戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ランチミーティングで発表

今日のイギリス南部は曇りがちであり、午後にはけっこう激しく雨が降りました。しかし気温はそれほど低くなく、意外と過ごしやすい一日でした。

さて、今日のランチミーティングの様子を。

すでにご存知の通り、今週は私の発表の番でして、ワイリーの戦略理論を紹介することになりました。

具体的には『戦略論の原点』の第三章の「順次戦略」と「累積戦略」の違いについて説明したわけですが、これを元にして東西の戦略文化の違いのようなものを簡単に論じてみました。

もともと持ち時間は10分程度なので、あまり深く説明はできないことは承知だったのですが、こういう場合には理論そのものを説明するよりも、やはり具体的な例を使うほうが効果的。

ということで私はワイリーが使っている太平洋戦争におけるアメリカ側の洋上艦隊の進攻(順次戦略)と潜水艦戦(累積戦略)の例の他に、もう一つの例として、その場にいた若いアメリカ人の先生(W先生)を殺す場合に二つのやり方(?)がある、という感じで説明してみました。

一つ目のやり方は「順次戦略」であり、どういうものかというと、まず学校のオフィスに連絡して、このW先生の住所をつきとめます。

その次に先生の家まで行き、ドアをノックし、出てきたところを銃やナイフなどで殺す、という単純なもの。

この方法の特徴としては、そのプロセスがわかりやすく、順番を追って目に見えるものであり、しかも短期決戦型です。

ところがその反対のやり方があります。これが累積戦略です。

累積戦略の場合はもっとスマートで、具体的どうやるのかというと、まずこのW先生と仲良くなります。

で、仲良くなって毎日学校帰りに一緒に近所のパブに飲みに行くようにします。しかもこの時にはかならず彼にビールをおごるわけです。

しかもこのビールをとりに行っているスキにビールに少量の毒をまぜたりするとなお効果的(笑

そして毎日仲良く飲みにいき、しかも大量に飲ませるようにすると、ある日彼が原因不明の病気になったり、もしくは肝臓を壊して入院し、最終的には死んでしまいます。

これが累積戦略ですね。

ここで問題なのは、このやり方だとW先生がどの時点で病気になって死ぬのかがあまり予測つかない、ということ。つまりプロセスの進行状況が「見えにくい」わけです。

しかも毒や酒による体へのダメージは、一つ一つの少ない効果によってジワジワと効果を発揮するもので、しかもどのタイミングで決定的な効果が出るのかわからないために、どちらかというと長期戦になる場合が多い、ということですな。

ところがこの戦略を行う点で有利なのは、W先生やその周囲にそれほど感情的に大きなダメージを与えない、ということ。

その逆に順次戦略を使っていきなり殺したら、誰がみても「あいつが殺した!」となるわけですが、累積戦略を使った場合はむしろ自分が殺そうとしていることを知られないわけですから、W先生やその家族に「一緒に飲みに行ってくれてありがとう」と感謝されたりする場合もあるわけです(笑

私はこのような例を使って、(ビクター・デービス・ハンソンの説明に見られるような)西洋の戦略には順次戦略系のものが多く、逆に東洋の戦略は累積戦略系のものが多い、と説明しました。

このようなことをだいたい10分ほどで簡単にすませたのですが、ここで意外な人物から反論がありました。

コースメイトのイギリスとギリシャの空軍のオフィサーたちです。

つづく
b0015356_591446.jpg

Commented by とおる at 2009-10-21 10:10 x
> ここで意外な人物から反論がありました。
> コースメイトのイギリスとギリシャの空軍のオフィサーたちです。
体調が少しづつ崩れてくるW先生が、その原因を察知して、逆に、W先生に順次戦略・累積戦略のいずれかの方法で逆襲されるのでは?
と、いうコースメイトの反論ですか?
Commented by ポップン at 2009-10-21 13:27 x
>累積戦略系
例えがすごい分かりやすいですね。
確かに、日本でも某国が原爆ドカーンと落としたのに対して
某隣国は、マスコミ・教育現場を侵食して
ジワジワ毒盛って国力を弱らせてるイメージがあります。(笑)

(まあ、原爆落としたほうも、50年かけてジワジワと文化を侵攻させて
首相にエルビスプレスリー歌わせるまでいきましたけど・・・)
Commented by ひろ at 2009-10-21 13:57 x
実にわかりやすい例えですね(笑)順次戦略なら誰にでも因果関係がはっきりするけど、累積戦略なら完全犯罪が可能に…おっと。でも「誰にでもわかる」かどうか、って視点は結構核心なのかもしれませんね。
Commented by 大阪人K at 2009-10-21 22:22 x
アメリカ、中国、韓国が日本に対して行っているのは、順次戦略だと思います。実際、よく目立っていますし、どこまで浸透しているかは、はっきりと分かりますから。

本当の累積戦略は、本当に誰にも分からない。
しかも仕掛けている本人ですら、仕掛けていること自体に気付いていない。(笑)
これが理想的な累積戦略かと思ったりします。(果たして、それは戦略と言えるものかというと、甚だしく疑問ですが・・・)

そう考えると、中国や韓国に資本財を輸出して、それを用いて加工してアメリカに輸出する日本の鵜飼い経済は結果的に累積戦略かもしれません。
(おかげでアメリカの貿易黒字における対日批判が中国に向かっていますから・・・)
Commented by 大阪人K at 2009-10-21 22:29 x
修正です。
>アメリカの貿易黒字における対日批判が・・・
「アメリカの貿易赤字」の間違いでした。
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:08
とおるさんへ

>逆襲されるのでは?と、いうコースメイトの反論ですか?

いや、違いました(笑)この続きは今日書き込みますのでお待ち下さい。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:09
ポップンさんへ

>某隣国は、マスコミ・教育現場を侵食してジワジワ毒盛って国力を弱らせてるイメージが

わははは(笑

>首相にエルビスプレスリー歌わせるまでいきました

そうなんですよね。これはソフトパワーの勝利でしょうなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:11
ひろ さんへ

>累積戦略なら完全犯罪が可能に…

そうなんですよね。累積はどちらかと言えば裏口的な雰囲気がありまして(苦笑

>でも「誰にでもわかる」かどうか、って視点は結構核心なのかもしれませんね。

そうなんです。実は今回のコメントでこれをコースメイトたちにも指摘されました。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:16
大阪人Kさんへ

>実際、よく目立っていますし、どこまで浸透しているかは、はっきりと分かります

そうなんですよね。陰謀論も「陰謀だ!」と言われてしまった時点で陰謀崩壊なわけで(笑

>本当の累積戦略は、本当に誰にも分からない。

ああ、鋭い指摘ですなぁ(笑

>果たして、それは戦略と言えるものかというと、甚だしく疑問

でも「戦わずして勝つ」の一番上等なものはこれかも知れませんよね。

>日本の鵜飼い経済は結果的に累積戦略かもしれません。

たしかにみえませんな。iPodの大事なところはすべて日本製という話を聞いたことがありますが、これも「見えない」ですからね。花よりも実をとる、と。

>おかげでアメリカの貿易赤字における対日批判が中国に向かっています

バックパッシングできてますよね(笑 コメントありがとうございました
Commented by elmoiy at 2009-10-22 21:42 x
>しかも仕掛けている本人ですら、仕掛けていること自体に気付いていない。(笑)

これは重要なポイントですね。イギリスがインドを植民地化した過程を見てみると、最初はイギリス東インド会社が貿易のためにアジアにやってきて、
ベンガルの太守と同盟を結んで州の徴税権を恩賞として手に入れました。
会社の基本的な姿勢は自らの商業的な権益を守ることであり、決してインド全体を征服し、直接統治することを目指していたわけではないのですが、時代が変わるといくつもの藩王国をイギリス東インド会社の庇護下に入れ、19世紀にはインド亜大陸で最強の政治・軍事勢力になりおおせてしまいました。
Commented by elmoiy at 2009-10-22 21:52 x
>累積戦略の場合はもっとスマートで、具体的どうやるのかというと、まずこのW先生と仲良くなります。

累積戦略だと、W先生が最初からこちらを警戒して近づけないようにした場合、戦略自体が成り立たなくなりますね。そうすると、順次戦略と同じやり方を採らざるを得なくなります。
近代以前の中国・朝鮮・日本は鎖国・海禁政策をしいていたので、欧米諸国は南アジアや東南アジアと同じやり方を通すことができませんでした。
そして、最終的にはイギリスは中国でアヘン戦争を起こすことで目的を達したわけです。
Commented by masa_the_man at 2009-10-23 03:03
elmoiyさんへ

>イギリスがインドを植民地化した過程

ああ、そうなんですよね。

>時代が変わるといくつもの藩王国をイギリス東インド会社の庇護下に入れ、19世紀にはインド亜大陸で最強の政治・軍事勢力に

あまり意識していなかったという点がますます矛盾を生むわけで。

>累積戦略だと、W先生が最初からこちらを警戒して近づけないようにした場合、戦略自体が成り立たなくなりますね。

たしかにそれもありますが、殺す意志をまず見せないということも重要なわけで。

>欧米諸国は南アジアや東南アジアと同じやり方を通すことができませんでした。

そこで「開国」をせまると。

>そして、最終的にはイギリスは中国でアヘン戦争を起こすことで目的を達したわけです。

アメリカも「太平洋戦争」で最終的な「開国」を実現しましたねぇ。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-21 05:09 | 日記 | Comments(12)