戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ジェンティールの「歴史に学べ」論

今日のイギリス南部は朝からスカッと快晴でして、とにかく気持ちの良い一日でした。

論文を書く毎日が続いておりますが、最近実感しているのはたとえ単語一つでも引用の参照ひとつでもいいですから「毎日論文に手をつける」ということですね。一日あいてしまうと、どうしても文を書く時の「勢い」みたいなものが失われてしまいます。

さて、今日は昨日のミアシャイマーに続き、今度は元軍人のアフガニスタンについての意見を。

この記事の著者のジェンティールは、本ブログでも以前に米陸軍の編成についての大議論を紹介した時の「保守派側」として紹介しております。

それではいつものようにポイントフォームで。

=====

Chimera of Victory

by Gian P. Gentile

●もし歴史がわれわれに何かを教えてくれるとすれば、最近バグダッドで起こった(司法省のビルを狙った)自爆テロはアメリカのイラク介入の終わりはまだ見えない、ということだ。

●よく言われているようなイラクに対する「サージ」はあまり成功しておらず、軍事的勝利によって政治的にも勝利できるというのはたんなる幻想なのだ。

●この幻想を教えてくれるのはフランスのアルジェリア介入である。

●1956年から1962年まで続いたこの介入の後に、この幻想はフランス陸軍から米陸軍の考えの中に伝わったのであり、現在も米軍の中で「フランスの軍事介入は暴動に勝った」と信じられている。

●ところがこれは事実ではない。アルジェリアの暴動側は目立たないうちにフランス軍や国民に手足の出ないようにして、1962年にドゴール政府から独立を勝ち取ったのだ。

●それから十年くらいしてからベトナム戦争の目撃者たちは、戦争の後半にはクレイトン・アダムス将軍のCOINによってベトナムを平定できたはずだと書き始めた。

●この「伝説」に従えば、アメリカ国民と政治家たちに強い決意があればベトナム戦争に勝てたということになる。

●この考えは現在のイラクとアフガニスタンに対する陸軍の考え方の中にも存在するが、これも幻想でしかない。

●実は米軍は1970年代初期にベトナムの共産主義者たちの暴動には勝てていなかったのであり、むしろベトナム側の変化に合わせ始めていたというほうが正しいのだ。

●1968年のテト攻勢で北ベトナム側は戦力を使い果たしてしまい、1975年の最後の攻勢まで戦力の回復を待ったわけだが、同じことは現在のイラクにも言える。

●先日の自爆テロはまさにそれが回復しつつあることを示しており、「サージ」が成功したとは言えないような状態になっている。

●このような歴史的教訓はアフガニスタンにも適用できる。

●歴史的にみれば、外国の侵入者が侵入された側の社会を武力で変革するというのは、かなりの人命と国力を費やしても実現できないものだ。

●兵士の数をもう少し増やして優れた将軍に任せれば二・三年で内戦状態にある国を平定できるという考えは、歴史を見ても間違いだということがわかる。

●アルジェリア、イラク、アフガニスタンもこの例にはずれない。われわれは歴史から何も学んでいないのであり、同じ失敗を繰り返しているのだ。

●私が2006年にイラクに駐留していた時に、イラク側の将軍にこの内戦があとどれくらい続くのかを聞いたことがある。彼の答えは「あと400年くらい」ということだった。

●考えてみれば、アメリカ自身も南北戦争という内戦に伴う奴隷制や社会的分裂という国内問題を修復するまでに百年近くかかっている。

●これをイラクの場合で考えてみると、たとえば1850年頃に外国から軍隊がやってきて、武力でアメリカの内戦を平定できただろうか?

●これを考えると、たった二年でイラクやアフガニスタンの内戦を終わらせるのが不可能であることがよくわかる。

====

これは歴史の例を上手く使った議論ですな。

昨日のミアシャイマーの場合はアメリカの国内政治の歴史から論じておりましたが、このジェンテイールの場合は南北戦争やアルジェリアなどの例を使っております。

ちなみにこのジェンティールは、米陸軍の編成に関する議論の際の論敵であったネーグル(マクリスタル賛成派)のCOINをここでも批判しているという意味で、そのまま彼と論争を続けていることになりますね(笑
b0015356_88266.jpg

Commented by elmoiy at 2009-11-08 19:34 x
>歴史的にみれば、外国の侵入者が侵入された側の社会を武力で変革するというのは、かなりの人命と国力を費やしても実現できないものだ。

ムガール帝国はインドを支配しましたが、全インドをイスラーム化することはできませんでしたからね。

ローマ帝国も、数多くの部族が乱立するゲルマニアの平定は諦め、防衛線を築いて蛮族がその内側に侵入できないようにする、という戦略に切り替えました。
Commented by nanashi at 2009-11-09 07:32 x
政治組織だけをターゲットに武力行使・・・1年
抵抗組織を分断鎮圧しつつ、資本投資・・・15年
教育で歴史を書きかえ・・・30年(新世代登場)
民族統合・・・30年(旧世代消滅)
人間が入れ替わるまで時間がかかるでしょう。
しかし、今の時代は情報機器が発達しているので、もうこういうことは無理。
EU型の合意の上での統合しかないと思います
Commented by masa_the_man at 2009-11-09 09:31
elmoiyさんへ

>ムガール帝国はインドを支配しましたが、全インドをイスラーム化することはできませんでした

たしかにそうですね。そもそもあんな人口と文化のるつぼのようなところを一つの宗教で教化しようとするのはむずかしそうです。

>防衛線を築いて蛮族がその内側に侵入できないようにする、という戦略に切り替えました。

最終的にキリスト教のほうは広まって行きましたが・・・やっぱり「世界観」とか「宇宙観」にかかわる部分というのは変化させるのはむずかしいんでしょうな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-09 09:33
nanashi さんへ

>1年

というか、この部分は「首切り」でいいわけですからもっと短くできそうですな。

>民族統合・・・30年(旧世代消滅)

いやあ、もっと時間がかかるでしょうなぁ。

>今の時代は情報機器が発達しているので、もうこういうことは無理。

たしかに。

>EU型の合意の上での統合しかないと思います

しかもEUだってかなり問題ありますしね。コメントありがとうございました
Commented by aliquis at 2009-12-09 12:03 x
イラクとかアフガンとか(コメント欄の例で言えばゲルマニアとか)を武力で平定出来ないのは、やっぱり「一つにまとまってないから」に尽きると思いますね。
ちゃんと統一的な政権が存在していれば、また国民にも「自分たちは○○だ」って意識があれば、その政権と交渉したり(あるいは支配下に組み込んだり)、その意識を尊重したりする事で平定(なにをもって平定と呼ぶかにもよるけれども)できるでしょうが、バラバラな状態では、あっちを立てればこっちが立たずな状況や、交渉の窓口が多すぎる事が重なって、うまく平定し終える事が出来ないんじゃないかと。だからローマがガリアを平定出来たのはウェルキンゲトリクスのおかげだ、なんて云う気はないですけど。
しかし「だからこうすれば良いんだ」という意見が出せない自分が歯痒い…。
by masa_the_man | 2009-11-08 07:59 | 日記 | Comments(5)