戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

タイトル応募当選者の発表!

今日の甲州は朝から天気がよく、気温がぐんぐん上がり、まるで初夏のような天候でした。あの寒いイギリスからこれはちょっとビックリです。

さて、『進化する地政学』の続編となる本のタイトル候補を募集しておりましたが、いよいよその当選者の発表です。

これを決めるにあたって出版社の方々と相談した時に、まず選考基準として三つの条件が出されました。その三つの条件とは、

1、「進化する地政学」と似たタイトルにする。具体的には「〜する地政学」で行く。
2、なるべくポジティブ、前向きな感じのものにする。
3、本の内容が一発でわかるようにする。

ということでした。この三つの条件を交えていろいろと考えた結果、この訳本のタイトルは、

『胎動する地政学:英・米・独からロシアへ』

に決定しました!

そしてタイトル候補の当選者ですが、投稿者に関係なくタイトルだけで判断した厳選な審査の結果、以下のようになりました。

================

★最優秀賞1本

98、胎動する地政学(waterlooさん)


★優秀賞2本

64、逆襲する地政学:激動の21世紀を動かす原則とは(秋の空さん)

181、永続する地政学(shirimonkonさん)


★ユニーク賞2本

38、地政学の方程式:コリンに聞いてみて(完熟太郎さん)

58、地理の課外授業、秘密の地政学(xyzさん)

================

以上です。おめでとうございます!

この審査のプロセスなんですが、まずは「〜する地政学」という路線が考えられました。そこでまずは「回帰する地政学」などの候補が有力に。

ただしそうなるとやや前向きさに欠けるということと、「進化する」という言葉につながるものがいいとして、「展開する地政学」はどうかという意見も出版社サイドから出されて検討されました。

しかし編集者の方が「胎動する」のほうが斬新でインパクトもあり、しかもその後ろに空間的な広がりを予測させるようなサブタイトルをつけやすい、ということで突然トップ候補に。

「逆襲する」や「永続する」もよかったのですが、これだとどうも時事問題を書いた単行本のような感じになってしまうという指摘があり、これだったら「胎動」のほうがよいということで、この後ろに「英・米・独そしてロシアへ」という内容をハッキリさせるようなタイトルをつけて決定、ということになりました。

実は私はまだ最後の「コントロール」についての章となる「訳者による解説・あとがき」を完成させていないのですが(苦笑)、これを来週末くらいまでに完成させて、五月中か六月初めに刊行という形になりそうです。

当選者の方は、私のメールアドレスまで住所/氏名/電話番号をご連絡下さい。賞品を刊行時に出版社から直接プレゼントさせてせていただきます。

ということで、本当にたくさんの方々からご応募いただきました。本当にありがとうございました。
Commented at 2010-03-05 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-03-05 22:24
waterlooさんへ

>「天人地」と「戦略の階層」をミックス

うちの先生は「水平方向と縦方向の両方にもある」といってました。

>これは最高です

そこはけっこう難しいところでした。そう言っていただけると考えた甲斐があります。コメントありがとうございました
Commented at 2010-03-05 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-03-05 22:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2010-03-08 16:52
waterlooさんへ

>考えていきます。

何かいいアイディアがあったら私にも教えてください。この辺はたった一人では手に負えない難しい概念なので・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-03-08 16:54
sirimonkon さんへ

>粘って良かったです。

粘り勝ちですな(笑)やはり数を撃ってトライするというのは重要ですよね。

>いやーしかし難しいですね。

こういうコピーライトというのは意外と大変ですよね。私もいつも勉強になります。コメントありがとうございました
Commented at 2010-03-10 05:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ミュンヘン at 2010-03-11 13:59 x
「胎動する」という言葉は、なかなか出て来ない言葉ですね。すばらしいタイトルです。トライしたおかげで、しばらくわくわく楽しめました。ありがとうございました。
『悪の論理で世界は動く』は近くの図書館でリクエストしたら、うまく購入してもらい、ただいま読書中です。読み終わるのが惜しいところですが、途中で、だんだん日本が心配になってきたので、思わず第6章を先に読んでしまいました。
Commented by masa_the_man at 2010-03-11 21:17
秋の空さんへ

>自分を読み落としておりました

なるほど(笑)。たしかに自分が当選しているとは思いませんよね、普通は。

>サイトを読み直して、仰天した次第です。

「仰天」されましたか(笑

>proposalもmanuscriptもコピーライトに尽きるのかも知れません

それ、ありますよね。

>ミサイル攻撃した』というスパムメール

なんと迷惑な(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-03-11 21:18
ミュンヘンさんへ

>すばらしいタイトルです。

あらためて出版社の人たちと考えたのですが、けっこういい感じですよね。

>図書館でリクエストしたら、うまく購入してもらい、ただいま読書中

あんな本をリクエストできるんですなぁ。イデオロギー的にダメだと思ってました(笑

>途中で、だんだん日本が心配になってきたので、思わず第6章を先に

あまり楽天的ではないですよね(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by もするさ at 2010-03-11 22:25 x
「胎動する~」は世界を制することを捨て、「陸の王者」として返り咲こうとするロシアを考えると、良い題名だと思います。

(国土防衛と3000万の犠牲者を以て世界の半分をせしめることに成功したスターリンは傑物だとは思いますが、世界の半分を支配することは荷が重かったのでしょう。「陸からの海の支配」はその逆と比べて何で失敗例が多いのかちょっと気になったり。)
Commented by 園太暦 at 2010-03-11 23:23 x
日本の武装中立はやはりむりですかね?
Commented by 園太暦 at 2010-03-11 23:45 x
日本のための提言。
1 大東亜は存在せず
2 日鮮同祖は事実でない
3 創氏改名は日本の最大の愚作。なぜなら、外見は同じだが、ルーツが半島の連中が、日本に我が物顔で侵入してしまう。政治家、マスコミ、街宣車系右翼、一部犯罪者、学者は朝鮮名の実名を使用せよ
4 アメリカは原爆投下、非戦闘員に対する日本主要都市爆撃を気にかけろ。謝罪しろとは言わん
5 日本人ならば、皇室を敬おう。
Commented by 園太暦 at 2010-03-12 11:44 x
今朝の朝日新聞ネット版によると、朝鮮人学校への子供手当支給せずで、政府方針確定、と。事実ならば朗報だが、他紙は報じてないところを見ると、再度巻き返しを狙ったフライング報道の可能性もある。しかし、この問題でこれだけぶれる民主党、いかに内部に半島系勢力が入り込んでいるか、よくわかる。
by masa_the_man | 2010-03-05 21:25 | 日記 | Comments(14)