戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

クラウゼヴィッツの弱点

今日の甲州は朝からずっと雨でした。気温の低さも驚きです。

時間がないのですが、ちょっとメモ代わりにここに記しておきます。

あるクラウゼヴィッツ主義者の本から拾ってきた「クラウゼヴィッツの弱点」を10点ほど。

=======

1、「大戦略」ではない:『戦争論』では軍事のことについて集中して論じられているが、非軍事の分野のことについては(政治の重要性について論じているにもかかわらず)ほとんど何も語っていない。

2、ロジスティクスをほとんど論じていない:もちろん『戦争論』の第五巻の14章・15章などには少しは記述があるが、「戦争の理論」を論じている割には全体的には驚くほど少ない。後の二つの大戦でも明らかになったように、これはドイツ(プロシア)の伝統?

3、軍隊の組織の仕方などについて:クラウゼヴィッツはすでに組織化された軍隊を想定していて、「どのような軍隊を作ればいいのか」ということについては何も語らず。

4、シーパワー:『戦争論』の中にはシーパワーについてたった二カ所しか触れられていない。これは彼がプロシアという陸の国の軍師だったことにもよるのだろうが、それにしても少ない。ましてやエアパワーやスペースパワーなどはもっての他。

5、テクノロジー:産業革命の起こる前という時代背景のせいかも知れないが、クラウゼヴィッツはテクノロジーやその変化が戦略/戦術に及ぼす効果のことについては何も語らず。しかしそれがかえって『戦争論』の時代を越えた普遍性につながったというメリットも。

6、インテリジェンス:ナポレオンとは対照的に、クラウゼヴィッツはインテリジェンスについてはあまり評価しておらず、むしろ情報というのは軍隊を混乱させるものと考えているようなフシも。ロジスティクス軽視と同様、これもドイツの伝統?

7、摩擦:『戦争論』の中でも最も優秀な概念であるが、これについてクラウゼヴィッツ自身はほとんど議論を展開させていない。

8、政治の「論理」と戦争「文法」:『戦争論』では、たしかに戦闘そのもののスタイル(文法)よりも政治(というか政策)の「論理」の優位が繰り返し説明されているが、この二つが一致しなかった場合にはどうするのかについては何も論じていない。

9、政治家たちの軍事知識について:たしかにクラウゼヴィッツは政治家に軍事知識が必要であることを強調しているが、もしこの政治家たちにその知識が決定的に欠けていた場合にはどうすればいいのか?最近の歴史を見ても、この欠如は(とくに日本の政治家の場合は)明らかだ。『戦争論』はこれについて単なる「べき論」でしかない。

10、道徳/倫理面:『戦争論』ではとくに近年重要性が高まっている戦争における倫理・道徳面については何も語っていない。もちろんクラウゼヴィッツにとって戦争は「起こって当然のもの」だったわけだが、これはまだ戦争がそれほど危険視されていた時代に書かれたわけではなかったために、当然ながら時代の制約を受けたものであると言える。

======

クラウゼヴィッツ派の学者にとっても、このような点はたしかに「弱点」として映るのかも知れません。

しかし結局のところは「これらの弱点を踏まえても、クラウゼヴィッツの理論の有用性というのは現在の紛争を考える上ではあまりあるヒント与えてくれる」、ということになるんですが(笑
Commented at 2010-10-29 14:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by エキゼエル at 2010-10-30 00:21 x
これは・・・グレイ教授の[Modern Strategy]第3章の中でも同じことが指摘されてたことを思い出しました。
違う人かもしれませんが、もう一度読み直してみます。
この場合の弱点は私にはコンテクスト(時代特有のもの)によって縛られたものだと判断していますが、それでもクラウゼヴィッツの有用性を無くすようなものではないと私も同意します。
Commented by sdi at 2010-10-30 01:11 x
ツィッターでも書きましたが、クラウゼヴィッツの生きた時代、彼のおかれた環境の影響は大きいでしょう。当時のプロイセンはバルト海に目を向けるどころかライン以東エルベ以西の地域に地歩を確保するのが精一杯。「シーパワー、それ何の役に立つ?」という状況でしょう。
惜しむらくは、クラウゼヴィッツ自身が自分の理論をまとめて体系化する時間を与えられなかったことでしょうか。宿敵(?)ジョミニはその点恵まれていましたね。
Commented by wuhho at 2010-10-30 01:21 x
クラウゼヴィッツが活躍したのは18世紀。
まだ戦争が文字通り,外交の延長であり,ある種のビジネスで済ませられる時代でした。

国家の存亡を賭けた「総力戦の時代」が始まるのは20世紀に入ってからです。
そしてドイツは二度の世界大戦で敗北した。日本もまた敗戦しました。

国家の生存そのものを賭けなければいけないほどに「大規模化した総力戦」であるが故に戦争の性格も変わり戦闘手段以外のあらゆるものが従来以上の頻度とレベルで活用されます。戦略の概念も大きく変容したのかも?

もしかしたら,ここら辺にクラウゼヴィッツの有効性と限界のヒントが隠されているのかもしれません。

論文頑張ってくださいね。
日本の安全とアジアの平和のために。
Commented by nanashi at 2010-10-30 09:13 x
国民に届く情報量で戦略は違ってくるのではないか?
今の時代は、武力は威嚇や象徴的意味で、洗脳戦の方が重要
Commented by nanashi at 2010-10-30 09:24 x
前原はやく辞めて欲しい
対外的に偽メール事件をやってしまってる
Commented by Oink at 2010-10-30 11:49 x
政権交代は米国からの真の独立のためだとMr.L
2010/10/30 08:38
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1867628/

これがこういう記事になるようです。

「国内にいると、迷惑かけてしまう」と鳩山氏 積極外遊の言い訳? http://bit.ly/9qJksT
Commented by Oink at 2010-10-30 11:50 x
政治と暮らし――愛と党に生きるセレブな幹事長――
鳩山由紀夫

http://www.mrpartner.co.jp/file/igata_room/bn/igata_essay_poli.html

井形 同感ですね。もし、政治家を辞めたらなにをやりたいですか?
鳩山 坊さんになってるんじゃないですか?
井形 ええ?
鳩山 いやね、私は二度と出てこないんだそうです。輪廻転生ってあるじゃないですか。死んでも次の生がまたあり、生まれ変わるという。でも、あるかたに見てもらったら、「あなたはもう出てこない(生まれ変われない)」と言われたんです。ならば、坊さんになって毎日何も考えず「空」の世界を持てたら幸せじゃないですかね。
井形 なるほど。今日は、質問のたびに出てくる答えが意外なものばかりで、鳩山さんの素顔が分かり嬉しいです。
鳩山 いや、それは井形さんがそういう部分を引き出してくださったから。TV番組でも政策のことばかりで、深い部分を話す機会がなかった。
井形 光栄です。今日はありがとうございました。
Commented by nanashi at 2010-10-30 12:54 x
菅は米国に脅されて何もできないと見ている
鳩山政権と菅政権で違いは無い
菅政権の初期に、小野教授の路線を馬鹿なマスゴミと経済学者が叩いたのが日本の運の尽き
日本は嵐に向かって為替介入と尖閣問題で2つの扉を開いた
TPPで三つ目の扉を開く
絶望的な状況
Commented by 上山祐幸 at 2010-10-30 21:25 x
お疲れ様です。

私もクラウゼヴィッツが今でも有用だと考えています。

その理由としては、時代に左右されない戦争の本質、コアの部分に考えが及んだことと、そこまで思索が及んで考究ができた時点で死んだことではないでしょうか。彼は余計な事に考えが及ぶ前、時代に縛られる前に死んだ。ジョミニのように生きなかったが故に、クラウゼヴィッツの名は高められたと思います。

最近考えているのですが、ワイリーの「戦略の総合理論」に関して、戦略家はもっと注目し研究しなければならないと思います。私は戦略学は組織・個人に関わらず、あらゆる方面に適用できると考えているからです。
Commented at 2010-10-30 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-31 18:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 20:34
キモオタさんへ

>逆に論点があいまいになって、話が判りにくくなる

ありますね。しかし今でも有用性がここまで論じられている唯一の学者ですから、この辺の議論がいまだに重要ということになります。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 20:35
エキゼエルさんへ

>第3章の中でも同じことが指摘されてた

ああ、その通りです。

>コンテクスト(時代特有のもの)によって縛られたものだと判断

これはある程度誰でもしようがないかと。

>それでもクラウゼヴィッツの有用性を無くすようなものではない

なんですよね。とりあえず頭の整理には使えます。使えるものは使えばいい、というわけで。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 20:39
sdiさんへ

>おかれた環境の影響は大きいでしょう。

たしかに

>「シーパワー、それ何の役に立つ?」という状況でしょう。

しかし後世の歴史家たちにしてみたら、「あの時すでにトラファルガーが!」ということになるみたいで(苦笑

>理論をまとめて体系化する時間を与えられなかった

たしかに政治の優位性に気づいたのは最晩年ですからね。だからこそ逆に魅力的な本になったということも言えるのかも知れませんが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 20:44
wuhhoさんへ

>国家の生存そのものを賭けなければいけないほどに「大規模化した総力戦」であるが故に戦争の性格も変わり

しかし手段は変わっても「本質」はかわらない、という意味ではクラウゼヴィッツもまだ妥当性を持っているという議論は根強いわけで。

>ここら辺にクラウゼヴィッツの有効性と限界のヒントが隠されているのかもしれません。

概念のむずかしさですね。これは立場によって見方が違ってきているんですよね。

>日本の安全とアジアの平和のために。

うーん、私はそこまで使命感がないんですが・・・でもがんばりたいかと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 20:53
nanashiさんへ

>国民に届く情報量で戦略は違ってくるのではないか?

「国民」ですかねぇ?戦略が誰に実行されるかで違ってくるとは思うんですが。

>今の時代は、武力は威嚇や象徴的意味で、洗脳戦の方が重要

それは昔から変わらないのでは?その比重はたしかに情報のほうに有利になってきたのかも知れませんが。

>前原はやく辞めて欲しい

この論拠をもう一度教えていただけませんか?単なる感情論のように聞こえてしまうので、ぜひ冷静な理由を教えていただきたいのです

>菅は米国に脅されて何もできないと見ている

誰が「見ている」んですか?菅さん、それともnanashiさん?

>違いは無い

いや、けっこうあるような気が(笑

>小野教授の路線

この「小野教授」とは?

>TPPで三つ目の扉を開く絶望的な状況

悲観論ですねぇ。私も悲観論ですが「絶望」まではしてませんよ(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 21:18
Oinkさんへ

>「国内にいると、迷惑かけてしまう」と鳩山氏 積極外遊の言い訳?

意味がわからんですねぇ。彼は一体何をしたいやら。

>坊さんになってるんじゃないですか?

坊さんというか、宗教家ですかねぇ

>坊さんになって毎日何も考えず「空」の世界を持てたら幸せじゃないですかね。

そこまで考えてましたか。彼は思い切り転生してきそうですが(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 21:23
上山さんへ

>時代に左右されない戦争の本質、コアの部分に考えが及んだこと

そうですね

>考究ができた時点で死んだこと

ただしもう少し『戦争論』を完成させてほしかったですね。

>ワイリーの「戦略の総合理論」に関して、戦略家はもっと注目し研究しなければならないと

けっこうアメリカのほうでも最近注目が高まってきてますね

>あらゆる方面に適用できると考えている

それですな。

>その鍵は国益を考えること

たしかに

>を作ることに決めました

おおっ。

>の人とも協力していきたいと思っています。

いいですねぇ。ぜひがんばってください。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-10-31 21:23
waterlooさんへ

>始めてみました

さっそく登録させていただきました。コメントありがとうございました
Commented by 愚人 at 2010-11-01 00:37 x
クラウゼビッツの立場や生きた時代からするとやむを得ない気がします。それでも戦争哲学の書として概ねは通用するのだから大したものではあるかと。
また、もう少し生きていたら何を書こうと思っていたのかも興味深いです。

一方で、読んでいてナポレオンの影響を否定というか拒否しているような感じもするのですよね。古いタイプの将軍というか。
Commented by nanashi at 2010-11-01 08:24 x
戦争に勝ったところで、敗戦国民は残る。
情報化された社会では、ナショナリズムが行き渡っているので、戦勝国と敗戦国の戦争後の歴史的な断絶は非常に大きくなる
勝利は後年の負債コストでもある
勝った後に、どのように洗脳して戦後処理をするかが重要
特に、戦争の経験を持つ現世代とその後の世代の引き剥がしをして、新しい記憶を埋め込むこと。
この作業は、情報化されていない昔には容易であった。
Commented by nanashi at 2010-11-01 08:31 x
敗戦国の洗脳をもって、真の勝利とするならば、中国は日本には絶対に勝てない。
なぜなら、日本には先に占有している者がいるから。
中国にできることは、米国と共謀して日本人の記憶を書き換えること。これが次善の策
Commented by nanashi at 2010-11-01 08:35 x
洗脳戦に抗するには、ソース・ルーツ・伝統・慣習と批判的思考が必要。
近代化され、リベラルな人間ほど洗脳しやすい。論理的であるから。
Commented by 若年寄り at 2010-11-01 10:00 x
クの弱点。いつも分かりやすい解説ありがとうございます。
民主党外交については、自民党が外交を独占し、野党に皮膚感覚の外交を学ばせることをしてこなかったツケが来ているのだと思います。丹羽中国大使夫人は賢明にも、経験がないと逃げました。北京で、欧米諸国の夫人方との情報交換、表の世界の建前を和らげる大事さを理解していないのです。
Commented by nanashi at 2010-11-01 10:30 x
ロシアは、弱者を叩くので、金融危機の弱者である日本が悲鳴をあげたのを見計らって行動した。(悲鳴とは、為替介入と尖閣諸島問題そして、TPPも同じ。すべて最後に動く)
欧米諸国は表立って行動しないだけで、本音はロシアと同じ。
日本は悪くないが、弱いゆえに、徹底的に叩かれるだろう。
誰一人味方はいない。
どんなに苦しくても声をあげないことが重要だった
Commented by nanashi at 2010-11-02 08:49 x
例えば、牧師や神父の立場に立って、「人間がいかに人の指示に従いやすい。羊のような性質を持っているか」知ること。
あるいは、オーム真理教の洗脳状態が、人間の当たり前の姿だと認識すること。
自由を、「支配=>自由=>支配」の遷移の一段階だと考えてみること。
戦争に勝つことは、歯医者を支配する権利・洗脳する権利を手に入れることであり、戦争それ自体を目的とすべきではないこと。
Commented by nanashi at 2010-11-02 08:54 x
ローマ帝国の拡大に伴って、支配構造の維持に迫られたローマが支配の道具としてのキリスト教の利点に気がついたかもしれないこと。
支配者・神父の都としてのローマが放縦と酒池肉林に溺れたこと(韓国人神父や英国での神父の幼児への性虐待問題)
Commented by nanashi at 2010-11-02 14:07 x
従軍慰安婦問題・南京虐殺問題以降
日本が侮辱されればされるほど
米国とアングロサクソンへの憎しみが増す
Commented by 若年寄り at 2010-11-02 14:31 x
NANASHIさんの「米国とアングロサクソンへの憎しみが増す」。「うーん」日本の真珠湾攻撃の時みたいな言葉ですね。でも、実際は、米指導部も草の根も英国嫌いが案外多いですよ。また、英国の方も、上層部は、米嫌いですね。サッチャーなんかは少し変わり者なのです。彼女は貴族出身でないですし。
いずれにしろ、チャーチルの「今世紀は、English-Speaking
Peopleの世紀」といる言葉は、どうやら実現してしまったようです。
Commented by 天津ハマグリ at 2010-11-02 17:26 x
nanashiさんは中国は憎まないの?
Commented by nanashi at 2010-11-02 17:57 x
中国は分裂すると見ているので、日本巻き込まれないようにするのが第一目標。
「English-SpeakingPeopleの世紀」これが新しい植民地主義の本質
中国人の英語圏流入は止まらない。
必ず、英語化中国人と中国語中国人の争いが起きる
舞台は上海(江戸湾の横浜)
by masa_the_man | 2010-10-29 00:55 | 日記 | Comments(32)