戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

大佐の体験:その4

今日のイギリス南部は一日中曇りでして、明日の憂鬱な月曜日のためか夏時間が終わって日が短くなったせいか、町中はいつもよりもどんよりとした雰囲気でした。

さて、今日もまた大佐の話のつづきを。

====

●ダグラス・マクレガーという人物は”Breaking the Phalanx” という本を書いた陸軍の軍人で、この当時は現役の大佐だった。

●この時の彼の意見はものすごく楽観的で、「クウェートにおいてある機甲部隊を使えば、たった36時間でバグダッドに到着できる」というものだった。

●ところがこちらは空軍のしかもスペースパワーの担当なので、イラクとクウェートの間には何十カ所も橋があることなど、宇宙から撮影された映像を見ており、その提言がむちゃくちゃであることをわかっていた。

(ここでアメリカ人の若い先生が、「それに車両のためのガソリンとかどうするんだよなぁ」と間の手を入れて一同爆笑)

●そこで私は戦略家がする典型的な質問を彼にした。つまり、「それでどうするんだ?」(So What?)である。

●どうやらマクレガー自身は戦車がバグダッドに入って来たら、市民が花束を投げかけて、道行く女の子たちがキスしてくれるものと勘違いしているらしい。

●ところが後にマクレガーがCNNに軍事解説者として出演しており、解説していたのを見て驚いた。なんと彼は「私はイラク戦争を支持したことはない」としゃあしゃあとぬかしていたのだ!

●私は彼が将軍にアドバイスを与えるのを目の前で見ていたのにこのザマである。

●彼が戦争を始めた時のアドバイスと、それを終了させる時のアドバイスは全く違うのだ。

●ここで話を戻すが、とにかくこのような「どこに部隊を配置するのか」とか「どうするのか」などに関する議論というのは、すべてオペレーショナル・レベルで行われているのだ。

●つまりオペレーショナル・レベルとは陸・海・空の各軍(コンポーネンツ)のそれぞれの動きや配置などを決めるレベルのことだ。

●そして戦略レベルというのは、大体においてそれらの軍を統括するレベルで行われるのであり、具体的には将軍が大統領や首相などに進言するところだ。

●ところがここでイギリスの空軍士官が2001年の10月の時点であることに気がついた。それは「軍事的に勝利した後にはどうするの?」という疑問だった。

●これはつまり、軍隊が破壊したあとにそれをどうやって直すか、という切実な問題だったのだ。

●そこで彼らは国務省などの組織・団体を含む、joint inter-agency task force をワシントンとロンドンに設立することを提案したわけで、これによって戦後の復興事業について議論をすることになった。

●これは開始されたのだが、すぐに挫折した。なぜならそれぞれの組織・団体が官僚的な主張をはじめたからだ。

●そこで結局は米軍がリードして復興事業をやることになった。そこで出てきたのがハリバートンをはじめとする民間軍事会社であり、彼らがインフラ事業などを受け持つようになったのだ。

●ただし彼らのような民間の会社に米軍が警備をしたりすると不公平になるので、ブラック・ウォーターのような警備会社が登場したのだ。

●そしてここから法律家たちが大量に関与してくることになり、米軍はあまり効果的な活動を行えなくなってしまったのだ。


====

ここまで書いて時間切れです。続きはまた明日。
b0015356_8312537.jpg

Commented by nanashi at 2009-11-02 13:03 x
ハウスフォーファーが大日本帝国を褒めた理由だと思いますね。
私が、日本はランドパワーだと思う理由でもある
Commented by 大阪人K at 2009-11-02 20:58 x
ウォルツのファーストイメージの展開そのものですね。
貴重な証言です。

>たった36時間でバグダッドに到着できる
>なんと彼は「私はイラク戦争を支持したことはない」としゃあしゃあとぬかしていたのだ!

アメリカにもいたのですね。牟田口中将みたいな人が・・・(遠い目)
Commented by Oink at 2009-11-02 22:54 x
NYタイムズを汚す今年最悪のコラム
2009年11月02日(月)14時53分
スティーブン・ウォルト(ハーバード大学ケネディ行政大学院・国際関係論教授)
ttp://newsweekjapan.jp/stories/us/2009/11/post-680.php

そういや、朝鮮戦争が第二次世界大戦後における
アメリカの軍事介入の失敗の始まりだったと感じたのが
ザ・コールデスト・ウインターの執筆動機でしたね。

マッカーサー司令部とアメリカ本国との確執と対立は
占領期の日本政治と極めて密接にかかわってくるので
自分にとっては面白かったですね。
著者の朝鮮半島で行った日本の政策の評価については
異論がありますが。

アメリカは、軍の人命の尊重を重視しすぎて
金のかかる戦争をしすぎにみえます。

ジンギスカンみたいに、反乱には報復する。復興は関与しない。
なんてことは無理か。
Commented by masa_the_man at 2009-11-03 05:15
nanashiさんへ

>ハウスフォーファーが大日本帝国を褒めた理由だと思いますね。私が、日本はランドパワーだと思う理由でもある

これは上のエントリーのどの部分なのでしょうか?できれば教えていただきたいと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-03 05:16
大阪人K さんへ

>ウォルツのファーストイメージの展開そのものですね。

そうなんですよね。個人が動かす国際政治、と。

>アメリカにもいたのですね。牟田口中将みたいな人が・・・(遠い目)

おそらくどの時代のどの国にもこういう人はいるんでしょうなぁ(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-03 05:20
Oink さんへ

>NYタイムズを汚す今年最悪のコラム

これ、私も原文で読みました(笑)

>朝鮮戦争が第二次世界大戦後におけるアメリカの軍事介入の失敗の始まり

しかしこれが冷戦を決定づけた出来事でもあったという意味で皮肉ですよねぇ。

>マッカーサー司令部とアメリカ本国との確執と対立は占領期の日本政治と極めて密接にかかわってくるので自分にとっては面白かった

そしてケナンも大きく絡んでくるわけですよね。

>アメリカは、軍の人命の尊重を重視しすぎて金のかかる戦争をしすぎにみえます。

金をかけられるだけまだ豊かである、ということも言えますが、まあリベラルの戦争ですから。

>反乱には報復する。復興は関与しない。なんてことは無理か。

まあちょっと現在では無理かもしれませんねぇ(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by nanashi at 2009-11-03 06:54 x
米国と日本の違いというのは、領土・地理の拡張に伴って獲得した土地への再投資についての意識・感覚・思想・文化の違いなんですよね。
米国人が占領地に投資を行っても回収が目的ですから、大規模にやればやるほど収奪の規模が激しくなる。イラクは典型ですね。
日本の場合は逆ですね。投資そのものが目的になっている。日本人が来ると豊かになるというのは、アジアでは暗黙の了解事項だと思います。期限付きなら日本の統治下に入ってもいいという国は沢山あると思いますよ。できないのは、欧米や中国が望まないからだけだと思います。
Commented by ks at 2009-11-03 11:52 x
>領土・地理の拡張に伴って獲得した土地への再投資についての~
がランドパワーの意味に関わってくるのですか?

だとしたら、他集団に対して、略奪経済型、交易型であり、農耕でもない、遊牧騎馬民族の国家、モンゴル帝国はランドパワーではないとなると思うんですが。

ランドパワー、シーパワーというのは、運輸(特に外部との関係における)に注目してるんであって、経済タイプ、社会タイプに重心はない(言及するとしても派生的)と思ってました。
Commented by DD at 2009-11-04 02:19 x
戦争目的が明確ならば占領政策も自ずと決まりそうなものですが・・・。本当なら冗談のような話ですが、現実を見るとさもありなんとも思えます。イラク戦争の真の目的を改めて考えさせられます。
Commented by masa_the_man at 2009-11-05 05:19
nanashiさんへ

>米国と日本の違いというのは、領土・地理の拡張に伴って獲得した土地への再投資についての意識・感覚・思想・文化の違い

わからんでもないですが、なにかしっくりきません。

>日本の場合は逆ですね。投資そのものが目的になっている。

これはどうなんでしょうかねぇ。素直に賛成できない部分が。

>期限付きなら日本の統治下に入ってもいいという国は沢山あると思いますよ。できないのは、欧米や中国が望まないからだけだと思います。

「思います」というのは断定ではないんですよね。私は完全に「ない」と断言しておきます(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-05 05:21
ksさんへ

>ランドパワーの意味に関わってくるのですか?

かどうかはわかりませんが、私の考えではnanashiさんのこの考え方の前提そのものがランドパワーだなぁと思ってます。

>他集団に対して、略奪経済型、交易型であり、農耕でもない、遊牧騎馬民族の国家、モンゴル帝国はランドパワーではないとなる

たしかに「投資」はあまりしませんな。

>経済タイプ、社会タイプに重心はない(言及するとしても派生的)

これでいいのではないでしょうか。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-11-05 05:24
DDさんへ

>戦争目的が明確ならば占領政策も自ずと決まりそう

しかし今のアフガニスタンなんか見てると全然明確じゃないですよね(苦笑

>イラク戦争の真の目的を改めて考えさせられます。

完全に混乱してますね。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-11-02 08:31 | 日記 | Comments(12)