戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ルパート・スミスの戦略の教訓

今日のイギリス南部はまるで台風一過のような素晴らしい秋晴れの空だったのですが、気温が一気に下がりましてけっこう寒かったです。

さて、実は今日は学校で開催されたセミナーにスペシャルゲストが来ましたのでその内容の報告を。

今回のゲストは、なんとあのルパート・スミスヒュー・ストローン

と言っても「知る人ぞ知る」という感じなので簡単に紹介すると、スミス氏はNATO軍のNo2も務めたイギリス陸軍の元将軍でして、戦略学の学徒たちには

The Utility of Force: The Art of War in the Modern World
b0015356_9565995.jpg


という本で有名です。これは『名著で読む戦争論50冊』の中の一冊にも選ばれてますね。

本ブログでもたしか二年くらい前のエントリーに彼の講演についての内容を書いたと思います。

そしてもう一人のヒュー・ストローン氏は、第一次世界大戦史の世界的権威でありまして、現在はオックスフォード大学の歴史学の教授。この人はなんといっても完成度の高い

The First World War: To Arms
b0015356_9392775.jpg


という本を出してこの分野で金字塔をうち立てた人なのですが、これは実は第一次世界大戦史の三巻ものの第一巻として出版されたので、あと二巻が出版される予定なのですが、どうなることやら。

ちなみに私の先生はこの本を「出典も含めて一字一句最後まで読んだ」と言っているほど、内容も濃いし素晴らしい本です。

これのダイジェスト版というか、ドキュメンタリー(DVD)を制作した時の副読本として出されたのが以下の本なのですが、こちらも読みやすく内容も濃い優れもの。

The First World War: A New History
b0015356_9462762.jpg

b0015356_9404473.jpg


この人は歴史だけでなく戦略学にもけっこう詳しい人でして、クラウゼヴィッツの『戦争論』の解説本や戦略の理論そのものについてもかなり積極的に論文などを書いております。その一例が、

Carl Von Clausewitz's "On War": A Biography
b0015356_9411591.jpg


です。これがまた傑作。

セミナーのほうはまずこのストローン氏からはじまり、戦略の理論についてけっこう細かい話をしまして、これがなかなか密度の濃い素晴らしいものだったのですが、今日は時間もないので簡単にスミス氏が話してくれたことをひとつ。

スミス氏は1964年からイギリス陸軍の軍人としてのキャリアをはじめたわけですが、まだ新米の兵隊として訓練していた頃に「戦略の大成功例」を見たという逸話を披露してくれました。これがなかなか面白かった。

彼はある日の駐屯地で受けていた訓練を終えて、自分の部隊の十人の仲間と共に夕方になって宿舎に帰ってきたらしいのですが、訓練につかっていたライフル銃のひとつをどこかに置いて来てしまったみたいで、どうしても9丁しか見当たらなかったとか。

もちろんこのままでは部隊の連帯責任になるので、みんなも手分けして必死に探したのですが、何度探してもないものはない。

で、これを隠しておくと部隊全員の責任になってしまいますし、上官が先にこのような不都合な真実を発見してしまうと部下の責任になりますが、上官に報告すれば上官の責任になるので、すぐ上官に報告(苦笑

で、この上官も曹長あたりに報告してバックパシング(責任転嫁)を狙ったらしいのですが、この上官の上官だったネルソン曹長とかいう人物がけっこう有名な人だったみたいで、教育はそれほど受けていなかったらしいのですが、時として異様な戦略センスを発揮した伝説を持っていたそうです。

で、この人が報告を受けてスミス氏たちのいる新米兵たちのところまで来たらしいのですが、さすがに彼の管理下にある部隊の銃の紛失はちょっと問題になるわけです。

ここで彼は何をしたかというと、まず紅茶をたのみ、それをすすりながら宿舎の中を行ったり来たりしてうんうん考えていて、しばらくしてから

「よし、これで行こう!」

と決断。で、何を言ったかというと、

「正直に言ったら明日の朝まで銃探しだ。しかし嘘をついたら嘘に生きるまでだ!」

と言ってから、

「残りの9丁の銃も、全部外の野原に隠してこい!」

という命令を下したのです。

あっけにとられている新米兵たちはとにかく自分たちの銃を近くの野原に隠してきたわけですが、隠し終わったところを確認すると、

「まずお前たちは夜十二時まで寝ていろ、そして班長は夜中に小便におきてから銃が無くなっていることを発見したと言って大騒ぎをするんだ」

というのです。

そして厳重に口裏合わせをして、「寝ていたら銃が盗まれていた」ということにすることを徹底。

で、言われた通りにスミス氏たち新米兵はとりあえずベットに行ってぐっすりと眠ったわけですが、予定通り夜中頃になって班長が銃が全部盗まれたことを「発見」してそれを報告すると、駐屯地中がてんやわんやの大騒ぎ。

で、どういうことになったのかというと、駐屯地の全員が銃の捜査に狩り出されることになったのです。

もちろん夜になってますので見えないわけですが、この駐屯地のトップにとっては自分のところで銃が盗まれたとなっては大問題なわけですから、野外用のライトをつけて真夜中過ぎだというのに銃を探しまわらせたのです。

しばらくして銃発見の報告が曹長のところに次々に舞い込み、一時間後には10丁全部が見つかって一件落着。

ところが銃を無くして「盗みに入られた」彼ら以外の全員は、罰として夜明けまで訓練させられたとか(苦笑

ここでスミス氏は戦略家としてネルソン氏からいくつか貴重な教訓を得たとして、

1、実行する人以外には戦略を教えてはいけない
2、自分がコンテクストを作ってしまう
3、自分たちではなくて、他人を動かす
4、最後まで口裏をあわせなければだめ

と言っておりました。

そしてこのエッセンスは孫子の「第五:勢篇」に書かれていると言っておりました。

ちなみにこの銃を無くした人物というのは、実はスミス氏本人だったそうです(笑
Commented by ひろ at 2009-11-26 11:07 x
最後に見事な落ちがつきましたね(笑)。 

ただ、非常に示唆に富んだ逸話だと思います。とくに「自分の失敗をリカバーするために他人を巻き込む」辺りは、私にも経験があるので思わず苦笑してしまいました。
Commented by t at 2009-11-26 15:10 x
善く戦う者は勢に之を求め人に求めず、ですか。駐屯地全員を巻き込む勢を作ったという解釈でいいのでしょうか。イキオイがあったから多少能力に難があっても上手く行った、というのは実社会の経験談としてはよく聞きますね。

しかしこれ、後で真相バレなかったんですかね(笑)。
Commented by FFF at 2009-11-26 17:53 x
面白いお話ですね。
実生活でももっと規模の小さい似たような経験はありますが、大体「4」がうまくいきません。口裏を合わせられなくても、黙っているだけでいいんですが、それすら出来ないメンバーがひとり居るだけでパーです。
「嘘をつくのは悪い子」。
まぁ確かにそうかも知れませんが、うまい嘘は本当になると思うんですが…。
Commented by 御神楽 at 2009-11-26 18:50 x
 嘘をついてごまかす、のなら私は無理ですね。喋ってしまいそう(汗)
 でも、別の合理的意図があって、その為に嘘が必要、嘘を付いた方が良い結果となるのであれば全然平気です。
Commented by sdi at 2009-11-26 22:15 x
本当かどうか不明ですが、自分の犯した殺人の証拠を隠滅するために戦争を起こしたヤツの話をきいたことがあります。
騒ぎを大きくして隠したいもの利をその中に紛れ込ませるというのは思いついてもなかなか実行できないし、騒動の規模のコントロールに失敗すれば藪蛇てべすね。
Commented by Oink at 2009-11-26 23:16 x
遺体の一部から弾丸発見 韓国射撃場火災
ttp://news24.jp/articles/2009/11/26/10148617.html

英軍の駐屯地から銃が盗まれることは日常的なことなんですかね?
そういえば、二酸化炭素による地球温暖化についていろいろ動きがあったようですね。日本じゃ報道していませんが。
Commented by その筋の人 at 2009-11-27 00:16 x
>孫子の「第五:勢篇」に書かれていると言っておりました。

孫子と言われると、どの孫子ですか?と問い返したくなりますね。考古学に実地で携わった人間としては。
おそらく、竹簡孫子のことを指すと思われますが、一般的な孫子と言われる三国志で有名な曹操編纂のものと、原点に近い竹簡孫子には微妙な差がありますので注意が必要です。
他の「ロンドン大学の院生の試験問題に朝鮮!」で孫子が問題と出題されていますが、どの孫子か明確にしないと問題自体が成立しない気がします。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E7%B0%A1%E5%AD%AB%E5%AD%90
Commented by 待兼右大臣 at 2009-11-27 02:09 x
確かに、どこかで、「嘘は、ばれない限り、嘘ではない」という言葉を聞いたことがあります。それを地で行くような話しです。

これに関連して、小室直樹氏は

「AならばB」という命題があったとして、「A」という条件が成就しない限り、「B」は何であっても「その命題は成立する(間違いと立証することはできない)」

例:「君が総理大臣になれば、俺は〇〇をする」という場合、「君」が総理大臣に就任しない限り、〇〇に何を入れてもこの命題は(数学的に)成立する

ということを著書で言っていたことも思い出しました。
Commented by nanashi at 2009-11-27 07:05 x
1~4を黙々とやってるのがアングロサクソンですね。
コンテクストを作って、間接的に人間の駒を動かす。
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 09:55
ひろさんへ

>「自分の失敗をリカバーするために他人を巻き込む」辺りは、私にも経験があるので思わず苦笑

おおっ、やったことがありますか(笑)勢いを使うということですね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 09:57
t さんへ

>駐屯地全員を巻き込む勢を作ったという解釈でいいのでしょうか。

そういうことですね。それに他人を使って目的を達成したという点もそれですな(笑)

>多少能力に難があっても上手く行った、というのは実社会の経験談としてはよく聞きますね。

時代の動きを背景に、というのはあるでしょうね。それも「運」ですが。

>後で真相バレなかったんですかね

バレなかったみたいですねぇ。まあ今となっては時効ですし、スミス氏自身も将軍まで行きましたので(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 09:59
FFF さんへ

>大体「4」がうまくいきません。

たしかに(苦笑

>それすら出来ないメンバーがひとり居るだけでパーです。

わははは。

>うまい嘘は本当になると思うんですが…。

なりますね。「神話」とか「セオリー」というのがそれですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 10:01
御神楽さんへ

>喋ってしまいそう

プレッシャーに耐えられるかどうか、という精神的なところですからね(笑

>その為に嘘が必要、嘘を付いた方が良い結果となるのであれば全然平気です。

良い目的のためなら嘘もつける、と。まあこれは人間の本性のなかにあるかも知れません。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 10:03
sdi さんへ

>自分の犯した殺人の証拠を隠滅するために戦争を起こしたヤツ

これ、本当だとしたらすごいですなぁ(笑)この戦争が自分の国のためになったらある意味で英雄ですが、下手すると戦争犯罪人ということで(苦笑

>騒動の規模のコントロールに失敗すれば藪蛇

そうなんですよね。そういう意味ではこのネルソン曹長は駐屯地内だけでなんとかなると見切っていたんでしょうなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 10:06
Oink さんへ

>遺体の一部から弾丸発見 韓国射撃場火災

おおっ、これはすごいですなぁ。真相が明らかになったらとんでもないことになりそうですが・・・それとも暴発?

>英軍の駐屯地から銃が盗まれることは日常的なことなんですかね?

いや、それはあまりないと思いますよ(笑

>二酸化炭素による地球温暖化についていろいろ動きがあったようですね。日本じゃ報道していませんが。

こっちじゃかなり報道されてます。やっぱり報道の温度の差が違うというか・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 10:08
その筋の人 さんへ

>孫子と言われると、どの孫子ですか?と問い返したくなりますね。考古学に実地で携わった人間としては。

ああ、なるほど。

>竹簡孫子のことを指すと思われますが

こちらのほうだと思います。

>どの孫子か明確にしないと問題自体が成立しない気がします。

そうですね。ではそのクラスのリーディングリストにのっていた英語版をそのうち紹介します。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 10:11
待兼さんへ

>「嘘は、ばれない限り、嘘ではない」

ドライですが、事実です(笑

>例:「君が総理大臣になれば、俺は〇〇をする」という場合、「君」が総理大臣に就任しない限り、〇〇に何を入れてもこの命題は(数学的に)成立

私もこれを覚えておりますね。私がおぼえているやつは「オレのキレイな妹を君に紹介する」と行って次の日に行くと妹はいなくて、それととがめると「オレにはそもそも妹がいない」という奴だったような。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-27 10:13
nanashi さんへ

>1~4を黙々とやってるのがアングロサクソンですね。

うーん、私は同意できません。

>コンテクストを作って、間接的に人間の駒を動かす。

コンテクストを作るところまでは同意しますが、間接的に人を動かすところはどうですかね?イラクとアフガニスタンでは自分で行ってますから・・・コメントありがとうございました
Commented by ろんろん at 2009-11-27 15:20 x
ストローン氏の研究されている第一次大戦に興味があります。
歴史上初の国家総力戦、大量殺戮兵器が登場した「現代の幕開け」としての研究対象なのでしょうか? 
日本だと、日露戦争が相当するのかなと思います。
そして時代は非対称戦争へ。ローマ帝国時代への逆戻りだったりして。
そういえば、モンティパイソンの『ライフ・オブ・ブライアン』(`79)では、ローマ人の圧政に反対するユダヤ人組織が「本当の敵はユダヤ民族戦線だ、いやユダヤ人民戦線だ」と内輪もめするギャグがありました。イギリス人はこういう現状を客観視してネタにする才能はピカイチですね(笑)。あ、脱線失礼しました。
Commented by nanashi at 2009-11-28 00:26 x
アングロサクソンは論理的でなければ行動しない。
だから必ず理屈がある。しかし不完全情報ゲーム。

鳩山が民主主義的な手続きを重んじる首相だとはとても思えない。
日本からの5000億とアフガン増派は関係している。
Commented by masa_the_man at 2009-11-28 08:47
ろんろんさんへ

>第一次大戦に興味があります。

日本じゃ注目は低いですが、こっちじゃ世紀の大事件ですからね。

>「現代の幕開け」としての研究対象なのでしょうか? 

ある意味で「西洋の没落」のはじめともいえますな。とにかくその後の世界の枠組みを決定したという意味では本当に大きい。

>日本だと、日露戦争が相当するのかなと思います。

時代的にはちょっと早いですが、たしかにその兆候はありますね。

>イギリス人はこういう現状を客観視してネタにする才能はピカイチ

そういえばこっちでは障害者を実際に出演させたコメディーが始まるとかで注目が集まってます(苦笑)日本じゃありえんですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-28 08:49
nanashi さんへ

>アングロサクソンは論理的でなければ行動しない。

その論理もけっこう怪しいですがねぇ(笑

>鳩山が民主主義的な手続きを重んじる首相だとはとても思えない。

だから「宇宙人」なんでしょうか。彼の顔からみると、仕事運は麻生さんと同じくらいですね。

>日本からの5000億とアフガン増派は関係している。

それはまああるでしょうな。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-11-26 09:42 | 日記 | Comments(22)