戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中国海軍による侵略の歴史

今日の甲州はよく晴れましたが、気温はかなり低め。東京よりも数度低いと感じました。

さて、久々に話題の論文の要約シリーズを。ただし要約というよりも、ほぼ翻訳状態になってしまいました。

ネタは尖閣問題で注目されている中国海軍の「侵略の歴史」についてです。なかなか面白い。

=============

中国海軍による侵略の歴史

by ラウル・ペドローソ

● 9月7日に日本の海保が船を二回ぶつけてきた中国漁船の乗組員を拘束。その船長には最高三年の実刑の可能性のある罪の疑いがあった。

● この事件は米中両政府の交流は遮断されて、中国側は閣僚級の交流や東シナ海のガス田についての協議の中止、それにレアメタルの輸出禁止をちらつかせ、しかも軍事施設をビデオ撮影していたという四人の日本人を拘留。

● 日本側はこの圧力に負けて9月末に船長を解放した。

● 批評家たちは、この事件が「中国が周辺国に対して侵略的になってきた証拠だ」と指摘。

● しかしこれはなにもつい最近はじまったことではなく、むしろ南シナ海、東シナ海、黄海などでは数十年前から続いている流れの一環にすぎない。

● 海洋の境界を広げ、紛争中の島々や海底資源の主権を主張したり、太平洋の米海軍に対抗しようとする際に、中国は軍事力や脅しを使うことに全くためらいを感じていないのだ。

● この歴史からわかるのは、もしアメリカが太平洋西部の沿岸地方を北京政府の支配下に落ちることを防ぎたいというのならば、彼らはいずれ中国側の影響圏の拡大に毅然とした態度をとらざるをえないことになる、ということだ。

● 中国が最も侵略的なのは南シナ海であり、ここではいくつもの紛争を起こしている。

● たとえば1974年にはアメリカがベトナム戦争から撤退する隙をついて中国は(南ベトナムが支配していた)パラセル諸島に侵攻しており、今日まで非合法的な支配を続けている。

● 長年にわたって中国はこの諸島に軍事駐留を続けており、南シナ海での作戦に使われる航空基地や情報監視施設を建設している。

● ベトナムに対する中国の侵略はその後も続いており、たとえば2005年1月には中国側の軍艦がベトナム領内で操業していた漁船の乗組員9名を射殺している。2009年には17隻のベトナムの漁船を拿捕し、乗組員を合計210名も拘束している。

● 2010年4月には南シナ海全域にたいして漁業資源の保護を理由に、一方的に操業停止を宣言している。

● ベトナム側はこの海域で何百年間も操業してきた歴史をもっており、ハノイ政府はこの宣言を「中国の深刻な主権侵害だ」と受け止めている。

● 中国側も経済制裁に出ており、BPやエクソンモービルに対して「もし南シナ海でベトナムとの合弁事業を続ければ中国本土でのビジネスチャンスを失うことになるぞ」と警告している。

● 中国はベトナムだけでなく、たとえば1995年にはフィリピンの(パラワン海峡という戦略的に重要なシーレーン上にある)ミスチーフ岩礁を占拠している。

●フィリピン側の撤退要求にもかかわらず、中国はこの岩礁に軍事施設を不法に建設しており、ここにある中国海軍はマラッカ海峡やシンガポール海峡からフィリピンや北東アジアににらみを効かせることができるようになっている。

● 中国側の艦船や航空機は、南シナ海を通過しているアメリカの船や飛行機に対して何度も妨害行為を行っている。

● 最も知られた事件は2001年4月に起こった、中国側のF-8戦闘機とアメリカのEP-8監視機が衝突して中国側の空港に緊急着陸したことだ。乗組員は2週間以上拘束されている。

● 2009年3月には中国の政府の船3隻と商船2隻とが海南島75海里ほどの南シナ海にいた調査船インペッカブルを脅しており、緊急停船させている。またそれから数ヶ月後には中国側の2隻の漁船が似たような形でアメリカのヴィクトリアスを妨害している。

● 北京政府はどうやら民間の船を近づけさせて沿岸の海に近づけさせないようにする、いわゆる拒否戦略を使っているようだ。そして北京政府はアメリカ側の中国海洋政策についての発言内容について、かなり敏感になっている。

● 2010年7月に中国は南シナ海で史上最大スケールでの軍事演習を行っており、これには三つの管区のすべての船が参加している。

● この演習は、ヒラリー国務長官がASEANの地域フォーラムで「アメリカの国益は、航行の自由や、アジアの“海洋コモンズ”へのオープンなアクセス、そして南シナ海の国際法の遵守にある」という発言の後に行われたものである事実は重要だ。

● 北京政府は明らかに南シナ海を自国の地政学的碁盤の重要な一角を占める場所であると考えている。その証拠に、今年の三月に北京政府は南シナ海を中国にとっての「核心的利益」であると宣言しており、しかもこの名称は、いままでチベットや新僵、それに台湾などにしか使われたことがない

● 北京政府の東シナ海に対する政策の底にあるのは台湾である。彼らは台湾を自国であると主張しているだけでなく、「台湾海峡を通過する外国の船と飛行機に関する法制度を決定する権限」についての法案を通過させている。ところがこれはこの海峡の船や飛行機の通過を許す、国際的な海洋法に違反している。

● 1990年代半ばに中国は台湾沖で何度も軍事演習を行っており、これは台湾の独立や1996年3月の大統領選の動きを牽制するものだった。

● また、中国はここ十年間で黄海におけるアメリカのプレゼンスに対して大きく反応している。2001年には江滬III級のフリゲート艦が、国際法にのっとって黄海で調査活動を行っていた米海軍のボウディッチと対峙しており、中国の経済排他海域から出るように要求している。2009年にもまた同じく黄海で航行していたアメリカの調査船を妨害している。

● 2010年7月には中国は黄海における米韓軍事演習(これは同年3月の北朝鮮の「天安」撃沈事件に対抗して行われたもの)に抗議している。この際に北京政府は空母ジョージワシントンがこの演習に参加したことを批判しており、空母を黄海に派遣することは中国の安全保障に対する脅威である言っている(ところがその前年に事件がなかったときにもジョージワシントンは参加しているのだ)。

● 結局のところ、米海軍は空母ジョージワシントンを演習に派遣しなかったのだが、これは中国側の沿岸地域に外部の勢力を近づけさせないよう拒否するという戦略にとっては外交的な勝利となった。

●しかも中国側はアメリカ側に関係なく、黄海内で実弾演習まで行っている。それから今日まで、ジョージワシントンは黄海に戻ってこれていない。

● このような「宥和政策」は、非生産的であるだけでなく、米海軍の能力の不必要な安売りである。

● 民主党ヴァージニア州選出のジム・ウェッブ上院議員が分析するように、南シナ海における「中国が持つパワーの増大」に対抗できるのはアメリカだけだ。

● ところが今日まで、アメリカ側のこの状態に対する取り組みは「ほんのわずか」としか言えない。ワシントン政府は「航行の自由」の重要性については何度も発言しているのだが、アメリカの意志を見せつけるようなことは何一つ行っていないのだ。

● もしアメリカが「太平洋における中国の拡大しつつある支配状態に対抗する」と再び宣言するのであれば、この地域での海軍のプレゼンスを増加させなければならないし、その地域の友好国にたいして、言葉ではなくその行動によって支持を示さなければならないのだ。中国のことわざにあるように、「しゃべっているだけでは米はつくれない」のだ。

● これはつまり、ワシントン政府は経済排他海域(EEZ)における調査船活動の中止を求める中国側の要求に屈してはならない、ということである。

● また、米海軍は黄海に空母をなるべく早い時期に復帰させなければならない。これをしなければ、アメリカが朝鮮半島で演習を行う際に、中国側の抗議の声はますます大きくなるからだ。

●他にも、米海軍は中国側とのいわゆる「海上事件協定」を結んではならない。このような協定は結果として中国海軍の威信を強化し、米海軍と同等の力を持つもののように見せてしまうからである。

● アメリカはインドネシアとベトナムと協力して、南シナ海における中国側のU字型に広がる主権の主張にたいして異議を唱えるべきだ。そして同時に、パラセル諸島やミスチーフ岩礁付近などのように、中国によって占領されている海域に軍艦を派遣し、海軍のプレゼンスを上げるべきであろう。

● また、ワシントン政府は日本の尖閣諸島の主権を認め、日米安保が適用されることを公式に宣言するべきだ。そしてフィリピンのスカーボロー砂州やカラヤーン諸島群にも、同様の措置をとるべきであろう。

● その他にも、アメリカは中国沿岸の沖合で目立つような諜報/調査活動を行わなければならないし、黄海で毎年行っている空母を含んだ演習も行うべきなのだ。

● もちろんこれらのいくつかの措置に対して、北京政府は当然のように激しい反応をするだろうし、レアアース禁輸などを含む経済制裁を行うと脅しにかかってくるはずだ。

● しかし今のような宥和政策をこれ以上続ければ事態はどんどん悪くなるばかりであり、北京政府の太平洋における経済・軍事面での支配状態を強化してしまうだけである。
Commented by at 2010-11-17 04:33 x
http://www.foreignaffairs.com/articles/67007/raul-pedrozo/beijings-coastal-real-estate?page=2
これの要約ですか。
しかし日本の民主党は本当に駄目ですね。
最新の漁業監視船が尖閣海域へ=ヘリ搭載で偵察強化
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010111600880
領土問題で中国に融和的な対応でのぞんでも全く意味がないと言う例ですね。このまま中途半端な対応を取り続ければ、中国の実効支配下という既成事実を積みあげられるだけですから。
元々この監視船は南シナ海へ行く予定を変更して尖閣へまわされるそうですが、東南アジアには融和的な政策で日本との連動性を断ち切り、日本のみに対する強硬姿勢にする事で、アメリカからの圧力も幾分か減らそうという意図があるかもしれません。
欧米の有識者も南シナ海での動きには東南アジア側に同情的でしたが、尖閣事件では必ずしも日本側に同情する意見が多かったわけではないという事を考えれば、こうした方向転換は日本を孤立させるには有効かもしれません。
同じ外交問題評議会に転送された記事では、欧米の論者は中国側の意見に同調し、日本を非難しています。
http://www.cfr.org/publication/23364/lines_of_latitude.html
Commented by at 2010-11-17 05:59 x
訂正
×転送された
○転載された
Commented by nanashi at 2010-11-17 06:43 x
太平洋戦争とプラザ合意と従軍慰安婦南京虐殺捏造で、米国は日本の信頼を失っている。
米国にとって阿呆で馬鹿な前原のような若い世代だけが頼りだろう
Commented by 緑川だむ at 2010-11-17 07:06 x
非常にばからしい話だが、中国が理解できる「言葉」として軍事力が必要なのならば、日本が「空母」を見せてやる必要があるんだろか。
ヘリ空母にSTOVLを乗せても純粋に軍事的にはたいした意味がないのだが、中国に対する意思表示としては有効なのかもしれない。
Commented by nanashi at 2010-11-17 07:57 x
基本的に中国と争うことは太平洋戦争と同じく馬鹿らしいことだ。
アジアには平和が最高の戦略。
問題は、中国内部で欧米系と土着系の争いが生じ、欧米系が対日示威行動をとって中国の政権中枢に座る局面が必ずあること
江沢民は完全に欧米系であり、上海が地盤だというのは、これから中国に現れる欧米系中国人指導者の属性になる
対中国戦争のケースは、江沢民のような指導者が中国国内の政治闘争に反日政策を採り実力行使にでるケースだろう。
日本にできることは、実力行使に出たケースで面目を潰すような敗北を味合わせる可能性・コストを高めることだ。
Commented by nanashi at 2010-11-17 08:01 x
中国の対日戦争は必ず中国国内の政争の一環として生じる。
日本にできることは、降りかかった中国国内の政争火の粉を

渾身の力を込めて、全力で叩き潰すということだ

中国国内の争いを日本に向けるなという強烈なメッセージを実力で持って示す
Commented at 2010-11-17 17:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Oink at 2010-11-17 23:45 x
ネームカードが、マトリックスから変わりましたね。

それにしても感慨深いのは、「中国海軍による侵略の歴史」という、彼らの前提条件です。個人的には、中国に代表されるアジア精力によるレコンキスタという言葉が近いような気がしています。

海に目覚めた中国は15世紀のアジアの海には、鄭和がいた事を発掘しました。欧米のパワーが衰えてくるにつれ、こういった「歴史」の再発見と再認識が広がり、欧米の「歴史」と対立するのでしょうか…。

●US-Sino Currency Rap Battle
http://www.youtube.com/watch?v=IGYAhiMwd5E

1000 year of war through the world
http://www.youtube.com/watch?v=NiG8neU4_bs
これを見ていろいろ考えさせられました。
Commented by Oink at 2010-11-17 23:50 x
精力w たしかに、アジアのとりあえずの強みは若い人口ですが、これからもそうであり続けるとは考えない方がいいでしょうね。

つまりこれは今まで自分にとって有利だったものが逆に不利になってしまうという現象が起こってしまうということなのです。

なぜなら「今まで有利」だったものが「そのまま不利になる」という現象になる違いを生み出すのが時間が経過したという要素だからです。

戦略のパラドックスについて
http://geopoli.exblog.jp/5347215/
Commented by nanashi at 2010-11-20 06:56 x
2010年11月18日、韓国紙・韓民族報によると、米海軍が韓国当局に対して、22に行われる米韓合同軍事演習への不参加を伝えていたことがわかった。環球時報が伝えた


また梯子を外された 前原強硬外交
12月の日米離党防衛合同演習だけ残った
ざまあない
韓国にすら弄ばれてるな
Commented by nanashi at 2010-11-20 12:26 x
嵐に向かって窓を全開する馬鹿が、レーベンスラウムも無いもんだ。
by masa_the_man | 2010-11-17 01:16 | 日記 | Comments(11)