戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

テクノロジー:スピード vs. コスト

今日のイギリス南部はよく晴れた秋晴れの一日だったんですが、夕方になるとかなり寒くなりまして、「秋だなぁ」なんて悠長なこと言ってられないくらい冷え込みます。

さて、地政学の理論で最近気になっていることを一つ。

地政学の祖であるマッキンダーは、テクノロジーの変化が世界の歴史(戦略史)に大きな影響を与えたということを、地政学に関する主な三つの著作(一九〇四年、一九一九年、一九四三年)の中で展開しており、これを理論の柱として論じたわけです。

そして最近の私が気になっているのは、このテクノロジーの部分であるのは本ブログをご覧のみなさんもすでにご存知の通りですが、特に気になっているのは、このマッキンダーのテクノロジーの概念のところで、

①武器
②運搬手段

という二つの側面がある、という点です(この二つの側面については『進化する地政学』のスローンの論文を参照)。

このテクノロジーの二つの要素なんですが、これは両方ともいわゆる「〜パワー」を支えるものでして、たとえばランドパワーの「前コロンブス時代」では、「馬」という武器(騎馬兵)と物資の運搬手段ということになります。

そしてシーパワーの「コロンブス時代」では、「船」という武器(戦艦/戦列艦)と物資の運送手段(輸送船/貿易船)ということになるわけですが、これが二十世紀になって飛行機やミサイル(エアパワー)の時代になったかといえば、必ずしもそういうわけではなく、国家として繁栄しているのはなぜからシーパワー系の国々。

これはつまり「ランドパワー/エアパワーは否定されたじゃないか」ということにもなりそうなんですが、ここで重要なのはこの「パワー」というテクノロジーによって構成されているものを、二つの側面から見ることが大切なのではないか、ということです。

つまり今まで我々は「〜パワー」というものを、「武器」という、いわば「スピード」が全てのような側面だけで見てきたのではないか、ということ。

ところが「〜パワー」にはもう一つの側面があります。それは「運搬手段」という面であり、ここでは「スピード」よりも「コスト」という要素がクローズアップされてくるわけです。

たとえば91年の湾岸戦争は、確かに前例のない「エアパワーによる勝利」と宣伝されましたし、空中輸送機などを使って「武器」が素早く戦場まで運ばれたのは間違いないのですが、問題はこの時に輸送された物資の全体の実に9割以上が海上輸送によって運ばれたという事実です(詳しくは『山・動く―湾岸戦争に学ぶ経営戦略: WG パゴニス』)

しかも現在の米軍のアフガニスタンへの軍の展開を見てもお分かりのとおり、アフガニスタン内の道路状況の悪さが兵站の非効率さにつながっており、そのおかげで苦戦を強いられているという点も否定できません。

そうなると、今度は「スピード」よりも「コスト」という要素が大事になってくるわけです。

時間がないので続きはまたあとで。
b0015356_8341226.jpg
(窓から夕日をのぞく)
Commented at 2009-10-19 12:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ポップン at 2009-10-19 14:00 x
このエントリー読んで、何となく「全ての道はローマに通ず」を思い出しました。ローマに敷設された街道は正に「パワー」だったのかな。
Commented by nanashi at 2009-10-19 14:37 x
正しい重要な指摘ですね
資本移動なども安全で安いコストの金融インフラを持つところが強い。
金融インフラも運搬手段の一種です
Commented by sdi at 2009-10-19 21:45 x
>確かに前例のない「エアパワーによる勝利」と宣伝されました
私が知る限りでは湾岸戦争における「エアパワーによる勝利」というのは「多国籍軍側の圧倒的な航空優勢」のことを指していました。確かににクウェート陥落後一週間でサウジに空挺部隊の展開するなど航空輸送も威力を発揮しましたが、結局地上軍の主力は装備を船舶輸送したため展開するのに3ヶ月かかっています。大量輸送手段として考えるなら、スピードとコストのバランスという点では船舶輸送と鉄道輸送が二大巨頭です。内陸のアフガンに対して湾岸戦争時の船舶輸送に近い輸送効率を得たいと思ったら鉄道の敷設くらいしかありませんが、敷設工事の済んだとたんテロで破壊されるのがオチですね。トラックシンジケートの連中が黙ってるはずはありません。アフガンへの物流を独占することがまさしく彼らの「パワー」なのですから。
Commented by 待兼右大臣 at 2009-10-19 22:32 x
単純化すれば「有体物」の輸送力は
1 単位量あたりのコスト
2 絶対的輸送量
3 輸送速度
の関数になっていると思われます。
あるいは、航空機を利用しなければならないほどの輸送速度を必要とする「物」はそんなに多くないということでしょう。

個人的には、その社会の総合的運営能力と技術力を見るには「鉄道」事情を見れば分かるのではないかと思っています。
Commented by 御神楽 at 2009-10-19 23:34 x
 単純な疑問点なのですが、受け入れ側の処理能力もあるのではないでしょうか。
 各種輸送において、現場での受け入れは民間施設と共用されてきました。鉄道輸送でも船舶輸送でも、鉄道レールや港湾といった、普段民間でも使用される施設が利用されています。
 対する空港等には(陸運海運に関する施設並みには)大量の物資を処理する能力がありません。

 しかし、これら民間施設が拡大されるには、コスト(効率の良い輸送能力)が欠かせません。作戦中はある程度のコストは無視してでも勝利が優先されますが、民間輸送の場合はコスト最優先です。シーパワーにせよランドパワーにせよ、馬、船、鉄道といった各種輸送は、それ自体が莫大な利益を生む存在でした。
 これらを支配する事は、軍事的なスピードを獲得すると同時に、大変な利益を生む=これらを維持するコストを賄える、事に繋がりましたが……現代の航空機がここまでの利益を生む輸送手段とは正直思えず……

 何と言うか、今までスピードが重視されてきて、急にコストが問題視されたのは、それ(空路)自体が、海路や陸路程に利益を生まないからではないでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 09:43
waterlooさんへ

>コストに含めて考えられるのでしょうか

大きい意味では「コスト」でもよろしいのじゃないでしょうか。

>1.15~1.25倍と極めて低い。これは安全のための設備や余裕が、そのまま機体重量に直結し、経済性の悪化につながるため

でしょうなぁ。ちょっと違う地理環境ですからね。

>技術的な制約もあると

これがコストにつながりますよね。ここを有人旅行するのにはいまだに膨大なコストがかかることを考えればよくわかりますよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 09:44
ポップン さんへ

>「全ての道はローマに通ず」を思い出しました。

これはランドパワーによる「道路」というパワーですね。

>ローマに敷設された街道は正に「パワー」だったのかな。

その通りです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 09:45
nanashi さんへ

>金融インフラも運搬手段の一種です

そうなんですが、これに「物資の移動」という側面もないといけませんから難しいところです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 09:52
sdi さんへ

>「多国籍軍側の圧倒的な航空優勢」のこと

ああ、これを聞いて思い出しました。拙訳『進化する地政学』のランベス氏の章でこれが触れられてました。

>大量輸送手段として考えるなら、スピードとコストのバランスという点では船舶輸送と鉄道輸送が二大巨頭です。

ですよね。そしてコスト面だけで考えるなら圧倒的に船舶が。

>内陸のアフガンに対して湾岸戦争時の船舶輸送に近い輸送効率を得たいと思ったら鉄道の敷設くらいしかありませんが

皮肉なことに、これを爆破することをアラブ側に教えていたのがあの「アラビアのローレンス」ですよね(苦笑

>アフガンへの物流を独占することがまさしく彼らの「パワー」なのですから。

そういえばアフガン行きの物資はかなりがロシア経由ですよね。こういうところからオマバ政権の動きを見ると色々とわかります(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 09:55
待兼さんへ

>の関数になっていると思われます。

こういうのが計算できるとropさんの言われる「防衛経済学」にもつながりますよね。

>航空機を利用しなければならないほどの輸送速度を必要とする「物」はそんなに多くない

そうなんですよね。限界があります。

>個人的には、その社会の総合的運営能力と技術力を見るには「鉄道」事情を見れば分かるのではないかと思っています。

となると日本はけっこう高いわけで・・・たしかに効率はいいですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 09:58
御神楽さんへ

>受け入れ側の処理能力もあるのでは

なるほど、たしかにそうですな。

>空港等には(陸運海運に関する施設並みには)大量の物資を処理する能力がありません。

たしかに。

>これら民間施設が拡大されるには、コスト(効率の良い輸送能力)が欠かせません

民間はコスト命ですからねぇ。

>現代の航空機がここまでの利益を生む輸送手段とは正直思えず……

航空機を使ってものを運ぶ場合はある程度コストがかかってもいい、というものばかりですからねぇ。

>急にコストが問題視されたのは、それ(空路)自体が、海路や陸路程に利益を生まないからではないでしょうか?

そういうことだと思います。しかもこの世界不況。ますますコスト面がクローズアップされてくるわけで・・・コメントありがとうございました
Commented by rop at 2009-10-20 21:48 x
economics-foundation for geopoliticsがまさか、こんなにも早く話題になるとは・・・驚きです。

>こういうのが計算できるとropさんの言われる「防衛経済学」にもつながりますよね。

防衛経済学は経済学主流から邪険にされているらしいんですが、やはりゲーム理論の大家Thomas Schellingが旗揚げに関わっていることもあり異端というわけではないようです。
Commented by rop at 2009-10-20 21:48 x
ここでネックになるのが兵頭二十八氏の著作『自衛隊無人化計画』です。氏は「軍事支出を増やして乗数効果を高めよ」と主張しているのですが、防衛経済学の諸研究では軍事支出の経済刺激効果には否定的なのです。軍事技術→民生技術をspin-off/民生技術→軍事技術をspin-onと呼ぶのですが、spin-offに政府支出を傾斜させると「spin-off>spin-on」となり逆効果となりやすいということを・・・イケイケの軍拡派な防衛経済学者でさえ主張しているのです。

実際に、米国はアポロ計画に熱中していたら日独との総合的技術力逆転を招き今に至るまで悪影響が響いていますから、兵頭氏の主張は僕も「?」です。

兵頭氏は Olivier Blanchard ~ Keith Hartley の著作を渉猟し、改めて鉄壁の軍事経済学書を世に出してほしいと願います。
Commented by Oink at 2009-10-20 23:16 x
コストにも政治的なコストとかありそう。
ビンラディンが反米に目覚めたのは、サウジに駐留していた
米軍の女性兵士が、イスラムに配慮していない格好でうろうろ
していたのにショックを受けたからだと聞いたことがありますし。

環境と経済へのコストってのも問題になりそうですね。
特に、これから10年後くらいまでの日本と中国にとっては。
歴代の中華が他より隔絶したパワーを獲得した技術は、なにかあります?紙、火薬、羅針盤、活版印刷は、他人に上手く使われちゃいましたよね。


アメリカとソ連の月探査計画が終了したのは
彼らを凌駕する科学大国が、月を占領していたからとかorz

それにしても、某世界政治を麻雀で語るマンガの
副将がH総統って大将は誰なんだろ?
まさか、ハウス・ホーファー?フリードリヒ大王?ビスマルク?
Commented by masa_the_man at 2009-10-21 05:25
ropさんへ

>economics-foundation for geopoliticsがまさか、こんなにも早く話題になるとは

考えてみたらここら辺は盲点でした。

>Thomas Schellingが旗揚げに関わっていることもあり異端というわけではないようです。

彼は四年前にノーベル賞をとってしまいましたからねぇ。

>防衛経済学の諸研究では軍事支出の経済刺激効果には否定的

なるほど。

>spin-offに政府支出を傾斜させると「spin-off>spin-on」となり逆効果となりやすい

フリーマーケット派が喜びそうな(笑

>アポロ計画に熱中していたら日独との総合的技術力逆転を招き今に至るまで悪影響

まあアポロ計画だけの問題じゃなくて、もっと大きな社会的な要素もあると思うんですが・・・どうなんでしょう。

>あらためて鉄壁の軍事経済学書を世に出してほしいと願います。

期待しませう。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-21 05:28
Oink さんへ

>コストにも政治的なコストとかありそう。

しかしこれを見分けるのは大変ですよねぇ。

>歴代の中華が他より隔絶したパワーを獲得した技術は、なにかあります?紙、火薬、羅針盤、活版印刷は、他人に上手く使われちゃいましたよね。

そういう意味ではRMA的には大したことなかったのかも知れません。

>某世界政治を麻雀で語るマンガ

きましたね(笑

>副将がH総統って大将は誰なんだろ?

ヒトラーでしょうねぇ。Hとはヘスのことですか?コメントありがとうございました
Commented by rop at 2009-10-21 12:08 x
>フリーマーケット派が喜びそうな(笑

フリーマーケット否定なんですか?
Commented by Oink at 2009-10-21 22:07 x
>ヒトラーでしょうねぇ。Hとはヘスのことですか?コメントありがとうございました
副将のフスとゲーリングが即退場して、ヒトラーが来ちゃったんです。

それにしても、驚いたのは中国の濃いオタクは、
このマンガもチェックしているし、パンツが空を飛んだアニメも
ほぼリアルタイムでチェックしていたこと。
更に、驚いたのは、世界大戦?のエロゲーまでチェックしてるorz

地政学っぽい話もしないと汗。

生きたカブトムシをリモコン操作することに成功 「工作員として利用可能に」…カリフォルニア大学
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1313851.html

>問題はこの時に輸送された物資の全体の実に9割以上が海上輸送によって運ばれたという事実です

スパイクマンも「平和の地政学」で同じことに言及していますよね。
108ページあたりから。

安全保障の戦略。エアパワーというのは実は飛行機だけのことを
示すのではなく、実は「飛行機+航空基地」のことなのだ。

連合国空軍に対するドイツ最強の兵器は、動きの遅い潜水艦。
Commented by 待兼右大臣 at 2009-10-21 23:48 x
>副将がH総統って大将は誰なんだろ?
>まさか、ハウス・ホーファー?フリードリヒ大王?ビスマルク?

オットー”欧州一危険な男”スコルツェニーとルーデルという「美味しいキャラ」のコンビを中堅、ヒトラーを副将戦とという「贅沢な」キャラの使い方をしているだけに、大将戦で美味しいキャラということになれば

マンシュタイン・ロンメルあたりなら手堅いですが、副将戦が
ヒトラーVSラッツィンガー(ベテディクト16世)
という因縁物で来ただけに、小泉元首相との因縁で言えば

黄禍論の「ヴィルヘルム2世」と大胆に予測してみましょう。
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:20
ropさんへ

>フリーマーケット否定なんですか?

うおお、これはいきなり単刀直入の難しい質問ですねぇ。これってあるお坊さんと空海の話をしていて、私が「空海は釈迦に学べと一言も言ってませんよね、大日如来に学べと言ってますねぇ」といったら、そのお坊さんに「あなたは空海が仏教徒であることを否定するのですか?」と聞かれたような心境です(汗)とりあえず答えは「パス」ということで勘弁してください(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:27
Oinkさんへ

>驚いたのは中国の濃いオタクは、このマンガもチェックしているし、パンツが空を飛んだアニメもほぼリアルタイムでチェックしていた

いるんですねぇ〜、マニアはどこにでも。

>生きたカブトムシをリモコン操作することに成功

そういえばロックバンドのKISSのシモンズが出ていた映画に「未来警察」とかいうものがありましたよね。あれには確か虫型ロボットが出てきたような。

>エアパワーというのは実は飛行機だけのことを示すのではなく、実は「飛行機+航空基地」のことなのだ。

ああ、その通りでした。この時代はまだ航続距離が短かったですが、その基本構造は今でも変わりませんよね。

>連合国空軍に対するドイツ最強の兵器は、動きの遅い潜水艦。

これこそ「累積」なわけで。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-22 02:29
待兼さんへ

>ヒトラーを副将戦とという「贅沢な」キャラの使い方をしているだけに、大将戦で美味しいキャラということになれば

知ってますね〜(笑

>「ヴィルヘルム2世」と大胆に予測してみましょう。

そうきましたか(笑)コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-19 08:33 | 日記 | Comments(23)