戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

世界最強の戦略的なシステム

最近の私はこれが世界最強の戦略的なシステム(累積戦略系?)であることを実感できます(苦笑

それにしてもよくできてるもんですねぇ。
Commented by Rogue Monk at 2009-10-13 21:12 x
仕事柄、「免疫」はそれなりに勉強いたしました。

>よくできてる
確かにそうなんですが、でき過ぎてる面もあるんですねw

cytokine stormとか自己免疫障害とか、
「神様も結構まぬけ」
なことを感じさせてくれます
(cytokine stormはインフルエンザ・パンデミックの
 一つの原因ですし)。
Commented by ウヨなM at 2009-10-14 00:57 x
軍人さんが、敵じゃないものを敵と勘違いして暴れて
民間人を巻き添えにしなかったらもっといいんですけどね・・・

アレルギーはつらいです
Commented by masa_the_man at 2009-10-14 05:16
Rogue Monkさんへ

>仕事柄、「免疫」はそれなりに勉強

おおっ、それはありがたい。少し質問したいことが。

>でき過ぎてる面もあるんですねw

なるほど。

>「神様も結構まぬけ」

そうなると優秀な免疫システムを持つ人とダメな免疫システムを持つ人のように大まかに分けることができるわけですが、この「差」を生み出すものって何なんでしょう?それと個人の免疫システムの「記憶」というのはどこに記憶されるんでしょうか?ものすごい素人質問で申し訳ないのですが(苦笑)わかる範囲でお答えいただければ幸いです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-14 05:20
ウヨなM さんへ

>軍人さんが、敵じゃないものを敵と勘違いして暴れて民間人を巻き添え

ああ、うまいたとえですなぁ(笑

>アレルギーはつらい

国家の安全保障政策と免疫システムをさらに比較したような文献があると面白そうな。たとえば外国から進入してくる「テロ」なんかウィルス、そして「肥大した官僚組織」は「ガン」みたいな(笑)コメントありがとうございました


Commented by エルトリューム at 2009-10-14 21:55 x
>この「差」を生み出すものって何なんでしょう?

これが本当にその「答え」となるのかどうか?は保障出来かねますが、昔自分が聞いた話では、優秀な免疫システムも、それは「今現在」の環境に適応した結果として「優秀」と判断されているに過ぎず、
「今現在」という前提条件そのものが、自然環境の激変や、自然以外の人為的要因により、周囲の環境共々変化してしまった時、多様性を持っていない「種」は、いくら前の環境適応において優秀でもそこで全滅してしまうことになるので、それを回避する為に、わざと異なる免疫形態の「多様性」を残しているのであろう。という意見を聞いたことがあります。
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 09:11
エルトリューム さんへ

>優秀な免疫システムも、それは「今現在」の環境に適応した結果として「優秀」と判断されているに過ぎず

なるほど、これは『戦略の格言』の「格言1」そのものですな。

>周囲の環境共々変化してしまった時、多様性を持っていない「種」は、いくら前の環境適応において優秀でもそこで全滅

柔軟性ですか。

>それ回避する為に、わざと異なる免疫形態の「多様性」を残している

そして「オプションをたくさん残す」ということですね。まさに戦略の核心をつくような。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-13 18:26 | 日記 | Comments(6)