戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ドクトリンの話

今日のイギリス南部はやけに冷え込みまして、気温が一日中一ケタ台を越えませんでした。よく晴れたので気持ちいい天候でしたが。

タイトル募集の件ですが、たった24時間の間に30近く(!)の候補を頂いております。本当にありがとうざいます。

すでにユニーク賞狙いと思えるものもありますが(笑)かなり参考になりそうなものがすでにいくつか見受けられます。

「三人寄れば文殊の智慧」と言いますが、それにしてもネットの力はすごいですね。あらためてそのポテンシャルの高さを実感します。

そういえば今夜はオバマ大統領がアフガニスタン戦略を発表しますね。どうやら増派で決定らしいですが、来年あたりからソ連の「1985年状態」にならないことを祈るばかりです。

さて、今日は火曜日だったので、恒例のランチミーティングの話を簡単に。

今日の発表者はトルコ人のコースメイトによるPKK(クルディスタン労働党)やクルド人問題についての話でしたが、簡単に要点だけいうと、以下の二つになるかと。

1、クルド人はみんなに嫌われている
2、クルド人同士も仲が悪い

ということですね(笑

それよりも面白かったのはその後に行われた別のセミナーの話でして、今回は地政学が得意な先生による、イギリスの「ドクトリンの形成」の話。

これも時間がないので簡単に要点だけ書くと、

1、イギリス軍にはドクトリンがほとんどない(しかも若いやつに書かせる→リデルハート)
2、フランス軍はドクトリンを素晴らしい文章で書くが負ける
3、イタリア軍は単純に負ける
4、アメリカ軍はドクトリンをみんなで書く
5、ドイツ軍はドクトリンを守って融通が利かない

となります。つまり文化の違いが重要だと。

そしてマイケル・ハワードの言葉を引用しつつ、

「すべての軍隊は、必ず間違ったドクトリンをもったまま戦争を開始する」

ということと、大モルトケの

「誰も書かれたドクトリンを読まなかったから私は勝てた」

という言葉を引用して締めくくっております。

結局のところ、重要なのは軍がいかに柔軟性を発揮して順応できるかだ、という結論でした。
b0015356_8195523.jpg

Commented by masaya at 2009-12-02 09:24 x
>来年あたりからソ連の「1985年状態」にならないことを祈るばかりです。

 アメリカの「1989年状態」に日本が適応できるかも心配です。
Commented by cat at 2009-12-02 15:36 x
6、自衛隊はドクトリンを待ちわびている

|ФェФ^)キシャー!



|彡 サッ!
Commented by at 2009-12-02 17:58 x
日本のドクトリンはアメリカに丸投げ、後追い。

ttp://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-11-21-M_1-002-1_003.html
ttp://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20091202-02/4.htm

こんな感じで沖縄の海兵隊も完全撤退に向けて動き始めましたし、
三沢、嘉手納の飛行隊も完全撤退の方向ですし、
アメリカ軍の日本撤退も現実にありそうです。
ロシア、中国ともに欧米と関係改善を進めつつ、
領土問題のある日本と対峙していくような状況になるかもしれません。
米中関係を今後強化していくの中で、中国がアメリカにたいして、日本との防衛関係弱体しろよという趣旨の、話し合いがあるのではないかと考えています。
防衛の比重が大きい日米関係で、アメリカが日本から兵を引き始めるという事は、日米関係はかなり弱体化していく事は避けられないではないかと考えています。
アメリカの後ろ盾を失う日本は、しぼんでいくしかないのでしょうかね・・・
Commented by ひろ at 2009-12-02 22:58 x
日本はドクトリンを持たないのがドクトリンですね。ただアメリカや中国の力関係を考えると、そろそろなにがしかのドクトリンを持ってお国の舵取りをして頂きたいものですが…。「友愛」じゃ飯は食えません!
Commented by nanashi at 2009-12-02 23:13 x
日本も琉球国独立させんと
Commented by masa_the_man at 2009-12-03 03:00
masayaさんへ

>アメリカの「1989年状態」に日本が適応できるかも心配です。

彼らにとっての「ベルリンの壁」って何でしょうねぇ。「ウォール街の壁」でしょうか(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-03 03:01
cat さんへ

>6、自衛隊はドクトリンを待ちわびている

うわー、きっついですが、ある一面での真理をついているような(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-03 03:03
派 さんへ

>日本のドクトリンはアメリカに丸投げ、後追い。

あるでしょうなぁ(吐息

>米中関係を今後強化していくの中で、中国がアメリカにたいして、日本との防衛関係弱体しろよという趣旨の、話し合いがある

否定できません。

>アメリカが日本から兵を引き始めるという事は、日米関係はかなり弱体化していく事は避けられないではないかと考えています。

私の予想は、ここでまた日本が重大な危機に陥る、というものですね。で、ここからなんとかして立ち上がるというシナリオです。そのまま落ちっぱなしじゃダメですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-03 03:04
ひろさんへ

>日本はドクトリンを持たないのがドクトリンですね。

いえますな(苦笑

>そろそろなにがしかのドクトリンを持ってお国の舵取りをして頂きたいものですが…。「友愛」じゃ飯は食えません!

鳩山さんは麻生さんと同じくらいの仕事運ですから・・・ちょっとまずいことになりそうですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-03 03:06
nanashiさんへ

>日本も琉球国独立させんと

このご意見はなんどもおうかがいしておりますが、個人的にはそれの理論的根拠というか、ロジック的なところをぜひお聞かせ願いたいのです。時間があれば今度ぜひ。コメントありがとうございました
Commented by ゴンベイ at 2009-12-03 15:10 x
素人の私が言うのは僭越ですが、日本に軍事ドクトリンがないというMasaさんをはじめとする皆さんは軍事戦略と区別して軍事ドクトリンという用語を使えているのでしょうか。先日の大学院の試験ではありませんが、以下の問題にお答えいただければと思います。
1. 米国の最新の戦略とドクトリンをそれぞれ区別して述べよ。(以下、戦略とドクトリンを区別して述べることは同じ。)
2. 米国と共同して軍事展開を行ってきたブレア政権時代の英国の戦略とドクトリンを述べよ。また、それはブラウン政権ではどう変化したのか。
3. 空母と核ミサイル原潜をもつフランスの戦略とドクトリンを英国と比較し、その共通点・相違点を述べよ。
4. 同じNATO加盟国であるが、空母を持つスペインと持たないイタリアを比較し、戦略とドクトリンの共通点・相違点を述べよ。
5. NATO加盟国であるドイツの戦略とドクトリンを述べよ。
6. ロシアの最新の戦略とドクトリンを述べよ。
7. 中国の最新の戦略とドクトリンを述べよ。それは中ソ対立、経済改革開放前のそれぞれの時代と比べてどのように変化したのか。
Commented by sdi at 2009-12-03 20:23 x
私は記事中のドクトリンとは「戦闘教義」(battle doctrine)のことだと考えいます。アメリカ陸軍の「エア・ランド・バトル」、ソ連軍の「無停止全面攻撃」やWW2のドイツ陸軍の「ブりッツ・クリーク」もドクトリンです。戦前の日本陸軍のそれはWW1でドイツ軍が編み出した「浸透戦術」、海軍のは「漸減作戦」もしくは「制空権下の艦隊決戦」です。そういう観点から見ると陸、海、空三自衛隊の戦闘教義はなにか?今ひとつはっきり見えてこないのは確かです。戦闘教義とはその軍隊にとっての得意技です。その軍隊はその得意技の習熟を徹底し、想定されるいかなる状況下でもその得意技を発揮できる状況に持ち込み勝利するのが理想です。
戦国時代の島津勢の「釣り野伏」が他家から恐れられたのはどんな状況でもいつの間にか「釣り野伏」に持ち込まれ敗北してしまうからです。
 ゴンベイ殿、貴殿がなさるべきは不躾におくやま殿やコメントした人に質問することではなく「私はドクトリンはこういうものだと考えています。それゆえ、皆さんの意見には『賛成』or『反対』です。皆さんの以下の問題についてどう考えられますか?」というべきなのではないですかね。
Commented by masa_the_man at 2009-12-04 00:22
ゴンベイさんへ

>皆さんは軍事戦略と区別して軍事ドクトリンという用語を使えているのでしょうか。

ここでドクトリンという言葉の定義が重要になってきますね。私の理解では「戦略のそれぞれの階層でドクトリンがある」ということになります。よって正確には「軍事戦略(のレベル)のドクトリン」と「軍事戦略」は切り離すべきかと。

>以下の問題にお答えいただければと思います。

これは面白そうなのでエントリーの方で正式に書いておきましょうか。ちなみにゴンベイさんの模範解答などもお答えいただければわれわれの参考にもなりそうなのでぜひお願いしたいところです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-04 00:29
sdiさんへ

>私は記事中のドクトリンとは「戦闘教義」(battle doctrine)のことだと考えます。

これはタクティクスのレベルのドクトリンでしょうか。

>「ブリッツ・クリーク」もドクトリン

これはオペレーションレベルのドクトリンかも知れません。まあご存知のように「オペレーションレベル」というものがあるかどうかという点はこちらでも問題になっているわけですが。

>陸、海、空三自衛隊の戦闘教義はなにか?今ひとつはっきり見えてこないのは確か

厳しいですよね。

>戦闘教義とはその軍隊にとっての得意技です。

その「得意技」を思想面で徹底的に教育する伝統があるのがドイツ、ということになるみたいですね。

>私はドクトリンはこういうものだと考えています

「軍事戦略と区別して軍事ドクトリンという用語を使えている」というのがゴンベイさんの意見かも知れません。コメントありがとうございました
Commented by いかれ帽子屋 at 2009-12-04 12:14 x
自衛隊には『有事の際には米軍が来るまで持ち堪える』という確固たる戦略目標があり、それに基づいたちゃんとしたドクトリン持ってますよ。
冷戦終結で、有事が起こりうる可能性が低下してるのは間違いないですが。
Commented at 2009-12-04 13:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CAT at 2009-12-04 14:35 x
冷戦終結、周辺国情の変化、米軍再編、国際貢献への関与という大変動のなかで日本の国防に新たに求められたものはなにか、そして自衛隊はどのようなドクトリンを構築したか、そこに不安と混乱があるのではないか、と感じていました。是々非々を追求したものではない印象論ですが。
Commented by masa_the_man at 2009-12-05 19:57
いかれ帽子屋さんへ

>自衛隊には『有事の際には米軍が来るまで持ち堪える』という確固たる戦略目標があり、それに基づいたちゃんとしたドクトリン持ってますよ。

ああ、そうでした。これは私も夏に自衛隊の幹部候補生の方々とお話して聞いてました(苦笑

>冷戦終結で、有事が起こりうる可能性が低下してるのは間違いないですが。

うーむ、逆にこれはどうなんでしょう。ウールジーじゃないですが、「ソ連というドラゴンは消滅したが、代わりにジャングルのようにヘビが大量に発生することになった」というのが当てはまるのではないかと。そうなるとこのような新しい「低度の脅威」についてのドクトリンはあまり見えてきませんよね。ちょっとこの辺を私も調べてみたくなりました。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-05 20:00
waterloo さんへ

>発注の仕方が悪いから

ドクトリンかも知れませんねぇ(笑)ただし現場レベルということなので、レベル的には「戦術レベル」かと。

>売り切ってしまったのは重要機密

そういえばビスマルクも「政策が作られているところと何かが作られているところは・・・」という名言を残しておりますな(苦笑)それにしてもこれは笑いました(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-05 20:02
CAT さんへ

>どのようなドクトリンを構築したか、そこに不安と混乱があるのではないか

混沌としてますからね。安全保障の概念が拡大した、ということもありますよね。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-12-05 22:49 x
(テレビで見かける)日本人のドクトリンは、「日本が悪さをしない限り敵なんていない。もしも敵が攻めてきたら武器を持って家族を守る。」あたりだと思います。

「百万挺の銃を与えよ、すれば壮丁百万が武装し、北進統一を実現させる」と熱弁をふるった初代韓国大統領より現実を見ていないかも。

北沢防衛大臣の「中国は日本の脅威ではない」発言で中国の反応は?
ttp://ansan01.blog121.fc2.com/

日中だけでは、ともに安定した戦略を築くことは難しそうですね。
Commented by masa_the_man at 2009-12-06 12:14
Oinkさんへ

>もしも敵が攻めてきたら武器を持って家族を守る

これもないんじゃないですかねぇ(苦笑

>北沢防衛大臣の「中国は日本の脅威ではない」発言で中国の反応は?

おお、これは

>すっげえ傷つく一言だよな!

こういうことですな(苦笑)

>現在の中国を今更攻める必要なんてあるのか?経済的にはとっくに侵略完了してるだろ。

私のコースメイトはこれに近かったですな。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-12-08 02:47 x
>これもないんじゃないですかねぇ(苦笑
自分が信じていなくてもテレビの前で言っちゃいけない言葉はあるのであります。

>おお、これは
相手を刺激しないように、(考えた)発言によって
お互いが傷ついていますねwある意味全方位的ですらありますが。

【普天間】鳩山首相「『トラスト・ミー』というのは、『私を信頼してください』ということ。具体的な移設先を言ったわけではない」
ttp://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1260184541/
朝日新聞 記事の一部抜粋
ttp://www.asahi.com/politics/update/1207/TKY200912070335_01.html

首相「日米同盟強化が基礎」 日米印戦略対話メンバーと会談
ttp://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091207AT3S0702907122009.html

4日夜の会談 小沢氏は「会ってません」、首相は「会いました」
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091207/stt0912071938003-n1.htm

京都」と同内容なら離脱 政府、COP15で方針
ttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009120790104617.html
Commented by at 2009-12-08 07:43 x
米、普天間越年に不信感強める 鳩山政権を相手にせず?
ttp://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091207AT3S0600J06122009.html

民主党のめちゃくちゃなドクトリンも笑えないレベルになってきています。
各国とも中国重視で、次はインドです。
アジアの大国は中国インドであって、日本ではないというのが主流です。
意味不明な事を言い続ければさらに日本の地位が低下するのは避けられないでしょう。
Commented by at 2009-12-09 01:55 x
もう一つ貼っておきますね。

米、同盟協議「延期」を鳩山政権に通告
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091208-OYT1T00777.htm
Commented by masa_the_man at 2009-12-09 08:24
Oink さんへ

>相手を刺激しないように、(考えた)発言によってお互いが傷ついていますね

まさに「地獄への道は善意でかためられている」わけで。

>具体的な移設先を言ったわけではない

じゃあなんでそんなこと言ったんでしょうか(苦笑

>4日夜の会談 小沢氏は「会ってません」、首相は「会いました」

そろそろタガがはずれてきましたか(笑

>「京都」と同内容なら離脱 政府、COP15で方針

けっこう強気ですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-12-09 08:27
派 さんへ

>米、普天間越年に不信感

日本側もルビコンを渡ったのでしょうか?

>意味不明な事を言い続ければさらに日本の地位が低下するのは避けられない

この迷走ぶりは歴史に残るでしょうね。

>米、同盟協議「延期」を鳩山政権に通告

実力行使にでましたね。やっぱり向こうのほうが一枚上手です。それにしても民主党政権は沖縄というパンドラの箱を全開にしてしまったのでしょうか。コメントありがとうございました
Commented by at 2009-12-09 19:59 x
色々動きが激しくなっていますが、前のリンクと若干関連があるのでもう一つ貼っておきます。

キャンプ座間移転中止 米第一軍団 米都合で『再編』変更
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009120902000101.html
日本にあった司令部機能はかなり削減されていて、それの代わりに統合的な司令部機能を第一軍団司令部がやるという話だったんです。
ところがその司令部移転が中止されたわけです。
これは鳩山政権というより、アメリカ側の都合と、韓国が在韓米軍の司令部を移さないでくれという要請を、アメリカ側が受け入れ、ハワイへの移転を見送ったことが主な原因でしょう。
日本よりも韓国の意見をアメリカは重視するようになっているのかもしれませんね。
Commented by masa_the_man at 2010-01-01 09:30
派 さんへ

>日本よりも韓国の意見をアメリカは重視するようになっているのかもしれませんね。

彼らのほうがわかりやすい意見を理路整然に言ってくる、というのもあるかもしれませんが、やはり保守政権というのもあるかも知れませんね。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-12-02 08:20 | 日記 | Comments(29)