戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ランチミーティングで発表:その2

今日のイギリス南部は曇りがちでしたが、夕方になってから日が出てきまして、けっこうキレイな夕焼けが拝めました。感覚的にはもう冬です。

さて、昨日のランチミーティングの様子の話の続きを。

発表が終わってからコースメイトのイギリスとギリシャの空軍のオフィサーたちにさっそく質問を受けたわけですが、彼らの長たらしい(コメントを含む)質問の中身は、ようするに

「順次と累積はわかったが、これを実践段階ではどう使えばいいの?」

ということでした。

これに対して私はまずこの戦略の分け方はあくまでも分析ツールであるということを説明しつつ、ワイリーが本の中の例で示しているように、「洋上戦」vs「潜水艦戦」のように計画はできるんじゃないの?と提案しました。

この二人に共通しているのはどちらも「空軍のドクトリン」の研究をして論文を書いている最中なので、どうしても具体性や実現性というものに異様なこだわりがあるようなのです。

その他にも色々とコメントが出てきたのですが、面白いと思ったのは、このミーティングに参加していたヨーロッパ系(ギリシャ、トルコ、パキスタンなど)のコースメイトよりも、どちらかと言えばイギリスやアメリカ人(20人中5人ほど)のほうがこの順次/累積という分析に興味を示していたことでしょうか。

この中でも特に鋭い反応を示していたのは、本ブログでも以前に「ネオナチ思想はマイノリティーですか」発言をした元グリーンベレーの白人のコースメイトでして、彼は現在COINとCTについての論文を書いているためにこの辺のこと(見える戦略/見えない戦略という対比)が異様に気になっているとか。

そして最後に一番大きな批判をしてきたのが、中東戦争の戦略を研究しているエジプト人のコースメイト。

この彼は数年前にこのワイリーの『戦略論の原点』を原著で読んだらしいのですが、この時にこの「累積/順次」という分析の仕方に全く意味がないと感じたらしいのです。

中東系の人は、このような質問タイムになると話をなかなかまとめられなくて時間切れになってしまうことが多いのですが、この彼も案の定そのような感じでワイリーに対する批判を長々とつづけているうちにミーティングの時間が終了となってしまい、我々は部屋の外で私と延々と語ることになりました。

もちろん彼の不満は「累積と順次なんて分け方は意味ないよ!どっちも戦略としては一緒でしょ?!」ということなのですが、私や彼の議論に巻き込まれていたイギリス人の若い彼(先週の発表者)も交えて学校の廊下で大討論会が勃発。

しかしよくよくこのエジプト人の言っていることを聞いてみると、ポイントとしてはどうやら、

1、累積戦略にも順次戦略的な面があるし、その逆に順次戦略にも累積戦略的なものがある。これは矛盾だ!

2、累積と順次のバランスが重要になるのはわかるのだが、それに対する「最適なバランス」はどうやって知ることができるんだ?科学的じゃない!

という二つの点に集約されるような。

これに対する私や応援(?)にまわってくれたイギリス人やアメリカ人の答えは、

1、累積の中に順次、順次の中に累積があるという理解で問題ない。ただし現れ方が違うだけで、大きく見れば戦略である点では同じ。

2、「最適なバランス」なんかない。だから戦略は(サイエンス)じゃなくて「アート」なのだ。

というものでした。

あとから考えてみると、このエジプト人というのは戦略というものをあまりにも科学的に分析しようとしていたみたいで、科学的に検証して戦略の真髄を明かさなければならない!という思想にとりつかれていたみたいです。

戦略、しかも「最適な戦略」というものは、究極的には誰にもわからないわけで、科学的なアプローチを使って研究することにもちろん意味はあるのですが、それでも「絶対にわからない部分もある」ということをどこかで自覚する必要があるんですね。

この一連のやりとりを終えた後に考えていて面白いなぁと思ったのは、西洋的なやり方に最も批判的と思われている中東の人間が、実は西洋人よりも西洋的な見方で我々を批判してきており、それに対して英米人たちのほうが東洋的な概念を擁護していた、という状況でした。

なんとも不思議な光景でした(笑
b0015356_3215452.jpg

Commented by Rogue Monk at 2009-10-22 05:38 x
>累積
この手法を採用するためには、敵対する勢力と一定の接触を保ち続け
なければなりませんよね?極端な話、平時の対応じゃないかという気が。
Commented by ひろ at 2009-10-22 08:11 x
順次→ジャブの応酬⇒アッパー⇒華麗にKO 
累積→ボディ⇒崩れ落ちるようにKO 
戦略は、平時戦時ともに相手があることで、当然に相手との接触は両方ともあると思います。違うのはその方法だけ。 

中東の方が英米式思考にこだわるとのことですが、これって「蝸牛考」ですね。
Commented by t at 2009-10-22 08:54 x
「サイエンスではなくアートだ」というのはなるほど納得です。「そうである」のが科学なら、「そうならせる」がアートといったところでしょうか?

>平時の戦略
ワイリーの本で挙げられている潜水艦作戦や毛沢東の人民戦争はいずれも戦時の例ですよ。戦時/平時という軸ではなくて、非直列・結果が出るまで測定困難という性質のことを言うのではないかと。
Commented by moai at 2009-10-22 09:06 x
サイエンスではなくアートだ、というのはすごく良い言葉ですね。
お互いウラをかく事が出来る状況を扱うのがアートということでしょうか。
こちらのコメントでもたまに見受けられる経済学についての論争も、経済学をサイエンスとして捉えるか、アートとするかで根本的な齟齬があるのかと思えました。
Commented by とおる at 2009-10-22 11:19 x
コースメイトの質問は、かすりもせずに外れていましたが、面白く拝見しました。

> 「累積/順次」という分析の仕方に全く意味がないと感じたらしいのです。

おそらく、「意味がないと感じた」というのは、「意味を理解できない」ということですね。
2つの物に対して、「違う性質」と「同じ性質」を認識・分析するのが苦手なのでしょう。
Commented by とおる at 2009-10-22 11:19 x
> 中東系の人は、このような質問タイムになると話をなかなかまとめられなくて時間切れになってしまうことが多いのですが、

中東系というのは、勿論、ユダヤ人は含まないのでしょうね。
まとめれずに時間切れになってしまうのは、中東イスラム世界の政治・社会情勢を反映しているように思えます。以前、アラビア語を習っている頃、アラビラ語を教えている先生が「彼らと話しをしていると、コーランの一節がでてきて、話の先が読めてしまう」という話をしていました。問題点を指摘し、分析し、結論を導くような訓練をしている人や、自己の意見を主張する人が少ないのではないかと思ってしまいます。(アラビア文化の華やかし頃には、このようなことは無かったのでしょうが)
Commented by とおる at 2009-10-22 11:19 x
> 西洋的なやり方に最も批判的と思われている中東の人間が、実は西洋人よりも西洋的な見方で我々を批判してきており、それに対して英米人たちのほうが東洋的な概念を擁護していた

中東のイスラムの人は、全て神の思し召し(インシャラー)なので、神の関与が有るか無いか、神の意思に沿っているか否か(善か悪か)の二元論。(昔の西洋的)
西洋の人(ユダヤ人も)は、不確実性原理を知ってしまっているので、少し、いい加減。(少し東洋的)
というように思えます。
Commented by 大阪人K at 2009-10-22 12:51 x
>ヨーロッパ系(ギリシャ、トルコ、パキスタンなど)のコースメイトよりも、
>私や応援(?)にまわってくれたイギリス人やアメリカ人の答え・・・
これが
ランドパワー(ヨーロッパ系+エジプト) VS シーパワー(日、米、英)の構図見えてしまいました。

そこで気になるのが、熱烈中国共産党員の感想ですね。
彼は、この順次と累積について、どのような感想を持っているのか、少し気になるところであります。
Commented by 御神楽 at 2009-10-22 17:52 x
 元々、西洋科学もイスラムの科学が源流というか、その根源ですからね…
 あるいはその方は留学生でしょうから(エジプトの方のようですし)、気負いすぎて西洋人以上に西洋的になってしまったのでは。
 日本の社会にも、追いつけ追い越せで西洋以上に西洋的になってしまった面もありますしね。
Commented by sdi at 2009-10-22 23:26 x
>それに対する「最適なバランス」はどうやって知ることができるんだ?科学的じゃない!
エジプト人研究生の発言はここが核なのではないですかね。
私はこの発言は「自分はそんな『最適なバランス』を見つけることができない。見つけ方がわからない。だから科学的じゃない」ととれました。
いい方悪いですが、ゲームの解法ヒント集を買ったあげく「こんなわかりにくい書き方じゃ俺はゲームが解けない。こんなもの意味がない。」というようなものではないか?と感じました。
この方は研究している「中東戦争の戦略」ってどういう方向から研究しているんでしょうか。第一次~四次中東戦争すべてで反イスラエル諸国が敗北した結果、パレスチナ難民はなし崩し的に累積戦略による抵抗に切り替えたという分析もできると思うのですが。
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:38
Rogue Monkさんへ

>極端な話、平時の対応じゃないかという気が。

いや、平時の対応だけでもないですね。戦時にも使われております。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:41
ひろさんへ

>累積→ボディ⇒崩れ落ちるようにKO 

そうなんですよね。私もこのボクシングの例を出そうかと思ったのですが、W先生殺人事件のほうがわかりやすいと思ったのでこちらにしました(笑

>違うのはその方法だけ。 

そうですね。またその「現れ方」ということも言えます。

>これって「蝸牛考」ですね。

ああ、なるほど。古い方式が周縁に残っていた、ということですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:43
tさんへ

>「そうである」のが科学なら、「そうならせる」がアートといったところでしょうか?

ああ、これも面白いですねぇ。「完全に正しいやり方はない」と認識しながら行うのがアート、ということも言えるかも。

>ワイリーの本で挙げられている潜水艦作戦や毛沢東の人民戦争はいずれも戦時の例

そういうことです。

>非直列・結果が出るまで測定困難という性質のことを言うのではないかと。

その通りです。鋭いご理解だと思います。コメントありがとうござました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:45
moaiさんへ

>お互いウラをかく事が出来る状況を扱うのがアート

そうかも知れません。「敵」という存在がありますからねぇ。

>経済学をサイエンスとして捉えるか、アートとするかで根本的な齟齬があるのかと思えました。

あー、それは鋭い指摘だと思います。「前提」が違うんですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:48
とおるさんへ

>「意味を理解できない」ということですね。

かも知れません(苦笑

>勿論、ユダヤ人は含まない

含みません(笑

>コーランの一節がでてきて、話の先が読めてしまう

あるかも知れませんなぁ。アルジャジーラの討論番組なんかをチラ見することがあるんですが、一方が言いっぱなしということが多いです。

>西洋の人(ユダヤ人も)は、不確実性原理を知ってしまっているので、少し、いい加減。(少し東洋的)

ああ、この指摘は面白いですなぁ。これからの彼らとの議論で色々と見えてきそうな予感が。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:50
大阪人Kさんへ

>ランドパワー(ヨーロッパ系+エジプト) VS シーパワー(日、米、英)の構図

ああ、そういえば(笑

>熱烈中国共産党員の感想ですね。

彼はもう卒業して帰国してしまいましたからねぇ。

>この順次と累積について、どのような感想を持っているのか、少し気になるところであります。

おそらくものすごく良く理解しているのではないかと。彼らはどちらかというと累積派ですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:52
御神楽 さんへ

>気負いすぎて西洋人以上に西洋的になってしまったのでは。

それと彼は眼科医をこっちでやっているので、やはり理系的な思考が身に付いているのかなと。これはこれで良いと思いますが。

>日本の社会にも、追いつけ追い越せで西洋以上に西洋的になってしまった面もありますしね。

そうなんですよね。私も時々イギリスに比べて日本のほうがやけに合理主義的な部分が強いと感じる部分があります。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 02:54
sdi さんへ

>エジプト人研究生の発言はここが核なのではないですかね。

かもしれません。

>見つけ方がわからない。だから科学的じゃない」ととれました。

ですなぁ。

>こんなわかりにくい書き方じゃ俺はゲームが解けない。こんなもの意味がない

だははは、たしかにこれに近いかと(笑

>この方は研究している「中東戦争の戦略」ってどういう方向から研究しているんでしょうか。

完全に軍事戦略という点だけみたいですね。これはこれで面白いと思うのですが、ご指摘の通りの累積的なところにはあまり注目していないみたいです。コメントありがとうございました
Commented by shahil at 2009-10-25 13:36 x
経営学でいうところのナレッジ・マネジメント論における議論を踏まえ、
暗黙知=「経験や勘に基づく知識で、言葉などで表現が難しいもの」
形式知=「言葉や図で表現できるように形式化した知識」
という対比で言うならば、
順次戦略=手順は形式知として定式化できるが、運用は暗黙知も必要。
累積戦略=概念そのものを理解するのに暗黙知が必要。
ということなのかもしれません。
そういう意味では、アリストテレスの解説書かなんかで読んだと思うのですが、
「政治には、Inteligence(≒形式知)だけではなく、Prudence(≒暗黙知?)も必要」という趣旨の発言があるそうなので、政治学的には古典的な考え方ではないのでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2009-10-26 05:42
shahilさんへ

>暗黙知=「経験や勘に基づく知識で、言葉などで表現が難しいもの」

なるほど。

>形式知=「言葉や図で表現できるように形式化した知識」

これですね。この対比です。

>順次戦略=手順は形式知として定式化できるが、運用は暗黙知も必要。

あー、うまいです。

>累積戦略=概念そのものを理解するのに暗黙知が必要。

師匠から弟子への口伝みたいなものですな。

>Prudence(≒暗黙知?)も必要」という趣旨の発言が

「勇気」ですな。

>政治学的には古典的な考え方ではないのでしょうか?

かも知れません。まあ頭の良い人々は気付いているんですよね、こういう微妙なところに。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-22 03:22 | 日記 | Comments(20)