戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

スペースパワーの文献について:リスト

今日のイギリス南部はよく晴れたのですが、夜になるとけっこう冷え込んできて六月とは思えない陽気でした。

実は本日は学校で年に一度の研究発表がありまして、一人30分の持ち時間で現在の論文の研究進行状況をコースや先生たちの前で報告してまいりました。

私の出番はなんと一日目の一番最後(午後6時半)という最悪なスロットだったのですが、とりあえずコースの人間は強制参加なので(笑)合計25人くらいの人々が私の報告発表を聞くために最後まで残ってくれました。

とりあえず結果は上々で、いくつか建設的なアドバイスや質問があった他にはとくに問題となるような批判もなく、あらためて「あとは残りを書くだけ」という状態であることを確認しました。

その後にコースメイトたちと街のパブに飲みにいったのですが、こういうところでの会話が貴重な情報源で、クラウゼヴィッツや映画について色々と語ってきました。

さて、昨日お約束したスペースパワーの文献について。

例の空軍大佐に話を聞いて、実は日本のある学会でスペースパワーの学派についての説明があったことなどを述べると、彼はもっとまとまった良い文献があるということで以下のようなものを教えてくれました。

まずスペースパワー理論について総合的によくまとめてあるものとしては、なんと無料(といっても送料はかかりますが)で読めてしまうこの論文を勧めてくれました。

Totem and Taboo: Depolarizing the Space Weaponization Debate
By: Karl P. Mueller

そしてその他の理論面で特徴あるものとして以下の三冊を超プッシュしておりました。

① Spacepower: What It Means To You
by Donald Cox and Michael Stoiko.

Space Power Theory
by Jim Oberg

③Astropolitik: Classical Geopolitics in the Space Age
by Everett C. Dolman

ということです。

ちなみに三冊目は拙訳の『進化する地政学』の中にその要約版と言えるようなものが収録されておりますし、二冊目はネット上に上がっておりますのでタダで読めます。

今日の空軍大佐の発表でも言っていたんですが、もうスペースパワーに関する最新文献というのはネット上に上がっているものの確率が断然増えているとか。

また、スペースパワーの理論をやっている人々の中には超宗教的だったり、超オタクな人間が多いと言っていたのが印象的でした(笑

そういえば数日前に中国が宇宙軍?を創設することを発表したことについても触れておりまして、「そろそろ来るだろうと思っていた」と言っておりました。

b0015356_942165.jpg

Commented at 2010-06-17 18:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-17 23:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 大阪人K at 2010-06-17 23:39 x
>人々の中には超宗教的だったり、超オタクな人間が多いと
これについては、残念な思い出が・・・(苦笑)
以前に軌道エレベータについて、知人と話したとき私が軌道エレベータについて疑問を呈したことがあります。
「軌道エレベータの材料を大量かつ迅速にその上低コストで送る技術が出来るようになったら、果たして軌道エレベータは必要なのだろうか?」
という疑問を言ったら、知人に本気で怒られました。
何だか、それを思い出しました。(苦笑)
そして例の空軍大佐だったら、どう答えるのだろうか少し気になるところです。

探査機「はやぶさ」の帰還で思ったことなんですが、はやぶさに搭載されていたイオンエンジンを上手く活用すれば、超低空軌道の偵察衛星が造れるなと思って調べてみたら、実際に研究していました。
http://technews.blog42.fc2.com/blog-entry-10.html

はやぶさの帰還を見て素直に感動せず、これは偵察衛星に活用できると考えてしまう自分が何ともかんともであります。(苦笑)
Commented at 2010-06-18 00:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-06-18 03:56
キモオタ さんへ

>一般の人には意味不明な世界に突入

しますね(苦笑

>勉強しなおそうか 本気で考えています。

いいかも知れません。オススメします(笑

>半年以上続ければ良い どうだ シンプルで簡単だろう

わはは。まさにこれですな。実行面でいかに大変か(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-06-18 03:58
大阪人K さんへ

>果たして軌道エレベータは必要なのだろうか?

鋭い(笑

>そして例の空軍大佐だったら、どう答えるのだろうか少し気になるところです。

こういうところで彼はクラウゼヴィッツを持ち出してくるんでしょうなぁ。「摩擦がある」と。

>これは偵察衛星に活用できると考えてしまう自分が

いや、こういう視点も極めて重要ですから。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-06-18 03:58
kimootaさんへ

>あつかましいとは思いますけど 是非お願いします。

了解です。では明日出題します。コメントありがとうございました
Commented by at 2010-06-19 15:50 x
この空軍の方も日本の宇宙力がアメリカのコントロール下にあれば良し、
という考え方なんですよな?うーん・・微妙ですね。
抑えられるものは全て抑える、しかし中国の様に抑えれないものは、
最後は認めざるを得ない。
結局やったもん勝ちって事なんですかね。
はやぶさはすばらしかったですが、日本の場合、
宇宙開発力を軍事に、という方向に行かないのは残念ですね。
はやぶさを打ち上げたM-V固体燃料ロケット、大気圏再突入カプセルに
使われていた2万度に耐える耐熱素材、どれも役に立ちそうですが。
Commented by Oink at 2010-06-20 22:27 x
ttp://www.gametrailers.com/video/e3-2010-homefront/101159
なかなか(ゲームの中での世界観が)面白かったです。

北朝鮮が韓国を解放した後、日本と同盟を結んで
フィリピン、インドネシア+インドシナを押さえて
サンフランシスコ?に上陸とか。
(台湾は消えている?中国の動向は?日米安保と在日米軍は?)

そういえば、「Red Dawn」では中国がアメリカを解放していましたっけ。

アメリカは、ヒスパニック移民などの方が深刻な問題になっていくと思うのですが、経済力の拡大が著しいアジアの方が脅威のネタにしやすいのでしょうか。
Commented by masa_the_man at 2010-06-24 09:31
派 さんへ

>日本の宇宙力がアメリカのコントロール下にあれば良し、

うーん、微妙に違うらしいですけどねぇ。

>結局やったもん勝ちって事なんですかね。

いや、そういうわけじゃないと思います。

>軍事に、という方向に行かないのは残念

「聖域学派」ですから(笑

>どれも役に立ちそうですが。

逆にそれを使われてしまうことになりそうですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-06-24 09:37
Oink さんへ

>ゲームの中での世界観が)面白かった

三男が国連でしゃべってますなぁ(笑

>北朝鮮が韓国を解放した後

東南アジアに広がってますなぁ。アメリカも支配下に入ると。

>経済力の拡大が著しいアジアの方が脅威のネタにしやすいのでしょうか。

そういうことでしょうね。逆にスパニッシュ問題は身近すぎてゲームのネタにできないというシャレにならないところもあるのかも(苦笑)コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-06-17 08:58 | 日記 | Comments(11)