戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

世界観 vs 実際の地理

今日の甲州はよく晴れましたが、とにかく寒くてビックリしました。やっぱり地球温暖化なんてウソなのでは?とチラっと考えてしまう私です。

さて、久々に考えていることを一つ。

マッキンダーは『デモクラシーの理想と現実』という歴史的名著の中で色々と興味深いテーマを論じているわけですが、この彼のテーマの中の一つにあるのが、国家の「世界観」と「実際の地理」の間にギャップが出てきた場合のこと。

彼にとってはこれが第一次世界大戦という、ヨーロッパにとっては史上最大級の悲劇を生み出したことになったわけですが、実はこの「世界観」と「実際の地理」の間にあるギャップというのは、あらゆる国家がかかえる懸念事項の一つであります。

この辺についてマッキンダー自身はあまり堀り下げて考えているわけではなく、「地政学の三位一体」の時と同じように、ただ単に提案しているだけなのですが、そういえばモーゲンソーが国際政治の理論(リアリズム)を「科学的に理論化できる!」と言ったわりには自分で何もしなかったことのは、このパターンとそっくり(笑

いずれにせよ、これはこれから詳しく検証していく価値のある大きなテーマではないか、というのが私が最近思っていることです。

具体的にいえば、北朝鮮のミサイル問題であらわれてきた、日本という国家のエリートたちが持つ「世界観」と、(ミサイルによって距離の縮まった日本海という)「実際の地理」の間のギャップとかが一例として挙げられますよね。

できればそのうちにこの辺をうまいこと理論化してみたいところです。
Commented by hs at 2010-04-09 10:27 x
ランドパワーの国がシーパワーの国へ進出しようとするのもギャップの一つでしょうか。
Commented by えんき at 2010-04-09 21:52 x
先日テレビ眺めていた時、朝鮮半島が無い地図が出てきました。書いた本人は勿論のこと、確認したであろうスタッフ全員の頭の中に、それが丸っきり存在しないものとされているという事ですから、確かにこれは懸念すべき事態かもしれません。
Commented by 待兼右大臣 at 2010-04-09 22:46 x
>>「世界観」と、(中略)「実際の地理」の間のギャップ

昔、見た事があるのは実際の距離ではなく、「所要時間」で(日本)地図を描いて 「新幹線の開業で、日本はこれだけ 『狭く』 なった」 という言うことを視覚的に表したものです。
Commented by Oink at 2010-04-10 00:18 x
北沢防衛大臣に地政学、地政学と質問している動画を見たので
ふと思いついて、国会会議録検索システムで
「地政学で使われる用語、人物」がどれだけあったのか
簡単に調べてみました。

地政学 538件 マッキンダー 0件 ハウスホーファー2件
マハン 10件 ランドパワー 7件 シーパワー 21件
エアパワー 2件 ハートランド 8件 リムランド 7件 
生存圏 6件 アウタルキー 98件 世界(本)島 0件
 
キッシンジャー 722件 ブレジンスキー 131件
モーゲンソー 17件 ケナン 81件 ネオコン 61件
Commented at 2010-04-10 09:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-10 21:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-04-10 22:38
hsさんへ

>ランドパワーの国がシーパワーの国へ進出しようとするのもギャップの一つでしょうか。

そういうことでしょうね。イギリスもケニアまで出て行って失敗してますからこれもギャップです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-10 22:40
えんき さんへ

>朝鮮半島が無い地図が出てきました

あらら、これはまずい。

>確認したであろうスタッフ全員の頭の中に、それが丸っきり存在しないものとされているという事

これが意外と「常識」なのかもしれませんなぁ。困ったことです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-10 22:41
待兼さんへ

>「所要時間」で(日本)地図を描いて 「新幹線の開業で、日本はこれだけ 『狭く』 なった」 という言うことを視覚的に表したもの

ああ、これって実は重要かも知れません。「距離感」がわかるものですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-10 22:42
Oink さんへ

>マッキンダー 0件

おおっ、これは(苦笑

>リムランド 7件 

意外に多いのかも(笑

>世界(本)島 0件

これはないでしょうなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-10 22:44
キモオタさんへ

>理論にも関わってくる話ではないかと

その通りです。鋭いですなぁ。

>級の人ほど その距離がちかいのではないかと

それが判断力との相関関係にも近づくかと。

>問題の本質というのはさほど変わらないのではないか と考えます。

まさにそれが私のいいたいところなんです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-10 22:46
waterlooさんへ

>ループで確認する事になるのかと。

おおっ、そういうことですね。ただしもっとスゴい人にになるとそのループさえ超越してしまうみたいですが。ここが一般人にはわからない世界です。コメントありがとうございました
Commented at 2010-04-11 07:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanashi at 2010-04-11 11:56 x
日本の政治家の世界観は、韓国は関係の深い国のままなんだろうけど、
あの国は、アングロサクソン圏に入りつつあるし、ハングル第一世代の親が高等教育を英語で受けさせるだろうから、それは加速するだろう。
現実の韓国と日本の政治家の中の韓国は、相当なズレが生じていくだろうと思う
将来の東アジアの外交問題は、アングロサクソン圏の代理韓国に日中がどの程度協力関係を保って対処できるかに掛かってくるだろう
Commented by masa_the_man at 2010-04-11 23:46
waterloo さんへ

>"勘"で処理できるんですかねえ。

というか、自然にやってしまうんでしょうな。

>正しい説明なら、それに近い気がします。

直感的に選んでいる場合は、これを完全に越えていることになりますからね。それが「運」といえばそれまでなのかも知れませんが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-11 23:49
nanashi さんへ

>あの国は、アングロサクソン圏に入りつつあるし

そうですかねぇ?私はちょっと違うと思いますが。

>現実の韓国と日本の政治家の中の韓国は、相当なズレが生じていく

それはあるでしょうな。

>アングロサクソン圏の代理韓国に日中がどの程度協力関係を保って対処できるかに掛かってくるだろう

この考えが出てくる「想定」が違うので私はなんとも言えません。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-04-09 01:27 | 日記 | Comments(16)