戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中東のシーレーンの危機?

今日のイギリス南部は朝から曇りがちのどんよりとした天候でして、午後には小雨がシトシト降ってきました。

さて、昨日は火曜日だったので毎週恒例の火曜のランチミーティングだったわけですが、一つ衝撃的なことを耳にしたのでそれについて一言。

昨日のランチミーティングのテーマはパキスタン人のコースメイトによる「パキスタンのテロについて」という内容だったのですが、私が気になったのは彼女の発表よりも(失礼)、その前に例の米空軍大佐がちょっとだけ語った内容でした。

彼が言っていたのは、最近ロンドンやヨーロッパ内で参加している米軍高官の間で、「中東のシーレーンの保護をやめよう」という議論が高まっている、ということでした。

もちろん最近ミアシャイマーやウォルトなどのように、政治学者などは以前からこういうこと(オフショア・バランシングという大戦略など)を議論していたわけで、この分野に詳しい人にとってはまったく衝撃でもなんでもないわけですが、具体的に米軍の高官たちがこういう議論をしているということを聞いたのは初めてだったのでちょっとビックリ。

彼によると、こういう話が盛り上がってきたのは(彼が知る限りでは)ここ二年くらいのことでことであり、その議論の根拠としては「中東の石油はアメリカ全体の消費における割合はもう数%くらいまで下がってきた」という点。

もちろんイスラエルなどの問題があるわけですからそう簡単に「中東から撤退!」というわけにいかないでしょうが、とりあえず中東のシーレーンをパトロールするのはやめようという議論がかなり活発になってきていることは事実らしいです。

それで困るのは日本ですな。

たとえば日本のメディアでは去年の七月にイランが「洋上のパイプライン」のチョークポイントであるホルムズ海峡を「閉じるぞ!」と脅したことについて(誰に遠慮しているのかわかりませんが)ほとんど報じておりませんでした。

しかしアメリカ側の報道機関はしっかりと報道しておりまして、米海軍の高官も「閉じたら戦争だ!」と脅し返しております。

なぜこのような応酬が重要な意味を持っていたのかは地政学的な感覚がないとちょっと理解しにくいところでありますが、とにかく明確になったのは、日本のメディアの地政学感覚のなさでした(日本の商社や石油会社の中にはこの重要性を理解していた人がいたかも知れませんが)。

そして今回の経済危機なわけですが、大佐によりますと、やはり米軍内でもこの危機とオバマ政権のおかげで軍事予算の削減は不可避であるという雰囲気が生まれつつあり、必然的にこのような議論が出てきた、と言っておりました。

こうなると重要になってくるのは、米軍が中東からある程度パトロールを減らしはじめたらどうするかということ。日本は相変わらず原油を中東から9割ほど輸入しており、それを洋上のパイプラインであるタンカーで運んでいるからです。

近い将来に日本では「中東付近のシーレーンをどう守るのか」について真剣に議論をしなければならなくなる時がくるかも知れません。

ちなみに大佐は「今後の中東のシーレーンは、インド海軍にまだ力ないために中国海軍が守ることになる可能性がある」とあえて大胆に分析しておりました。ホンマかいな。
b0015356_2382235.jpg
(mod.go.jpより)
Commented by Rogue Monk at 2009-11-20 05:34 x
>中東のシーレーンをパトロールするのはやめよう
中東原油の取引が止まるのですから、日本などの輸入国だけでなく
産油国にとっても大打撃ですね。
原油の供給・需要の双方の国への影響力を捨て去ろうというのです
から、「世界の警察官引退宣言」になるわけですが・・・。

>中国海軍が守る
中国もまだその力はないと思うんですがね。
Commented by tori at 2009-11-20 09:07 x
そうなると、ソマリアの海賊退治もイランへの牽制的な意味合いを感じ取ってもいいのでしょうか。
Commented by ろんろん at 2009-11-20 10:03 x
>中国海軍が守る
国力に相応した責任を果たそうとしない中国を無理矢理やらざるを得ない状況に引きずり込もうという戦略…というか考えだったりするかも。
Commented by masaya1967.7 at 2009-11-20 11:51
昨日の『不毛地帯』で瀬島龍三参謀が見事に予想していました。
Commented by lp at 2009-11-20 11:59 x
初めてコメントします。
私は日本の某大学院で国際関係論を専攻している学生です。
といっても、まだ修士課程ですが(笑)

>最近ミアシャイマーやウォルトなどのように、政治学者などは以前からこういうこと(オフショア・バランシングという大戦略など)を議論していたわけで
彼らは(イラクやアフガンなどに)地上軍を駐留させることには反対していたと思いますが、海からも撤退するべきだとまで言ってるんですか?だとしたら、中東で危機が発生した場合はわざわざ遠くから出かけるんですかねぇ…。

>近い将来に日本では「中東付近のシーレーンをどう守るのか」について真剣に議論をしなければならなくなる時がくるかも知れません。
日本は油の配達で限界です(笑)

>大佐は「今後の中東のシーレーンは、インド海軍にまだ力ないために中国海軍が守ることになる可能性がある」とあえて大胆に分析
ホンマかいな(笑)
しかしそうなると、中国の空母建造は日本にとってむしろ望ましいことに…!?
Commented by Oink at 2009-11-21 02:14 x
一番気になったのは、ディエゴガルシアをどうするのか。
イギリスに返されても、困るしインドに貸与しても中国の反発は必至だ。

中国がインド洋側で抑えている要衝・基地はその立場を強めるような。
パキスタン、スリランカ、ミャンマー。当然、隣接しているチベット自治区の支配も強化されるでしょう。ノーベル平和賞を貰ったスーチー女史、ダライラマは欧米からはしごを外されたと少なくとも私は考えます。

あと、インド洋を放棄することで浮いた戦力と資源をどこに投入するのか。中国が太平洋方面に進出することを抑えたいんですかね?
それとも、北極海での権益交渉に使いたいんですかね?

2月のカナダG7、-23・8度のイカルイトで
ttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091119-OYT1T00367.htm

あと、日本の米軍基地問題や、朝鮮半島、台湾問題ともリンクしそうです。イランが核を持てば、インド、パキスタン、イランが核を持つことになるわけですが、トルコとかサウジはどうするんですかね?
Commented by sdi at 2009-11-21 02:39 x
中共海軍にインド洋の治安を任せるというのは、「インドはインド亜大陸で逼塞してろ」ということになりますか。
私の地政学の入り口となった「第二次太平洋戦争は不可避である」では、日本がインドの海軍力強化を支援してオイルロード確保する、という想定がありました。しかし、インドは中継ぎで最終的には日本は自分でインド洋確保に乗り出す、というのが結論でした。
中共を中継ぎにしてオバマ政権と金融危機が過ぎるのを待ち、その後中共を追い出す、というシナリオも考えられます。毒(中共)をもって毒(イスラム勢力)を制するという手法なのでしょうか。この方法の場合、残った毒(中共)を自力で解毒できなければまた新たな毒(インド?)を飲むしかなく、最後は体力が弱って衰弱死ということになります。、
Commented by たなか at 2009-11-21 09:09 x
はじめまして。
私は日本は大人なだけだと思いますよ。一つ一つ掻い摘んで大騒ぎするのもばからしい。なるようになる。多神教というか、色んなものに神が宿って、そのように動かしているのを感じ取っているみたいな感触でしょうか。「戦争するぞ」と騒ぐのは「あ〜あ、またあの子は騒いでる」みたいな感覚、アメにいわせておけばいい、みたいな。
日本的なしたたかさ、ってこと。
まぁこんなこと書くと、「おまえは甘い」「だから日本は云々」とかいわれそうですけどね。
Commented by at 2009-11-21 15:42 x
しかしアメリカ軍が中国軍を地域の保護者として認めようと真剣に考えているとすると、日本にとっては絶望的な状況になるでしょうね。
でも米軍の日本からの兵力削減を見ると、米中はその方向で話をしているのかもしれません。
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:40
Rogue Monk さんへ

>産油国にとっても大打撃ですね。

そうなんですが、それでもかまわない的な議論が出ているとのこと。

>「世界の警察官引退宣言」になるわけですが・・・。

そうなるといよいよローマの終焉が近づきます。

>中国もまだその力はないと思うんですがね。

そうなんですが、それでも彼はまかせれば勝手にやると思っているようで。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:40
toriさんへ

>ソマリアの海賊退治もイランへの牽制的な意味合いを感じ取ってもいいのでしょうか。

いいと思います。つながってますからね、ここは。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:42
ろんろんさんへ

> 国力に相応した責任を果たそうとしない中国を無理矢理やらざるを得ない状況に引きずり込もうという戦略…というか考え

ありえますな。たとえば実際に灯台の設置なんかでは国際機関がは中国を引きづり込もうとしておりました。ただしこの大佐の発言ではそういう意図はあまり感じませんでしたね。単なる「アメリカの損切り」という感じでした。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:44
masayaさんへ

>昨日の『不毛地帯』で瀬島龍三参謀が見事に予想していました。

これは中国に任せる、という意味ですか?どういうコメントだったのか気になります。「不毛地帯」はこちらではまだ見れないので・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:48
lpさんへ

>某大学院で国際関係論を専攻

うらやましいですなぁ。私は日本の大学を出ていないので。

>海からも撤退するべきだとまで言ってるんですか?

とりあえずペンタゴンの軍人の周辺では、ということみたいですね。

>中東で危機が発生した場合はわざわざ遠くから出かけるんですかねぇ…。

それがオフショア・バランシングの醍醐味、ということなのかも知れませんが(笑

>日本は油の配達で限界です

たしかにアップアップですよねぇ(苦笑

>そうなると、中国の空母建造は日本にとってむしろ望ましいことに…!?

彼らが現在のアメリカのような立場をしっかりと果たしてくれるという前提であれば喜ばしいかも知れませんな(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:53
Oinkさんへ

>イギリスに返されても、困るしインドに貸与しても中国の反発は必至だ。

たしかにあの島は微妙なところにある超重要地点ですよね。私はとりあえずアメリカがキープするものと考えておりますが。

>ノーベル平和賞を貰ったスーチー女史、ダライラマは欧米からはしごを外されたと少なくとも私は考えます。

欧米勢力の限界でしょうなぁ。

>中国が太平洋方面に進出することを抑えたいんですかね?

これはあるでしょうね。とりあえずハワイには出てこないで、ということかも。

>北極海での権益交渉に使いたいんですかね?

ありえますね。

>カナダのメディアも開催地決定について「参加者は無事に集まれるのか」「毛皮商人や冒険家の追体験を堪能できるだろう」と驚きと皮肉交じり

そりゃそうだ(苦笑

>あと、日本の米軍基地問題や、朝鮮半島、台湾問題ともリンクしそうです。

しますね、確実に。海というハイウェイでつながってますからねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 06:58
sdi さんへ

>中共海軍にインド洋の治安を任せるというのは、「インドはインド亜大陸で逼塞してろ」ということになりますか。

結果的にはそうなるかも知れませんね。問題なのはアメリカ人のこの大佐連中がそこまで意図していないところです(苦笑

>インドは中継ぎで最終的には日本は自分でインド洋確保に乗り出す、というのが結論

構想としては面白いですが、今の日本の政治家たちのやる気を見ていて全く考えられないところが逆に面白いですな(笑

>その後中共を追い出す、というシナリオも考えられます。

日本側にそんな企みを実行できる人がいればいいんですがねぇ(苦笑)いや、意識せずにそうせざるを得ない状況に追い込まれる、というのが一番良いのかもしれませんが。。。

>残った毒(中共)を自力で解毒できなければまた新たな毒(インド?)を飲むしかなく、最後は体力が弱って衰弱死ということになります

厳しいですなぁ(苦笑)こうやって考えると世界というのは毒だらけですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 07:03
たなか さんへ

>日本は大人なだけだと思いますよ

私もそう思いたいところなんですが、それよりもそういうことが起こったという情報があまり日本に伝わらないというのは問題じゃありませんか?大人とか子供とかいう前に、まずその事件を「知らない」わけですから。

>「戦争するぞ」と騒ぐのは「あ〜あ、またあの子は騒いでる」みたいな感覚、アメにいわせておけばいい、みたいな。

それはあるかも知れませんが、私は逆に「甘えの構造」だと感じてしまいますねぇ。

>日本的なしたたかさ、ってこと。

この「日本的な」というところがわからんのです。とりあえず結果オーライだから騒ぐな、みたいに聞こえてしまうんですよねぇ(苦笑

>まぁこんなこと書くと、「おまえは甘い」「だから日本は云々」とかいわれそうですけどね。

反論までしっかりと想定されておりますね(笑)私は別に「甘い」とかは思いませんが、国を動かすレベルの人々は最低限ここらへんに敏感であって欲しいと思っているわけです。日本の場合はやはりマスコミが変ですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-22 07:05
派 さんへ

>日本にとっては絶望的な状況になるでしょうね。

とりあえず短期〜中期には大変なことになりそうです。

>でも米軍の日本からの兵力削減を見ると、米中はその方向で話をしているのかもしれません。

これがわからんのですよね。今回の訪問でもこのあたりで「手打ち」があったのかも知れませんが・・・・コメントありがとうございました
Commented by 愚人 at 2009-11-24 01:25 x
米国人は妙に中国人を信頼していますねぇ。
私から見ると、どんな状況になろうと中国が米国の代わりをするとはとても思えないのですが。

私の見たところ、中国は金で動くところがありますから、中国海軍は警備保障会社と割り切って賄賂を払えば守ってもらえるかもしれませんが。
また中国を肥え太らせることになるので、できれば自国の艦船を守るという名目で海上自衛隊に頑張って欲しいところですが、無理なのでしょうねぇ。
Commented by rop at 2009-11-24 04:37 x
>米国人は妙に中国人を信頼していますねぇ。

♪大きいことはいいことだ~
www.youtube.com/watch?v=Aubpbn0nXvA

米国人は面積の広い国でないと、人口が多くても経済力が大きくても見下しがちになるようです。すごく単純ですが、結構あたってますよ。
Commented by masa_the_man at 2009-11-24 08:28
愚人さんへ

>米国人は妙に中国人を信頼していますねぇ。

大佐連中に言わせると「わかりやすいから」とのことです。

>どんな状況になろうと中国が米国の代わりをするとはとても思えないのですが。

それが逆に中国の歴史を知らないアメリカの無邪気なところかも知れませんが(苦笑

>中国は金で動くところがありますから、中国海軍は警備保障会社と割り切って賄賂を払えば守ってもらえるかもしれません

なるほど、たしかにこれはいけそうな(笑

>海上自衛隊に頑張って欲しいところですが、無理なのでしょうねぇ。

日本人がどこまでやる気を出すかですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-24 08:32
ropさんへ

>♪大きいことはいいことだ~

森永エールチョコレートですか(笑)私はこれを食べたことないですなぁ。それよりキャンディーズが出ているチョコフレークのCMが上がっているのを見て驚きました。キャンディーズ、いいですなぁ(笑

>面積の広い国でないと、人口が多くても経済力が大きくても見下しがちになる

フランスなんか微妙なところですねぇ。個人的にはフランスのことを嫌っている人がけっこう多いですが。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-12-02 01:17 x
事業仕分け・分野別ポイント
一方、国家備蓄石油管理委託費(480億円)は「見直し」となった。具体的には「備蓄日数の縮減」とともに、管理費の削減につながる備蓄タンクの点検周期の延長検討を求めた。備蓄日数は現在、150日分。資源エネルギー庁は「日本が民間備蓄に依存して国家備蓄を引き下げれば深刻な懸念を表明する」との国際エネルギー機関(IEA)のメッセージも紹介して防戦したが、仕分け人側は温室ガス削減への取り組みで石油需要は減少に向かうとの論理で押し切った。
ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009112700770
Commented by Oink at 2009-12-02 01:17 x
中パ関係が緊密化、戦闘機共同生産や鉄道建設
パキスタン南西部のグワダル港と中国西部・新疆ウイグル自治区の拠点都市カシュガルを結ぶ
鉄道の建設に向けた協議も本格化した。緊密さを増す両国関係に、双方と緊張の種を抱えるインドで警戒感が広がっている。

 中国メディアは11月、アラビア海に面したグワダル港とカシュガルを結ぶ鉄道と石油パイプラインを建設する計画について両国の間で協議が進んでいると伝えた。パイプラインが開通すれば、中国にとって、マラッカ海峡を経由せずに中東産石油を調達できるルートとなり、エネルギー安全保障上も大きな意味を持つ。

 グワダル港はもともと中国が中心になって整備した。ペルシャ湾の出口をにらむ戦略拠点で、中国側には「将来的に海軍基地として利用する思惑がある」(中国筋)とされる。
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091129-OYT1T01020.htm
Commented by Oink at 2009-12-02 01:18 x
中国国防相がイージス艦を初視察 海自佐世保基地を訪問
ttp://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091201/04.shtml

中国の軍事力台頭もあり、日米同盟はより重要に=北沢防衛相
ttp://www.asahi.com/international/reuters/RTR200910150102.html

日本の防衛相「中国を日本の脅威と考えたことはない」
就任後間もなく中国の建国60周年祝賀式典をテレビで見た北沢防衛相は、「アジア、さらには世界の大国としての中国の気勢を実感した」と、中国の軍事パレードの凄さを心から讃嘆した。また、軍事パレードに登場した軍事装備から、中国の軍事力の進歩が感じられたと指摘した。

北沢防衛相は、現在の世界・アジア太平洋情勢の下、中国が技術革新の中で空と海の軍事力を不断に強化することは完全に理解できると表明。「各国の国情は異なるので、わたしが中国の国防政策についてとやかく言うことはない」「付き合う中で互いの関係中の合理性を感じることは非常に大事だ」と述べた。
ttp://japanese.china.org.cn/jp/txt/2009-11/30/content_18979508.htm

「影響力のある人に影響を与える」をキャッチコピーとする「中国新聞週刊」の日本語版
Commented by Oink at 2009-12-02 01:22 x
中国は、戦略的すぎる。
日本は、戦略がわからない?!。
21世紀の太平洋(米国の太平洋権益?)のパートナーにふさわしいのは
どちらなんでしょうか?どちらも本命ではないという可能性もあるかw

オバマの漢字表記をアメリカ側は「欧巴馬」にしたいらしいんですが
この「欧」の意味を分かっているんですかね?
米国初の太平洋大統領は?
Commented by masa_the_man at 2009-12-02 07:50
Oinkさんへ

>温室ガス削減への取り組みで石油需要は減少に向かうとの論理で押し切った。

危機感がないんでしょうな。

>新疆ウイグル自治区の拠点都市カシュガルを結ぶ鉄道の建設に向けた協議も本格化

ランドパワーですね

>マラッカ海峡を経由せずに中東産石油を調達できるルート

彼らにとっては嬉しいですねぇ。

>日本の防衛相「中国を日本の脅威と考えたことはない」

はははは。

>どちらも本命ではないという可能性もあるかw

その前に自分たちの足下がまずい、というのもありますね(苦笑

>この「欧」の意味を分かっているんですかね?

おそらく誰も教えていないのではないかと。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-11-19 23:09 | 日記 | Comments(27)