戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

自衛艦に異常接近

やっぱりこれ、本当だったみたいですね。

=========

解放軍ヘリが日本自衛艦に異常接近、中国では「よくやった!」多数

2010/04/14(水) 15:33

  中国海軍艦船から飛び立ったとみられるヘリコプターが監視していた自衛隊の護衛官に水平距離90メートル、高度差30メートルまで接近した件で、中国では自国軍を賞賛する声が相次いだ。中国艦隊は通常動力のキロ級潜水艦2隻を含む10隻で、8日には沖縄本島と宮古島の間の公海上を南に向けて通過した。

  同記事を掲載した環球網には、自国軍の行為を賞賛し、日本を非難する書き込みが相次いだ。開戦すべしという、極端な意見もある

  ヘリコプターを日本艦隊に異常なまでに接近させたことへの疑問視はみられない。操縦士をたたえたり、中国艦隊を追跡・監視していた日本側の責任とする意見も目立つ。

  軍事力を見せつければ武器輸出につながると、経済効果を主張する書き込みもある。“歴史問題”にもとづく日本敵視が旺盛なのは、相変わらずだ。

=====

記念にこれでも(笑



ああ、なんてやっかいな隣人なんだ(苦笑)国際政治というのはつくづく「パワー」です。
Commented by WIZARD03 at 2010-04-15 19:50 x
私は、この傾向を歓迎いたします。
なまじ媚びて擦り寄ってきたときのほうが日本にとって大きな危機となる可能性が高いと思います。
隣国は永遠の敵であるという国際社会の「常識」を日本人はわきまえていません。
外交と近所づきあいを混同してしまっています、実になげかわしいです。
しかし、日本のメディアがこの事実を報道する気配は皆無です。
報道内容は、北京当局の意向をそのまま報道しているに等しいです。
私は開戦して欲しいとまでは言いませんが、「誤射」の一つも欲しかったです。
そうまでしないと、日本人は生き残りを真剣に考えないからです。
危機意識の欠如こそ、日本の最大の生き残りの障害、いや障壁ですね。
Commented by えんき at 2010-04-15 21:53 x
中国西南部の大干ばつ、米7年前予測
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/03/html/d75924.html

中国ではペンタゴンレポートが再評価されております。もう既に中国大陸では百万人単位の環境難民が発生し、民族移動が起こってしまったのです!!

この後、おそらく環境難民数は数千万人に達し、周辺地域を騒乱状態にしてそれがまた難民を生み、中国国境を超えて移動することでしょう。この環境難民の移動が、やがて日本にまで波及する事態を想定している者が、はたして我が日本人同朋に如何程いるのだろうか、はなはだ疑問と言わざるを得ません。

私の観る所では、現在日本の保守勢力は分断状態であり、ペンタゴンレポートを踏まえて日本は断固として環境難民・経済難民受け入れを拒否するべきだとの論調は少数派であり、極めて憂慮する事態であると私は警告します。
Commented by nanashi at 2010-04-15 23:22 x
中国政府は、鳩山政権が竹島問題で日韓関係を悪化させたノムヒョン政権と同じ行動に出るのではないか警戒している。
だからしきりに探りを入れているのだと思う。
鳩山政権は正体不明の政権であるから、中国としたら当然の行動だ。
Commented by Oink at 2010-04-15 23:45 x
なんて国のやっかいな内閣のかたくなな外相なんだ。

2010年4 月 5日 (月)
G8外相会合―外相同士の有用な議論の場

そういう中で、私として特に力を入れて議論をしたのが、核の問題です。

「核の役割を低減させる。そして、『核なき社会』を目指して具体的に進めていく」そういう表現は、いずれもオバマ大統領のプラハ演説(2009年4月)に出てくるわけですが、そのことを是非入れたいと思って頑張りました。

この問題だけで60分くらい議論していたと思います。しかし、なかなかそれは、他の外務大臣に受け入れられることはありませんでした。
Commented by Oink at 2010-04-15 23:45 x
フランスは核兵器が使われなくても、核で攻撃することを決して否定していませんし、自分自身の問題として核を減らす努力はしていますが、しかし、それは他国から言われてやることではなく、核の役割を減ずることも、基本的に考えていないということで、特にフランスのクシュネール外務大臣は、大変強硬に言われました。

フランスのクシュネール外務大臣は、1週間ほど前に日本に来ていただいてお話をさせてもらいましたが、NGOの「国境なき医師団」の創設者の1人です。

本来、NGOでずっとやってきた方ですから、彼自身の意見はおそらく少し違うはずです――私が雑談のときに、あなたの本当の考え方は違うのではないかと語りかけたときも、少し複雑な顔をしましたので、多分そうではないかと思います――。
Commented by Oink at 2010-04-15 23:51 x
岡田外相が、竹島問題について「配慮」してもこのありさまです。

韓国、竹島周辺海域で地質調査を実施
日本経済新聞 -
【ソウル=島谷英明】韓国の政府系機関である
韓国海洋研究院は15日、日韓が領有権を主張する竹島
(韓国名・独島)周辺の海域で地質調査を実施すると発表した。
地盤の安全性を分析して施設設置の基礎資料にするのが目的で、
竹島の実効支配を強める意図があるとみられる。
Commented by masa_the_man at 2010-04-16 00:00
WIZARD03 さんへ

>なまじ媚びて擦り寄ってきたときのほうが日本にとって大きな危機となる可能性が高い

長期的に考えればそうかもしれませんね。

>隣国は永遠の敵であるという国際社会の「常識」を日本人はわきまえていません。

いませんね(苦笑

>しかし、日本のメディアがこの事実を報道する気配は皆無です。

英文の朝日ではけっこうデカく出てました。これって不思議(笑

>そうまでしないと、日本人は生き残りを真剣に考えない

一理ありますね。

>危機意識の欠如こそ、日本の最大の生き残りの障害、いや障壁

たしかに。そこで現場と国内とのギャップが・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-16 00:02
えんきさんへ

>この後、おそらく環境難民数は数千万人に達し、周辺地域を騒乱状態にしてそれがまた難民を生み

ありそうですなぁ。

>私の観る所では、現在日本の保守勢力は分断状態

いえますね。まあ「共通の敵」がいないからなんでしょうが。

>受け入れを拒否するべきだとの論調は少数派であり、極めて憂慮する事態であると私は警告します。

まあ今後色々と動きがあるとは思いますが・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-16 00:03
nanashi さんへ

>だからしきりに探りを入れているのだと思う。

そうでしょうな。

>鳩山政権は正体不明の政権であるから、中国としたら当然の行動だ。

正体不明というか、もうすでにバレバレという気もしないでもないですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-16 00:06
Oink さんへ

>なんて国のやっかいな内閣のかたくなな外相なんだ。

これについては私も似たようなエントリーを書くつもりです。

>竹島問題について「配慮」してもこのありさまです。

彼らは日本の動きをしっかり見てますねぇ。まあ私が韓国のトップだったら「いまがチャンス」なので同じこと考えますが(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by カカ at 2010-04-16 00:54 x
みなさん、やたら中国に対する評価が高いですがw...今回の中国海軍の行動にどれだけ中国中央部が関与しているか分かりませんが、幼稚な行動だなと思います。もし、中国の指導部が関与していたら、中国指導部も取るに足らない相手だなと。
他には、中国の報道機関が日本の財政破綻を期待するような報道があったという書き込みも見ましたが、仮にそうなったら、その後の日本でどういう政権が誕生するのか...そこまで中国指導部に頭が回ってないのなら、彼らの能力の低さにあきれるばかり。
あと、私は、鳩山氏の親特亜のポーズは信じていません。どうみても、鳩山氏らが親しいのは、プーチン・ロシアでしょうがw 彼の祖父の代から親ロ派ですし、彼の息子はロシアに留学中です。にもかかわらず、彼がそれを言及せず、関係ない親中発言ばかりしているのは、わざとらしさを感じる。
前から思うのですが、中国はその不安定要素(砂漠化・経済数宇の誤魔化し)から、そんなに強敵には思えません。むしろ、強いなと思うのは、ロシアだったり、長期的にはイスラム勢力が遥かに強い勢力だと思います。
Commented by 中川信博 at 2010-04-16 23:10 x
続き
物理的消耗戦から精神的消耗戦に移行してその威力を発揮するのが、我国の日本刀と幽霊ではないかとひそかに思っているのです。彼ら日本の幽霊を非常に怖がる。昔アメリカ人の友達を鎌倉のお化けトンネルに連れて行ったらマジで怖がってた。
Commented by masa_the_man at 2010-04-18 00:16
カカ さんへ

>今回の中国海軍の行動にどれだけ中国中央部が関与しているか分かりませんが

私的にはここが一番のポイントかと。

>どうみても、鳩山氏らが親しいのは、プーチン・ロシア

なるほど。

>彼の息子はロシアに留学中

この人の顔がちょっと・・・

>関係ない親中発言ばかりしているのは、わざとらしさを感じる。

それよりもみなさんが気にしているのは小沢の態度のほうかと。

>そんなに強敵には思えません。

そうかもしれませんが、私はそれよりも彼らが自分たちをコントロール不能なとこは警戒すべきかと考えております。

>長期的にはイスラム勢力が遥かに強い勢力だと思います。

どうなんでしょうか。彼らは彼らでバラバラですからね。ロシアはかなり張り子の虎かと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-18 00:18
中川さんへ

>日本刀と幽霊ではないかとひそかに思っているのです。

むむむ、どういうことですか?

>彼ら日本の幽霊を非常に怖がる。昔アメリカ人の友達を鎌倉のお化けトンネルに連れて行ったらマジで怖がってた。

いやぁ、これは人にもよるんじゃないでしょうか?それがどこまで(ソフト?)パワーになるかは未知数ですし・・・コメントありがとうございました
Commented by 愚人 at 2010-04-18 23:11 x
日本刀は分かりませんが、日本のホラーが怖いのは日常との境界が曖昧だからと、ある米国人日本文学者が言っていました。
日本の場合は、日常の延長として恨みあるいは一緒にいたいがために、「殺す」のではなく「連れて行く」のだそうです。
そういえば日本神話でも「死」の始まりはイザナミがイザナギへの嫌がらせのために生の国の人を死者の国へ攫うことからでしたっけ。

これは単にその学者の個人的見解かもしれませんが、お化けが人を連れて行くのは一時の過ちではなく(良きにつけ悪しきにつけ)日ごろの行いの結果であって、日本人が他人に気を使うのはこんなところにも理由があるのかも。
ただ、何かされたとき「他人はどう思うか」には敏感ですが、戦後は「自分がどうなるか」という視点が抜け落ちているような気もします。

エントリ的には中国は「他人を知らず」、日本は「自分を知らない」というところでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2010-04-19 00:09
愚人 さんへ

>「殺す」のではなく「連れて行く」

なるほど。たしかにそれはありますな。消滅よりも誘拐みたいな。

>日ごろの行いの結果であって、日本人が他人に気を使うのはこんなところにも理由があるのかも

なーるほど。まあお化けも人間と一緒の世界に生きているという感覚なんでしょうか。

>戦後は「自分がどうなるか」という視点が抜け落ちている

いますねぇ。しかし自分がかなりパワフルであるという視点も抜け落ちているような気も(苦笑

>中国は「他人を知らず」、日本は「自分を知らない」というところでしょうか?

うまいですなぁ。その通りです。コメントありがとうございました
Commented by at 2010-04-21 23:20 x
まだやっとります。

非常識な飛行を飛行をしているうちに衝突なんてことになったらどうする気なのかなぁ・・
中国を理解するのも良いですが、今も一触即発の危機が続いている事も知っておかないとね。
こんな事が今後も続くのかと思うと、いずれ事故などから紛争に発展する可能性もありますぞ。

防衛省は21日、沖縄本島の南約500キロの海域で同日午後、中国海軍の艦載ヘリコプターが、
海上自衛隊の護衛艦「あさゆき」に水平距離90メートル、垂直距離約50メートルまで近接飛行したと発表した。
これを受け、外務省は中国に対し、外交ルートを通じて抗議した。 

時事通信(2010/04/21-20:32)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010042100931
Commented by masa_the_man at 2010-04-22 23:50
派 さんへ

>今も一触即発の危機が続いている事も知っておかないとね。

それにしても報道が弱めですよね。もっと騒いでもいいと思うんですが。

>いずれ事故などから紛争に発展する可能性もあります

その通りですな。まあ民主党政権は完全になめられてます。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-04-15 01:52 | 日記 | Comments(18)