戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

モーゲンソーによるリアリズムの「六つの原則」

メモ代わりにここに貼付けておきます。あとで翻訳しておきます。

1. Politic's, like society in general, is governed by objective laws that have their roots in human nature which is unchanging: therefore it is possible to develop a rational theory that reflects these objective laws.

2. The main signpost of political realism is the concept of interest defined in terms of power which infuses rational order into the subject matter of politics, and thus makes the theoretical understanding of politics possible. Political realism stresses the rational, objective and unemotional.

3. Realism assumes that interest defined as power is an objective category which is universally valid but not with a meaning that is fixed once and for all. Power is the control of man over man.

4. Political realism is aware of the moral signifigance of political action. it is also aware of the tension between moral command and the requirements of successful political action.

5. Political realism refuses to identify the moral aspirations of a particular nation with the moral laws that govern the universe. It is the concept fo interest defined in terms of power that saves us from the moral excess and political folly.

6. The political realist maintains the autonomy of the political sphere. He asks "How soes this policy affect the power of the nation?" Political realism is based on a pluralistic conception of human nature. A man who was nothing but "political man" would be a beast, for he would be completely lacking in moral restraints. But, in order to develop an autonomous theory of political behavior, "political man" must be abstracted from other aspects of human nature.

1、政治には客観的な法則が存在する
2、政治では「利益」が一番重要
3、「利益」はパワーによって決まる
4、倫理面も重要であるが、利益と衝突する
5、道義的願望と普遍的な道徳律は別もの
6、政治的領域の自律性を主張
Commented by nanashi at 2010-04-06 07:05 x
1、政治には客観的な法則が存在する
2、政治では「利益」が一番重要
3、「利益」はパワーによって決まる


だから、アメリカ人は肥満になるんだよ
Commented by Naotaka_Uzawa at 2010-04-06 13:24
「帝国主義的な動きと現状維持的な動きに対する政策をはっきりとわけよ。そうしないと大災害につながる」という部分がありますが、それぞれの国の成長のスピードが異なるということを合せて考えると、発展段階にある国をどうとらえたらいいのだろうか悩みます。
Commented by Naotaka_Uzawa at 2010-04-06 13:28
『補給線』という本では、WW2時のドイツの状況は資源があまり豊富ではなかったと書かれていました。反対に連合国側は非常に豊富で成長という点でみるとアメリカのほうがドイツよりも膨張する一方の国だったように思えるからです。とても難しいですね。
Commented by masa_the_man at 2010-04-06 23:35
nanashiさんへ

>だから、アメリカ人は肥満になる

この「肥満」にはもちろん二重の意味が含まれているんでしょうなぁ・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-06 23:40
Uzawa さんへ

>発展段階にある国をどうとらえたらいいのだろうか悩みます。

最近「成り上がり国家」という概念もあるみたいですね。

>成長という点でみるとアメリカのほうがドイツよりも膨張する一方の国だったように思える

実際に1940年代から世界制覇を狙っていたという研究もあるらしいですし。コメントありがとうございました
Commented by nanashi at 2010-04-08 12:09 x
ロシアのミストラル購入は日本向け
だろうなあと思っていたので
あまりにも分かりやすくて笑った
日米同盟が不安定化すると日露関係も悪くなる
中東の石油が不安になるとサハリンの石油も不透明になる
反対にフランスは、ビートたけしに賞を与えたり、対日ゴマすりが増えるでしょう。
しかし、マレーシアに隣に仏領インドシナ
イスラエルの隣にレバノン
オーストラリアの隣に仏領ポリネシア
米国の外交に最も反応するのがロシアとフランスだね
Commented by masa_the_man at 2010-04-08 23:36
nanashi さんへ

>米国の外交に最も反応するのがロシアとフランスだね

パワーの動きをよくわかっているんでしょうな。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-04-05 23:54 | 日記 | Comments(7)