戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

オバマ大統領の「地政学」

今日のイギリス南部は昨日に引き続いてうだるような暑さでした。それでも日陰に入ればけっこう涼しいのが救いかと。

さて、今日はネットで見つけた写真だけ。帰国前の追い込みでちょっと忙しくしております。

b0015356_72341.jpg
(abc.comより)
Commented by Rogue Monk at 2010-06-29 08:14 x
CNNでやってるザカリア兄貴のGPSの中で
オバマ政権が認識しているロシアの特徴(強さ)として
「国土が三大陸に広がっている」
てことを挙げていますね。
極めて地政学的だなと。

けど「三大陸」って、具体的には どこなんでしょ?
まさか「北極大陸」とか言い出さないだろうしw
ここら辺も地政学的なのかもしれませんが。
Commented by 共産趣味者 at 2010-06-29 12:48 x
興味深い写真ですね、中心はロンドン?パリ?ベルリンかな?
ヨーロッパから見る世界で捉えているのでしょうか
Commented by masa_the_man at 2010-06-29 23:24
Rogue Monk さんへ

>「国土が三大陸に広がっている」

正確には「ユーラシア大陸の三方向に広がっている」ということなんでしょうなぁ

>極めて地政学的だなと。

その通りです。

>けど「三大陸」って、具体的には どこなんでしょ?

たぶん言い間違いかと(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-06-29 23:25
共産趣味者さんへ

>ヨーロッパから見る世界で捉えているのでしょうか

地図そのものはロンドン中心でしょうね。オバマさん自身はこの写真だとヨーロッパとロシアの間あたりを見ているような。コメントありがとうございました
Commented by sdi at 2010-07-01 01:20 x
アフガニスタンからイランのあたりを眺めて途方にくれている様に見えますね・・・・・・。
こういうとき、地球儀より地図のほうが便利ですね。
Commented by 笠後 at 2010-07-01 17:04 x
しかし、グルジアをめぐってあれほど敵対したのに、ロシアとの蜜月を選択するんですな。
核兵器を所有する国とは、対立するのは不可能か。日本も中国をめぐってアメリカに切られる日も近かそうですね。
Commented by nanashi at 2010-07-03 19:06 x
ロシアはアメリカと取引するために中国やイランと当面仲良くしているだけ。必ず裏切ります。
タイタンの例を見ても石油の無機起源説が正しいわけですから、資源支配のうち石油エネルギーの支配が崩れようとしている。
CO2だのメキシコ湾深海石油事故だの、欧米も必死ですね
Commented by nanashi at 2010-07-04 11:17 x
グアム移転費増額要求来ました
予定だと、鳩山が日本人を煽って反米感情を盛り上げ、日本の意思で米軍を追い出し移転費を納得して出すというシナリオだったのではないか。
菅政権には直接的に強引な要求をしてくるだろう。
仮に菅がつぶれても、米国にはまだ小沢がある。
鳩山が切ったという臭い芝居で小沢を温存したつもりだろうが、米国は。
小沢は必ず日本人が正真正銘の首切りをするだろう。議員辞職だ。
Commented by at 2010-07-06 01:41 x
対領空侵犯措置! ロシア軍機が三日間で三回の領空接近、航空自衛隊が緊急発進
http://harunakurama.blog.ocn.ne.jp/kitaooji/2010/07/post_ffdc.html
極東大演習と関係があるのか分かりませんが、だいぶ激しくなってきてますね。
Commented at 2010-07-06 22:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanashi at 2010-07-07 01:05 x
ロシアの行動は北朝鮮異変時の介入のためでしょう。
北朝鮮は俺様のテリトリーだという米国向けの示威行動でしょう。
同時に、中立志向の日本を良く思っていない米国に、日本を脅すことで恩を売っている。二重の意味があるのでしょう。
Commented at 2010-07-07 12:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by masa_the_man | 2010-06-29 07:24 | 日記 | Comments(12)