戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ブートのアフガニスタン増派論

今日のイギリス南部は朝から曇り空でしたが、午後からすっかり晴れました。

昨日の夜からサマータイム終了でして、今日から時計を一時間戻しての「冬時間」での生活が始まりました。こうなると日が短く感じられていよいよ冬の到来を感じるわけですが。

さて、日本のメディアではあまり報道されていないアフガニスタン関連のものを少し。

マックス・ブートと言えばネオコン派の中でも特に安全保障関連につよいコラムニストでありまして、著書には(あまり評判はよくないですが)RMAに関する本も出しているCFRの上級研究員であります。

この人が最近ペトレイアス将軍の招きでアフガニスタンに10日間ほど取材旅行に行ってきたらしいのですが、この時の体験を元にしてNYタイムズに「マクリスタル案万歳論」を書いておりました。

もしかしたらすでに日本のメディアでも紹介されているかも知れませんが、とりあえずまたポイントフォームで以下に書き出しておきます。

=====

There is no substitute for ground troops

By MAX BOOT
Published: October 21, 2009

●「この戦争が勝てないという人にこの話を聞いてもらいたいですね。対暴動(COIN)で勝つとはこういうことなんです」

●海兵隊のウィリアム・マコーロフ中佐はアフガニスタン南部で戦略的に重要なヘルマンド川盆地にある貧しい地域にあるナワという町を歩きながらこう語ってくれた。

●彼が指揮する海兵隊の部隊はこの町に1000人以上駐留しており、今年の六月に来たときはタリバンと戦闘を行い、二週間戦って2人の犠牲者と70人の負傷者を出しているが、結局はタリバンを追い出した。

●それ以降は400人のアフガン兵士と100人のアフガン警察を使ってナワの町の周辺に「安全バブル」を確立することに成功した。

●マコーロフ中佐がこの町に来たときは町の状態はヒドいものだったが、現在のナワは栄えており、70軒の店がオープンして、町はトラックや歩行者がひっきりなしに往来するようになり、ヘルマンド州では考えられないことだが、町を防弾チョッキ無しで歩けるくらいなのだ。

●この町で海兵隊は運河を清掃したり橋をかけたり学校を作ったりしている。

●いまではタリバンが道に地雷をしかけると、逆に地元の人が米軍に忠告してくれるほどだ。

●このナワのような町で成功している秘訣は、米軍の兵士の数を増やしたことにある。

●アフガニスタンに駐留する米軍兵士の数は、2008年で3万2千人から6万8千人に増えている。

●これによって僻地の駐屯地の防御が強化されることになり、たとえばナワには海兵隊の部隊が来る前にはたった40人の英軍の兵士がいただけだ。

●いままでのような少ない数の兵士では、イラクやマレー半島で成功した、地元住民を中心においたCOINを行うことは不可能だったのだ。

●たとえばいままでのNATO軍はこれを行うことができず、彼らが去るとすぐにタリバンがやってきて「芝刈り」をしてしまうという状態が続いていた。

●ところが現在は(場所は少ないが)clear, hold, and build 戦略という戦略が行える。

●アフガニスタンに駐留している兵士の総数(連合軍10万2千/アフガン人17万5千)はイラクのそれ(連合軍17万4千/イラク軍43万)に比べて遥かに少ない。

●マクリスタル将軍が4万人の増派を求めたのはまさにこの理由からであり、しかもこれは最低限必要な数、ということを忘れてはならない。

●米国政府や議会の人間の中には今の数でも十分やっていけると考えている人もいるかも知れないが、彼らはひとつ重大なことを忘れている。それは自分たちが仕掛けるか、それとも敵に仕掛けられるか、という戦争の掟だ。

●ここ数年はタリバンが盛り返している。もし大統領がマクリスタル将軍の要望を拒否してしまうと、タリバン側を勇気づけるメッセージを送ることになり、逆に米軍側に協力していたアフガニスタンを裏切ることになる。

●しかしそれを受け入れることになれば、こちら側に勢いをもたらすことになる。

●私は今回の現地取材の間にアフガニスタンの選挙で混乱している現場を見たが、みんなが忘れているのは、アフガニスタンの腐敗政治という問題も米軍が兵士を増派すれば解決できるという点だ。

●私が実際に見聞きしたことでわかったのは、彼らのそばでしっかりと見守っていればアフガニスタンの人々もうまくやれる、ということだ。

●カブールの南のバラキ・バラクという町に駐留しているトム・グケイセン中佐の部隊は、このアフガニスタンとアメリカの共同作戦の最前線のすぐそばにある町の周辺に緩衝地帯をつくった。

●その町の内部で彼らは「極端な立て直し」を行っており、国務省による支援金の助けを借りて地元政府の権威を強化している。

●「アフガニスタン人のそばにしっかりついてないと、彼らはすぐに地獄行きだ」とある米軍兵士が教えてくれた。ところが逆にアメリカ側がそばでしっかりついていればアフガニスタン人は劇的に状況を改善できる可能性を見せているのだ。ナワやバラキ・バラクがこの典型だ。

●アフガニスタンの統治が上手くいっていないという事実は、むしろ撤退論よりも増派論に使われるべき証拠なのだ。

●オバマ大統領がアフガニスタンの状況を改善してタリバンを押し返し、アルカイダが9/11事件をもう一度起こすことを防ぐことができるのは、(兵士と民間人の両方を)増派するということだけなのだ。

=====

典型的な増派論ですね。

そういえば数日前の火曜日のミーティングで話題になっておりましたが、戦略家として有名なエドワード・ルトワックは、先週のイギリスの文芸誌(TLS)にキルカレンの新刊について書評を書いておりまして、「アフガニスタンみたいな国益にに全く影響を与えない地域からは完全に手を引け」という完全撤退論を主張しておりました。

ちなみにルトワックはここでキルカレンの本の書評を書いていたはずなんですが、この書評の中ではこの本の題名と内容に一言も触れていなかったみたいです(笑
b0015356_6205930.jpg
(近所の風景)
Commented by nanashi at 2009-10-26 06:42 x
しかし、アフガンは日本ではないので、米国の駐留によるアフガンの繁栄は、駐留のコストを賄うことはできないのではないか?
Commented by 御神楽 at 2009-10-26 13:12 x
 どうなんでしょう。アフガンが栄えたところでアメリカに直接の利益はありませんしね…
 タリバーんもまた戦力を集中せざるをえなくなるとか、あるいは大国のプライド、テロが大国に勝らない事を証明せねばならないとか、目に見えない利益を根拠に戦うしか無いのかもしれませんよね。
Commented by FFF at 2009-10-26 20:14 x
増派はどこまで必要でどこまで可能なんでしょうか?「守る人」をもう増やせないまで増やしてしまったら「守られる人」を減らすつもりでしょうか?
増派に反対な訳ではありませんが、どこに着地したいのか分かりません。
「アフガンの平和」がゴールなのか?「アフガンは足がかり」に過ぎないのか?
私には 足がかりにしたかったけど失敗しちゃった って感じがしてしょうがありません。
まぁ平和は詭弁でしょうが…。
Commented by Rogue Monk at 2009-10-26 22:28 x
どうもアフガンに増派すべきかどうか以前に
「どういう戦略で、どういう戦術を適用するのか?」
という点を明確にすべきではないかと。

CNNでおなじみGPSのザカリア兄貴が
「タリバンを賄賂とかで細分化しちゃうのはどうよ?
(これはForeign Affairsでも他の人が書いていた)、

最近は
「アフガンは捨ててパキスタン集中」
てのも出てますし。

ちと吹っ飛んで
「インドネシア支援で良いじゃないですか(日本としては)?
 いや、これが効率最大ですよ?」
(日経新聞Webで作家の冷泉氏の主張)とか、
結構様々な方策が論じられてまして。

業務連絡:「免疫」の件はgmailのアドレスの方に
書いております。
Commented by Oink at 2009-10-26 23:32 x
COINに特化した場合、米軍の戦闘能力は他の大国に比べて相対的に落ちますが、気にならないのでしょうか?

マレー半島での暴動鎮圧の成功例とは何なんでしょうか?

リンドの「パックス・アメリカーナの終焉」
ttp://geopoli.exblog.jp/12061386/
>このようなやりとりを考えるとわかるように、アメリカの戦略を正直に話してしまうと多くのアメリカ国民は激怒するはずだ。
>しかしそうなるとまずいので、どうしても以下のような嘘の説明をするようになる。
本当の理由は、イランの核に対する備えかなと、ふと思ったりして。

山口: オバマはアフガン戦争は勝てないと解っている。 だから、日本が出口戦略として軍事でない貢献をしなければならない。 今、日本はタリバンとの窓口ができつつある。詳細は言えない。 でないと、味方になるタリバンが殺されてしまう。

ウェークアップ!ぷらす 山口議員「タリバンとの窓口、出来つつある」
ttp://www.youtube.com/watch?v=OCZYvcXpMK0
発言の大体の内容はこちらで読めます。
ttp://kyokutoustudy.seesaa.net/article/131135562.html

ザ・コールデスト・ウインター朝鮮戦争を読み始めています。
Commented by masa_the_man at 2009-10-27 06:25
nanashi さんへ

>アフガンは日本ではないので

できればここの説明をもっとくわしくお願いします。

>米国の駐留によるアフガンの繁栄は、駐留のコストを賄うことはできないのではないか?

アフガニスタンに産業がないから、ということでしょうか。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-27 06:26
御神楽さんへ

>アフガンが栄えたところでアメリカに直接の利益はありませんしね

それよりもまず「栄えそうにもない」というところが悲しいですが。

>目に見えない利益を根拠に戦うしか無い

そうなんですよね。これが一番つらい。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-27 06:28
FFFさんへ

>増派に反対な訳ではありませんが、どこに着地したいのか分かりません。

そもそもこれが今のアメリカ内部での戦略議論が分裂している一番肝心なところかも知れませんね。

>「アフガンの平和」がゴールなのか?「アフガンは足がかり」に過ぎないのか?

戦略目標が段々拡大してますからね。アフリカにおけるイギリスと一緒です。

>足がかりにしたかったけど失敗しちゃった

元々はタリバンとオサマの掃討でしたがねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-27 06:32
Rogue Monk さんへ

>「どういう戦略で、どういう戦術を適用するのか?」という点を明確にすべきではないかと。

完全にできてませんね(苦笑

>「タリバンを賄賂とかで細分化しちゃうのはどうよ?

この兄貴はけっこう「汚い手」なんかも平気でいいますよね(笑)民主制は経済発展には関係ない、とかいいますし。

>「アフガンは捨ててパキスタン集中」

ありますねぇ。まあ核兵器があるから気が気ではないのはわかります。

>インドネシア支援で良いじゃないですか(日本としては)?
 
回りくどいですよね(笑

>業務連絡:「免疫」の件

あ、そうでした!今から返信を書かせていただきます。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-27 06:37
Oink さんへ

>マレー半島での暴動鎮圧の成功例とは何なんでしょうか?

これは実は「イギリスの」成功例なんですね。

>本当の理由は、イランの核に対する備えかなと、ふと思ったりして。

あると思いますよ。インド洋のとりあい、ということも言えますが。

>日本が出口戦略として軍事でない貢献をしなければならない。

たしかにこれは一理ありますね。

>しゃべっちゃった時点でやばい

そういうことなんですな。この人はやはり危機感覚がないわけで(苦笑)

>ザ・コールデスト・ウインター朝鮮戦争を読み始めています。

大著ですよね。私も原著を出てすぐ買ったんですが、あまりの分厚さに圧倒されてまだ実家に積読状態です(苦笑)翻訳を読みたいですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by ひろ at 2009-10-27 10:32 x
マレー半島の件は、ゲリラ討伐の教科書ですね。あの頃の英国にはまだ、対ゲリラ戦を理解した人がいたんですね。大兵力でもって「人民の海」を日乾しにして、さらに「分割し統治せよ」の金言を実行する。さすがは英国です。
Commented by nanashi at 2009-10-27 11:06 x
米英の二大政党制って、植民地を統治するための見本ショーでしょ?
あいつら影の政府が絶対にあると思うね
二大政党制なんて、分割統治そのまま
Commented by sdi at 2009-10-27 22:26 x
COIN(対暴動)から見た場合のアメリカの弱点は、歩兵の人数が少ないからでしょう。ベトナム戦争においてアメリカ軍の取った戦術は
基地から出撃(空or陸路)→目標を制圧もしくは殲滅→基地へ帰還
大部隊であろうと、SOFによる挺身攻撃であろうと変わりません。
歩兵部隊を多数投入し戦線を構築し、目標を囲い込み面で制圧することをしなかった。できなかったのだろうと思いますが。
アフガンのソ連軍も変わりません。ソ連軍は面の制圧を機甲戦力と空軍力による対地攻撃で可能と考えていたのかもしれませんが、アフガンの地形と歩兵携行SAMの普及はそれを阻止しています。それに対して米軍はスカウトヘリと対地攻撃機の無人化でなんとかしょうと試みているように見受けられますが、目標を破壊または抹殺してもそのまま放置すれば新たな目標が出現するだけになるでしょうね。
Commented by masa_the_man at 2009-10-28 09:29
ひろさんへ

>マレー半島の件は、ゲリラ討伐の教科書ですね。

本ブログでも紹介したことのあるネーグルがこれについて本を書いて話題になりましたねぇ。彼はいまやシンクタンクの人間ですが。

>さすがは英国です。

これに行き着くまでにけっこう大変だったみたいです。経験から柔軟に学んだんですな。コメントありがとうござました
Commented by masa_the_man at 2009-10-28 09:30
nanashi さんへ

>あいつら影の政府が絶対にあると思うね

おおっ、でましたね、陰謀論が(笑

>二大政党制なんて、分割統治そのまま

しかしいざという時はけっこうまとまりますよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-28 09:33
sdiさんへ

>COIN(対暴動)から見た場合のアメリカの弱点は、歩兵の人数が少ないから

それもありますな。

>歩兵部隊を多数投入し戦線を構築し、目標を囲い込み面で制圧することをしなかった。できなかったのだろうと思いますが。

これに対する恐怖があるんでしょうねぇ。自分たちはシーパワーだという自覚がこういうところにあるんでしょうが。

>米軍はスカウトヘリと対地攻撃機の無人化でなんとかしょうと試みているように見受けられます

この議論は強いですね。アフガンではヘリが大活躍ですが、私としてはベトナムの時の映像と重なってしまってしまいます。

>目標を破壊または抹殺してもそのまま放置すれば新たな目標が出現するだけになるでしょうね。

そういう意味でまさに泥沼ですな。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-10-28 22:16 x
>いままでのような少ない数の兵士では、イラクやマレー半島で成功した、地元住民を中心においたCOINを行うことは不可能だったのだ。

地政学のシーパワー的には、イラクやマレー半島は
海からのアクセスが可能すが、アフガニスタンは、山梨県みたいな完全な内陸国なので条件が違うような。

パキスタンの情勢が悪化した場合、浅井長政の裏切りにより
孤立化した信長の金ヶ崎撤退のようになる危険がありそうな。

コールデスト・ウインターを読んでいると、あの当時の朝鮮半島と
現在の日本がかぶって見えるのは気のせいですかね?

特に軍事的な保護を与えていた、大日本帝国とアメリカに対する不満が
Commented by masa_the_man at 2009-10-29 04:51
Oink さんへ

>アフガニスタンは、山梨県みたいな完全な内陸国なので条件が違うような。

違いますねぇ。いまアフガニスタンで問題なのは道路ですから。

>信長の金ヶ崎撤退のようになる危険がありそうな。

うまいたとえですなぁ(笑

>あの当時の朝鮮半島と現在の日本がかぶって見えるのは気のせいですかね?

気のせいであることを願うばかりです(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by 真柄 at 2009-11-01 13:55 x
>>日本が出口戦略として軍事でない貢献をしなければならない。
>たしかにこれは一理ありますね。
民主党のいうタリバンへの有給職業訓練のことかと思いますが、「創造より破壊」に慣れた宗教徒に通用するのでしょうか。
お金だけ出して(要求されて)宗教教育に使用されるのがオチと思っていますがmasaさんはどう思われます。
Commented by masa_the_man at 2009-11-02 08:26
真柄さんへ

>タリバンへの有給職業訓練のことかと思いますが

うーん、アフガニスタンの人々が全員タリバンというわけじゃないと思いますが・・・。

>「創造より破壊」に慣れた宗教徒に通用するのでしょうか。

これも地域などの場所によるかも知れませんね。

>お金だけ出して(要求されて)宗教教育に使用されるのがオチと思っていますが

たしかにそれもあるかも知れませんが、結局のところは状況によるんでしょうな。日本も本気で支援するのだったら(私はあまり乗り気じゃないですが)しっかり事前調査しとけ、という感じです。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-26 06:21 | 日記 | Comments(20)