戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

The Book of Eli

今日のイギリス南部はとりあえず曇っていたのですが、連日の雨から抜けてほっとひといき。

さて、論文と翻訳プロジェクト(と本のゲラ直し)の合間をぬって、今日はイギリス人の友人と映画を見てきました。

はじめは「アバター」を見ようとしたのですが、メチャメチャ混雑していてとても見れるような状態ではなかったので、全然前知識もなく選んだのですが、この映画が大当たりだったのでご紹介します。

題名は『ザ・ブック・オブ・イーライ』というものでしたが、邦題は「ザ・ウォーカー」という、なんとも宗教色のない不思議な題名なっているみたいですね(笑



簡単にストーリーを紹介しますと、舞台は第三次世界大戦後?のようなマッドマックスのような世界。そこにデンゼル・ワシントン扮する謎の男が、ある本(世界に唯一現存する聖書)を持って西に向っております。

そこでゲーリー・オールドマン扮するある町に来て、その聖書をめぐってトラブルに巻き込まれる、というもの。

単純にみれば新手の西部劇かと思われるのですが、キリスト教の情熱的な部分があって一筋縄ではいかない複雑さがあります。しかも最後のほうで「驚きのどんでん返し」も用意されております。

この映画、おもしろいのはけっこう勝手な深読みができることでしょうか。

たとえば主人公演じる武芸達者で使命を持って突き進むデンゼル・ワシントンの姿は、ある意味でオバマ政権のアメリカという風にも見えますし、それにすがっていくヒロイン役の若い子は中国。

そして聖書を奪おうとするゲーリー・オールドマンは、さしずめオサマ・ビン・ラディンかタリバン、またはイランのアハマディネジャド大統領とも考えられます(笑

テーマ的には西遊記的なところもあるかも知れません。

全く期待して見なかっただけに、かえって面白さ倍増でした。クリスチャンの方には(やや暴力的ですが)純粋な布教用のミッション映画として見てもいいかも知れません。

私は翻訳の本のテーマ(精神)を考えていることもあり、かなり楽しめました。超オススメです。
Commented by Oink at 2010-01-28 21:30 x
>ある本(世界に唯一現存する聖書)
その聖書は、旧約、新約どちらでしたか?そして、やはり英語?

ターンAガンダムの「黒歴史」みたいな世界観の映画?

オバマ大統領が、一般教書演説で輸出を5年で倍増させると
宣言したらしいのですが、気になるのは日本と中国が買いたい物を用意する事ができるんでしょうか?まさか、通貨を弄るのか?

中国のSLBM実験失敗、発射した潜水艦に落下=台湾紙
ttp://www.chosunonline.com/news/20100127000021
最新鋭原潜とSLBM、海底資源を開発できる会社、ステルス戦闘機
あたりは、極東の軍事バランスから見て売らないでしょうね。

とりあえず、「アバター」のお話は、お気に召さなかったようで。

「アバター」の上映縮小を指示=国産の「孔子」支援-中国当局
ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011800409
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 05:04
Oinkさんへ

>その聖書は、旧約、新約どちらでしたか?そして、やはり英語?

ネタバレになるのであまり言いたくないのですが、基本的に旧約と新約が一緒になった「聖書」でした。

>ターンAガンダムの「黒歴史」みたいな世界観の映画?

これがよくわからんのですが(苦笑)私が知っている限りだとマッドマックスとか北斗の拳の世界観ですかね。

>日本と中国が買いたい物を用意する事ができるんでしょうか?

できないと思います(苦笑

>中国のSLBM実験失敗、発射した潜水艦に落下=台湾紙

これは知りませんでした。

>とりあえず、「アバター」のお話は、お気に召さなかったようで

これ、なんででしょうね。単なる商業的な問題でしょうか?それともやっぱり自分たちがアバターであることを自覚したから???コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2010-01-29 23:14 x
国内の映画産業を侵食するので嫌だった。
映画のテーマが中国国内での土地収用問題と絡むので嫌がった。
あとは、覇権的に資源の開発をする描写が、道徳的に認めがたいんではないですかね?あと、月の資源開発やら南極の資源確保なんかもかかわってくるかも?

愛国教育的な国産映画「孔子」を売り出したいってのもあるみたいですねぇ。
Commented by Oink at 2010-01-29 23:22 x
>これがよくわからんのですが(苦笑)
Wikiのコピペですが
『∀ガンダム』では、既に滅んだ太古の宇宙文明時代に数千年~1万年前後の永きに渡って繰り返されていた数々の宇宙戦争の歴史を「黒歴史」と呼んでいる。ガンダムシリーズで描かれた物語はほぼ全てがそこに含まれている。

∀ガンダムによって地球圏全土にばら撒かれた「月光蝶」なるナノマシンの効果により、人類の文明は崩壊し、有史以前のレベルまでリセットされた。

黒歴史という言葉は、現在ではいわゆるスラング的な用い方がされており、その中では「(悪い意味で)無かったことにしたい事、されている事」などの意味でも使われている。

手塚治虫の「火の鳥 未来編」では、何十億年も前からやり直させまして、アダムとイブがナメクジ人間だったなんて事も。
Commented by Oink at 2010-01-30 00:17 x
韓国映画「15世紀にミサイル発明し明の大軍殲滅」で中国人(怒)
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100129-00000075-scn-int

 韓国映画の『神機箭』が、中国で“ブーイング”の対象になっている。

 同作品の舞台は15世紀、名君とされる世宗の時代だ。李氏朝鮮では秘密裏にミサイル兵器を開発。それを恐れた明朝はスパイ活動で秘密を盗もうとするが、開発担当者は完成目前のミサイル兵器とともに自爆することで、情報流出を阻止。

 最終的に明は10万の大軍で朝鮮を襲う。朝鮮側の兵力は1000人以下だったが、世界で初めて作られたミサイル兵器「神機箭」を使用。明の大軍を殲滅(せんめつ)するというストーリーだ。

南朝鮮棒子YY劇 神機箭 中文字幕
ttp://www.youtube.com/watch?v=5qErQalW68c&feature=related
これが動画みたいですね。南北朝鮮よりも中国に好感を持ち始めているのですが、何故なんでしょうか。苦笑

【北朝鮮】朝鮮中央通信「ウリナラはロケット宗主国」 [05/30]
「早くも高句麗時代に既にロケット武器が製作されて使われた」『光輝』という噴射推進式武器が製作されて、661年の北漢山城の戦いで威力を誇示した。
Commented by masa_the_man at 2010-01-30 07:30
Oink さんへ

>テーマが中国国内での土地収用問題と絡むので嫌がった。

ああ、これは興味深い点ですな。

>数々の宇宙戦争の歴史を「黒歴史」

ファーストガンダムもこれですな。

>アダムとイブがナメクジ人間だったなんて事も。

あったかも知れません(笑)けっこう読みましたなぁ。

>世界で初めて作られたミサイル兵器「神機箭」を使用。明の大軍を殲滅(せんめつ)するというストーリー

またこんなものが(苦笑

>これが動画みたいですね。

コメント欄でけっこう楽しめました(笑

>『光輝』という噴射推進式武器が製作されて、661年の北漢山城の戦いで威力を誇示した。

歴史は「作られる」んですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by nanashi at 2010-01-30 08:51 x
韓国映画の驚異は、動員数ですね。
「韓国はインド化している」という傍証の一つです。
漢字を失ったハングルでは複雑な思考ができなくなっているので
本よりも映画が伸びている
Commented by Oink at 2010-01-30 23:43 x
>またこんなものが(苦笑
楽しんでいただけたようで誇らしいです。
最初のほうの、満州に丸を付けて矢印を朝鮮半島に向けている所が
お気に入りです。

>コメント欄でけっこう楽しめました(笑
YOUTUBEの東アジアの歴史関係の動画はコメント欄が
荒れている可能性が高いですよね。
ハングル以外はなんとなくわかりますしw
この歴史(観)の対立を、米国やロシアに漬け込まれなければいいのですけど。

>歴史は「作られる」んですなぁ。
5分過ぎに出てくるミサイルはともかく、前半の火車?は
ディスカバリーチャンネルで実験していたようですよ。
もうちょっと自制心を働かせれば「影武者」みたいに
史実っぽく見せられたはずなんですが。
Commented by masa_the_man at 2010-01-31 01:50
nanashiさんへ

>「韓国はインド化している」という傍証の一つです。

「インド化している」ってどういうことですか?

>漢字を失ったハングルでは複雑な思考ができなくなっているので本よりも映画が伸びている

これって本当に原因と結果がつながっているんですか?映画が増えているのは国の政策なんかにもよると思うんですけど。このnanashiさんの分析はなんだか怪しいですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-31 01:54
Oink さんへ

>満州に丸を付けて矢印を朝鮮半島に向けている所がお気に入りです。

あ、私も「地政学だなぁ」と思って気になったところです(笑

>ハングル以外はなんとなくわかりますしw

たしかにそうですな。

>この歴史(観)の対立を、米国やロシアに漬け込まれなければいいのですけど。

彼らはとりあえずは知っているでしょうね。まあ利用するときに利用してくる覚悟なんでしょうが。

>前半の火車?はディスカバリーチャンネルで実験していたようですよ。

ということは実在したってことなんですかねえ。そういえば三国志の中に、孔子が山を登るために車のような装置を使ったということも書いてありましたっけ。

>史実っぽく見せられたはずなんですが。

まあ無理でしょうなぁ(笑)コメントありがとうございました
Commented at 2010-01-31 13:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-31 21:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Oink at 2010-02-01 23:55 x
>中国のSLBM実験失敗、発射した潜水艦に落下=台湾紙
ttp://www.chosunonline.com/news/20100127000021
>最新鋭原潜とSLBM、海底資源を開発できる会社、ステルス戦闘機
>あたりは、極東の軍事バランスから見て売らないでしょうね。

中国による壮大なコント?ガセネタ?SLBMの実験失敗への中台の反応。
ttp://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-392.html

台湾向けの兵器売却で、米中が対立?していますが
「日米同盟の正体」で描かれていたように、日本、台湾、韓国には
攻撃兵器を持たせないことで、超大国同士は合意しているように見えるから。
Commented by masa_the_man at 2010-02-03 02:22
Oink さんへ

>火車の検証があります。結構好意的に扱っています

本当ですな。ということはやっぱり実在したんですかねぇ?コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-02-03 02:23
sdi さんへ

>事実と願望、推定の境界線が無いもしくは曖昧

わははは、たしかに(笑

>この種類に分類すべきではないかと私は感じております。

なるほど、そういう意味だったら彼の意見もわからんでもありませんな。興味深いです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-02-03 02:24
Oink さんへ

>攻撃兵器を持たせないことで、超大国同士は合意しているように見えるから。

しかしこの「攻撃兵器」という分類も微妙なんですよね。一理あるとは思いますが。コメントありがとうございました
Commented at 2013-03-06 11:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by masa_the_man | 2010-01-24 07:04 | 日記 | Comments(17)