戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

戦略についてのある論文:その8

学者たちの多くは、効果的な戦略をつくることのむずかしさをあまり真面目に考慮しないものだ。一昔前の研究者たちは、非合理的な「決定」、「実行」、そしてその「結末」などを強調した文献をよく読まされていた。

一九七〇年代になると「官僚政治理論」が一時的に流行したが、これはアメリカのベトナム政策の失敗によるところが大きい。この当時の大失敗を生み出した政府と軍のリーダーたちが、その当時に自分たちの行っていたことを完全に把握していたとは見えなかったからだ。

しかし振り子はすぐに逆に戻ってきた。合理主義理論は完全に復活したのであり、それ以降も優勢なままだ。政治科学では、野心的な学者たちが、作戦分析を研究しようとは考えなくなってしまったのであり、したがって、戦略計画を実行することのむずかしさを理解するために政策決定のプロセスや軍事作戦を学ぶ人は減り、政府のリーダーたちが決定したことと政府組織が実際に行ったことの間に大きなギャップをつくる「転換的なプロセス」に注目する人はほとんどいない。

合理主義のモデルは戦略家が何をすべきなのかを教えてくれる最適な「標準的な基準」なのだが、それらはその定義からしてあくまでも実践的な「本物の戦略」を学ぶための、ほんの手始めの部分でしかないのだ。

バーナード・ブロディ(Bernard Brodie)は「本当に重要なのは、そのアイディアは本当に効くのか、ということだ」と書いている。彼によれば、「このような観点からみれば、戦略というのは政治学の一部やその他の応用科学とも言えるのであり、純粋な科学のようにものごとの動きを述べて整理して説明するが、それに対する処方を教えることはしないもの」なのだ。
Commented at 2010-06-15 14:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-15 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-15 15:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 大阪人K at 2010-06-15 21:53 x
戦略というものが政治家が考えるにしては余りにも専門的に過ぎ、将軍(官僚)が考えるには余りにも規模が大き過ぎるという思いがしてなりません。
そしてテクノロジーの発達によって、戦略の規模拡大と専門性の細分化が進んでいる以上、このギャップが拡大し続けるように思えてなりません。
Commented by 失地農民 at 2010-06-15 22:50 x
中国が「制天(宇宙)権」確保目指して宇宙軍創設だそうです。件の大佐殿が興味を持ちそうです。
ミサイル部隊ではなく、空軍が母体になるところが鑑賞のポイントなんでしょうかね?

>中国「宇宙軍」創設へ本格化 空軍主導で兵士養成も

>「制天(宇宙)権」確保へ長期戦略を進めていることが明確になった。
>同筋によると、中国軍は04年7月に「空天一体化」と「攻防兼備」の宇宙戦略を策定。
ttp://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061501000607.html
Commented by masa_the_man at 2010-06-16 05:33
キモオタさんへ

>戦略の特性について

おおっ。

>同条件による検証が殆ど不可能

これは社会科学の理論でもまったく同じですね。

>どんな戦略でも予期せぬ事が必ず起きる

これはクラウゼヴィッツも言ってますな。

>自己を否定する側面がある

ありますねぇ。だからこそパラドックスなわけで。

>番付によって違う

そうきましたか(笑

>好き勝手やってもすべて戦略的に正しい

というか、好き勝手という概念もないんでしょうなぁ。

>垂れ流しました

いやいや、面白かったですよ。ぜひまた遠慮なくお願いします。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-06-16 05:34
大阪人Kさんへ

>そしてテクノロジーの発達によって、戦略の規模拡大と専門性の細分化が進んでいる以上、このギャップが拡大し続ける

これは90年代のRMAの時に出てきた議論ですね。アメリカはそれでもこれをテクノロジーで乗り越えられると思って楽観視しているようなところがあるわけですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-06-16 05:39
失地農民さんへ

>宇宙軍創設

きましたねぇ

>件の大佐殿が興味を持ちそうです。

昨日話をしたばかりです。まだこの件については何も言ってませんでしたが。

>空軍が母体になるところが鑑賞のポイントなんでしょうかね?

アメリカも基本的には空軍ですからこれでまあまともなのかも知れませんね。明日また会うのでこの件について聞いてみます。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-06-15 05:00 | 日記 | Comments(8)