戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ジレンマに陥る「帝国」のアメリカ

今日のイギリス南部は朝から曇り空で、けっこう肌寒い感じです。これで日が暮れるのがもっと早かったら完全に冬ですな。

そういえば大学院時代のインド系のアメリカ人のフラットメートから連絡がありまして、同じフラットに住んでいた中国人の女の子と結婚すると言ってきました。これでインド・中国・アメリカというものすごいコネクションがひとつ誕生します(笑

まさかこの二人が結婚するとは思わなかったのですが、それにしても驚きです。同じ留学組の中から結婚するやつらがでるとは。

さて、アメリカではアフガニスタンの今後の戦略についての会合が繰り返し行われておりますが、今日はちょっとそれに関したネタを。

ローバート・カプランと言えば日本では注目は少ないものの、本ブログや私の本では繰り返し紹介してきたアトランティック誌の安全保障分野の特派員記者です。

彼は地政学関連でもものすごく良い記事を書くのですが(この間の奴はインド洋の地政学でしたが)、今回はアフガニスタンの紛争をちょっと大きな視点で見ております。

======

Beijing’s Afghan Gamble

By ROBERT D. KAPLAN
Published: October 6, 2009

●ここアフガニスタンのカブールのすぐ南にあるロガール省では、アジアの地政学の未来の姿が見えてきた。

●それは米軍が中国の公社が開発しているアイナク銅山に安全を提供しているからだ。

●NATO諸国はなるべくアフガニスタンの紛争にはかかわり合いたくないと考えているが、その間に中国は世界で最も危険なアフガニスタンに眠る銅、鉄、金、ウラン、宝石などを開発しようと狙っている。

●アフガニスタンでは米中の思惑は一致する。なぜなら中国がアフガニスタンで鉱山開発をすることにより、アフガニスタンの人々に仕事を与えることになり、これがアフガン政府を税収の増益によって支えることになるからだ。

●しかもアフガニスタンがある程度安定してくれば、インド洋などから道やパイプラインなどを通じて資源を引っ張ってくることができるのだ。

●よってアメリカがタリバンを打ち負かしてくれれば、中国にとっても利益になる。

●中国はアメリカの敵になる必要がないということを考えれば、これは不思議なことではない。アフガニスタンの安定化は米中関係を進展させることになる。

●しかし問題なのは、アメリカが血の代償を支払っている間に、中国がその利益にタダ乗りするという点だ。

●アメリカは出口戦略を考えている最中だが、中国側の狙いはアフガニスタンに居座って利益を挙げることを考えているのだ。

●もしアメリカが主戦場をアフガニスタンからパキスタンとの国境付近に移して反テロ戦略だけに集中したら、カブールやその他の地域ではタリバンが支配することになり、中国もここにいられなくなる。

●また、アフガン政府を安定化してから撤退しないとインドにとっても大問題だ。裏庭に広大なイスラム圏が出来るからだ。そうなるとインドは特に海軍力の面で中国に対抗できなくなる。

●結果として、中国はアメリカがアフガニスタンでどうなろうとも、必ず利益を得ることになる。

●しかもアメリカがさらに増派しようとすれば、利益を得ることは間違いない。

●同じことはロシアにも言える。ロシアも自国の南側でイスラム勢力に敏感になっており、アメリカが上手くやってくれればありがたいからだ(ただしアメリカがアフガンから撤退したら自分たちの二の舞を踏んだと嬉しがるとは思うが)。

●また、結果として我々がアフガニスタンで成功したとしても、結局利益を得るのはアメリカ以外の国である。

●その利益を得るのは、アジアの大国である中国、インド、ロシアなのであり、地理的にアフガニスタンに近いためにここが安定すれば言うことはない。

●「アメリカは帝国ではない」という人は多いが、我々の行動は結果的にローマや19世紀のイギリスとそっくりだ。つまり世界の片隅まで行って復讐をしているのであり、反乱の火の手を沈め、文明的な秩序を回復しようとしているのだ。

●その間に他の大国は、忍耐強く待ち、我々が提供する公共サービスにタダ乗りをしている。

●帝国が衰退するプロセスというのはまさにこのようなものであり、帝国が苦労していることに乗じて他の大国は有利に立とうとするのだ。

●もちろんアメリカがアフガニスタンから撤退すれば、軍隊の士気が下がり、同盟国に不信感を与えることになり、これのほうがかえってアメリカの衰退につながるということも言えるはずだ。

●だからこそ我々はアフガニスタンに増派するしかないし、戦い続けるしかない。

●アメリカがいくら反暴動にうまくなっても、結果的には海軍や空軍を使って遠い距離から海外に介入(=オフショア・バランシング)するほうが、我々の立場を簡単に維持できることになりそうだ。

●アフガニスタンに基地を作っておせっかいを焼き、イスラム同士の紛争に巻き込まれ、中国やその他の国々の戦略的野望をわざわざ助けるようなことしているが、これはアメリカが一番やってはいけないことである。

====

バルカンについて書いた本や記事でもそうでしたが、アメリカがユーラシア大陸に介入するジレンマをこの人は一貫して警告してますね。

そして最後はリアリストらしく「オフショア・バランシグ」的な戦略を提唱しております。
b0015356_9222710.jpg
(陸軍に入ろう!)
Commented by Oink at 2009-10-10 10:01 x
2chでもこの記事に注目していた人はいましたが
ここまで詳しくは解説していませんでした。ありがとうございます。

私は、アメリカが撤退しようが留まろうが
中国の対インド包囲網が強化?完成されつつあるんだなぁ。

ミャンマーの核問題での連携を考えると、インドは中国を
逆包囲したいんでしょうけど、ロシア、日本はアフガニスタンで
アメリカが失敗することを望んでいるような気がします。

中国の相対的な経済力が、インド(日本+台湾+ロシア?+韓国?)
を上回る時代になりそうですが、
やっぱインドはアメリカを中国から引き離したがるんですかね?
それとも、ヨーロッパ、ロシアとの関係を強めていくんですかね?
イギリスは、当然そこらへんをコントロールしたがりますよねw

オバマ大統領のノーベル平和賞受賞は、(オバマの)アメリカ外交の
選択肢(軍事面を道徳的な鎖)を縛ったように思えます。
Commented by rop at 2009-10-10 10:49 x
結婚か・・・よかったね!
Commented by ろんろん at 2009-10-10 13:09 x
かプランは中国の「ただ乗り戦略」をアユナック銅山に見たわけですね。けれど、ほかの鉱山開発も全て中国…ということではないのか? ここらへん、もう少し調べてみる価値がありそうですね。アフガンにはインド資本もかなりの数入っていると言うし。どちらにせよ、長男的存在のアメリカは得意のお節介焼きでババひいていることは間違いないですが。

>Oinkさま
>オバマ大統領のノーベル平和賞受賞は、(オバマの)アメリカ外交の
選択肢(軍事面を道徳的な鎖)を縛ったように思えます。

確かにそうですね。この受賞でアメリカの出方が封じ込められたと言えるわけで。
ノルウェーは何を考えているのでしょうか? アメリカ弱体化と多極化のさらなる推進? それによりノルウェーは何かを得られるのか? 
戦前の平沼騏一郎首相じゃないですが、まさに「国際政治は複雑怪奇」ですね。
Commented at 2009-10-10 19:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wuhho at 2009-10-11 13:14 x
朝日新聞はアユナックという地名をアユナクと表記しているようです。

【物流網 中国着々 アフガニスタン 鉄道に巨大投資】[2009/10/10 朝刊9面]

上記の記事が「巨竜の影 中国建国60年」という特集記事の第一回目として掲載されていました。ネット上では見当たらなかったので,日頃の感謝も兼ね,一部抜粋します。

・今年の7月,鉱山の開所式と時期を合わせて近くのバザールで爆弾テロが起き,25人が死亡したが,その後も中国人技術者を乗せた重武装の車列が毎日往来している。

・銅山の入札で,中国の国有企業「中国冶金科工集団」は新生アフガン投資で過去最高額の35億ドルを提示した。これは応札した6社の中では群を抜いている。

・中国は銅を運び出す鉄道の建設も提案している。東はパキスタン国境,北は中央アジアを経てウィグルに至るものだ。

・アフガンに鉄道はないが,かつての「グレート・ゲーム」時代に,イギリスはパキスタン領に二本建設している。カラチから,カイバル峠に近いランディコタールと,アフガン南部のチャマンまでだ。
Commented by wuhho at 2009-10-11 13:18 x
・中国とは別に,アジア開発銀行の鉄道計画もある。ウズベキスタン国境から北部マザリシャリフへの75kmの鉄道延伸計画だ。

・同銀行のアフガン事務所長クレイグ・ステファンセンは「アフガンは貿易のハブになる可能性がある。ただ中国案のように大規模な鉄道を実現するのは容易ではない」とし,理由として,険しい山岳地形や治安の悪さである。膨大な建設費負担の問題を挙げた。

・さらに同所長は「新生アフガンに注がれた援助総額を上回るほどの投資が必要で,銅山の利益だけまかなえるかどうか。ただ,中国はアラビア海へ通じるルートの確保を重視している。50年,100年の単位で国益を考えているのだろう」と指摘した。

・中国は既にインド洋沿岸のミャンマーと,雲南省へ至る石油パイプラインの建設で合意している。また,パキスタン・具和ダルに港湾も建設しており,アフガン鉄道と結べばもう一つの生命線となりうる。
Commented by wuhho at 2009-10-11 13:19 x
・腐敗にまみれたカルザイ政権に対し距離を置く欧米の動きが表面化してきた。カブール大学法学部のワディル・サフィ教授は「欧米の穴を埋めるように,(カルザイ)政権は別の方を向き始めている。アフガンは興亡する大国と距離を保ちつつ生き残りを図るしかない」と述べた。

なお,紙面では,アフガン及び周辺諸国の既設路線と,中国及びアジア開発銀行の計画路線を地図で掲載しており,とても興味深いです。

---------------------------------------

ロイターの9/17付けの記事では下記のようなものもありました。

<米軍の性急なアフガン撤退、地域に「破滅的混乱」も>
ttp://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-11540820090917

欧米軍の急速な撤退によって,軍事的真空状態が生まれると,タリバンの復活につながり、首都カブールもすぐに制圧される可能性があり,さらに,自信を得たタリバンは核保有国でもあるパキスタンでも勢力を拡大し,現実的な懸念となりうるとしています。なお,米軍などの撤退コストは「現在投じられている金額をはるかに上回るだろう」とのこと。こんな中,早速,パキスタンの軍司令部がテロリストに襲撃されました。
Commented by wuhho at 2009-10-11 13:21 x
> 朝日新聞はアユナックという地名をアユナクと表記

失礼しました。「アイナク」でした。。。
Commented by wuhho at 2009-10-11 21:43 x
<岡田外相、アフガニスタンを電撃訪問>
ttp://www.afpbb.com/article/politics/2651547/4746155

> 外務省は、8月の大統領選挙を受け、安定した政権を作るようアフガニスタン首脳部に求めるのが訪問の目的だと発表した。日本のメディアはアフガニスタンの復興における日本の貢献策などについて話し合うとみられると伝えた。

> 岡田外相は同日中にパキスタンに入って12日まで滞在し、13~14日にはインドネシアを訪問する。(c)AFP

Commented by wuhho at 2009-10-11 22:20 x
<地獄の戦線アフガニスタン:壮絶10mの接近戦 2009.10.3>
Commented by at 2009-10-12 20:42 x
ロシア天然ガス整備 仏企業参加 輸出経路 ウクライナ外し
ttp://www.business-i.jp/news/special-page/oxford/200910090011o.nwc

あれほどウクライナに肩入れし、グルジアを持ち上げたのに、
ロシアのウクライナ外しに協力し、グルジアに不利な報告をEUが出す、
これが国際政治の残酷さなのでしょうか。
米中による日本脅威論、日本封じ込め、無いとは言えませんね。
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 21:52
Oink さんへ

>2chでもこの記事に注目していた人はいました

やはりそうですか。

>中国の対インド包囲網が強化?完成されつつある

お互いに「囲み囲まれ」をやっているわけで(笑

>ロシア、日本はアフガニスタンでアメリカが失敗することを望んでいるような気が

どうなんですかねぇ。ロシアも微妙だと思います。感情面ではたしかに失敗してほしいかも知れませんが(笑

>やっぱインドはアメリカを中国から引き離したがるんですかね?

そう思います。

>それとも、ヨーロッパ、ロシアとの関係を強めていくんですかね?

色々とやるでしょうね。

>アメリカ外交の選択肢(軍事面を道徳的な鎖)を縛った

オバマ自身もこれを自覚しているようなスピーチしてましたな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 21:53
rop さんへ

>結婚か・・・よかったね!

招待状が届くのを待ちたいと思います。しかしやるとなったら中国でやるんですかね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 21:57
ろんろんさんへ

>鉱山開発も全て中国…ということではないのか? ここらへん、もう少し調べてみる価値が

ありそうですね。

>アフガンにはインド資本もかなりの数入っている

そういえばインド大使館が爆破されてましたな。

>ノルウェーは何を考えているのでしょうか? アメリカ弱体化と多極化のさらなる推進?

どうなんですかね。彼らはかなり政治的に受賞者を決めていることは確かですな。

>「国際政治は複雑怪奇」ですね。

たしかに(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 21:59
waterloo さんへ

>ジャブを細かく打ち続けますね、この人は。

たしかにそうですなぁ(笑)まあ向こう側へのメッセージでしょうね。

>格言16「相手も決定権を持っている」(本では敵でしたが)を心に置いておかないと。正直、恐くなってきました。

たしかに(苦笑)彼にはバランス感覚が必要ですね。

>凄いブラックジョークに成りそうな予感。

なりそうですね(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 22:04
wuhho さんへ

>アフガニスタン 鉄道に巨大投資

ランドパワーですなぁ。

>日頃の感謝も兼ね,一部抜粋します。

ありがたいです。

>近くのバザールで爆弾テロが起き,25人が死亡

やられてますねー。

>銅を運び出す鉄道の建設も提案している。東はパキスタン国境,北は中央アジアを経てウィグルに至るもの

まさにランドパワーたるゆえんがここに。

>中国とは別に,アジア開発銀行の鉄道計画

なるほど。

>「アフガンは貿易のハブになる可能性がある

中国にまかせればいいのでは。

>中国はアラビア海へ通じるルートの確保を重視している

いい指摘ですねぇ。

>アフガン及び周辺諸国の既設路線と,中国及びアジア開発銀行の計画路線を地図で掲載

これはたしかに興味深い。私も来年日本に帰ったらさっそく入手したいと思います。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 22:12
wuhho さんへ

>欧米軍の急速な撤退によって,軍事的真空状態が生まれる

まあそうでしょうなぁ。

>なお,米軍などの撤退コストは「現在投じられている金額をはるかに上回る

そうなんですよね。ロジスティクスでは撤退のほうが大変ですから。

>パキスタンの軍司令部がテロリストに襲撃

陸軍の司令部ですよね。終わってますな。

> Commented by wuhho at 2009-10-11 13:21 x
> 「アイナク」でした。

では記事のほうも書き換えておきます。

>日本のメディアはアフガニスタンの復興における日本の貢献策などについて話し合うとみられると伝えた

とりあえずは姿勢を見せた、ということですな。

>壮絶10mの接近戦

これはCBSのやつですね。私も見ました。一瞬ですがたしかに壮絶ですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 22:14
派さんへ

>ロシア天然ガス整備 仏企業参加 輸出経路 ウクライナ外し

きましたねぇ。

>ロシアのウクライナ外しに協力し、グルジアに不利な報告をEUが出す、これが国際政治の残酷さ

そういうことでしょうなぁ。

>米中による日本脅威論、日本封じ込め、無いとは言えませんね。

利用するかされるか、ですからね。コメントありがとうございました
Commented by waterloo at 2009-10-17 11:43 x
オバマ氏に平和賞、ノーベル賞委員長が独断?
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091016-OYT1T00135.htm

野党の進歩党と保守党もここにきて公然とヤーグラン(ノルウェー・ノーベル賞委員会 )委員長の辞任を求め出した。委員長が9月、民主主義と法治を促進する国際機構・欧州会議(47か国加盟)事務局長に就任し、兼職となったことでノーベル平和賞の公正中立が損なわれるとの主張だ。

ttp://sankei.jp.msn.com/world/america/091010/amr0910101842013-n1.htm

この動きってイランの核協議とも連動しているんですかねえ。
by masa_the_man | 2009-10-10 09:15 | 日記 | Comments(19)