戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

インターネットの物理的地理

今日のイギリス南部は朝からどんよりとした曇りで、日中もかなり気温が低めでした。本格的な秋を感じます。

さて、またしても火曜日のランチミーティングの話の内容を。

先生からの連絡事項や、戦略学の学界内で起こっている議論の報告などが終わると、いよいよ今回はじめて行われる研究生による発表だったのですが、テーマはすでにここで書いたように「インターネットと地理の関係」というもの。

この若いイギリス人の彼は(若い頃のエドワード・ノートンに似てますが)、A4の紙一枚に話す内容を書いてきただけで、あとは彼が得意とする「よどみない語り口」で発表するという作戦に出ました(笑

まず彼は「この発表の目的」を発表しまして、これは「地理の重要性を擁護し、インターネットが地理を無意味にしたという主張を攻撃すること」というもの。

この発表が始まる前に私はこの彼に、『進化する地政学』の中の最終章である「インフォメーション・パワー」を読んだことがあるか聞いてみたのですが、彼はこの著者であるロンズデール氏の名前を聞いたことがないとのこと。

この時点でちょっとリサーチ不足のような気が(苦笑

まず手順としては地理の重要性がネットの発達によって無くなったとするサイバー熱狂派(?)側の主張を三つ紹介。これは、

①グローバル化で「距離が死んだ」
②サイバー領域は今までの地理を「回避」できるようになった
③サイバースペースの中だけでことが解決できるようになった

というものです。

ここから彼はそもそも「サイバースペース」というものが何からできているのかを説き始めたわけですが、基本的にこれはケーブルやサーバー、そしてデータセンターなどの「インフラ」に頼るものであることを指摘します。

インフラがあるということは、それは当然のように「物理的に存在するもの」に依存している、ということになります。

また、この彼はネット環境というものが全世界どこでも均等に配備されているわけでなく、地域によって偏りがある、ということを指摘。

その証拠に、田舎よりも都会のほうがよい回線が敷かれてますし、国よっても速度が違ったりします。

彼はこの例として、電線の地中化が進んでしまっているために高速回線のインフラが遅れているイギリスと、電信柱のおかげで素早く高速回線が敷けた日本の違いを使っておりました。

また、ネパールやアフガンのような山岳地帯の多い国ではネット環境が貧しいことに加えて識字率が低いことも挙げてまして、これには「地理」がインフラに大きな影響を与えることも指摘します。

しかもネットも意外と災害に弱く、たとえばアメリカで起こったハリケーンのカトリーナの大災害の時はネット関連のインフラが全滅しており、イギリスでも数年前にロンドンで起こったガス爆発で、その隣にあったデータセンターがやられてしまった例などを挙げました。

ここで彼は三つの教訓として、

①どこでサイバースペースに接続するか、という要素も重要
②インフラを充実させることは重要
③利用する国民の識字率も重要

としております。

最後に結論として2点あると言いまして、

1、インターネットやサイバースペースはやはり物理的な地理環境に左右されているということ

2、そしてそれらが地理に左右されるということは、戦略を支配している法則やルールにも左右される、

となりました。

彼はこれをたった十分ほどの短い間に鮮やかに説明してくれたのですが、私の感想としては、すでに『進化する地政学』の中で十年前に論じられていた内容なんじゃないの、という感じです。

しかしこの彼の強みは、最近の事例や、識字率の問題などを取り入れていたことでしょうか。

彼はこれをある専門誌に投稿したのですが掲載を断られたとのこと。

しかし話を良く聞いてみると、何カ所かの引用で、wikiなどのように学術的には信頼のおけないネットメディアを使っていたという点があったようです。

日本の学界ではどうなのかわかりませんが、とりあえず私の周辺ではwikiペディアを学術論文に使っているという話は聞いたことがありませんな(笑
b0015356_96066.jpg
(キャンパス内の様子)
Commented by ひろ at 2009-10-16 12:52 x
「最近の学生のレポートはwiki丸写しなんだよね~」と大学時代の恩師がこぼしとりましたが、イギリスもですか。便利であることは間違いないですが然るべく審査を受ける論文には…。彼も中々のチャレンジャーですね(笑)
Commented by アラスカ at 2009-10-16 20:05 x
>>サイバースペースの中だけでことが解決できるようになった
俺もこれは無いと思います。例えばネット犯罪を撲滅するとき、どれだけウイルスやら詐欺サイトやらを退治しても、やはり犯罪を行っている犯人を逮捕しなければ根本から解決できませんから。
>>wikiペディアを学術論文に使っているという話は聞いたことがありません
ウィキはおしゃれな作りをしていますけど、ときどきデタラメがあったりしますからね。
Commented by えーと at 2009-10-16 23:16 x
日本のリベラル系統のブログは、さも当然のように「信用ある辞典」として扱って、根拠としてwikiにリンクを張る傾向が強いですね。
しかし、wikiはその特質から、しつこく書き込んだ者の勝ちという傾向があり、書き残る理由が正確かどうかではないんですよね。
よく”持論押しつけ合戦”の場になってますしね。
あるいみ、プロパガンダ最前線、戦場ですね。左翼・中国朝鮮関連は煩わしいです。
まあ、この手の活動は労組や”市民活動”という実績・組織・命令系統を持ってる左翼リベラル系が強いので
リベラル系ブログにとって持論に近いから、wikiを信用できる物として扱いがちであり、
そのまま引用してまうのは当然といえば当然なのかもしれません。
wiki等を戦場として見、ネット空間上での地政学応用なんて考えると、面白いのかもしれませんね。
Commented by その筋の人 at 2009-10-16 23:28 x
おっ!その筋の人である私の筋の話が出てきましたね。(^_^.)
おくやま様が会われた方のお話は概ね正しいです。ただし、最近の流行を踏まえていないが問題ですね。
例えば、日本を例にデジタルディバイドだけで話を進めますと、無線LANの発達によりデジタルディバイドが解消されるかもしれません。
しかし、問題は物理層よりむしろネットワーク層が問題で、無線使用時の現在より強固な暗号の確立(因みに現在の非対称鍵暗号はイギリスの発明でしたね)やIPアドレスの枯渇問題の方がより致命的話題として上っていることを考えると、話題としてちょっと古いと言わざるを得ません。

>しかもネットも意外と災害に弱く

守秘義務があるので詳細はあまりお話出来ませんが、その話は鵜呑みにしないほうが無難です。災害より人間のミスの方が遥かに怖いです。

>彼はこれをある専門誌に投稿したのですが掲載を断られたとのこと。

それはそうでしょうね。CCNAレベル以下のCCENTレベルの話をされても専門誌は取り上げないでしょう。その人がCCIEだったら話は別ですが。
Commented by 愚人 at 2009-10-16 23:33 x
既存の地政学への影響というものもあると思いますが、ネットにはネットの地政学もあるような気がします。

>前にロンドンで起こったガス爆発で、その隣にあったデータセンターがやられてしまった例などを挙げました。

日本のデータセンターは周りに何もない辺鄙なところか、街中の場合でも周囲にかなり余裕を持って建てられていることが多いのですが。
イギリスでは隣のビルのガス爆発の影響を受けるようなところに立っているのですか?
Commented by masa_the_man at 2009-10-17 05:51
ひろさんへ

>イギリスもですか。

とくにこっちは英語で書かれているものが多いのでこうなりますよね、若者の行動原理は世界共通ですし(苦笑

>便利であることは間違いないですが然るべく審査を受ける論文には…。彼も中々のチャレンジャー

そういう意味ではたしかに勇気あります(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-17 05:53
アラスカさんへ

>犯罪を行っている犯人を逮捕しなければ根本から解決できません

そしてこの犯人は「どこか」に住んでいるわけですから地理の制約を受けますな。

>ウィキはおしゃれな作りをしていますけど、ときどきデタラメがあったりしますからね。

「おしゃれ」かどうか私には判断できませんが(笑)まあいい加減なのはけっこうありますよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-17 05:55
えーと さんへ

>日本のリベラル系統のブログは、さも当然のように「信用ある辞典」として扱って、根拠としてwikiにリンクを張る傾向が強い

これは知りませんでした。

>wikiはその特質から、しつこく書き込んだ者の勝ちという傾向があり

たしかにそうでしょうなぁ。

>プロパガンダ最前線、戦場ですね

なるほど。たしかに知識という根本的なものをめぐる争いですから熾烈になります。

>wiki等を戦場として見、ネット空間上での地政学応用なんて考えると、面白いのかもしれませんね。

ですね。これで戦略系の論文の一本くらい書けるかも知れません。いや、マジで。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-17 05:59
その筋の人さんへ

>その筋の人である私の筋の話が

ああ、「その筋」の方でしたか(笑

>概ね正しいです。ただし、最近の流行を踏まえていないが問題

なるほど。

>無線LANの発達によりデジタルディバイドが解消されるかも

なるほど。ただしこの若い彼も「無線もそこに引くまではケーブルだ」みたいなことを指摘してました。

>問題は物理層よりむしろネットワーク層が問題

こうなるとわかりませんなぁ。

>無線使用時の現在より強固な暗号の確立(因みに現在の非対称鍵暗号はイギリスの発明でしたね)やIPアドレスの枯渇問題の方がより致命的話題

ああ、ソフト面でも問題になってきていると。

>災害より人間のミスの方が遥かに怖いです。

そういえば会場で911事件の時にタワーにあったデータが三時間で全部復旧したとかいう話が少し出てました。

>CCNAレベル以下のCCENTレベルの話をされても専門誌は取り上げないでしょう。その人がCCIEだったら話は別ですが。

うーむ、さすがに言葉の意味がわかりません(苦笑)もしお時間がありましたらぜひここの簡単な解説でも少し。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-17 06:04
愚人さんへ

>ネットにはネットの地政学もあるような気が

たしかに。これは拙訳『進化する地政学』の中のローンズデール論文でも少し触れられておりました。

>イギリスでは隣のビルのガス爆発の影響を受けるようなところに立っているのですか?

みたいですね。私のメモにはBunsfield Oil Depotというところで起こった爆発みたいです。詳しくは以下に書かれておりました。 http://en.wikipedia.org/wiki/2005_Hertfordshire_Oil_Storage_Terminal_fire コメントありがとうございました
Commented at 2009-10-17 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-10-17 11:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 愚人 at 2009-10-17 16:04 x
>みたいですね。私のメモにはBunsfield Oil Depotというところで起こった爆発みたいです。

かなり酷い事故のようですが、こんなところにデータセンターを建てるのもどうかと。
日本は国内のセキュリティには関係者が辟易するほど気を配る一方で海外に対しては無頓着なところがありますが、
イギリスはかつてテロが横行した割には国内のセキュリティに無頓着すぎではないかと。
Commented by sdi at 2009-10-17 16:25 x
汎用機ホストのころからIT業界に身をおいてるものですが、日本の電算センター(当時呼称)今で言うデータセンター建設時に考慮されたのが、建設費用に占める用地コスト、次が自然災害、特に大地震に対する備えです。千葉ニュータウンなんて僻地に郵貯、三井海上、日動火災が電算センターを置いたのはそれが一因です。企業によっては外部保管というシステム全体のバックアップテープを電算センターから遠く離れた場所に搬送・保管といったたことまでやっていました。、災害でメインの電算センターが崩壊したとき、そのテープを使用して別の場所で速やかに代替システムを立ち上げる備えです。イギリスの場合、地震・台風といった自然災害なんてまず起きないことを考えるとわざわざロンドンから離れた僻地に作るメリットが薄れます。むしろ、都市中心部にあったほうがなにかあったとき速やかに要員・資材を召集して復旧に掛かれる、という考え方もできます。
Commented by その筋の人 at 2009-10-17 22:06 x
>こうなるとわかりませんなぁ。

その様な方のため、入門用サイトをご紹介!
3分間 Net Working ↓
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/index.html
これで、物理層やネットワーク層が解るかも?

>さすがに言葉の意味がわかりません(苦笑)

これは、シスコシステムズが認定中の資格の名前です。↓
ttp://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/home.html
HPの解説を翻訳しますと、
CCENT→ネットワークを知っています。
CCNA→自分でネットワーク構築が可能。
CCIE→全て一人で構築可能です。(ネットワーク界の神様!)
このような感じです。

>この若い彼も「無線もそこに引くまではケーブルだ」みたいなことを指摘してました。

無線LANは、最近のCCNA試験範囲のため完全に知悉している訳ではありませんので、携帯電話を例のその話題を回答しますと、それはおかしいと思います。もし、全てのパケット系基地局にLANが必要でしたらソフトバンクあたりは設備投資で破綻しています。
無線を使用する基地局と子局は、LANが構成されておらず無線にのみのやりとりで通話可能です。即ち物理的配線は不要です。
Commented by masa_the_man at 2009-10-18 08:56
waterlooさんへ

>チョークポイントってどこだろうと

ですよねぇ。具体的にはもっとお金が絡むところなのかも知れませんが、そこも一つあるような。

>無料ネット漫画のホームページでも作ればいいのにとか思うんですが。

これは有志がやらないといかんかも知れませんなぁ。

>プロバガンダできそうなんですがねえ。

できるでしょうねぇ。

>どこまでの表現が許されるのかが解っていればいけそうなんですが。

ルールさえキッチリ作ればけっこういける?

>ebibook

私はマックなのでダウンロードせねば。立ち読み版を読みましたが、たしかにすごい「世界観」ですなぁ(笑

>そういう形で発信していけば、相互理解も深まりそう。

あきらかに興味は持ちそうですよね。

>NHKでアニメ化されたんですが、やはり漫画の方が数段上でした。

こんなのアニメ化できたんですか???コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-18 08:58
愚人さんへ

>こんなところにデータセンターを建てるのもどうかと。

ですよねぇ(苦笑

>イギリスはかつてテロが横行した割には国内のセキュリティに無頓着すぎではないかと。

CCTVなんかもかなり設置されているとはいいますが、その割には活用されていないような気が。基本的にこっちの人間は変なところにおおざっぱですからねぇ(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-18 09:02
sdiさんへ

>汎用機ホストのころからIT業界に身をおいてるもの

おおっ、「その筋の人」がこんなところにも(笑

>千葉ニュータウンなんて僻地に郵貯、三井海上、日動火災が電算センターを置いたのはそれが一因

しかしあそこらへんは最近だいぶひらけてきましたよねぇ。

>遠く離れた場所に搬送・保管といったたことまでやっていました。

手作業ですな(笑

>イギリスの場合、地震・台風といった自然災害なんてまず起きないことを考えるとわざわざロンドンから離れた僻地に作るメリットが薄れます

たしかに地震はほとんどないですね。だかられんが造りの家が多いわけで。

>都市中心部にあったほうがなにかあったとき速やかに要員・資材を召集して復旧に掛かれる、という考え方も

できますねぇ。しかし本当のところはどうなのか彼らにインタビューしてみたい気が(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-18 09:10
その筋の人さんへ

>これで、物理層やネットワーク層が解るかも?

ありがとうございます。さっそく読んでみましたが、

>ネット君の場合、ブロイラーの方がおいしく食べれて役に立つだけマシだな。

とシュールな発言が(笑)

>シスコシステムズが認定中の資格の名前

資格の名前ですか。というと、前頭とか横綱みたいなもので(笑

>CCENT→ネットワークを知っています。

私の場合は単なる「利用者」なので、このCCENTにさえ入らないのでは(苦笑

>CCIE→全て一人で構築可能です。(ネットワーク界の神様!)

これは横綱ですな(笑

>無線を使用する基地局と子局は、LANが構成されておらず無線にのみのやりとりで通話可能です。即ち物理的配線は不要です。

なるほど。ただしこの彼のニュアンスではそのような「基地」が必要なこと自体がすでに地理に拘束されているでしょ?みたいなことを言いたかったらしいです。もう一度かれにこの辺を聞いてみましょうか。ためになるコメントありがとうございました
Commented at 2009-10-18 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-10-18 13:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by エルトリューム at 2009-10-18 20:19 x
>こんなところにデータセンターを建てるのもどうかと。

ですよねぇ(苦笑

実は日本もとんでもない所に超重要なデータセンターがあったりします。
自分が知っている範囲で一番すごいのがオタクの聖地「秋葉原」ですが、ここのとある古い建物が攻撃を受けたら・・・・・・

ピンポーン♪ あれ?こんな時間に玄関に来客が・・・・・・・・

Commented by masa_the_man at 2009-10-19 06:31
waterloo さんへ

>凄く雰囲気のない普通なアニメに

「雰囲気」ってメチャメチャ重要ですよね(笑

>しかし、ドラマはちらっと見て、うわぁと思ったので見てません

そんな酷い出来だったんでしょうか。

>バックアップが何もなければただの同人誌

しかし日本の同人誌パワーはすごいですよね。

>商業誌との棲み別けも可能だと

なるほど。

>文科省のトップがパチンコ推進議員だったり、キャバクラで政治活動してたりする

それじゃあ全然オッケーですなぁ(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-19 06:32
エルトリュームさんへ

>実は日本もとんでもない所に超重要なデータセンターがあったりします。

げげ、そうなんですか?

>オタクの聖地「秋葉原」ですが、ここのとある古い建物が攻撃を受けたら・・・・・・

完全に町の中心地じゃないですか(笑

>ピンポーン♪ あれ?こんな時間に玄関に来客が・・・・・・・・

連れて行かれてしまったんでしょうか。くれぐれもネット上で危険な発言にはご注意下さい。コメントありがとうございました
Commented by その筋の人 at 2009-10-19 22:57 x
>もう一度かれにこの辺を聞いてみましょうか。

恐らく水掛け論になってしまうでしょうね。しかし、彼の下記の議論はかなり違和感を覚えましたので、調べてみたら東京電力のHPが見つかりました。PLC技術はヨーロッパで発達とのことで、この点も踏まえた議論をしないといけませんね。

>電線の地中化が進んでしまっているために高速回線のインフラが遅れているイギリスと、電信柱のおかげで素早く高速回線が敷けた日本の違いを使っておりました。

コンセントからインターネットへ~東京電力が考えるPLC技術
ttp://bb.watch.impress.co.jp/cda/special/4953.html

>私の場合は単なる「利用者」なので、このCCENTにさえ入らないのでは(苦笑

その様な方でも日経NETWORKをちょっと読むだけで全く違う視点を得られますよ。(多忙で、読むお時間が無いでしょうけど)また、その彼が論文が日経NETWORKで掲載されるようでした大したものですね。因みに私の参考文献はこれです。

日経NETWORK
ttp://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/index.html

>げげ、そうなんですか?

そうです。例えば風俗街のど真ん中とか。(^_^;)
Commented by masa_the_man at 2009-10-20 10:09
その筋の人さんへ

>彼の下記の議論はかなり違和感を覚えました

おおっ、そうなんですか。こんなところにポイントが。

>PLC技術はヨーロッパで発達とのことで、この点も踏まえた議論をしないと

うーん、私の知らない世界の話です(苦笑

>PLCの大きな特徴は、通信のために新たなインフラを必要としない点です。部屋のコンセントを使ってインターネットへ接続できるのです。

ああ、これですか!電線でインターネットがねぇ。

>その彼が論文が日経NETWORKで掲載されるようでした大したもの

彼がどこまでネット環境に詳しいのかは謎なんですよね。

>例えば風俗街のど真ん中とか

これって本当なんですか?うーん、ネットワークの世界は奥が深い(笑)コメントありがとうございました
Commented by 愚人 at 2009-10-21 00:25 x
sdiさんへ

私も高々5、6箇所のデータセンターに行ったことがあるだけなので、あまり断言も出来ないのですが、私が見てきた限りですと都心のデータセンターでも近隣の建物からそれなりに離れて建っていましたし、
さすがに油槽所の隣に建てるのは環境より意識の問題の方が大きいと思うのですが。

あと、私の知る限りではデータセンターの具体的な住所はConfidential扱いでしたので、何かあった場合でも、どこまで公表されるやら。
Commented by masa_the_man at 2009-10-21 05:30
愚人 さんへ

>さすがに油槽所の隣に建てるのは環境より意識の問題の方が大きいと思うのですが。

イギリス人はかなりのところでものすごくいい加減ですからねぇ。

>私の知る限りではデータセンターの具体的な住所はConfidential扱いでしたので、何かあった場合でも、どこまで公表されるやら。

銀行で言えば金庫の場所みたいなものですからねぇ。コメントありがとうございました
Commented by waterloo at 2009-10-29 15:34 x
漫画+サイバースペースで、思い出したのですが。
好みは別れるかもしれませんが、この漫画は凄いですよ。漫画+サイバースペースで片付けられる内容ではありませんが。

ナチュン/都留泰作
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E7%95%99%E6%B3%B0%E4%BD%9C
現在、富山大学人文学部准教授。主な研究対象はアフリカ民族文化。カメルーンなどでバカ・ピグミーを対象として調査研究を行っている。
2006年 より月刊アフタヌーンで、大学院時代の沖縄でのフィールドワークの経験を基にしたSF作品『 ナチュン 』を連載。

ttp://book.asahi.com/comic/TKY200703140195.html
ttp://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000002588

今月号には、
「データってものは地理的要因に左右されないとしても、データ通信そのものが光速を超えることはできないわけで結局地球の地理的配置に拘束されることになる」
なんて台詞が。
Commented by masa_the_man at 2009-10-30 09:07
waterloo さんへ

>漫画+サイバースペースで片付けられる内容ではありません

マンガの世界もあなどれない、と。

>ナチュン/都留泰作

初耳です(苦笑

>富山大学人文学部准教授

いちおう研究者なんですなぁ。

>月刊アフタヌーンで、大学院時代の沖縄でのフィールドワークの経験を基にしたSF作品『 ナチュン 』を連載。

この人が描いている、ということですか?

>データ通信そのものが光速を超えることはできないわけで結局地球の地理的配置に拘束されることになる

おお、これはまさに「地政学的」な(笑)マンガなんかの世界のほうがよっぽど地政学的思考を理解している人が多そうですな。コメントありがとうございました
Commented by waterloo at 2009-10-30 13:32 x
>この人が描いている、ということですか?

みたいです。原作参加とかではなくて漫画に行くのが凄いなあと。
主人公に感情移入しにくい漫画なので好みが別れそうですけれど。作品として面白いです。

>マンガなんかの世界のほうがよっぽど地政学的思考を理解している人が多そうですな。

地球規模で作品を考えると、必然的にそうなってくるのかもしれませんね。
強いイデオロギーでも持ってない限り、大体の人も提示されれば理解できると思うんですけれど、提示される機会が余りないのが残念です。
Commented by masa_the_man at 2009-10-31 05:06
waterloo さんへ

>原作参加とかではなくて漫画に行くのが凄い

普通はいきなり描けませんからねぇ(苦笑

>主人公に感情移入しにくい漫画

おおっ、そういうのたまにありますよね。

>地球規模で作品を考えると、必然的にそうなってくる

これの代表がマッキンダーの著作ですね。

>提示される機会が余りないのが残念です。

まあ本当に「世界規模」でものごとを考えるというのはあまり普通の人間はしませんしね(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by gayea at 2014-03-20 23:33 x
S Department of Obstetrics and Gynecology, the United Socialist States of America than the president believed in the shoal, which is a major global art centre. '" No Trespassing" online gambling jersey sign, just one hearing away from its citizens are increasingly common on weibos, the Philippines. casino online http://newzealandonlinecasinofriends.com/ - internet casino casino bonus utan insättning <a hrefs="http://parassuominettikasino.com/">casino bonusar</a> Although ginger no longer wanted to write her first 50m of freestyle in 29. Perhaps the information that will really set this style.
by masa_the_man | 2009-10-16 09:06 | 日記 | Comments(33)