戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ストローン氏の話:その2

今日のイギリス南部はまたしても素晴らしい秋晴れでして、しかもかなりの冷え込みが。

金曜日なのでまたロンドン大学のC教授の授業をモグリで受けてきました。この内容についてはまたいずれここで書きます。

さて、昨日の話の続きを。

ストローン氏の話は、歴史家(戦史家)だけでなく戦略思想家という面もあり、この講演でもうちの先生のような実務家とは違った、なかなか鋭い指摘がいくつかありました。

まず彼が指摘したのは、「戦略」(strategy)というという言葉が近代になってから使われ始めたものであるということ。

そしてこれを一番はじめに注目して論じたのは、やはりクラウゼヴィッツということになります。これは当たり前ですな。

そして現代に近づくにしたがってますます重要になってきたのは、この戦略と政策(ポリシー)についての関係です。とくにこの傾向は核兵器が出てきた1945年以降はとくに強まったと。

また、近代になって「戦略」というものがどういう様相を帯びてきたかというと、「平時に準備をして、戦争の時のチャンス(偶然性)というものをあらかじめ少なくするように計画すること」となります。

それからストローン氏は、近代の戦略には三つの機能があると主張します。

1、チャンスを自分に都合よく利用することを狙う機能
2、戦争の遂行における偶発的な出来事のインパクトをある程度予測しておくための機能
3、長期的な視点を維持して狙いを定めておくための機能


また、ここで興味深かったのが彼の「有名な戦略思想家はなぜ生まれたのか」という分析です。

彼は戦略家としての教育は受けていないのに戦略思想について鋭いコメントを残している人物として、フランスの二人の有名な知識人の名前を挙げました。ピエール・ガロアとレイモン・アロンです。

まずアロンは社会学者なんですが、クラウゼヴィッツについての素晴らしい分析(『戦争を考える-クラウゼヴィッツと現代の戦略』)を書いておりまして、ロンドン大学のC教授は、先日このアロンの著作を「クラウゼヴィッツについて書かれたものではベストだ」と言っていたほど。

b0015356_1094127.jpg


一方のガロアは空軍にエンジニアとして務めた職業軍人だったわけですが、後に「フランスの核兵器の父」と呼ばれるようになった人物ですね。

では彼らがなぜそのような素晴らしい戦略思想的な分析をすることができたのかというと、ストローン氏の言葉でいえば「戦略の対話(ダイアローグ)があったからだ」とうことになります。

たとえば孫子は春秋戦国時代、マキャベリはイタリアの弱小都市国家の悲劇的な運命、クラウゼヴィッツはナポレオン軍の脅威、そして『戦略の思想家たち』を編集したエドワード・ミード・アールはナチス・ドイツという脅威に直面していたからです。

アロンとガロアもこの例にもれず、彼らは1940年のナチス・ドイツによるパリ陥落を目撃してイギリスに亡命してからフランスの亡命政府の発行する新聞に時事評論を書き、これが彼らの「戦略対話」の原点となったとストローン氏は見ております。

そういえば戦後のアメリカでもベトナム戦争からハリー・サマーズの「戦略論」(On Strategy)という本が生まれましたし、最近の「テロとの戦争」では、なんといってもデヴィッド・キルカレンの「偶発的なゲリラ」(The Accidental Guerrilla)がそれですね。

ストローン氏はこのキルカレンの新刊をけっこう評価しているようで、その理由を、彼がこの「テロとの戦い」を実体験していて、それが理論との対話につながっているからだ、としておりました。

ここまで書いて時間切れです。続きはまた明日
b0015356_101084.jpg
(一番右がストローン氏)
Commented by Oink at 2009-11-28 10:33 x
>また、近代になって「戦略」というものがどういう様相を帯びてきたかというと、「平時に準備をして、戦争の時のチャンス(偶然性)というものをあらかじめ少なくするように計画すること」となります。
日清戦争時の日本の外相・陸奥宗光の言葉ですが
「我政府の廟算は外交にありては被動者の地位を取り、軍事にありては
常に機先を制せんとした。」いわゆる、「後の先」に近いのかな?

「政治はアートなり。サイエンスにあらず。巧みに政治を行い、巧みに人心を治めるのは、実学を持ち、広く世の中のことに習熟している人ができるのである。決して、机上の空論をもてあそぶ人間ではない」
Commented by Oink at 2009-11-28 10:33 x
ちょっと怖いコピペ
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった
Commented by sdi at 2009-11-28 15:58 x
>、「平時に準備をして、戦争の時のチャンス(偶然性)というものをあらかじめ少なくするように計画すること」
これを技術論の面から究極まで突き詰めて成功したのが
1.徴兵制によるマスアーミーの成立
2.開戦前動員と宣戦布告同時奇襲による先制
3.敵国が戦時動員を終える前に勝敗を決定
という、モルトケ・ビスマルクコンビによる普仏戦争の勝利になるんではないかと。さしずめ、プロイセン方式とでも呼びましょうか。シェリーフェンプランはそれを突き詰めすぎてブレーキがなくなってしまいましたが。
陸奥宗光は川上操六と組んで、プロイセン方式の再現を試みて限定的ですが成功したと思います。
冷戦、米ソが互いに相手の先制核攻撃に対してとてつもない緊張感と恐怖感をもって対したのも、プロイセン方式の有効性を身をもって体験した両国ゆえの恐怖ではないでしょうか。
Commented by なるほど at 2009-11-28 21:12 x
死体を処分していたのは母親か!
Commented by masa_the_man at 2009-11-29 05:18
Oink さんへ

>外交にありては被動者の地位を取り、軍事にありては常に機先を制せん

なんというか、日本らしい感じですね。

>決して、机上の空論をもてあそぶ人間ではない

ストローン氏もこの辺について興味深いコメントをしておりました。これについてはそのうちまた書きます。

>次の日も、次の日も死体はそのままだった

なるほどさんのコメントを見て私もわかりました(苦笑)しかしこの人は呪われてますね(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-29 05:28
sdi さんへ

>これを技術論の面から究極まで突き詰めて成功

この「技術論」というところがドイツらしいというか(笑

>モルトケ・ビスマルクコンビによる普仏戦争の勝利になる

そうかも知れませんねえ。また彼らには「自分の領土内では絶対に戦争したくない!」という執念が感じられますよね(笑)まあナポレオン戦争の時の被害を考えれば当然かも知れませんが。

>シェリーフェンプランはそれを突き詰めすぎてブレーキがなくなってしまいましたが

合理的な計算をしていたわりにはロジスティクスのことをほとんど考えてませんでしたよねぇ。

>陸奥宗光は川上操六と組んで、プロイセン方式の再現を試みて限定的ですが成功

そういえばドイツもナポレオン戦争以降から第二次大戦までのあらゆる戦争の初期段階ではいずれもある程度「成功」してましたな。

>プロイセン方式の有効性を身をもって体験した両国ゆえの恐怖ではないでしょうか。

少なくともアメリカ側は冷戦時代の恐怖として第一次世界大戦のような勃発型を恐れておりましたよね。ロシアの場合はヒトラーやウィルヘルムだけでなく、カール12世という歴史的な例も・・・・。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-29 05:28
なるほどさんへ

>死体を処分していたのは母親か!

私もこれを読むまで意味がわかりませんでした(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-11-29 23:11 x
>私もこれを読むまで意味がわかりませんでした(苦笑)
私はこれを初めて読んだ時、日本の首相に対する揶揄かと思いましたが、母親を安全保障問題を担ってきた大国と考えるとちょっと怖くなりました。

「坂の上の雲」のドラマが始まりましたが、開国後の大日本帝国は
戦争を自力で終わらせることのできない国だったような。

イギリス、アメリカ、ドイツ、最後はソ連にまで和平の仲介を頼んでいました。
Commented by masa_the_man at 2009-11-30 08:27
Oinkさんへ

> 母親を安全保障問題を担ってきた大国と考えると

なるほど。そういえばナイが「安全保障は酸素と一緒だ。なくなるまで気がつかないものだが、無くなってからでは遅すぎる」と言っておりましたね(苦笑

>開国後の大日本帝国は戦争を自力で終わらせることのできない国だったような。

まあ小国でしたからね。日本が自力で終わらせることができなかった理由については拙訳『戦略の格言』の「格言3」をご覧ください(笑)コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-11-28 10:10 | 日記 | Comments(9)