戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ハワードの講演の内容


今日のイギリス南部はスッキリ秋晴れでして、夕方にはかなりゴージャスなピンク色の夕焼けが見えました。

先週末にうちの学校で行われた「自由主義の戦争方法」というカンファレンスの模様をお伝えするつもりだったのですが、会場ですでに頭痛とノドの痛みがあり、部屋に帰ってきてから早めに床に入ったものの、その後二日間は部屋にこもってひたすら寝ておりました。

ほとんど熱は出ず、鼻水と頭痛だけだったので豚インフルではないと勝手に考えておりますが、とにかく寝て治しました。今日から活動再開です。

さて、カンファレンスでの内容について少し。

日本でも数冊訳されているサー・マイケル・ハワード(Sir Michael Howard)をスペシャルゲストに迎えて行われたカンファレンスですが、この人は私の学部の二人のプロフェッサーと少なからず因縁があり、私の先生の博士号論文の外部審査官、そしてもう一人の女性教授のオックスフォード大時代の指導教官がこのハワード氏だったそうです。

この日のハワード氏の講演は、日本でも翻訳が出ている「戦争と知識人―ルネッサンスから現代へ」War and the Liberal Conscience をベースにしたもの。

私はこの本を日本の実家に持っているのですが、実は積読状態でして、予習してこなかったことが悔やまれました。

基本的な内容としては、啓蒙主義から影響を受けたリベラルは「一つの方法で全てを解決できる」と信じていたのだが、これは現在の多様化する世界ではかなり厳しい、というもの。ネオコンのような「自称リベラル」が戦争を起こしている実情も例に出しておりました。

そういえば「リベラル社会のほうが大戦争をやっていて、独裁制国家のほうが限定戦争ばかりやる傾向がある」という毒のある指摘もチラリ(笑

結局のところ、リベラル社会で戦争を行うためには国民といかに「インフォームド・コンセント」という手続きをえて、そこからどうやって「権威」(authority)を作り出していくのかの問題が大きいと言っておりました。

また、欧米の「自由」と他の文化圏にある「自由」の概念が違う、という戦略文化につながることも論じており、これをイタリア青年党のマッチーニなどの言葉などを引用しながら説明しておりました。

この後には私の先生の番だったのですが、具体的には拙訳『戦略の格言』の中の「格言4」を少し掘り下げたもの、そして他のゲストの講演があったのですが、私は体調不良だったのでパスしました。

明日は今日あった火曜日ミーティングの内容について説明します。
b0015356_6252780.jpg

Commented by nanashi at 2009-10-14 07:46 x
リベラルのほうが大戦争を起こすというのは、全くもって同意。
あいつらが平和を唱えるのを見ると怒り心頭だ。
ふざけるな!
Commented by ひろ at 2009-10-14 08:52 x
 基本的にリベラル政権の方が大衆の熱狂に影響されやすい。→コンセンサスさえ得られたら戦争に踏み切ることは容易。「デモクラシー」の大儀は誰にでも理解できるから。
 
 独裁政権は、さほど民意に配慮する必要はないし、政権維持の方策として武力に頼る必要が大きい。→武力行使に失敗すると政権そのものが危なくなる→戦争に踏み切るのに慎重。

 リベラルと独裁では政権維持の重要さが桁違い。リベラルなら下野すれば済むところを、独裁では自分の命が危ない。そんなところも影響しているのではないでしょうか。
Commented by sdi at 2009-10-14 20:56 x
>欧米の「自由」と他の文化圏にある「自由」の概念が違う
この話は私もきいたことがあります。
欧米文化圏の自由とは
「君は右か左のどちらの道を進むか自分で選ぶことができる」
それに対して
「俺は真直ぐ進みたいんだ。右も左も知ったことか」
という『自由』もある。
どっちかというと比較文化論のように聞いていましたが、戦略文化という観点からに見ることもできますね。
Commented by ひろ at 2009-10-14 20:59 x
 あと、冷戦時代について。ソ連が限定的戦争(ベトナムのような裏口からの関与も含む)にこだわったのは、西側とガチンコやっても勝てないと判断したからではないでしょうか。フルシチョフ自身が「我々は西側に比べて30年遅れている」と言ったという話もあるし、旧KGBの西側への浸透ぶりから考えると、ソ連は西側の実情をかなり正確に知っていたと思われます。
 よって、自国の遅れを自覚したソ連側が、消極的あるいは漸進的な政策として取りえたのが限定的戦争ではなかったかと思えるのですが。こうなるとMADの役割もどこかに霞んでしまいますね。
 以上、駄文でした。
Commented by Oink at 2009-10-15 00:40 x
「インフォームド・コンセント」とは
聖地奪回の十字軍、Manifest Destiny、ソビエト連邦の誕生、
占領軍から独立する植民地という「物語」等でいいんでしょうか・・?

大戦争と限定戦争をどうやって分けるのでしょうか?

日露戦争や朝鮮戦争は、ロシア、米国にとっては限定戦争のつもりだったんでしょうが、日本と中国にとっては国家の興亡をかけた戦争では。

限定戦争のつもりで手を出したら権威を大いに失墜させた
ベトナム、ソ連(とアメリカ?)のアフガニスタン、イラクもあります。

こちらは、相手より優越しており、相手をコントロールできるので
リスクは少ないと誤解するのが間違いの大元なんじゃないしょうか?

それにしても亀井大臣は(人事ながら)面白いなぁ。
「亀井静香をCIAが暗殺でもしない限り、
新政権はアメリカの言いなりにはなりません」発言に加えて。今日は

亀井氏 「横田基地は必要ない」
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091014/plc0910141839013-n1.htm
Commented by at 2009-10-15 01:00 x
横田基地はアメリカ側からも必要無いと言われたのを、日本側が必死でつなぎとめたんだよ。
日本がいらないと言うなら喜んで返還するんじゃないかな?
Commented by sdi at 2009-10-15 01:51 x
キャンプ座間の機能を横田基地に統合するから要らない、というのならわかるけど、横田基地が要らないという話は初耳ですね。
Commented by nanashi at 2009-10-15 08:44 x
普天間の滑走路を沖合いに移動すると、陸と滑走路の通路が弱点になるということでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 08:51
nanashi さんへ

>リベラルのほうが大戦争を起こすというのは、全くもって同意。

ウォルトもどこかで書いてましたが、リベラルのほうが「全体主義」に偏りがちということもあるんでしょうねぇ。

>あいつらが平和を唱えるのを見ると怒り心頭だ。ふざけるな!

お怒りですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 08:52
ひろさんへ

>リベラルと独裁では政権維持の重要さが桁違い。

これはたしかによい指摘ですね。

>リベラルなら下野すれば済むところを、独裁では自分の命が危ない。そんなところも影響しているのではないでしょうか。

あると思います。つまり一番コワいのは「衆愚」ということなのかも知れませんが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 08:54
sdi さんへ

>「俺は真直ぐ進みたいんだ。右も左も知ったことか」という『自由』

これは彼らには理解できないところがありますねぇ〜(苦笑

>戦略文化という観点からに見ることもできますね。

そうなんです。だからこそ戦略系が強いうちの学校で開催されたという経緯もあるわけで。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 08:56
ひろ さんへ

>ソ連が限定的戦争(ベトナムのような裏口からの関与も含む)にこだわったのは、西側とガチンコやっても勝てないと判断したから

ああ、あるかも知れません。

>ソ連は西側の実情をかなり正確に知っていたと思われます。

これって北朝鮮にも言えそうな気が。

>こうなるとMADの役割もどこかに霞んでしまいますね。

心理的作用というところではまだ使えそうな気もしますが、まあ複合的な結果というしかないでしょうな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 09:00
Oink さんへ

>「物語」等でいいんでしょうか・・?

「物語」そのものというよりも、それによって得られる全体的な動機の一致、みたいなもんでしょうか。

>大戦争と限定戦争をどうやって分けるのでしょうか?

ああ、これは鋭い質問だと思われます。実は区別しづらいものですよね。立場によっても違うと思いますし。

>限定戦争のつもりで手を出したら権威を大いに失墜させた
ベトナム、ソ連(とアメリカ?)のアフガニスタン、イラクもあります。

しかも結果的には大戦争並みの痛手が(苦笑

>誤解するのが間違いの大元

その通りですね。計算違いの思い込み違いは大失敗のもとです。

>静香をCIAが暗殺でもしない限り、新政権はアメリカの言いなりにはなりません」発言

こんなこと言ったんですか(笑

>横田基地は必要ない

すごいですねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 09:01
派 さんへ

>横田基地はアメリカ側からも必要無いと言われたのを、日本側が必死でつなぎとめたんだよ。

これは初耳です。本当なんですか?

>日本がいらないと言うなら喜んで返還するんじゃないかな?

あっさり返して欲しいところですが・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 09:02
sdi さんへ

>横田基地が要らないという話は初耳ですね。

私もです。これって本当なんですか?非常に気になります。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 09:03
nanashi さんへ

>普天間の滑走路を沖合いに移動すると、陸と滑走路の通路が弱点になるということでしょうか?

単純に「不便だから」ということじゃないでしょうか。まあ飛行場の安全保障上いろいろとあるんでしょうが・・・。コメントありがとうございました
Commented by at 2009-10-15 23:48 x
航空輸送路という意味で横田の存在価値は多少はあるのかもしれません。
しかし横田を使った航空輸送は近年激減していて、輸送部隊としてもあまり機能していません。
司令部機能はと言えば、米軍再編の時に日本側に司令部機能を全てグアムかハワイに移したい意向をアメリカは伝えていたんですが、
空自の泣きで形だけ司令部は残りましたが、実質ハワイのヒッカムに移っていて、横田はほとんど機能していないのが実情です。
有事になれば中国北朝鮮に近い日本からは、米軍はすぐ離れるでしょうし、横田の存在価値は日々低下しています。
いらないというのは言いすぎだったかもしれません、ただいらなくなりつつあるのは事実だと思いますよ。
Commented by masa_the_man at 2009-10-16 08:05
派 さんへ

>横田を使った航空輸送は近年激減していて、輸送部隊としてもあまり機能していません。

できればこの情報ソースを教えていただけないでしょうか。私も気になってますので。

>有事になれば中国北朝鮮に近い日本からは、米軍はすぐ離れるでしょうし、横田の存在価値は日々低下しています。

なるほど。あるかも知れませんね。コメントありがとうございました
Commented by at 2009-10-16 09:11 x
ネット上にソースがあるのかわかりませんが、米軍再編がはじまった当初から太平洋軍はハワイ、アラスカ、グアムの拠点化を進めるという趣旨の発言をずっとしていましたし、相対的に在日米軍の必要性が低下するは明らかでしょう。
パシフィック・ビジョンという今後の太平洋軍の戦略を描いたものが、チャンドラー米太平洋空軍司令官からだされたりしてます。
この中でもハワイ、グアム、アラスカ強化と言う事が強調されています。

横田の機能ハワイ移転はずっと前から言われてる事なので、ネット上のソースが消えているのと、雑誌も相当前までさかのぼらないと見つかりません。
ttp://plus.news2ch.net/read.php/1091079927/

日高義樹のワシントン・リポート インデックス
ttp://d.hatena.ne.jp/tsuma/20090321/p6

在日米軍や太平洋軍の動きを注視していると、横田をふくむ在日米軍基地を維持する必要性が目に見えて低下しているのがわかります。
Commented by masa_the_man at 2009-10-17 05:43
派さんへ

>米軍再編がはじまった当初から太平洋軍はハワイ、アラスカ、グアムの拠点化を進めるという趣旨の発言をずっとしていました

なるほど。それにディエゴガルシアですな。

>日高義樹のワシントン・リポート インデックス

ここにきましたか。

>横田をふくむ在日米軍基地を維持する必要性が目に見えて低下しているのがわかります。

だからと言ってすぐ日本に返すというわけにもいきませんからね。微妙なところです。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-14 06:25 | 日記 | Comments(20)