戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

世界(西洋)の終わり?

今日の甲州はよく晴れまして、気温もかなり上昇しました。昼間は半袖でも完全にオッケーです。

さて、またまたウォルトのブログから。彼は最近連続して面白いエントリーを書いております。

まずは前半だけ。後半はまだ訳してないので今夜のせます

=========

The end of the world as we know it?

Posted By Stephen M. Walt Thursday, May 13, 2010 - 10:35 AM


●いままでの五百年間は、世界政治は大西洋周辺の列強(西洋諸国)の行動や優先順位によって主に動かされてきた。

●この時代はヨーロッパの植民地をもつ帝国の発展によって始まったのであり、これが世界中のほとんどの土地を切り刻み、キリスト教、ナショナリズム、そして民主主義のようなアイディアを広め、現存する国境の多くをつくったのだ(もちろんこのプロセスの進行中に色々な害も発生した)。

●もちろん(1945年以降の)日本のように例外はあるが、それでも大西洋周辺の国々が何百年間も主要プレイヤーであったのだ。

●第二次大戦後のヨーロッパの没落はアメリカのリベラル国際主義の時代にすぐとってかわられた。アメリカはNATOと日本をジュニア・パートナーとしながらさまざまなグローバル制度機関を(そのほとんどを自分たちで作ってから)承認し、多くの種類の軍事基地を維持し、冷戦を戦って勝利し、世界中の色々なところに熱心に「西洋」の価値観と制度を植え付けようとして、それを成功させたのだ。

●もちろん私は(『西洋の没落』を書いた)シュペングラーや(『大国の興亡』を書いたポール)ケネディー的な主張をしたいというわけではない。しかし最近の私は、いままでの西洋の時代は実質的に終わり、世界勢力の構造が大規模な転換期を迎えているのではないかと考えはじめている

●世界のGDPにおけるアジアのシェアは、すでにアメリカやヨーロッパのそれを越えており、最近のIMFの報告では、その規模は2030年までにはアメリカとヨーロッパをあわせたものの合計よりも多くなると予測されている。

●すでにヨーロッパは軍事的には張り子の虎状態になっており、現在の経済危機はヨーロッパの国々(とくにイギリス)の軍事力をさらに削減するよう迫ることになるだろう。そうなると当然のように「ユーロがドルにとって変わる」などという希望は怪しいものになる。

●ヨーロッパ諸国の国内政治は財政が厳しくなるにつれて大変なことになってくるだろうし、ヨーロッパがアフリカや中央アジア、または中東などで行っているさまざまな慈善事業には必然的に資金が回らなくなるはずだ。もちろんこのような活動の全てが消滅してしまうわけではないが、それらが現在のようなレベルで続くとは考えにくい。

●アメリカの状況はそれに比べればまだマシだ。なぜなら潜在的な経済発展の余地があるし、人口も全体的にまだ若く伸び盛りだし、労働市場も柔軟だし、海外から資金を調達できる能力は高いなどの理由があるからだ。

●しかしそれでもアメリカはヨーロッパと似たような圧力に直面することになるはずだ。

●なぜならわれわれにはイラク戦争や2008年の金融危機による深刻な債務があり、失業率はまだ高いままであるし、健康保険法案も高齢化するベビーブーマーたち(の要求)の急増によってコストをカットすることはできず、州や市などの政府自身も大きな財務危機に直面しているし、増税に対しては幅広い反発があり、国家のインフラの維持についても延期されているものが多いのだ。
Commented by faust at 2010-05-17 21:32 x
全く無関係なコメントですいませんが、
http://twitter.com/masatheman/status/13431870661
この本の題名と著者名だけでよいので教えてください。
Commented by 待兼右大臣 at 2010-05-17 22:27 x
私もその記事は斜め読み程度ですが読みました。
詳しい内容は覚えていませんが(理解できていませんが)
「へぇ」という印象を持った記憶があります。
Commented by Oink at 2010-05-17 22:43 x
ツイッターは、アカウントは取ったのですが使い方がさっぱり
orz

朝ドラの水木しげるの格については、私も気にはなっていたんですよね。
「怠けものになれるように、努力をしなさい」とか
「水木さんが偉いのは、好きな事をして食いきったことです」とか。

500年間、大西洋国家が世界を動かしてきたってのは
日本など、東アジア諸国にとってはいまいちピンと(どうしても東アジアではアヘン戦争後というイメージがあります)きませんが以前ここで話題にしたように、東南アジア、台湾あたりまでは
17世紀に進出してきていたんですよね。

>もちろん(1945年以降の)日本のように
1945年以前よりも、1945年以降の日本の方をパワーとして
扱っているのにも違和感を覚えますが、経済・軍事・外交のバランスからみると妥当なんですかね?
ウォルトは戦後生まれ世代?なんでしょうか?
真珠湾をリアルタイムで知っていたら80近いのか。
Commented by Oink at 2010-05-17 22:49 x
>いままでの西洋の時代は実質的に終わり、世界勢力の構造が大規模な転換期を迎えているのではないかと考えはじめている。
産業革命以前の19世紀前半までは、世界経済の4割近くを
中国とインドが占めていたんでしたっけ?
ここでも違和感を感じます。

アメリカのリアリストなので、「アメリカはEUに比べて健全だ」論が好きそうですが、人種の構成を考えるとアメリカという国の中身は、EUに比べかなり劇的に変わりそうですけど。
有色人種の血が入っていない政治家の方が珍しくなる可能性すらでてくるような。

カナダ人が語った北極海への意識も興味が。
南極海も当然、太平洋も、白人の海だという意識があるんでしょうね。
Commented by masa_the_man at 2010-05-18 00:55
faust さんへ

>この本の題名と著者名だけでよいので教えてください。

7 Deadly Scenarios: A Military Futurist Explores War in the 21st Century by Andrew Krepinevich です。この間朝日にインタビュー載ってましたな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-18 00:57
待兼さんへ

>私もその記事は斜め読み程度ですが読みました。

やっぱりチェックしてますねぇ。

>「へぇ」という印象を持った記憶があります。

なかなか面白いこと書きますよね。この人の文章力は本当にすごいです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-18 01:07
Oink さんへ

>使い方がさっぱり

私も実はよくわかっとらんです(苦笑

>好きな事をして食いきったことです

私の場合はかれの睡眠力のところが参考になってます(笑

>東南アジア、台湾あたりまでは17世紀に進出してきていた

まずはポルトガルですな

>ウォルトは戦後生まれ世代?なんでしょうか?

たしか54年生まれでした

>ここでも違和感を感じます。

そういうことです。

>人種の構成を考えるとアメリカという国の中身は、EUに比べかなり劇的に変わりそう

中心点がどこかというところで大騒ぎになりますね。

>南極海も当然、太平洋も、白人の海だという意識がある

強いですね。この二つは自分たちが地理的に近いところでコントロールしているわけですからね。コメントありがとうございました
Commented by 待兼右大臣 at 2010-05-18 21:37 x
ということで、そのエントリに対応した同じForeign policyのDreznerのエントリーです。
ttp://drezner.foreignpolicy.com/posts/2010/05/17/a_leader_needs_supporters

ついでに、このブログでも紹介されていましたルトワクの「ビザンチン帝国の大戦略」に関連したエッセイが以下の場所に転がっていました
「大戦略を考える-ビザンツ帝国を中心に」
ttp://www.nids.go.jp/event/forum/pdf/2009/02.pdf
Commented by nanashi at 2010-05-18 21:51 x
格調高いなあ
日本の政治かもこういうもの読んで薫陶を受けないと
Commented by 無花果 at 2010-05-18 23:32 x
少し気になったのですが
>●もちろん(1945年以降の)日本のように例外はあるが、
>それでも大西洋周辺以外の国が何百年間も主なプレイヤーたちであったのだ。

これは、「大西洋周辺の国が~」ではなく、ですか?リンク先が消失していて確かめられませんでした。

そういえば、暫く前にキッシンジャー氏が韓国を訪れて、体調不良で入院、というニュースが流れていましたが…この時期の訪韓は半島情勢のきな臭さと関わりがあったのかな、と勘繰ってしまいそうです。
Commented by at 2010-05-18 23:53 x
>ということで、そのエントリに対応した同じForeign policyのDreznerのエントリーです。

この記事と記事に対する書き込み見ると、日本は駄目だ、その代わりを韓国がやる、というものが多いですね。
日本の政治情勢などたいして気にもしてないと思ってたけど、
予想以上に鳩山は日米間に悪影響を与えているようですね。
Commented by カカ at 2010-05-19 05:40 x
国内の移民の問題に関してですが、アメリカだけではなくて、EUも苦境に達している。特にキリスト教にとっての天敵であるイスラム勢力の浸透という面に限定すると、アメリカ以上に、EU諸国のほうがイスラム教徒の増大が深刻。EUの現地人が子供を二人未満しか作らないところを、中東からのイスラム教徒は子供を5,6人もつ場合が普通。50年後、アメリカのイスラム人口は5000万人ぐらいで人口の1割ぐらいだが、EUのイスラム人口は、この地域の人口の3分の1~半分になるという予想もある。
Commented by nanashi at 2010-05-19 06:46 x
日米同盟から米韓同盟に比重が移ることも日本にとって良いかも。
問題は、欧米市場が日本に対して差別的に縮小されること。
兵器などの販売とバーターで日本製品を排除して韓国製品に代える。
中国の中で韓国の存在が大きくなり、相対的に日本への対抗心が小さくなるだろう。
その辺の勘定がどうなるのか?
韓国はたぶん国家運営に失敗するだろう。その時に隣接する日本に知調整負担を転嫁してくるのは間違いないので、それが大きなマイナス点。日本の政治家に日韓関係を心情的に重視する傾向が強い。
これを防ぐことができれば、米韓同盟VS中国の構図に日本は衰退しながら負担を軽く乗っていけると思うが。
Commented by nanashi at 2010-05-19 06:53 x
世界的には日本は安全保障にタダ乗りしているといわれているが、相当な規模で調整の負担を被って努力をしている。
この10年以上米国に毎年20兆円ぐらいの購買力を移転し、東アジア周辺の白人への憎悪を代わりに引き受けている。
同じ真似ができる国は無いだろう。
米韓同盟が進んでも、欧米が韓国に失望するのは早いだろうと思う。
Commented by カカ at 2010-05-19 07:53 x
米国が日本に対して「代わりに韓国がいる」というのは、米国が得意とする分断統治というやつでしょう。実際のところ、米国にとって、地政学的に、韓国は日本の変わりは務まらない。このことは、最近、米軍の関係者が漏らしていたよ。米国としては、韓国と日本に忠誠合戦を競わせているつもりなんだけど、肝心の日本が乗ってこないから、内心、戸惑っていると思う。
Commented by elmoiy at 2010-05-19 10:04 x
>「大戦略を考える-ビザンツ帝国を中心に」

エドワード・ギボンがビザンツ人について、
「聖像崇拝はやがて目につかぬ形で徐々に教会内に忍び入り(中略)ギリシア人は、自分たちがキリスト教の仮面のもとで実は彼らの先祖の宗教を復興させたのではないか、という不安に悩まされた。彼らはそれぞれ律法とコーランにもとづいて彫像をはじめとするあらゆる相対的な礼拝への抜き難い憎悪を教えられているユダヤ教徒とイスラム教徒からの、絶え間ない偶像崇拝者呼ばわりの非難の声に悲嘆と焦慮を感じた」
と述べていますけれど、欧米人から「日本の民主主義は本物の民主主義ではない」と言われて悩む日本人みたいですね。

>中心点がどこかというところで大騒ぎになりますね。

ビザンツは聖像破壊運動のせいで国家が分裂寸前まで行き、西方教会との関係まで悪化することになりましたけれど、アメリカのネックはやはり人種・民族問題でしょうか。
Commented by nanashi at 2010-05-19 11:15 x
20兆円は言い過ぎかなあ。10兆円ぐらいか。明確な購買力の移転ではないし、ちょうど、日本の農家がトヨタの輸出で円高になり購買力をただで手にしているのと同じ構造だから。
自殺者も毎年1~2万人出しているし。
安保タダ乗りなんてチャンチャラおかしい。
Commented by もするさ at 2010-05-19 13:50 x
なんか、ブキャナンの「病むアメリカ 滅びゆく西洋」を地でいくような話ですねぇ・・・

アメリカは意外かも知れませんが、
「多様性故に柔軟性を失う」
と言うパラドックスに陥りつつあるのではないかと思います。
WASPと言う「芯」がしっかり存在していた時代ではあり得なかったことが多く起きている上に
「移民の忠誠心」
と言うアメリカ社会の最大前提が揺るがされて居るように思えるのですが、如何でしょう?
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:09
待兼さんへ

>そのエントリに対応した同じForeign policyのDreznerのエントリー

うーむ、私も彼のブログをたまに読みますが、面白いですよねぇ。

>「ビザンチン帝国の大戦略」に関連したエッセイが以下の場所に転がっていました

そういえば防研の招きで来たんですよね。私は行けませんでしたが(涙)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:10
nanashi さんへ

>日本の政治かもこういうもの読んで薫陶を受けないと

ウソでもいいですからこういうの読んでいるフリをして欲しいですよね(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:12
無花果さんへ

>これは、「大西洋周辺の国が~」ではなく、ですか?

おおっ、すみませんでした。なにぶん急いで訳しているのでこういう間違いが(苦笑)さっそく直しておきます。

>キッシンジャー氏が韓国を訪れて、体調不良で入院

これは知りませんでした。いつ頃なんですか?ちょっと気になりますねぇ。

>半島情勢のきな臭さと関わりがあったのかな、と勘繰ってしまいそう

まあ状況が状況ですからねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:13
派 さんへ

>予想以上に鳩山は日米間に悪影響を与えている

それに向こうもあまり関心がないですから、ある意味でお互い様ということも言えるわけですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:15
カカさんへ

>EUのイスラム人口は、この地域の人口の3分の1~半分になるという予想もある。

すでにパリとかスイスで大問題になってますよね。時限爆弾とも言えるような感じになってきましたが・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:18
nanashi さんへ

>中国の中で韓国の存在が大きくなり、相対的に日本への対抗心が小さくなるだろう。

そういえば「李白は朝鮮族だ」みたいなことを言った教授が問題になってましたな(苦笑

>これを防ぐことができれば、米韓同盟VS中国の構図に日本は衰退しながら負担を軽く乗っていけると思うが。

問題はそれを乗り切った後ですね。

> 安保タダ乗りなんてチャンチャラおかしい。

それはそうかも知れませんが、「タダ乗り」していると思っている人々がいる事実のほうが重要かと。それにカネだけ出していると「名誉」という心理面でのバランスが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:20
カカさんへ

>分断統治というやつでしょう。

意識する/しないは別として、それは確実にありますね。

>地政学的に、韓国は日本の変わりは務まらない。

それはたしかにそうですね。

>肝心の日本が乗ってこないから、内心、戸惑っていると思う。

これはどうしても政治レベルの話になってきます。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:22
elmoiy さんへ

>欧米人から「日本の民主主義は本物の民主主義ではない」と言われて悩む日本人みたいですね。

うーむ、なるほど(笑

>アメリカのネックはやはり人種・民族問題でしょうか。

このイコンが意外に「税金」というものかも知れません。いまのティーパーティー関連の動きを見ているとこれも一つのネックかと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-19 18:24
もするさ さんへ

>ブキャナンの「病むアメリカ 滅びゆく西洋」を地でいくような話

そういえば最近のブキャナンはMSNBCの番組でけっこううれしそうな顔していることが多いですね(苦笑

>「多様性故に柔軟性を失う」と言うパラドックスに陥りつつある

自分の理想で自分の首を締めるというやつですね。

>「移民の忠誠心」と言うアメリカ社会の最大前提が揺るがされて居るように思える

ありますね。ネオコンなんかみたいに「浸透」したやつらが国策を誤らせた、みたいな見方もあるようですし。コメントありがとうございました
Commented by カカ at 2010-05-19 19:29 x
私は、ブキャナン氏の主張を全部は知りませんが...現在の欧米諸国の文明は、普遍的で世界の文明の中心地であるがゆえに、彼らの文明は崩壊している。経済格差による移民労働者の問題なんてそう。欧米人が広め実践してきた民主主義という概念もそうだ。経済的に、欧米諸国は、非欧米諸国に勝利してしまったゆえに、非欧米諸国からの移民(経済難民)に飲み込まれ、また、民主主義という概念を広めてしまったがゆえに、これら移民たちが選挙権を欧米諸国内で獲得、欧米人たちは非欧米諸国の発言権の拡大に飲み込まれつつある。
こういったことから、欧米文明を守ろうと思ったら、どうすればよいかだ? 逆の発想が必要ともいえる。欧米諸国の戦略的な衰退を急ぐ必要がある。
Commented by 無花果 at 2010-05-19 19:37 x
訂正ありがとうございました。
キッシンジャー氏の入院については、3月半ばごろの話で、ソースはこちらになります。

>韓国を訪問中のキッシンジャー元米国務長官(86)が13日、腹痛を訴えてソウル市内の病院に入院した。
>深刻な症状ではなく、滞在日程を1日延ばし14日に韓国を離れる予定という。
>キッシンジャー氏は講演のため10日に訪韓し、12日には李明博大統領と会談した。
>http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100313101.html

ところで移民問題について外から見ていると、イスラムの浸透は欧州全域に及んでいるように見えるのですが、欧州がイスラム化したケース、というのは、欧州では戦略を語る上でどの程度真剣に論じられているのでしょうか?
Commented by もするさ at 2010-05-20 10:02 x
WASPが支配層であり、なおかつ相対的に多数派だった時代は
「世界帝国」

「篤信者の共同体」
と言う一見相反するような二要素がアメリカにはあったと思います。欧州に再び併呑されるという恐れが前者を目指すきっかけとなり、建国神話では後者が強調されています。
「篤信者の共同体」を外敵から守るためにアメリカは「世界帝国」となり、「世界帝国」の精神的支柱が「篤信者の共同体」で、その二つが表裏一体だったのです。
しかし、最近後者の要素が薄れ、忘れ去られ初めて居るように思えてなりませんが、如何でしょう?
私はアメリカが絶対的強者として「没理想を演じきった」モンゴル人のような強さを持っているとは思えません。
Commented by masa_the_man at 2010-05-20 21:03
カカさんへ

>欧米人たちは非欧米諸国の発言権の拡大に飲み込まれつつある。

そういうことです。リベラルな思想が自分たちの首を締めているということですね。

>逆の発想が必要ともいえる。欧米諸国の戦略的な衰退を急ぐ必要がある。

一度つぶしてしまう、ということでしょうか。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-20 21:05
無花果さんへ

>ソースはこちらになります。

スポニチですか(笑)あなどれませんな。

>腹痛を訴えてソウル市内の病院に入院

腹痛ですね。

>欧州がイスラム化したケース、というのは、欧州では戦略を語る上でどの程度真剣に論じられているのでしょうか?

いや、この辺は公式的には語られていないと思います。さすがに表立ってはちょっと無理ですね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-05-20 21:07
もするささんへ

>その二つが表裏一体だったのです。

たしかにそうですなぁ。スパイクマンの場合はこれを「旧世界」と「新世界」という地理的な概念であらわしてますが。

>しかし、最近後者の要素が薄れ、忘れ去られ初めて居るように思えてなりません

ありますね。ただしケーガンなんかはこれを「専制政治」という言葉あらわしている部分があるとおもいますが。

>モンゴル人のような強さを持っているとは思えません。

ないですね。コメントありがとうございました
Commented by 中川信博 at 2010-05-25 23:21 x
ウォルトもやっぱりアメリカ人ですね。歴史的なことになるとからっきしちっちゃい。ご存知だと思いますが村山節先生が提唱した文明法則史学よれば西洋は没落して再び東洋が栄えるのですが、ほとんどの学者がそれは中国を中心にと思ってようです。
北京、南京、西京、東京、そして京。中心は日本にあります。だから昨年中国の次期皇帝が陛下に挨拶に来たのでしょう。
Commented by 中川信博 at 2010-05-25 23:22 x
追記
ちょうどそのことをブログに書きました。
http://nakagawanobuhiro.blogspot.com/2010/05/blog-post_6451.html
Commented by masa_the_man at 2010-05-26 00:42
中川さんへ

>ほとんどの学者がそれは中国を中心にと思っているようです。

まあそうかもしれません。表向きの「パワー」はありそうですからね。

>だから昨年中国の次期皇帝が陛下に挨拶に来たのでしょう。

私もそう思いたいところですが、どうも彼らはそういう意図できた感じではないような。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-05-17 16:23 | 日記 | Comments(36)