戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最近の動向/トヨタは社長を交代せよ

今日のイギリス南部は雲が多く、気温も低めでした。しかし着実に日は長くなっていることを実感します。なんとなく春の予感が。

さて、最近あまり学校のことについてなかったので少し。

論文や翻訳プロジェクト、そして数ヶ月後に出る本の準備などに追われて、最近あまり学校に行っていなかったのですが、昨日と今日は久々に出かけてコースメイトたちの顔を見てきました。

先生なんですが、どうやら最近はエアパワーの理論に関する本を書いているようで、Explorations in Strategy という本よりもさらに理論とその歴史に踏み込んだ内容になるとか。現在は第一次世界大戦のあたりについて書いていて、けっこう悩んでいる様子が(でも楽しそうでしたが)。

また、イギリス政府の防衛見直しに関するコメントを求められているようで、これについては格言38(予見できない未来)の意見を中心に書くと言っておりました。

そういえば「求めよ、さらば与えられん」というのは本当のようで、以前にここで紹介した戦略文化についての本(Military Orientarism)なんですが、この著者(Pat Porter)をうちの学校に呼んで話させようということになりました。

そのきっかけは、昨日の火曜日のランチミーティングで、先生が

「発表者に空きがあるんだが、誰か発表するトピックを提案してくれないか?」

と言ったので、「ミサイル・ディフェンスについて」とか「テクノロジーについて」というコースメイトたちの意見を押しのけて、私が

「戦略文化についてお願いします!」

と言うと、

「じゃあMilitary Orientalismの著者を呼ぶか」

ということになったのです。私としては思ってもみない返答だったのでビックリ(笑

しかし問題なのは、その著者が来るのが三月の私の日本への一時帰国中になりそうという点ですね。来てもらっても、会えなければ意味ないですし(苦笑

関係ないですが、トヨタは本格的にまずいですね。ここ数日内にABCとNBCの夜のニュース番組でリコール問題がトップ扱いでした。強烈なイメージダウンです。

何度も言うようですが、あんな顔の人をトップにしている限り、トヨタに未来はありません

このブログをご覧のトヨタの高級幹部の人たちは、すぐに豊田社長の交代を真剣に検討してください!といっても、こんなブログをトヨタの幹部の人が読んでいるわけないから意味ないんですが(苦笑
b0015356_10184315.jpg
(マッキンダーが一九〇四年に論文を発表した建物)
Commented by ぱんだ at 2010-01-28 12:15 x
クラウゼビッツ主義のグレイ先生が、エアーパワーをどう扱われるのか、とても興味深いです。
Commented by ぼけ at 2010-01-28 19:43 x
陰謀論でもありませんが、トヨタのリコールは、日本の民主党政権への警告に結びついているのでは?とも思います。
SP格付けが下がったのも、米国経済界からの管失望やら嫌がらせとか。
ただ、元対トヨタ営業マンだった者の独り言として、あんな下請けイジメの如きコストダウンのやり方をしていれば、どこかにツケが出てくるのはさもありなん、と思います。私は一生あの会社と関わりあいたくないですもの。。。
Commented by nanashi at 2010-01-28 21:03 x
ある意味では日本はトヨタにお付き合いしたので、トヨタの生産性に劣る電機産業その他を日本から韓国へ駆逐したわけで、トヨタは傘下の下請けのみならず理系技術者の怨念を背負っている。
トヨタをはやい段階で海外に蹴りだしておけば、電機産業もこれほど苦難を負わず地方の衰退も緩やかな進行になったかもしれない。
Commented by nanashi at 2010-01-28 21:41 x
鳩山の温暖化国際公約で日本の鉄鋼業が傾かないか心配。
三菱などもボーイングやMRJなどに入れ込んでいるのが心配。
アメリカを信じすぎる。
今回の金融危機の前に、日本の企業は多くのアングロサクソン系の大企業を買収している。その後に金融危機になり、人件費等を全部かぶっている。私は、金融危機は陰謀だろうと仮説を立てて、その筋書きでモノを書いているが(仮説が外れれば、全部妄想のトンデモになる)
日本企業は実物を持たされていて非常に危ない。
トヨタは、なにを根拠に全世界で異様な拡大策をとったか(実物資産を拡大したか) その意思決定に関して誰も掘り下げていない。
Commented by Oink at 2010-01-28 21:43 x
トヨタが嫌われているのは、F1撤退時のゴタゴタもあるんでしょうが、ハイブリッド車をこれ以上普及させたくないのでは?

ISDN(ガソリン)→ADSL(ハイブリッド)→光ファイバー(電気自動車とか?)

アメリカだとマクドナルドやウォルマート、ナイキを告発するドキュメンタリー映画が結構影響力を持ったりするようなんですけど。
Commented by at 2010-01-28 22:12 x
でもトヨタがアメリカから駆逐されれば、日本は稼ぎ頭を失う事になり、
財政は厳しくなるでしょうね。
電気自動車の主導権を握りたいアメリカ企業への援軍なのかもしれませんが。
半導体やスパコンで日本企業を駆逐していったやり方と同じなのかもしれません。
仕掛けられて何も出来なければ、家電同様韓国企業などに負けることになるのかも。
米国債でも売れば良いのでしょうが、確か米国債は日本の手元には無いんですよね?
Commented at 2010-01-28 23:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sdi at 2010-01-28 23:33 x
>日本の手元には無いんですよね
派殿がどういう意味で言っておられるのか掴み損ねているかもしれませんが。米国債の現物なんてとっくに無くなっていますから、そういう意味では手元にはないです。それは日本の債券や株券も同様です。去年、IMFに貸した10兆円の実態は外貨準備の米国債ですが、それとて保有している米国債全額貸したわけではありません。
 トヨタについて言えば、私は手を広げすぎたかなと思わなくもないです。
「トヨタとコカコーラのディーラーのいない国はない」とまで言われ、世界中どこでも部品が手に入ることから市販車を改造した軍用車両のベースはほぼランクルです。第三世界の中古車市場でも一番人気です。
この点、社内でも同じような危惧を抱いている一派があり、現社長もその一人という皮肉なオチ付きです。それゆえ、創業者一族という利点を生かして大鉈を振るえる、という可能性はあります。
Commented by ジェット at 2010-01-29 00:56 x
海外の経済学トピックを紹介しているhimaginaryさんのブログで、ついにnanashi追放の方針が定められました。
//d.hatena.ne.jp/himaginary/

奥山さんはhimaginaryさんと連絡をとるなりして、奥山さんもnanashiにたいする処断を行うべきではないでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:32
ぱんだ さんへ

>クラウゼビッツ主義のグレイ先生が、エアーパワーをどう扱われるのか、とても興味深いです。

私としてはなんとなく予測がつきますね(笑)結局エアパワーも「政治/政策のコントロールの達成のための一つの手段の一つでしかない」という感じかと。しかしその他の理論をどう解説するかは非常に興味ありますね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:34
ぼけさんへ

>日本の民主党政権への警告に結びついているのでは?とも思います。

原因の一部としてはあるでしょうね。ただし私はどうしても社長の運だと思いがちなのですが(苦笑

>あんな下請けイジメの如きコストダウンのやり方をしていれば、どこかにツケが出てくるのはさもありなん、

たまに聞きますねぇ、こういう話。

>一生あの会社と関わりあいたくないですもの。。。

と言わせてしまうだけ罪作りな部分はある、ということなんでしょうな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:37
nanashi さんへ

>トヨタの生産性に劣る電機産業その他を日本から韓国へ駆逐した

私はこの辺の事情を知らないのでなんとも。

>トヨタをはやい段階で海外に蹴りだしておけば、電機産業もこれほど苦難を負わず地方の衰退も緩やかな進行になったかもしれない。

そこまでトヨタに責任あるんですかねぇ。

>アメリカを信じすぎる。

あるかも知れません。

>仮説が外れれば、全部妄想のトンデモになる

ああ、これを自覚しているだけマシですな。

>日本企業は実物を持たされていて非常に危ない。

実物を持たないところも危ない点では一緒だと思いますが。

>その意思決定に関して誰も掘り下げていない

nanashiさんにぜひ掘り下げていただきたいです。コメントありがとうござました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:39
Oink さんへ

>ハイブリッド車をこれ以上普及させたくないのでは?

ねたみなんかはあるかも知れませんね。しかし今回のリコールではプリウスは入ってないですな。

>アメリカだとマクドナルドやウォルマート、ナイキを告発するドキュメンタリー映画が結構影響力を持ったりする

ありますねぇ。最近はFood Inc. とかいうドキュメンタリーが話題になってましたな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:41
派 さんへ

>アメリカから駆逐されれば、日本は稼ぎ頭を失う事になり、財政は厳しくなるでしょうね。

厳しいですよね。トヨタも日本の「シーパワー」の一翼を担っているわけですから。

>仕掛けられて何も出来なければ、家電同様韓国企業などに負けることになるのかも。

大いにありますね。

>米国債でも売れば良いのでしょうが、確か米国債は日本の手元には無いんですよね?

この辺は金融関係に詳しい人に聞いてみたいです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:50
大阪人Kさんへ

>独特な感覚は実感

おおっ、きましたね

>が果たしているのだろうか

いませんよね(笑

>無意識に競争を避ける

そういうことです。

>風土があって、その結果として今のトップ

あるかも知れませんね。いやあ、なかなか鋭いですなぁ。かなり腕(?)を上げられたようです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:53
sdi さんへ

>そういう意味では手元にはないです

電子化されている、ということでしょうか。

>手を広げすぎたかなと思わなくもないです。

たしかにそうですね。

>市販車を改造した軍用車両のベースはほぼランクル

わはは、よくみかけますよね、紛争地で(苦笑

>社内でも同じような危惧を抱いている一派があり、現社長もその一人という皮肉なオチ付き

それにしてもあの顔では・・・と脱線してすみません(苦笑

>創業者一族という利点を生かして大鉈を振るえる、という可能性はあります。

ふるい過ぎでダメになるという可能性が高いと私は危惧しております。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 04:56
ジェット さんへ

>ついにnanashi追放の方針が定められました。

おおっ、これって本ブログに出現しているnanashiさんなんですか?

>nanashiにたいする処断を行うべきではないでしょうか?

なるほど、自分の意見だけのべてTwitter状態にしている、ということですね。しかし私にとっては特に問題ないので今のところは関係ないと思っております。ただしそのうちに本当に大変になってきたら知らないうちにこっそり立ち入り禁止にするかも知れませんが(笑)コメントありがとうございました
Commented by ジェット at 2010-01-29 09:08 x
>おおっ、これって本ブログに出現しているnanashiさんなんですか?

同じと思われます。
Commented by masa_the_man at 2010-01-30 07:20
ジェット さんへ

>同じと思われます。

なるほど、それではnanashiさんの出方をまちましょう。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2010-02-02 01:13 x
本気で泣きたくなってきた。

「日本もメキシコも対米依存から脱却を」…首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100201-OYT1T01222.htm

鳩山首相は1日夜、首相官邸でメキシコのカルデロン大統領と会談した。

会談後の共同記者会見で、首相は「メキシコも日本も、経済は対米依存だった。そこから脱却していこうではないかという認識を互いに持った」と述べた。

両国のEPA(経済連携協定)を一層強化したいとの趣旨だったというが、首相はすぐに「言うまでもないが、互いに米国が最も重要な2国間関係だ」と強調した。

首相は昨年10月の日中韓首脳会談で「日本は今までややもすると米国に依存しすぎていた」と発言し、米国の反発を招いた。

首脳会談では、気候変動や核軍縮・不拡散など、世界規模の課題に日本とメキシコが連携して取り組むことなどをうたった共同声明をまとめた。
Commented by ジェット at 2010-02-02 13:39 x
おくやま さんへ

>なるほど、それではnanashiさんの出方をまちましょう。コメントありがとうございました

himaginaryさんのブログにまたnanashiが書き込んでいました。削除される前に転載します。


nanashi 2010/02/02 08:04
金融引き締めとは、衰退の別名でもある。属国の立場が理解できない基地外アメ公には、思いもつかないことだろう。
核兵器を持ち、自国の全てを否定するよう洗脳されたエリート・マスゴミ集団を持たず、リコールもシカトできるような国ならば、衰退などしない。
Commented by ジェット at 2010-02-02 13:39 x
nanashi 2010/02/02 08:24
経済学者は面白い。金融を考えるべきときに金融を考えず、実物を考えるべき時に実物を考えない。
日本経済の問題は、根を辿っていくと地政学や人口やそこから派生してくる言語や学問上の支配力(世界観)の問題に行き着く。
経済学は、地政学の一分野に過ぎない。地政学は言語学・哲学の一分野に過ぎない。

nanashi 2010/02/02 08:35
経済学は、資源移動に関することで、その現実的な制約を考えるのが地政学であり、さらに精神的な制約を考えるのが言語学や哲学だろう。
新興宗教をみれば分かるように、世界観を弄って資源移動をさせるのが最も経済的だ。
鳩山のような人間がリーダーでは日本は経済学的にも地政学的にも言語哲学的にもお仕舞いだ
Commented by ジェット at 2010-02-02 13:39 x
以上です。地政学>経済学という価値観を経済学ファンに対してもひけらかしています。nanashiを放ったままにすると「地政学ファンはみんな経済学を蔑視しているのか」という誤解を与えかねません。
Commented by nanashi at 2010-02-02 13:50 x
しかし経済学者が今、金融をうんぬんするのは間違いだと思うけどね。
今は実物のことについて考えるべきでしょう。
金融政策がどうのこうのは現実に対して不誠実極まりない。
トヨタリコールも実物問題なんですよ。そういう方向に事態が進んでいる。
経験的に米国民主党政権下では日本は危機に陥ることは予想された。
それにも関わらずトヨタは拡大戦略をとった。
内心、危ないと思った人は多いのではないですか?沢山いるはずですよ。
しかし、日本ではトヨタはアンタッチャブルだ。
外部からブレーキが掛けられなかった点で、バブル崩壊と同じ構造です。
馬鹿げている。日本はほんとに馬鹿げている
Commented by nanashi at 2010-02-02 13:53 x
地政学は、経済学の上位です。
経済学は、あれは理論モデルであって、あれが現実に適用されるときは、必ず、地政学的な枠組みに制約されます。
地政学的な枠組みが有効なのは、欧米諸国が、考えとして、それを採用しているからです。彼らがそういうフレームを使わなければ、地政学は経済学を制約しないでしょうね
Commented by ジェット at 2010-02-02 14:05 x

…この調子ですよ。おくやまさん orz

nanashiのせいで良心的な地政学徒まで迷惑を蒙っています。nanashiへの厳しい処断をどうか、行ってください。
Commented by masa_the_man at 2010-02-03 03:01
Oink さんへ

>日本もメキシコも対米依存から脱却を

こりゃアメリカが怒りますなぁ(笑

> メキシコも日本も、経済は対米依存だった。そこから脱却していこうではないかという認識を互いに持った」と述べた。

けっこう言いますねぇ。どこまで意識的に言っているのかはわかりませんが(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-02-03 03:04
ジェット さんへ

>削除される前に転載します。

いや、いいです(苦笑

>地政学>経済学という価値観を経済学ファンに対してもひけらかしています。

すごい理解の仕方ですなぁ。

>良心的な地政学徒まで迷惑を蒙っています。nanashiへの厳しい処断をどうか、行ってください。

たしかに彼は困り者ですが、いまのところは「まだ」無害ですからねぇ。本当に大変になってきたら禁止します。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-02-03 03:07
nanashi さんへ

>地政学は、経済学の上位です。

戦略の位相という考え方からいけば上下は関係ないかもしれませんが。コメントありがとうございました
Commented by at 2010-02-04 15:41 x
米政府、「プリウス」の調査に着手
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20100204ATGM0401A04022010.html
米政府、プリウス調査 ブレーキに苦情、電子制御に問題か
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20100204NTE2INK0603022010.html
ホンダの株価、トヨタを一時逆転 バブル後初めて
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20100204NT001000104022010.html

アメリカがいよいよトヨタ潰しを始めたかなぁという気がします。
トヨタが悪いんでしょうが、日本経済更なる下落は避けられそうにありませんね。
唯一と言ってもいいプリウス潰されたら、トヨタの商品価値はありませんからね。
Commented by masa_the_man at 2010-02-05 04:31
派 さんへ

>トヨタが悪いんでしょうが、日本経済更なる下落は避けられそうにありませんね。

これは100%トヨタが悪いでしょうな。

>唯一と言ってもいいプリウス潰されたら、トヨタの商品価値はありませんからね。

日本でも色々大変みたいですね。トヨタの凋落というのは何か象徴的な気がします。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-01-28 10:10 | 日記 | Comments(31)