと思います。(蛇足ですが夏目漱石の文学にはこの辺りの葛藤がよく顕れていると思います)
Commented by 花ブナ at 2011-02-27 23:27 x
自由意志の決定が、己によってなされるのか、環境など外的要因によって自然と決まるのか、という問は、結局禅における‘左手と右手をたたき合わせた時、鳴る音はいずれの手から発するのか’という公案と同じことかもしれませんね。

自由に拘るから自由でなくなる。運命論に身を委ねるが故に、己の本当の運命を知り得ない。人間など自動機械に過ぎないといったマーク・トウェインは、とても人間に対して情愛の深い目があったからこそ、その結論に至った。

ロジックで考えると二律背反でおかしいけど、なんとなくわからないこともない。原因と結果は同時の時空には存在しない。必ず位相差がある。ある時Aであったものが、次の瞬間に「Aであったがゆえに」Aではないものに変わる。禅では「即非」という考えでもって、こういうことを捉える、らしいです(笑)

長文失礼しました。
Commented by elmoiy at 2011-02-28 07:27 x
>花ブナさん

なんだかものすごく深遠な話になってきましたね。

自由意志については、ここの「時と状況に応じて社会はこの自由意志と決定論を使い分けている」という指摘も興味深かったです。

tp://syocho.blog.so-net.ne.jp/2005-08-09
個人には自由意志があるのか 
Commented by nanashi at 2011-03-01 11:48 x
私は、18歳の時から、感じている状況に違和感があって、それをなんとか言葉にしようとして時間が経っていくけれども、
この、感覚から言葉に変わるまでの間は、自由意志があるような気がする
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:00
中川さんへ

>このように考える人々を「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」で分析したのがマックス・ウエーバーでしょう

ああ、なるほど。たしかにそうかもしれません

>かれらの予定説に対するbehaviorがまさしくファースト・イメージ

鋭いご指摘かと。

>"ファースト・イメージで考える実践を積んだ人が成功する"ではないでしょうか。

その通りです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:02
エキゼエル さんへ

>失敗などを基にして更に改善しよう、良くしていこうと物事を積極的に見ている

まあどのような成功本や戦略本でも似たようなことを言いますよね。

>自分から何かしていこうとしたり、人の役に立とうとする意思も大切

それはそうですな

>オフ会でもそのあたりを話せるのが

時間がなくてあまりその辺について突っ込んだ話ができませんでした。次回こそはぜひ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:03
nanashi さんへ

>これ以外は、私にとっては無意味な基準だな

そうですか。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:06
キモオタさんへ

>のがもの凄く楽になる

ああ、それはその通りかと。

>の苦痛から開放されるということ

まさしく。

>ファーストイメージですと自分自身ですから他に比べて変革するのは断然楽

対象が一つだけですからね。

>上のコメント

なるほど〜。

>3万人大熱狂ライブ!

わははは。客観的に見れるようになりましたねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:07
えんき さんへ

>ナポレオンが典型的なそれですね。「状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ

そうですなあ

> 「外界は内面の投影である」 という考え方

ひとつのスタイルでしょうな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:10
大阪人K さんへ

>状況を変えることは簡単なのだという思い込み(勘違い)が一つのポイントになるのでしょうか。

ありますね。また、そのために自分が変われるという意思を持てるかどうかも関係してきます。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:12
nanashi さんへ

>土人は自分の地理(国境や外国人が拓いた都市の地理的な意味)と世界観が操作されている可能性を理解していない

こうなると「土人」の定義は?

>(借方)言語 : 時間(貸方)

これの意味がまだわかりません。

>朴正煕の漢字教育廃止の決定は、30年以上を掛けて韓国人の世界観を入れ替える効果を生み出し、韓国の文化・政治・安全保障関係の全てを根本的に塗り替えた

これの意味は?コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:13
ラッコさん部隊 さんへ

>nanashiさん、実際に貸借対照表作ったことある?

どうなんでしょうね。nanashiさんは質問しても答えてくれないので・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:18
花ブナ さんへ

>それらはあなたがどんな人間なのかを知らせてくれているだけです

これもファースト・イメージ的ですねぇ

>そもそもそうじゃないと人生が楽しくなりません

また、自分で人生を変えられるという意思がなくなってしまいますからね

>イメージを現実へ移しかえる最終の「選択」のときにおいて、絶対的にファースト・イメージの影響を受ける

うけますね。これを自覚していない人が多いわけですが・・・

>まずは己のイメージや普段の心のあり方を重要視するようなところに似ている

そうなんです。彼らは徹底的にファースト・イメージじゃないと成功できませんから。

>実際には「わかっちゃいるけど、やめられない」という心理が様々なレベルで働いた効果、もきっとある

あります。

>国や組織レベルにおいても、集団心理全体に働く自他の‘捉え方’次第で、最終選択が違うことはあると思います

ありますねぇ

>そういう面では今の日本より戦国大名時代の方が人材豊富

彼らの場合は命がけでしたからねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:31
elmoiyさんへ

>ピコ・デラ・ミランドラのような哲学者が、人間が動物と異なるのは、自由意志によって何者にも(神のようにも獣のようにも)なる事ができる点だと主張

私もカントがこのような考え方をしたと習った記憶が。運命を自分の責任にするかどうかの違いですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:32
nanashiさんへ

>歴史があるのは、人間が認識しているから。

まあこれはわかりますが、

>仕訳にあたるのは、一人ひとりの人間の頭・世界観でしょう。その集計物が、歴史のバランスシートです。

これがようわかりません。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:33
touge さんへ

>内容を読む前になぜか吉本ばななパパの共同幻想論

そっちですか・・・

>自分が若くないことを感じす...

いやいや、こういう風に類推できるのは悪くないかと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:37
花ブナ さんへ

>近代思想の基礎となる自由意志について、徹底的に批判したのが、上記のマーク・トウェイン

なるほど。

>自由意志に関する事態は混沌

私も十年前に心理学の授業を受けた時には混沌としておりましたが、これって永遠に答えがでないのかも?

>「自由意志」というものはそれほど大したものではなかろうと思っています。まあ、土人なので

わははは(笑

>自分の心に嘘をついて他人のために我慢するようなことはやめましょうといっています

なるほどねぇ

>現代的な言葉で言えば「深層心理」に近いものでしょう。

そうなりますな

>結局禅における‘左手と右手をたたき合わせた時、鳴る音はいずれの手から発するのか’という公案と同じことかも

むむむ、これは?

>ある時Aであったものが、次の瞬間に「Aであったがゆえに」Aではないものに変わる。

これは戦略のパラドックスでも一緒ですな

>禅では「即非」という考えでもって、こういうことを捉える

うーむ、よくわからん(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:38
elmoiy さんへ

>個人には自由意志があるのか 

それではのちほど覗いてみようかと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-01 18:39
nanashiさんへ

>この、感覚から言葉に変わるまでの間は、自由意志があるような気がする

前半はいいんですが、後半が意味不明です。コメントありがとうございました
Commented by nanashi at 2011-03-03 08:39 x
私は会計財務関係の分野から流れてきた人間なので、たぶんバランスシートの知識が共有できないのだと思う
バランスシートは、地政学での累積戦略を記述する表現形式ともいえる。バランスシートという思考の枠組みを利用するメリットは、歴史的な時間を取り込めるということにある
一般的に学問というのは、普遍的な真理を求めようとするので、時間は物理的な時間のみ許され排除されている。経済学でも、全ての交換が終わった時点から全過程を見渡すという視点で記述されているので、時間は排除されている。(ケインズの「長期には我々は皆死んでいる」という言葉の意味は、そういうことだ。
ケインズ経済学は、その点で異質であって、集計つまりバランスシートと非常に密接な関係がある。累積的な表現形式を持つことで、人間の歴史的な時間を取り込めるのだ)
Commented by nanashi at 2011-03-03 08:49 x
物理的な時間というのは、論理が支配しているので、可逆的にできている。
歴史的な時間というのは、不可逆的だ。時点が違うと、そこに分布している言葉が違っている。歴史というのは言葉の累積だとも言える。
そうすると、「私」が言葉の生成に関わっている時間は、歴史的な時間の視点で、過去と現在・未来を自由につないでいる意志の存在している時間ではないか?と考えた
Commented by ラッコさん部隊 at 2011-03-03 11:11 x
言語は文化だが、記号である。手段を使って何を伝えるのか。
B/Sはとても重層的なものであり、言語は勘定科目の1つに
すぎない。
Commented by masa_the_man at 2011-03-04 02:07
nanashi さんへ

>たぶんバランスシートの知識が共有できないのだと思う

誰との共有ですか?

>バランスシートという思考の枠組みを利用するメリットは、歴史的な時間を取り込めるということにある

この意味がいまだによくわかりません。

>累積的な表現形式を持つことで、人間の歴史的な時間を取り込めるのだ

取り込んでどうしたいのかが見えてこないんですが。

>「私」が言葉の生成に関わっている時間は、歴史的な時間の視点で、過去と現在・未来を自由につないでいる意志の存在している時間ではないか?と考えた

意味不明です。もっとわかりやすく解説して下さい。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2011-03-04 02:09
ラッコさん部隊さんへ

>言語は文化だが、記号である。手段を使って何を伝えるのか。

ツールということですね。

>B/Sはとても重層的なものであり、言語は勘定科目の1つに
すぎない。

ここをできればもう少し説明していただけると助かります。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2011-02-26 01:19 | 日記 | Comments(40)