戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ミノワマンとの語らい

今日の東京はけっこう寒く、桜は満開でしたが、花見の人々はかなり寒そうでした。

土曜日の講演会ですが、当日や前日の多くの方にお申し込みいただき、会場はほぼ満員状態でした。ありがとうございます。

個人的には純粋な地政学の理論の話よりも後半のほうがメインだったので、「地政学の理論」という点で期待されていたかたには少々もの足りないことが多かったかもと思いましたが、とにかく後半の話をご理解いただければと思い、かなり思い切った構成にしてみました。

あいにく講演会のあとの懇親会でもそれほどみなさんと深い話ができたわけではないのですが、とにかく会場でみなさんとお会いできてうれしかったです。

さて、今日の話題はそれよりも先ほど会った人について。

実は講演会の次の日となる日曜日に、東京である講演会に参加させていただいたのですが、その講演会のあとの懇親会で、実に興味深い人物に会いました。

格闘家の「ミノワマン」という人です。

私はあまり格闘技はテレビで観たことがないのですが、私が座ったテーブルの対面に、ちょっと落ち着いた雰囲気の小柄な感じの(でも体の引き締まった)人物がいたため、ちょっと気になっておりました。

こちらが勇気をもって話かけると、「ミノワマンです」という大人しい感じの声での返答。

格闘家であることや、名前もなんとなく聞いたことがありましたので、私もいろいろと根掘り葉掘り即席インタビューを敢行したのですが、彼が私に落ち着いた声で教えてくれたことをいくつか挙げると、

●自分の職業(格闘家)はとても気に入っている。

●自分の「格闘家」として売り出しているイメージと、自分の性格はかなり違う。

●試合前に悩んでいる時に、本からヒントをもらうことが多い。ちなみに前々回の試合では武蔵の「五輪の書」が大きなヒントを与えてくれた。

●前回の試合では、「執着」と「集中」という概念の違いを、ある登山家の本の中で知ってとても楽になった。自分はいままでかなり「執着」していたので。

●試合前はけっこうバランスを考えたしっかりとした食事をとる。試合後はけっこうバラバラ。

●酒は飲まないし、そもそも飲めない。

ちなみにwikiをみると、かなり奇抜な選手のようですが(笑)私と居酒屋で話をしてくれた本人は、言葉を選んで慎重にしゃべる、とても誠実そうな本当に大人しい感じの人でした。

格闘家でも戦略家でも何でもそうですが、けっきょく真剣勝負をしている人々というのは何か共通のことを考えているなぁという印象をますます強めた一日でした。
Commented by elmoiy at 2010-04-05 10:49 x
>自分の「格闘家」として売り出しているイメージと、自分の性格はかなり違う。

格闘技が醜い「暴力」を美しい「アート」に高めるための手段であるならば、外交も「軍事力のみにより国際関係が支配されることを防ぐための、文明により考案された最善の方法」なのかも?

>前回の試合では、「執着」と「集中」という概念の違いを、ある登山家の本の中で知ってとても楽になった。自分はいままでかなり「執着」していたので。

仏教では「執着」は罪深いことだとされていますね。実際、「執着」がいきすぎて「妄執」になり、当人にとっても、他人にとっても悲劇的な結果に終わるケースがよくあるような…
Commented at 2010-04-05 18:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 待兼右大臣 at 2010-04-05 22:04 x
>>実に興味深い人物に会いました。
>>格闘家の「ミノワマン」という人です。

単純に羨ましいです。
Commented at 2010-04-05 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-04-05 22:32
elmoiyさんへ

>、外交も「軍事力のみにより国際関係が支配されることを防ぐための、文明により考案された最善の方法」なのかも?

外交って、究極的にいえば「外国に影響を与えるため」にやっているわけですよね。つまりパワーの現れですな。

>仏教では「執着」は罪深いことだとされていますね。実際、「執着」がいきすぎて「妄執」になり、当人にとっても、他人にとっても悲劇的な結果に終わるケースがよくあるような…

歴史上でもこういう例ってけっこうあるような。集中するのと執着するというのは違うというのはなかなか鋭い指摘かと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-05 22:33
waterloo さんへ

>善くも悪くもですね

日本は「陰」ですから(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-05 22:34
待兼さんへ

>単純に羨ましいです。

逆に私は知らないので、それほどありがたみがないのがなんだか申し訳なくって(苦笑)知らぬは仏とはよく言ったもんです(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-05 22:37
大阪人Kさんへ

>色々と考えさせられるところが

そういっていただけるとありがたいです。

>大体、私が思っていた番付と一致

なるほど。それはだいぶ見えてますなぁ

>言動

これが一番ですます。

>掴みどころがない

こういう人、いますよね。

>知人の格闘家

「知人」にいるんですか(笑)私の知人にはいませんなぁ。

>優勝していた

その友人もすごい。

>機会がありましたら

ぜひぜひ。コメントありがとうございました
Commented at 2010-04-06 00:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-06 08:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-04-06 23:32
iraora さんへ

>観てきました。

おおっ、そっちで本人を!

>「こだわり」と思っていても「執着」でしかないことも

ありますね〜。

>自ずと結果が判断すると言い切れないのがスポーツのおもしろいところ

そうですな。あくまでも本人の心の状態にも関係しているわけですし。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-04-06 23:34
waterloo さんへ

>参拝した時、まったく同じ気持ちに

おおっ、やはり。

>これを、もうちょっと具体的に教えて下さい。

実は今回の講演のテーマがこれだったのです。東洋は陰で、西洋は陽の文化ということです。詳しい話は五月一日に行うオフ会などでぜひ。コメントありがとうございました
Commented at 2010-04-07 08:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-04-08 23:43
waterloo さんへ

>気長に待ってます。

了解です。この辺はちょっと深いので、ぜひいずれ。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-04-05 00:46 | 日記 | Comments(14)