戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

みなさんに実験的な質問:修正版

今日の甲州はまたしてもよく晴れまして、気温は低めでしたが本当によく晴れたすばらしい秋晴れの一日でした。

さて、突然ですが本ブログをご覧のみなさんに一つすごい質問というか、アンケートがあります。それは、

人は(もしくは“あなた”は)何のために生きている?

という恐ろしくぶっ飛んだもの(笑)これを本エントリーの下にあるコメント欄に書いていただければ幸いです。

なぜこういうことを聞くのかというと、あらゆる戦略というものを考えたときに、私はどうしても究極的に考えつめるとこの問いかけに行き着かざるを得ないと最近つくづく感じているからです。

お答えいたたくみなさんには、ご自分の意見だけでなく、人の意見でもまったくかまいません。また、書き込むときにはいつもと違うハンドル・ネームでも全然かまいません(むしろ違う名前のほうがいいかも?)。

私は別にみなさんの誰が何を言ったのかにはまるっきり興味はないんですが、実験的な質問として色々な意見を知りたいと思っておりますので、どしどしコメントいただければと思います。

ただし私は基本的にみなさんの以下のコメントには返信しませんので、その点だけはご容赦いただければと思います。

もしお答えいただくのでしたら、できれば一言(例:「人生は復讐のためにある!」)でズバリお答えいただければと思います。よろしくお願いします!
Commented by 柴崎力栄 at 2010-11-05 00:54 x
奥山さん。

「人は何のために生きている?」という質問は質問になっていません。

目的などありません。ただ、この時、この場所にいるだけです。それ以上でも、それ以下でもない。

目的などありませんが、この時、この場所に生きていることの背景には、永遠の昔から、永遠の未来にいたる変化の過程があり、その一瞬としての現在があります。その一瞬の現在の一部として、自分のいまがある。それで十分です。
Commented by sdi at 2010-11-05 01:08 x
「知りたい」「楽しみたい」等々、取り留めなく考えて見ましたが根本はこれかもしれません。

「おのれの欲求を満たしたい」

「他人ために何かしたい」
「誰かを愛しているからにその人のためにいきる」

これも形を変えた「欲求」という見方にたっての見解です。
Commented by 通りすがり at 2010-11-05 02:11 x
 人は何かを表すために生きている。
てのはどうでしょうか?長い目で見れば人はみな死んでくわけで、生の過程において一つの作品となる、みたいな。この見方は名誉につながるのかもしれません。生まれもっての本能とか意志とかに衝き動かされて生き物は生き、自己保存のために力を拡げ資源を囲い環境や他者と戦いつつ子孫を残したりするというのはあるのでしょうけれども・・・。
Commented by masa_the_man at 2010-11-05 02:28
とりあえず私も参戦。

「人は学ぶために生きている」

ということで(苦笑
Commented by 虚弱 at 2010-11-05 02:50 x
人は何のために生きているかという答えを
掴む為に生きている。

一方でそんなものは無いと達観するのもまた意義のある事だと思われます。

実際は人生に意味を持とうと思った瞬間に
大多数は何かに頼らざるを得ず、(宗教、哲学、他人)
何のために生きているかという命題に真に挑めるのは
ごくごく少数の自己発電人間だけなような気がします。

何のために生きているかが明確なごく少数な人と
全くそんな命題とは無関係な大多数の人がいるのが世界なのかな
なんて思ったりして。

よって、奥山様の問いには全員が応えられるものではないと思います。
横綱階級のレベルが上の方とそうではない方では全く出す答えも違う
はずです。逆に言うと、その答えのあり様で階層チェックが出来てしまうのではないでしょうか。

すみません。答えになっていませんね(笑)
Commented by エキゼエル at 2010-11-05 04:11 x
おはようございます。
えらく難しい質問だと思います(笑)
私の場合は「守るために生きている」といった感じでしょうか。
この場合、個人的なものと広く公のためにといった意味があります。
個人的な部分は言えないのですが、公の場合はその目的が
「国益」のためということになります。
有限な命をもった人間だからこそ、自分の天命や使命というものを自覚してそれに応えて生きていくことが必要であると愚考します。
まとまりのない文章になってしまい申し訳ないです。
Commented by 死ぬ事と見つけたり at 2010-11-05 05:13 x
生命は何のためにあるのか?
こういう目的論的な設問自体が無意味なのであろう。
それを説明するためには、

小前提)生命はAである。
大前提)Aは……のためである。
(結論)生命は……のためである。

という推論形式を取らざるを得ない。
ところが、生命を問題とする限りにおいては、
生命よりもより広範囲な外延をもっている、
Aという概念は存在しないからである。
(略)
そうして<生きている>ということは
<死ぬ>ことを内包している。
われわれは毎日<生き>てまた<死んでいる>のである。

そこで我々は<生きている>という原初的な事実を見詰めて、
それを何よりも尊いものとして大切に生きて行く。
これが残されている唯一の道であろう。

中村 元  「自己の探求」 より
Commented by Metro at 2010-11-05 09:06 x
不完全な自分に対する恐怖を、手段を講じて克服するためです。
Commented by chiyo at 2010-11-05 09:17 x
いつも勉強させて頂いてます。
私は「人は魂を磨くために生きている」と思っています。
「生まれ変わる」ことも信じているので、何度も人生を繰り返す中で様々な体験を積み、魂を磨いていくのだと思ってます。
すみません!ヘンな回答で(ーー;)
Commented by 885 at 2010-11-05 09:22 x
死ぬ為に生きる
Commented by ミュンヘン at 2010-11-05 10:01 x
若い時には考えた事もなかったのですが、この歳になって思うのは、「人は子孫を残すために生きている」のかなあと。
これじゃあ、何ら動物と変わらないのですが、守るべきものがあると人間強くなるのだろうな、と思います。
Commented by キモオタ at 2010-11-05 10:14 x
つうか 質問がやや不適当な気はします。
「人は何の為に生きている」と聞かれると
「あっ、いや 気づいた時には生まれていたから・・」とか感じで
理由はない とかそういう風になってしまうので
ぶっちゃけ パパとママがイチャイチャツンツンあはんあはんの結果
生まれたわけで


貴方は何がしたい、貴方の最終目的は何?貴方が最終的に欲しい物は?

とか 質問を変えた方がいいような気はします。
Commented by 若年寄り at 2010-11-05 10:37 x
I simetimes feel quiting my life.を感じる時もありますが、万馬券でも当たれば、大喜びで人生を楽しむ時もありです。
Masa さんの「人は学ぶために生きている」は、カッコイイ言葉ですね。
Commented by 山田洋行 at 2010-11-05 10:55 x
人は自己満足のためにいきている。

自己満足のために自らの命を犠牲にし、戦い、死ぬ。
自己満足のために勉強し、それを生かし、世に役立てる。
自己満足のために富を稼ぎ、幸せな人生を送る。
人生に絶望し、唯一納得できる答えが自己の死であるとき、自己満足のために自殺する。

なーんてね。
Commented by キモオタ at 2010-11-05 11:55 x
真面目に答えると

両親があれした→自分が生まれてきた 
生まれてきた→だから生きている という因果が存在するだけで

その因果には 「何のため」という理由や意義なんか存在しませんよ

蛇足
存在しないものを求めるとは エゴって奴ですよ 奥山さんw

Commented by nanashi at 2010-11-05 12:34 x
人生は既視感・再現性のためにある。
ある親が、その子を幸福に育てれば、
その子どもが親になった時、子育ての中で幸福感を覚える。
幸福というのは、その場では感覚できない。
既視感とともに思い出される再現性に特徴がある。
ある社会を幸福に満ちたものにするには、子供を幸福に育て、
その体験過程を、あまり大きく変えないことだ
Commented by t at 2010-11-05 13:41 x
人は地球の一部です。

地球が宇宙に自身の一部を飛び立たせる為の実験なのでしょう、人というのは。

「人は様々な実験の為に生きている」
Commented by Shu UETA at 2010-11-05 16:25 x

 自分を表現するため。

 (全体という存在はそれ自体では全ての特質を表現し得ない。それ故の個の存在ではないかと。)
 (&人間に限らない。)

> あらゆる戦略というものを考えたときに、私はどうしても究極的に考えつめるとこの問いかけに行き着かざるを得ない

 同感です。そして僕は上記のように感慨してます。
Commented by ノネティエール・安田 at 2010-11-05 17:20 x
自分を完成させるために生きている
Commented by マメ at 2010-11-05 18:42 x
私は人生を楽しむために生きています。
Commented by つきのわにゃんこ at 2010-11-05 18:47 x
Q   :人は何のために生きている?
私のA: 所与・なりゆき・選択の中で、経験し、味わうためだと
      思っております。

>あらゆる戦略というものを考えたときに、
>私はどうしても究極的に考えつめるとこの問いかけに
>行き着かざるを得ない

実感を得ているわけではないのですが、
そうかもしれない、と思いました。
Commented by えんき at 2010-11-05 19:28 x
人生は暇つぶしだと思います。
ワクワクした気持ちで楽しむ為にあるのでしょう。
平穏な生活ばかりでは詰まらないから、戦いもあるのかもしれません。
Commented by m at 2010-11-05 20:54 x
人生が無意味で生きる価値が無いと気付いたときには、すでにあまりにも多くの資源と労力を消費して死ぬに死ねない状況にある。
バカな親が快楽と惰性と義務感から私を生んでしまった事、これが私の生きる意味である。
無意味な人生ならせめて多少でも世界に対して貢献しようと子作りはげもとする。これがさらなる失敗の始まり。
有意義な人生なら子供を残さなくても満足できるかもしれないが虚しい人生ならせめて子供でも残そうかとなる。

生きているが死ぬ理由が無い。死んでいるが生き返る気力はない。すべては惰性。
Commented by nanashi at 2010-11-05 21:13 x
内省してみれば分かることだが、人間は人生の大部分を考えていない。
人生が無意味だのなんだのは、西洋人の考えた無意味な問いであって、われわれ日本人には彼らの近代化物語にお付き合いした義理でしかない。
大阪で子供を放置して死なせた娘は、娘を突き放した親の真似をしただけだ。自分がされたことを再現してしまう。
西洋と近代とは、こういう不幸を増やす仕組みだ。お一人様の世界。上野千鶴子は未婚。論理的結末だ。
Commented by Merci at 2010-11-05 22:02 x
いつも刺激を受けています。ありがとうございます。
人は、死ぬ瞬間までが勉強なのだ、だから死んでからでないとその人を評価できない、生きている間は、他人と比較する意味はない、自分らしく生きることに集中したほうがいい、と
東大博士課程講師と会社経営者という二足のわらじを履いていらした
方に伺いました。
私も、Chiyoさんに賛同します。人は、成長するために産まれて、生きている。また、この人に会うために産まれてきた、と思える出会いがある
ことが喜びです。自分自身が成長した、と思えること、達成感も喜びですが、好きな人と、好きなことを共有できることが至福だと思います。
だから、自分を成長させてくれる人との出会い(依存ではなくて友人関係でも師弟関係でも愛の対象でも)が、重要です。
Commented at 2010-11-05 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 毛。 at 2010-11-05 23:03 x
始めまして。こういう問いなら明確な答えがなさそうなので、少し参加をさせていただこうかと思います。

「人は何のために生きている?」か、ですが、僕は輝くためだと思います。星も、虫も世にある全てのモノが、目に見えるかは別にしても、少しでも強く、長く輝こうとしているように見えます。
そして、人間も然りだと思います。


Commented by 大阪人K at 2010-11-05 23:24 x
かなり前から、何度となく考えて何度となく袋小路に入り込み、そして、いつも最後は
「分からん。」
と開き直っているテーマです。(笑)

実際、何かを指して「これだ」と思ったとしても、それだけでは足りないものがあると思います。とてもではないが一言で片付けれるものではないように思えるからです。

どちらかという言語的に表現できるものでなく、感覚的なもので言語で表すことが出来ないように思えてなりません。

(何か、脈絡のない文章になっているのが何ともかんとも)
Commented by かずぽ at 2010-11-05 23:35 x
人は生存中の記憶を蓄積させる為に、つまり思い出作りのために生きている。必ず死ぬものだし、死後の世界が有るか無いか判らないので、人が現世ですることは思いを重ねる事だろうと思います。
Commented by PXA at 2010-11-06 02:49 x
地球上の生物は発生してから今まで、自分以外のどんな存在によってもなされていない事を何とか未来でできるようにしようと(それ自身は意識はしなくとも)行動してきた。人間一人一人も(意識しているかどうかは別にして)自分の器の範囲で未来の可能性を広げようとしたり、これまでできなかった事をやろうとしていると思う。
Commented by 愚人 at 2010-11-06 03:39 x
俯瞰して見ると人間が生きるのには意味がないと思うのですが、
主観的に見ると幸福(感)のためですかねぇ。
現在、不幸だと考えている人でも「もしかしたら幸福になるかも」と思うから死ねない?

この問題は簡単なような難しいような、
答えがすぐそこにありそう、あるいは既に掴んでいるのかもしれないが、そのことが確認できないように感じます。
Commented by 青龍 at 2010-11-06 04:02 x
考えを書き始めたらきりがないので、
自分にとって意味のあることを追求するため
なんか不満(苦笑)
Commented by yukiwo at 2010-11-06 04:47 x
この世界(地球だけではなく、宇宙の果て、別次元含めてこの世の全て)の真理を追究するため。

端的に言えば考える・勉強するためではないでしょうか。
Commented by ナリ at 2010-11-06 06:42 x
キリスト教の僧侶の話で、「生まれるのは偶然、生きるのは苦痛、死ぬのは厄介」というのがありましたが、苦痛の中に偶にある喜びを感じるために生きているのではないでしょうか?死ぬのはいつでもできますから。
Commented by nekoneko at 2010-11-06 07:27 x
「人生は自分の目的を果たすためにある。」

あるとき、ふとこれがしたかったんだ、と思う瞬間。知る瞬間とも。

おそらく本人にしかわからない。(語らなければ)
本人にも、そのときまでわからない。
生涯で、いつわかるかどうかもわからない。

そんな気がしています。
Commented by F at 2010-11-06 07:46 x
昔から子供のときから、社会を変える任務を負って、この世にあるともう一人の自分が言いますよ。
Commented by wakawaka at 2010-11-06 08:32 x
まぁ生まれてきたんだからしょうがないじゃん

というのが自分の意見。
生きる理由・目的を作ると、それが壊れたときに自殺しそうで怖いです。
生まれてきたんだから仕方がない。とりあえずやってやるかってなもんです。
Commented by ストロング at 2010-11-06 09:45 x
Q.「人は何のために生きている?」
A.「人は魂の修行のために生きている。」
Commented by 邪ブラック at 2010-11-06 10:47 x
Q:人は何のために生きている?
A:お気に入りの女の子と、楽しく有意義な時間を過ごすため!
  (自分の場合ですが!)
Commented by 坂東のあらえびす at 2010-11-06 17:23 x
人間所詮糞袋(だっけ?出典忘れたしw)とか思っているクチなんで、ガキの頃から眉間にしわをよせて「人は何のために生きている?」とか考えてるタイプの人が苦手でした。
なのでこういう話になるとはぐらかしてきたんですが、真面目に答えれば「各人が与えられた環境に応じて日々を十全に生きるほかなく、人が何のために生きているかはその人が死んだ後に他者が定めるものだ」とかなんとか。ひと一般についての答えになってないかorz なんすかね、生き残りのためとか?…あ、やっぱ考えるのやめよwww
Commented by bakock at 2010-11-06 17:29 x
まずは自分のため、できるだけ生き延び、子孫を残し、快くあるため。ついで社会を豊かにするため、種(人間)のため。最後に、宇宙のため、真理のため、悟るため。と、無理にまとめてみました。
Commented by ダンビラ at 2010-11-06 19:19 x
何のためにいきるのか?という目的を探すためでしょう。
Commented by 猫吉 at 2010-11-06 19:39 x
目標ならありますが…
「死ぬまで生きよう」駄目でしょうか(笑)
Commented by masa_the_man at 2010-11-06 19:40
メールでひとつ意見をいただきました。

「人間は、繁栄のために生きる」

でした。投稿ありがとうございました
Commented by 四川産純正ぱんだ at 2010-11-06 19:51 x
キリスト教プロテスタントで使われている「ハイデルベルグ信仰問答集」という信徒教育用の入門テキストがあるのですが、そこには、人の生きる目的は、神と出会うことであると書かれています。そして、人間が、もっとも自分らしく活き活きと過ごすには、神の奴隷となることとも書かれています。WASPのような欧米のプロテスタントは、ひょっとしたら、このように考えてるかもしれません。ご参考までに。
Commented by WIZARD03 at 2010-11-06 20:13 x
人間の行動の原動力は以下の二つ。
1・欲求を満たして快感(満足感/達成感)を得たい。
2・今の苦しい状態から抜け出したい。
人間は前頭葉が発達し、理性を獲得したと一般的には言われていますが、私はそうは思いません。
前頭葉とは、「どのように行動すれば、最も少ないリスクで欲求が満たせるか?」と計算する所です。
リスクを度外視して欲求を満たすことを最優先する人間もいます、それを我々は「犯罪者」と呼ぶのです。
Commented by 福岡国際問題研究所 at 2010-11-06 22:19 x
私のブログやツイッターでも繰り返し述べているのですが、子供を育てるために人は生きています。他の目的はありません。子供を育てることをしない人生は、無意味な悩みに覆われて苦しむばかりです。
Commented by ceomski at 2010-11-06 23:05 x
増やし続けるためではないですかね。子孫、思想、資本、資源地・・・
Commented by unimaro at 2010-11-06 23:12 x
お疲れ様です。
これなら私にもw

平凡ですが、子供の幸せを見届けるために生きています。
子供を授からなかったら、今どこに居たやら、、つか生きていたかもわかりませんがw
日本なんかに戻って、しかも派遣ですが、毎日きちんと勤めに出てまじめに働けているなんで自分ごとですが嘘のようです。
子供のためにはこんなに人間を変えられるんですねぇ、、、
子供を得られたことに感謝です、勿論今派遣ですが仕事があることにも感謝ですが♪

今後とも勉強になるエントリ期待しています。これからもご健勝されますようお祈り申し上げます。
Commented by あわ at 2010-11-06 23:13 x
この質問、答え次第で横綱論での番付が分かりそうですね。
下から、動物的な欲求レベル、他人の評価を気にするレベル、道を極めるレベル、他者を(さらには世界を)救おうとするレベルの4段階に分かれるような気がします。もちろん、これらを併せ持つ場合もあるのでしょうが。

そういう私は「目の前に来る人を救うために」仕事をしているのですが、これが人生の目的だと言い切る自信はないですし、現実は難しい……救えないことの方が多くてしばしば凹んでいます。
Commented by ガチンコファイトクラブ at 2010-11-07 01:12 x
大ニーチェ曰く、「永劫回帰ー最高の生の肯定方式」
Commented by masa_the_man at 2010-11-07 01:26
あわさんへ

>4段階に分かれるような気がします。

いや、そのもう一つ上があるみたいなんです。「救う」の上が。言葉でうまく表現できないんですが、なんかその上が。コメントありがとうございました
Commented by Fazioli at 2010-11-07 19:41 x

-人は他のモノのために生きている
Commented by Paul Dirac at 2010-11-07 19:50 x
As Viktor Frankl once put it, you can decide within yourself how all of these things in life are going to affect you: Mr. Okuyama’s question about the purpose of life, John Keats (Ode on Melancholy) and Beethoven (Ode to Joy). What matters most is how we respond to what we experience in life. It defines who we are. He (Frankl) defined the purpose of life as follows “there is also purpose in life which is almost barren of both creation and enjoyment and which admits of but one possibility of high moral behavior: namely, in man's attitude to his existence, an existence restricted by external forces”.
Commented by あわ at 2010-11-07 21:28 x
奥山先生のご指摘を受けて考えてみましたが、確かにもう一つ上がありそうですね。「世界と同一化している」というか、孔子が70歳にして達した「心の欲する所に従ひて矩を踰えず」の境地が。これを的確に一言で表す言葉を持ち合わせない浅学非才なので、あとは他の方にお任せします。
Commented by クチ at 2010-11-07 22:56 x
人は これからの ために生きている。
人は現在までの過去を見て、未来がどうなるかを考えて、または感じて今を動いていると私は考えています。
なので1秒先(目先の判断)でも10年先(自分の将来)でも100年先(自分以外の将来)でもかまわないけど、人は未来つまりこれからのために動いている。故に生きていると私は思います。
Commented by masa_the_man at 2010-11-07 22:58
あわ さんへ

>「世界と同一化している」というか、孔子が70歳にして達した「心の欲する所に従ひて矩を踰えず」の境地

これなんでしょうなぁ。「世界を救う」じゃないみたいなんですよね。やっぱり「一体化」というかなんというか。コメントありがとうございました
Commented by 62 at 2010-11-07 23:25 x
奥山様、いつも勉強させていただいています。すごい質問ですね。62となった今、私の生きていることの目的はあと3年ある住宅ローンを払いきることになりつつあります。まじですよ。払い終わればまた新しい目標ができると思っています。
Commented by masa_the_man at 2010-11-08 00:10
メールでまた回答をいただきました。

「名誉のために生きる」

ということです。投稿ありがとうございました
Commented by 八木賢太郎 at 2010-11-08 03:25 x
明日、楽しそうなことがあるから。
来週、面白そうなことがあるから。
来月、やりたいことがあるから。
来年、どうなってるか知りたいことがあるから。
10年後、まだ自分が生きてるか知りたいから。

つまり、明日のために生きてるんだと思います、僕は。
学びも、繁栄も、名誉も、明日にこそ(結果が)あるものじゃないかと。

ちなみに30年後、日本が、世界が、どう変化してるか心配だから、あんまり長生きはしたくないです。
Commented by natsubashou at 2010-11-08 05:34 x
人はそれぞれの幸せを見つけて、一心不乱で突き進むために生きている。  私にとっては、魂が揺さぶるかのような発見と、探求、創造、それを共に分かち合える仲間や家族と過ごせる時間のために努力する事が幸せです。
Commented by nanashi at 2010-11-08 07:30 x
個人的な生きる目標は、(自分の予想通りに、そして今や世界中の人々が望み信じていること)合衆国の内部的崩壊とアングロサクソン文明の消滅を見届けること
しかし、一個人の人生で見届けるには時間的に無理だろうな
Commented by あわ at 2010-11-08 22:27 x
奥山先生へ
やはりそう思われますか。
ただ、ちょっと気になるのは「一体化」の域に達する人というのは、既に「人を動かす力を持っている」と思われることです(その源は、権力でも財力でも人間的魅力でもいいですが)。
これなくして横綱になる途があるのか、気になるところです。
Commented by masa_the_man at 2010-11-08 23:58
あわさんへ

>ちょっと気になるのは「一体化」の域に達する人というのは、既に「人を動かす力を持っている」と思われることです

ただし、そこまで達した人々は、それを自分の欲望のために使おうとは思わないみたいです。ちょっとたとえが違うかも知れませんが、「賢者の石」みたいなところがあるかと。コメントありがとうございました
Commented by 君子 at 2010-11-09 00:16 x
あたしは気持ちいいセ ックスをするために生きています^^;
完全に動物レベルの欲求ですね^^;

でもいいんです、人生なんて無意味なんだから、
気持ちよく生きないと^^;
Commented by ミュンヘン at 2010-11-09 10:11 x
「人は子孫を残すために生きている」というのは少し大ざっぱ過ぎる答えでした。死ぬ前につぶやく結果論かもしれません。

「"あなた"は何のために生きている?」と聞かれれば「その人なしでは生きてゆけない人」を見つけるために生きているのかもしれません。「その人なしでは生きてゆけない人」に対して、私たちは「あなたにはこれからもずっとずっと健康で幸福でいてもらいたい」と祈ります。(by内田樹)

「生きてゆけない」ほどではないにしても、私は親や師、配偶者や子供には「これからもずっとずっと健康で幸福でいてもらいたい」と思います。そう願わずにはいられない人をたくさん持つというのは、とても素敵なことだと思います。

奥山先生にも「これからも健康で幸福でいてもらい、面白いブログを書いていただきたい」と切に願っています(笑)
Commented by バカボンのパパと同い年 at 2010-11-09 15:36 x
生きる動機の根っこは「自己愛」ではないかと。

自分の41年の人生を振り返ると、

そんなことは意識しない
↓なんで生きるの?を問い始める(何で勉強しなきゃいけないの?)
↓生きるの楽しーい! 楽しいことが生きることじゃん!
↓親として子供を育てにゃならんな・・・ふぅ・・・定年まで20年・・・

自分にとっては「地球の裏側で何人死んだ」のニュースに接しても、関心のある学問(地政学)のちょっとしたスパイスでしかない。
キリストさんやお釈迦さんの境地にはなれませんぜ。

・・・う~ん・・・

戦略論っぽく言えば、戦争が起こる理由は「名誉」「恐怖」「利益」だったと聞いたことがありますが、これを自己愛と云わずしてなんと云おう。

自己愛というと、何かエゴの塊みたいなイメージですが
利他的な行動・意識も結局は「情けは人の為ならず」的なもんでしょう。
もちろん社会人ですから、公(おおや)けとのバランスはありますが。

恥ずかしながらワタクシが横綱の心境になれるのは、畳の上で静かに往生する一瞬ではないかと思うのです。

あっ だから仏様っていうのかなぁ。
Commented by 柴崎力栄 at 2010-11-09 16:09 x
改訂された質問への回答。

「人は(もしくは“あなた”は)何のために生きている?」

いまのこのからだのなかに居て、とても気持ちがいいと、1日1回しみじみと感じること。それを味わうために生きています。
Commented by くず at 2010-11-10 06:20 x
人は(自分は)人と響きあうために生きてい
る。
最初は影響を与えるためと書こうとしたのですが、影という文字が自分より下の人間に照らさばれるべき光を遮っているように感じた(カラマーゾフの大審問)ので影をとり、水面の共鳴する波紋がイメージされるようにいまは感じます。(自己完結(予防線))
Commented by 福岡国際問題研究所 at 2010-11-10 16:17 x
すみません。もう終わったのでしょうが蛇足で付言です。マズローの欲求段階説的なあらゆるレベルの動機に基づく人生の行為もホモサピエンスという種の保存に伴う属性だと思います。人類の持続可能性の担保(そもそも持続しなければ無意味)というメタレベルを凝視すれば子孫の永続性(陳腐にいえば子供を育てる)に上述のすべてのことが収斂すると思いますね。単なるa opinionですが。
Commented by 柴崎力栄 at 2010-11-10 20:22 x
アブラハム・マズローの段階論と「横綱論」を対比してみると。

自己実現の欲求(創造的活動) → 関脇
自我の欲求(認知欲求、承認の欲求) → 小結
所属と愛の欲求(集団帰属) → 前頭
安全の欲求 → 十両
生理的欲求 → 序の口

Wikipediaには、「晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表した。それが、「自己超越」(self-transcendence)の段階である。」とあります。「大関」と「横綱」の世界を一つにして捉えています。理論の特徴からみて、マズローさんご自身は「小結」上位ではなかったかと推測します。
Commented by 餃子を食べた! at 2010-11-10 20:53 x
面白い質問なのでコメントします。

「次世代に何かをのこすため」と思います。

人は、意識的にも、無意識にも、次世代に「何か」を送り、それは延々と受け継がれています。永遠に争いはなくならないと思います。
Commented by nanashi at 2010-11-11 08:14 x
種の保存なんて、まだ人間の意識の産物だと思います。
生物と無生物を平等に眺めて、その視野から生物や生態系を考えると、「安定しない一時的な存在」の中で、「たまたま存在をし続けているもの」というのが本質でしょう。
人間は、そうしたものの一つですが、西洋の論理は時間のテストを受けていません。
私は、おそらく消滅すると思う。
人間や生命や生態系は、石と火の中間の存在です
論理は、それを台無しにする。
Commented by nanashi at 2010-11-11 08:28 x
人間の歴史の中で、帝国が安定を築けた鍵は、キリスト教などの「宗教」と漢字などの「表意文字」にあります。世界観を安定させえた要素は、この二つです。
将来の世界がもし平和で安定したものならば、「日本語は重要な言語の一つになっているだろう」という予想
アメリカは内部的に崩壊するだろうという予想
は、そういうところから来ます。
Commented by Oink at 2010-11-11 19:42 x
この質問には答えられないのですが。こんな番組が。
深夜にBSで再放送もあるらしいので興味があったら是非。

GAMANの芸術
 ~日系アメリカ人 尊厳の世界~

いま、アメリカ・スミソニアン博物館で開かれている
『THE ART OF GAMAN』=”我慢の芸術”。
第二次大戦さなかにゴミや木切れなどから作られた日用品が並ぶ異色の展覧会だ。
作者は強制収容所で不自由な生活を強いられていた日系アメリカ人たち。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/yotei/index.cgi
Commented by 福岡国際問題研究所 at 2010-11-11 22:54 x
種の保存は、コリン・ウィルソンの『賢者の石』じゃないですが動物が客観的意識を獲得できないことからももともと無意識レベルですね。さらに現象学になぞれば(意識を獲得した)ホモサピエンスが断絶した瞬間、世界自体が存在しなくなることなので、思索して考えるすべての自己実現の価値は、種の保存に比べればあくまで従属的なものだと考えます。人間がいなくなったらそもそもどうしようもないということを分かりにくく表現しているだけですが。
Commented by 出入り禁止 at 2010-11-12 10:17 x
私でしたら、生まれずに済むものなら生まれたくなかったものだと諦観の域に達していますが、ここで、一言で言うなら、

「死ぬという痛い目に遭いたくないために、仕方なく生きている」

ですね。どんな自殺ないし他殺の方法を考えてみても、死ぬ瞬間はものすごく苦しそうで痛そうですからね。これで何かの参考にして下さい。
Commented at 2010-11-12 10:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HDK at 2010-11-12 17:38 x
わたしは「未来を見たいから」かもしれません。

(参考) 80年代後半(?)の人たちはこうこたえたようです
http://www.youtube.com/watch?v=ATVoErssn6A
Commented by Himajin at 2010-11-12 17:43 x
ROM専門でしたが、面白そうでしたのでコメントさせていただきます。

「死ぬ時までに、そこまで生きてきた意義を決めるために」です。

Commented by roen at 2010-11-14 00:20 x
「人は何の為に生きるのか」

その答えを見つける為に生きるのではないでしょうか
Commented by selfless at 2010-11-14 14:35 x
人間は元々何か目的を持って生まれてきたわけではありません。
まあ、両親のしかるべき営みの結果生まれたことは確かです。
生きることに理由などないのです。意義を見出す必要もありません。ただ始めもなければ終わりもない今を生きるのです。自分のためでも他人のため、社会のためでもありません。ただやることをやるだけなのです。それでも充実した人生が送れるのです。
Commented by selfless at 2010-11-14 14:38 x
↑両親から生まれてきたというのは一般的な話として書きましたが、実際は生まれてなどいないし、死ぬこともない、ですよね。
Commented by SY at 2010-11-15 03:59 x
「楽しみのために生きる」ですかね。

「楽しみ」とは単に笑えることや、遊ぶことだけではなく、人に尽くすこと、世の中のために働くことも「楽しみ」であると考えます。
Commented by WIZARD03 at 2010-11-16 19:32 x
言い直します。
「人間は脳内麻薬を味わう為に生きている。」
以上
Commented by カラ at 2010-11-17 09:34 x
ある場所を、あるものを求めて生きています。でもそこがどこだか、それが何だか私は知りません。
Commented by natsubashou at 2010-11-17 10:46 x
人間は志をもつために生きている。

身体的に生きていても心が死んでいる人もいれば、死んでも生き続ける者もある。  生き続ける思想、理念、道徳のために死ぬのであれば本望である。 大きかれ、小さかれ、次の世代にバトンを渡すために...
Commented by 如意袢 at 2010-11-17 12:34 x
Re: 「何のために生きている?」
生物の宿命として。遺伝子大河の部品として。
Commented by Oink at 2010-11-17 23:12 x
29歳で夭折した村山聖9段が亡くなった年の「将棋年鑑」に書いた言葉です。

今年の目標は? 生きる。
好きな言葉は? 土に還る。
行ってみたいところは? 宇宙以前。

人生の2大目標を(名人になる事と結婚する事)を断念させられた人なんですが…。
Commented by マメ(十両との付き合いかた) at 2010-11-18 21:56 x
奥山さんこんばんは^▽^

今日は、横綱論のことでコメントさせていただきました。

ここ最近、十両と思われる女性二人から憎まれて、大変なことになっています。暴力沙汰になりそうな雰囲気で、どうにも手に負えません。

彼女たちのような十両には、関わらないようにしているのですが、そうもいってられないときはどうしたらいいでしょうか?

これも運をあげるための人助けだと思って、十両との上手な付き合い方を教えて下さい。よろしくお願いします。
Commented by masa_the_man at 2010-11-18 22:02
マメさんへ

>十両との上手な付き合い方を教えて下さい。

基本的に関わらないほうがいい、ということでしょうか。うーむ、やっかいな人に絡まれてしまいましたなぁ(苦笑)つくづく同情します。ただしこれも「学び」だと思ってとことん憎まれることを味わったらその二人と縁が無くなる、というのは一理あるかと。ぜひ味わい尽くしてみてください。コメントありがとうございました
Commented by マメ at 2010-11-18 22:51 x
う~む、なるほど。。。これも「学び」ですか(-_-)/

たしかに、今は試練のときかもしれませんね。これも自分のためになると思って、恐れずにドンと構えてみます。

それにしても横綱論はバカにできないということを、実生活でひしひしと感じました。最初は暇つぶし程度にはじめたのですが、まさか自分の身で横綱論の正当性をしることになるとは思いもしませんでした。

どうもありがとうございましたm(_ _)m
Commented by スイスロール at 2010-11-19 02:15 x
より良く死ぬため。
Commented by 京都のnanashi at 2010-11-20 04:43 x
ナゼ生きるのか?
書いている本人は、結構、哲学的な難問と捉えていました。
でも、結局、すぐに私流の結論が出ました。

1)死にたくないから。死んでしまったら、とんでもなく重要で大切な事を台無しにしてしまうように、感じているから。

2)まだまだ生きてやりたいことが以下のように沢山あるから。
a)結婚
b)就職
c)読書
d)日本や米国、中国、EU、韓国、北朝鮮、台湾、インド、ロシア、ASEANなどが今後どうなるか、見届けたい。
e)家族のためになる事をしたい。
f)人と交流することで、いろいろな意見や考え方、自分の未熟な所、至らない所、正しさ、あるいは存在価値などを確認し自分を向上させたい。
g)小さなことでも良いから、人のため、世の中のためになる事を何かして、人に認められたい。
h)語学、特に英語の勉強をもっとして世界のことをさらに勉強したい。
i)政治経済について自分のオリジナリティーに溢れた文章を書きたい。
j)日本の国家安全保障や平和について、何か文章を書くなどして貢献したい。
3)肉体的・精神的・年齢的・経済的にまだまだ可能だから。
Commented at 2010-11-20 20:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 学生ナナシ at 2010-11-21 13:27 x
死に様を完成させるためです
正確には、死を妥協して受け入れられる、生き様を積み上げるためでしょうか

引き際・去り際のために生きるのです
Commented by A UNB Student at 2010-11-22 03:17 x
人は幸せのために生きる

結果如何に関わらず、『意志』を持てる『ヒト』は皆その方へ向かっていると思います。
Commented by 茨城在住。 at 2010-11-23 12:38 x
死にたくないからに決まっています。

私は、「何故生きるのか」なる問いはそもそも衣食住に足り、宿痾に悩む事もない幸せな人間であればこそなせる問いと思っております。

明日食う物や寝る場所に困る状況に陥れば、或は死ぬ事はなくとも完治も難しい病を持つ身となれば答えは自然とここに落ち着くと思います。そしてこれこそが全ての根源であると思います。
Commented by 龍志 at 2010-11-24 18:20 x
人は自由の為に生きる

私の知る限り人類の歴史は常に"何かからの"自由を求める事に終始しているように思います。
それは人によって、思想によって、国によって異なっているのではないでしょうか?
自由と自由の衝突から人は争い始めるので、戦争は基本的に終わらないと私は考えます。

例えるなら、
奴隷的人間は自らの"苦役から"の自由の為に支配者に牙をむくか、自殺する。
支配的人間は"費用からの"自由の為に他の者を奴隷化するか、他の支配的人間 or 反抗者を拘束、飛ばす、殺す。
科学者は"物質を"自由化させるために、哲学者は"知識を"自由化させるために、etc…

某国はその典型。自由を求める余り自らの国家の自由を阻害する者 or 国を敵視し、あらゆる方法で潰す。
(これは資源が一番の理由になりそうですが…)
他の国であってもそれはほぼ同じ事だと思います。

宗教で言えば、私は仏教徒ではないのですが、大乗仏教・般若心経では菩薩が"全ての事から"自由になった経緯を示しています。
これは我ら人類が争いなく自由になる方法だと解釈しています。
ただ、他の宗教に対してはよくわかりません…

私はこの程度でしか考えられません。
長文失礼。
by masa_the_man | 2010-11-19 00:00 | 日記 | Comments(99)