戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

翻訳プロジェクトの「有志」の方々へ

今回は無謀な実験的試みともいえる、ルボウの本の翻訳プロジェクトにご参加いただきありがとうございます。

これからの手順ですが、まず参加に立候補された方は、とりあえず本ブログ左側にある私のメールアドレスまでご連絡下さい

そのアドレスに私が返信をしますが、グーグルドキュメントを使って共同作業を行うことになる関係上、もしかしたらgmailのアカウントをとっていただくことになるかも知れません。

私からのメールを受取っていたいただくと、その後に20通ほど(!)gmailからみなさん宛にメールが届きます。

これは大きくわけると

①結論の原文全部(65ページ分)
②それを各見出しごとにわけたもの(それぞれ平均4ページ分/18セクション)
③業務連絡用の掲示板
④説明書等

へのアクセスのためのURLが掲載されたものです。

実質的な翻訳作業ですが、基本的にウェブ上にあるグーグルドキュメントの英文を小見出しごとにわけたもの(つまり②)を、一行づつ日本語に訳してから英語の部分を消していっていただくという形になります。このやり方についてですが、とりあえず私が参考までに最初の数ページを訳しますのでそれをマネしてみて下さい。

翻訳していただく分量ですが、とりあえずいまのところは一人3ページ(一人一小見出し程度?)ほどになると思っております。

基本的に訳す箇所は分担制ということになりますが、時間がある人は他の方々の訳をお手伝いされてもかまいません。有志の方の数が多ければ多いほど負担が軽くなりますので、これは本当に助かります。

ということで、私はこれからさっそく結論の65ページ分の原文スキャンにとりかかりたいと思います。

なにぶん史上初めて(?)の試みとなりますので、色々と摩擦(フリクション)は避けられないと思いますが、ぜひよろしくお願いします。
Commented by shahil at 2010-01-13 22:07 x
 了解しました。先ほど、ご要望通り、奥山さん宛にメールを送付しましたので、よろしくお願いします。

 また、Gmailのアドレスが必要でしたら、別途、アカウント取得しますので、告知をお願いします。 
Commented by oota at 2010-01-13 22:55 x
非常に面白い試みですね。英語ができないのが残念ですが。
Commented by sdi at 2010-01-14 00:47 x
グループ翻訳の場合、単語とくに専門用語について訳語の統一が必要になるのではないでしょうか。どこかに単語帳のようなものを設置したらどうでしょう。
Commented by 中川信博 at 2010-01-15 18:41 x
奥山さん 翻訳プロありがとうございます。またスタッフの皆様ほんとうにご苦労様です。
本日はリアリズムの追求される奥山さんに日本のリアリストのご紹介をしたいと思います。
私は現在目黒区の連盟傘下の剣道教室でこどもに剣道を教えておりますが、目黒区剣道連盟の現会長の小梛先生は剣聖中山博道先生から手ほどきを受けている歴史的人です。小梛先生は博道先生から真のリアリズムの伝授を受けています。
ある式典の待合での代議士と先生の会話です。
代議士「小梛先生。宮本武蔵と現代の剣道のチャンピヨンとどちらが強いですかな?」
小梛先生「武蔵と試合したことがないから返答できない」
その場の冷た~い雰囲気わかりますか?
Commented by masa_the_man at 2010-01-15 20:48
oota さんへ

>非常に面白い試みですね。英語ができないのが残念ですが。

途中経過や結果などはエントリーで簡単に報告することになると思いますのでお待ち下さい。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2010-01-15 20:50
中川さんへ

>小梛先生「武蔵と試合したことがないから返答できない」

まあそりゃそうでしょうな(笑)そういうしかないですよねぇ。それに剣道というのは真剣と竹刀で勝負をした場合もまた違うでしょうし。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2010-01-14 23:45 | 日記 | Comments(6)