戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ゲイツ長官と米国防省の予算

今日の甲州はうだるような暑さです。しかし湿気はそれほどないのでまだ過ごしやすいですが。イギリスの真夏はこういう感じです。

さて、金融危機に端を発する財政危機に苦しむアメリカですが、「オフショア・バランシング」を加速させる一つの指標となるのがペンタゴンの予算。

これについてNYタイムズが数日前に書いていたので、いつものようにポイントフォームで。

=====

May 16, 2010

Mr. Gates and the Pentagon Budget

●9/11連続テロ事件以降の米国防省の予算は乱発状態だ。司令官たちや産業界のロビーイストたちの要求は、それがどんなものでもーー兵器開発費やプログラムがいくらかかろうとも、それに冷戦後の世界ではもう必要のないようなものでも――そのほとんどが議会で承認されてきた。

●過去十年間で年間の国防費はそれまでのほぼ二倍にあたる5490億ドルにまで増えたのであり、これには別予算でとなるイラクやアフガニスタンの戦費である1590億ドルは含まれていないのだ。

●米国防省長官のロバート・ゲイツは、さすがにこれを変えなければならないとわかっており、最近の二つのスピーチでは「このような国防費の垂れ流し状態はもう続けられないし、節約状態は少なくともしばらくは続けなければならない」と言っている。た、彼は現在のすべてのプログラムや、これからの予算の要求には「手厳しい」検査がなされると述べている。

●しかしゲイツ氏は予算削減を言っているわけではない。彼はインフレを除いた2〜3%のGDPの成長を、2000年から2009年の4%の成長率と比較しているだけなのだ。つまりアメリカの金融危機を差し引いても、国防省の予算はかなり大きいままだ。

●オバマ政権はすでにいくつかの大きなプログラムを削除(たとえばロビーイストや議会の反発を受けながらもF-22戦闘機をカット)している。ところが無人機のような新しい兵器への開発投資は行われており、「四年ごとの国防見直し」(QDR)ではまだあまり厳しい決断はなされていないとはいえ、「将来における妥協」がなされなければならないと論じている。

●ゲイツ氏はあまりにも肥大しすぎた民間・軍の官僚(増えすぎた提督や将軍など)の数を縮小したいと言っており、これによって100億ドルから150億ドル節約できるとしている。また、兵器への支出をさらに行いたいとしており、たしかにこの対象となるシステムの名前を挙げたことは彼の手柄といえる。

●彼はメリーランド州の海軍関係の展示会で、「なぜ他国の海軍は空母を1隻以上もっていないのに、米海軍には1隻110億ドルもする空母をこの先30年間にわたって11隻も必要なのだろう?」と言っている。

●また彼は海兵隊の(対艦システムの進化によって脆弱になった)強襲揚陸船EFVや、1隻70億ドルする海軍の弾頭ミサイル潜水艦の必要性について疑問を呈している。

●もちろんわれわれは議会や弁護士・ロビーイストたちが怒っていることは知っている。しかしここで注目しなければならないのは、ゲーツ氏はこれらのうちのどのシステムを、どれだけ削減するのかを一言も言っていないということだ。

●おそらくもっとも政治的に難しい問題は、軍隊における健康保険にかかるコストであり、これはこの十年で190億ドルから500億ドルにまで跳ね上がっているのだ。

●もちろん現役の軍関係者たちやその家族たちは健康保険をはらわなくてもよいのは分かる。しかし退役軍人たちが一家族単位で払う460ドルという価格は、過去十五年間そのままなのだ。

●ゲイツ氏は「多くの退役軍人たちは、年金の他に現役の時と同じ給料をもらい、しかも保険の費用は雇い主が払っている」と言っている。もちろんわれわれの軍人たちは一流の健康保険を得るだけの資格はあるが、しかし現在はみんなで一緒に負担を分担しなければならない時なのだ。

●もしゲイツ氏が本気で他の予算削減に取り組み始めたとしても、予算の専門家たちによれば、兵士にかかるコスト(給料、健康保険、住居費、年金など)の上昇は新しい兵器の開発をカットしたとしても支えきれないという。

●イラクとアフガニスタンでの戦争が終結すれば、ワシントン政府はおそらく海軍と空軍の兵力の削減を考えなければならなくなるはずだ。

●ゲイツ氏はワシントンのベテランであり、彼はこの戦いに正面から挑むことになるはずだ。それでも下院の軍事小委員会は、先週彼にひとつのことを思い起こさせることになった。なぜならこの委員会では2011年度の防衛概算要求にミサイル防衛システムのための4億ドルの追加予算を要求したからだ。

●しかもこの予算にはゲーツ氏が去年キャンセルしたプログラムであり、専門家が失敗するという見解で一致している、5千万ドルの空中レーザーが含まれているのだ。

==============

実質的にあまり減らしていないんじゃないの?という軽いツッコミです。
Commented by もするさ at 2010-05-21 15:27 x
しかしながら、アメリカが予算削りすぎると
「緊急性が高いはずの更新なのに、なかなか予算が下りず後継兵器の開発が流産」
しやすいので戦場という人件費増加の要因を減らすべきでは?
等と思ってしまいます。現実問題、F-35は垂直離着陸型が足を引っ張って水子寸前だと聞きますし、老朽化が著しい兵器の更新が上手くいってないと言う現状は何れ響いてくるようにも思えますが・・・そこら辺はどうなんでしょうね?
Commented by 上山祐幸 at 2010-05-21 16:56 x
 お疲れ様です。

 F-35は、複雑なエンジンが足かせになっていると考えられます。
 予算をつぎ込むのか、撤退するかで悩んでいるのではないでしょうか。
 QDR2010でも海軍の新型巡洋艦CG-Xの計画や様々な計画が中止になったりしてます。アメリカ軍の技術的優位性に対する投資が先細りすれば、カオス化が進む要因になると考えられます。
 特に、新型戦略原潜(オハイオ級戦略原潜の代替艦)なども話が聞こえてきてもよさそうなものですが…

 話は変わってしまいますが、北極海の地政学と海底の地政学も、基礎資料を集めているのですが、研究テーマとしては刺激的ですね。ちょっとワクワクしてきてます。
Commented by sdi at 2010-05-22 00:21 x
ゲイツ国防長官の言動見ていると、後世「21世紀のマクナマラ」と呼ばれるんじゃないか?と思うことがあります。
Commented by at 2010-05-22 01:13 x
しかしゲーツもアメリカも財政赤字にたいして危機感をもって対応していますね。
一方わが国は諸外国から財政破綻すら囁かれる1000兆円の負債を抱えています。
日本では国内で吸収しているから大丈夫、純粋な負債じゃない、資産を引いたら大した額じゃないという楽観論にかき消されてします。
国内で国債をさばけなくなったらどうするのか?
国内資産は全て売れるものばかりじゃないわけで、負債額が増えれば相殺されます。そのときはそうするのか?

日本の競争力、27位に急落 中韓台下回る
ttp://bit.ly/dijzzc

否定的過ぎるかもしれませんけど、何事も最悪の事態を想定すると言うことは必要な事ではないでしょうか。
Commented by もするさ at 2010-05-22 09:31 x
私の国債は国内向けで済んでいるうちにデフォルトで絶対に、払わない・買わない・発行しないの国債三原則を打ち出して財政を健全化させるべきだと思います。

円を「信用できない通貨」にすれば競争力なんてすぐに回復するのに何故しないのか不思議でなら無いと思いますよ。自分は
中国の競争力は「国策で暴落させた弱い元」による物です。
日本も円の弱体化に邁進すべき
Commented by masa_the_man at 2010-05-24 22:37
もするさ さんへ

>戦場という人件費増加の要因を減らすべきでは?

そうなんですが、そこができないところが彼らの悲しいところ。

>何れ響いてくるようにも思えますが・・・そこら辺はどうなんでしょうね?

確実に響いてくると思います。

>国債三原則を打ち出して財政を健全化

なるほど(笑

>円を「信用できない通貨」にすれば競争力なんてすぐに回復

うーん、その代わり購買力がなくなってしまうので石油などの資源の購入が・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-24 22:38
上山さんへ

>アメリカ軍の技術的優位性に対する投資が先細りすれば、カオス化が進む要因になる

たしかにその通りかと。

>研究テーマとしては刺激的

ですね。この辺はこれから注目かと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-24 22:39
sdi さんへ

>後世「21世紀のマクナマラ」と呼ばれるんじゃないか?と思うことが

鋭いですねぇ。たしかにこれはあるかもしれません。かれは逆にインサイダーすぎるというところも難点かと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-24 22:41
派 さんへ

>国内で吸収しているから大丈夫、純粋な負債じゃない、資産を引いたら大した額じゃないという楽観論

ありますねぇ。

>負債額が増えれば相殺されます。そのときはそうするのか?

インフレで吹っ飛ばすんですかねぇ。

>日本の競争力、27位に急落 中韓台下回る

韓国は大喜びで報道しておりましたっけ(笑

>最悪の事態を想定すると言うことは必要な事ではないでしょうか。

絶対に必要ですね。コメントありがとうございました
Commented by 中川信博 at 2010-05-25 20:31 x
連続(最新の投稿から読んでます)投稿失礼します。

格言41「軍縮は戦争を呼ぶ」 By Nakagawa Nobuhiro
Commented by masa_the_man at 2010-05-26 00:46
中川さんへ

>格言41「軍縮は戦争を呼ぶ」

ああ、いいかもしれません(笑)コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-05-21 14:36 | ニュース | Comments(11)