戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ランチミーティング再開

今日のイギリス南部は気温がやや高めでしたが、朝から小雨が降り続いてジメジメした一日でした。

こっちのメディアでは最近イギリス政府がMI5の新たな情報を公開したとのことで連日のように報道がありまして、インテリジェンス関係の研究者には垂涎の状況が続いておりますね。

私はこの分野は専門じゃないのですが、それでもインテリジェンスは戦略の階層のけっこう上のほう(世界観)に影響を与えることなので、ちょっと気になります。

さて、久々にコースメイトたちに会ってきましたのでその報告を。

我々のような戦略学のドクターコースをやっている研究生たちは、今学期も毎週火曜日の昼から一時間だけインフォーマルなランチミーティングを行うことになりました。

ところが今学期から少し趣旨が変わりまして、持ち回りで生徒の一人が20分ほど議論したいネタをみんなの前で語り、それについて集まった人々の中で議論をする、ということになったのです。

ネタは戦略や安全保障に関することだったらなんでもいいのですが、とにかく約束としてはみんなの興味を引くネタを10分〜20分以内で語ること。

内容については自分が本気で信じていようといまいと関係なく、とにかく議論を戦わせるようなものであればオッケーとのことです。

来週の火曜日に発表する人はすでに決まっており、イギリス人の若い軍人志望だった生徒が「インターネットの物理地理」という感じのネタを発表すると言ってました。

これは拙訳『進化する地政学』の中のローンズデール氏による「インフォメーション・パワー」という章とけっこう近い内容を話すのではないかと。

今回のミーティングはこのような事務的な内容を説明しただけで終了したのですが、その後にみんなで先生のオフィスに行ったときに、先生が現在教えている学部生レベルの戦略学のクラスのシラバスをもらってきました。

ここで書いてあったことが本ブログをご覧のみなさんの参考になるかと思いましたので、とりあえず書きだしておきます。

内容はズバリ、学期末に提出する小論文(エッセイ)のテーマです。

====

★今学期末(12月はじめ)までに提出するエッセイのテーマを、以下の三つの中から選べ。

1、クラウゼヴィッツは『戦争論』の中で、戦争には変わるものと変わらないものがある、ということをこと色々な箇所で説明しているが、その中のどの主張が一番説得力のあるものだと思う?

2、産業革命が戦争に及ぼした影響は何か?

3、第一次世界大戦に参加していた国々は、決定的な勝利を達成する収めるためにこれほどまでに莫大なコストがかかり、しかも大変だったことに驚いたわけだが、これはなぜ?

★来学期末(4月はじめ)までに提出するエッセイのテーマを、以下の四つの中から選べ。

1、第二次世界大戦というのは、やはり第一次世界大戦の(講和条約を含む)結果から生まれたものだろうか?

2、なぜ冷戦は第三次世界大戦の勃発につながらなかったのだろうか?

3、「クラウゼヴィッツは戦争についての適度な理論を提唱したが、まだ平和についての適度な理論は存在しない」これについて議論せよ。

4、トゥキディデスは、(戦争の決定を含む)国家を動かす際に、最も重要な動機となるのが「恐怖、名誉、利益」であると説いたわけだが、自分の好みの紛争の例を二つ使って、このギリシャの歴史家の有名な三位一体論を分析せよ。

=====

以上です。

どれだけ書けばいいのかはまだ知らされてませんが、おそらくワードで10枚くらいの分量でまとめるものかと。

学部生にこの質問はちょっと厳しいですかね?

ちなみにこのコースのメインの教科書はこれです。

War, Peace and International Relations: An Introduction to Strategic History (Strategy and History)
by Colin S. Gray

「我田引水」的な気がしないでもないですが(苦笑

副読本などについてはまた後ほどご紹介していきます。
b0015356_5455445.jpg
(近所の風景)
Commented by rop at 2009-10-07 08:13 x
エッセイにレジュメで朝鮮!

1の1、ロジスティクスの重要性の浮上
1の2、生産力及び生産力に比例した攻撃力の増大
1の3、攻撃力および組織力の全面衝突が、ナポレオン戦争と比較して想像を絶する破壊と犠牲をもたらしたから

2の1、ケインズ『平和の経済的帰結』で述べられている通りヴェルサイユ講和条約から生まれた
2の2、第二次大戦を上回る破壊と犠牲は相互破滅に至ることが想像されたから。→相互確証破壊
2の3、クラウゼヴィッツの考えに沿えば、戦争は外交の失敗の産物と言える。外交についての適度な理論はあるから、この問いの設定はフォールス・ジレンマである
2の4、トゥキディデス『戦史』は読んでないのでお手上げですw 蛇足ながら何か書きますが「恐怖、名誉、利益」の三位一体よりは hope⇔fear、honour⇔shame、gain⇔loss (both fiscal and non-fiscal) の3座標軸を指定する三角座標モデルのほうが可視化しやすくなりませんかね?
Commented by at 2009-10-07 08:40 x
//globe.asahi.com/feature/091005/02_1.html

現政権は台湾を死守する気はあるのでしょうか。
NHKは偏向番組で台湾市民を刺激しているようですが...。
Commented by 山田洋行 at 2009-10-07 10:12 x
うわ! 興味深いテーマですね。
1-1と2-3、2-4辺りでしたら質は良くないですが、今の私でも小論できそうです。クラウゼヴィッツ大好き(笑)

1-1は暴力でしょう。次いで偶然、摩擦、、三位一体などかなと。別枠で政治的目的の存在
2-3は勝利を目的に結びつけることの困難さ

てな結論で論じてみたいですね。
Commented by ハスミ at 2009-10-07 11:06 x
 精神科医ですが僕も朝鮮w

1-1 わかりませんw
1-2 産業革命とそれに続く改革によって達成された生産力の飛躍的な増大と各種工業製品の規格化により、武器の攻撃力が質量ともに増幅され、それまで見たこともないような戦死者と被害をもたらしたこと
1-3 多国間を巻き込む初の総力戦であったこと、開戦前まで敵野戦軍の撃滅が勝利条件であったのに、塹壕線が東西両戦線で形成されてグタグタになってしまったから、加えて大した被害はなかったけど毒ガス、戦車、爆撃機の実戦投入とそれによる心理的幻惑効果

2-1 やはり戦後処理のまずさ故だと思います。アホみたいな賠償額を押し付けてハーパーインフレを招きゲルマン民族に恨みを滞留させた。それとやっぱり大恐慌ですかね。でも太平洋で日米が激突するのは必然だったかも。
2-2 やっぱり理性のひとかけらが残されていたから、セーガンらによる核兵器の誇張された被害予測、というかそもそも米ソ間に核戦争を起こしてまでも争われるほどの対立はないと両陣営が認識してたから
2-3 だって戦争についてしゃべくるほうがおもしろいじゃん!
2-4 見当もつきませんw

 採点お願いしますです。
Commented by nanashi at 2009-10-07 11:25 x
2-1 陰謀 
ナチスは、日本のパロディー
ハーケンクロイツは、日の丸と仏教のマークを逆転させて作ったもの
ヒトラーは昭和天皇のパロディー(だから役者は死んでない)
第二次大戦は、極東の日本が中国を支配して欧米が手出しできなくなるのを恐れたため
不戦条約のために、欧米からは手出しが出来ない
日本を取り巻く国際関係を清算するための一連の戦略
Commented by エルトリューム at 2009-10-07 11:47 x
大変興味深い設問ですが、あえて朝鮮!
2-産業革命が戦争にもたらしたシロモノとは、いろいろあるでしょうが、個人的には「規格」という考え方だと思います。
大量生産する為には、どうしても「効率」を追求する必要があり、「効率」を達成する為には、評価の基準となる「規格」が決まっていなければお話にならない。生産現場での「規格」という考え方は戦争の思考にも応用されて、たとえば戦場での砲撃で、一定の面積に何発砲弾を落とせば、そこにいる敵部隊を壊滅させることが出来るのか?といった数学的思考が発展。敵主力を壊滅させ勝利に導くためには、生産方式を応用した、兵力の投入、弾の消費、占領地帯の拡大、物資の輸送、とすべてを一定の「規格」に元付いて思考するように訓練付けられてしまった結果が、前代見聞の、企業にあらず国家の潰しあいにまで発展してしまった原因ではなかろうか?と愚考致します。
Commented by エルトリューム at 2009-10-07 12:10 x
エッセイについても朝鮮!

2-第三次大戦に繋がらなかったのは、個人的には「軍事的な戦力差」よりも、開戦の決定をする権力者に情報提供をしていた、「情報部」の働きが大きかったのではないか?と愚考しております。例としては、1983年の「エーブル・アーチャー事件」なんかが有名ですが、これは日本なんぞよりもイギリスで調べた方が良い資料は多いと存じます。
短期的には、いくつか本当に危ない状態(ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95)もありましたが、個人的な判断で救われました。ソビエトに限らず、アメリカでもノーラッドのコンピューターのチップが故障して、ソビエトの架空のミサイルを探知した例もありましたが、総じて、開戦の決定をする最高権力者に「戦争の兆候なし」と報告し続けた米ソ情報部の存在が一番大きなものではなかったのではなかろうか?と愚考致します。
Commented at 2009-10-07 19:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-10-07 20:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 名無し at 2009-10-07 20:58 x
nanashiさんを右翼のように非難していた人がいましたが、
最初からどう見ても馬鹿サヨ系ですよねぇ
Commented by ひろ at 2009-10-07 21:07 x
 エッセイはどれも興味深いテーマですね。しかし皆さん凄い。
 私なりにお題について考えてみました。1-3について。これは、大国同士が同盟を組んで戦ったからではないかと思います。日露戦争や普仏戦争においても、戦争当事国は同盟を組んで戦いましたが、基本的に戦場では1対1の戦争に過ぎませんでした。しかしWW1は大国が同盟国と協商国の真っ二つに割れたため、終戦の為の斡旋に動く中立の大国がいなかった(アメリカは実質協商国側の中立国)と考えれば、だらだらと戦争が続いた1つの理由ではないかと。アメリカとしても英仏が潰れては多額の不良債権を抱えることになるので、「勝利なき平和」と声明を出すだけで積極的な和平仲介をせず、英仏の兵站基地の役目を果たし続けたのではないでしょうか。さらに1-2も関連して、戦場での死傷者数が天文学的な数字になったことで、為政者と国民の両方が血に酔ったか、あるいは思考停止に陥ったかしたことも理由だと思います。お題2については、考えがまとまらないので、お詫びに頭を丸刈りにし、かつ校歌を毛筆でA4ペーパーに書いて教授のお慈悲を請います。
Commented by at 2009-10-07 23:23 x
>2、なぜ冷戦は第三次世界大戦の勃発につながらなかったのだろうか?
核兵器の存在が大きい。
米ソが本格的な対立にいたれば、ダメージではなくお互い殲滅される可能性がある、壊滅をかけて争うほどの価値は無い、と考えたから。
核保有国と非核国では何度も戦争をしている。
Commented by nanashi at 2009-10-08 06:59 x
ヒトラーは、1920年あたりから活動をはじめ、昭和天皇の即位は1926年だから、パロディーは無いな。
しかし、マッカーサーは、太平洋戦争が無ければ、日本は中国の大部分を支配していただろうと言っていましたよ。私は、短時間ではそれは無理だったと思いますが、たとえば戦争が無くて満州国がもう15年存続して建国30年。最初の満州国民が30歳になるというような状況が続けば相当に変わっていただろうと思います。ハウスホーファーが日本の拡大に驚いたのはそういうことだろうと思います。
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:26
ropさんへ

>レジュメで朝鮮!

おおっ、きましたね。

>1の1、ロジスティクスの重要性の浮上

ズバっときましたね。

>1の2、生産力及び生産力に比例した攻撃力の増大

なるほど。

>1の3、攻撃力および組織力の全面衝突が・・・想像を絶する破壊と犠牲をもたらした

そうですな。

>2の1、ケインズ『平和の経済的帰結』で述べられている通りヴェルサイユ講和条約

ですね。

>2の2、→相互確証破壊

これは戦略学らしい答えです。

>2の3、外交についての適度な理論はあるから、この問いの設定はフォールス・ジレンマ

逆説的にきましたね。

>「恐怖、名誉、利益」の三位一体よりは hope⇔fear、honour⇔shame、gain⇔loss (both fiscal and non-fiscal) の3座標軸を指定する三角座標モデルのほうが

逆をついたということですね。これはいいかも知れません。ただし失うことの「恐怖」ということでまた「恐怖」にまとめられるかも知れませんが。コメントありがとうざいました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:30
Tさんへ

>最近、中国の海軍関係者や研究者が頻繁に引用しているのが、19世紀後半から20世紀初頭にかけて米国で活躍した著名な海軍戦略家、アルフレッド・マハンだ

地政学の季節ですねぇ。

>現政権は台湾を死守する気はあるのでしょうか。

ハッキリ言って、ないと思います(苦笑

>NHKは偏向番組で台湾市民を刺激しているようですが...。

エージェントでも紛れ込んでいるんですかね。あそこまでくると異常ですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:33
山田さんへ

>うわ! 興味深いテーマですね。

お、そう思われますか。喜んでいただければ幸いです。

>今の私でも小論できそうです。クラウゼヴィッツ大好き(笑)

ああ、なるほど(笑)たしかにいけそうですなぁ。

>1-1は暴力でしょう。次いで偶然、摩擦、、三位一体などかなと。別枠で政治的目的の存在

いいですね。日本には少なめな視点で分析していただければ。

>2-3は勝利を目的に結びつけることの困難さ

なるほど。結論はこれでいいと思いますが、本当の勝負は「それをいかに論じるか」という部分なんですよね。これについて後で少し書いてみます。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:38
ハスミさんへ

>精神科医ですが

このブログには本当に色々な人が(笑

>1-2 産業革命とそれに続く改革によって達成された生産力の飛躍的な増大と各種工業製品の規格化

なるほど。いいんじゃないでしょうか。

>1-3 多国間を巻き込む初の総力戦であったこと、

「総力戦」ですよね、ほんと。

>2-1 やはり戦後処理のまずさ故だと

政治的にあまり問題解決になってませんでしたからね。

>それとやっぱり大恐慌ですかね。

これは大きいですよね。

>2-2 やっぱり理性のひとかけらが残されていたから

「理性」ですか。アメリカでは理性的に核戦争に勝とうという人もおりましたが(苦笑

>2-3 だって戦争についてしゃべくるほうがおもしろいじゃん!

わははは(笑

>採点お願いしますです。

いや、しませんよ(笑)本当の勝負はここから、ということですから。答えを先に準備しておいて、そこにどうもっていくかが採点対象なんですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:44
エルトリュームさんへ

>あえて朝鮮!

お、きますねぇ。

>2-個人的には「規格」という考え方だと思います。

あー、絞ってきましたな。

>数学的思考が発展。

というか、「数学的思考」でもよいのでは?

>国家の潰しあいにまで発展してしまった原因ではなかろうか?

たしかにこの時期のヨーロッパは異様ですよね。

>2-第三次大戦に繋がらなかったのは、個人的には「軍事的な戦力差」よりも、開戦の決定をする権力者に情報提供をしていた、「情報部」の働きが大きかったのではないか?

最近のインテリジェンス関連の研究の盛り上がりと一緒に考えれば面白い視点ですね。

>総じて、開戦の決定をする最高権力者に「戦争の兆候なし」と報告し続けた米ソ情報部の存在が一番大きなものではなかったのではなかろうか?

いいと思います。答えとネタはありますので、あとは情報部の影響の強さの証拠をみつけてうまくまとめて書くだけですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:45
waterloo さんへ

>1-1 戦争の意味(他の手段を持ってする政策の継続に他ならない)と、その結果が絶対的なものではないという主張。

いや、いいんじゃないですか?

>2-3 戦争の終わり(結果)には成功(勝利)が有り得るが、平和の終わり(結果)は失敗だから。

おー、うちの先生が喜びそうな答えです(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:47
アラカワさんへ

>お時間がある時で結構ですが、いつかそのことについて書いていただきたいです。

なるほど。しかしこれについては私も少し調べて書かないとあかんですな。了解しました。そのうち書きますのでいましばらくお待ちを。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:53
名無しさんへ

>最初からどう見ても馬鹿サヨ系ですよねぇ

うーん、私は「馬鹿」という形容詞はつけたくないですが、基本的に「超反米」であることはたしかですね。それと中国に対して異様に敗北主義ですが。まあnanashiさんのような視点も興味深いので私は彼の書き込みはむしろ大歓迎なんですが、ひとつ問題があるとすれば、彼が根拠や証拠を示さないために、いまひとつ主張に説得力のないことでしょうか。ロジックや証拠をしっかりと示してくれれば全然問題ないんですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 07:56
ひろさんへ

>1-3について。これは、大国同士が同盟を組んで戦ったからではないかと

ああ、なるほど。

>中立の大国がいなかった(アメリカは実質協商国側の中立国)と考えれば、だらだらと戦争が続いた1つの理由ではないかと

いいんじゃないですか。

>為政者と国民の両方が血に酔ったか、あるいは思考停止に陥ったかしたことも理由

ありますね。

>2については、考えがまとまらないので、お詫びに頭を丸刈りにし、かつ校歌を毛筆でA4ペーパーに書いて教授のお慈悲を

うーむ、校歌ではなく「軍人勅諭」か「教育勅語」でお願いしたいですなぁ(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 08:00
nanashiさんへ

>2-1 陰謀

おおっ、また大胆な(笑

>ナチスは、日本のパロディー、ハーケンクロイツは、日の丸と仏教のマークを逆転させて作ったもの

面白いんですが、根拠とか証拠は?

>第二次大戦は、極東の日本が中国を支配して欧米が手出しできなくなるのを恐れたため

これは一理あるでしょうね。門戸開放ですから。

>日本を取り巻く国際関係を清算するための一連の戦略

それほど日本にフォーカスはなかったと思いますが・・・。

>ヒトラーは、1920年あたりから活動をはじめ、昭和天皇の即位は1926年だから、パロディーは無いな。

お、さっそく否定しましたね。

>最初の満州国民が30歳になるというような状況が続けば相当に変わっていただろうと思います。

あるでしょうね。

>ハウスホーファーが日本の拡大に驚いたのはそういうことだろうと思います。

どうなんですかね。彼はむしろ中国に深入りすることを危惧していたようですが・・・。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-08 08:03
派さんへ

>核兵器の存在が大きい。

あー、いいですね。

>核保有国と非核国では何度も戦争をしている。

しかしインドとパキスタンは両方とも核保有国ですが小競り合いはしてますよね。ここら辺で少し突っ込まれるかも?でも証拠をばっちり固めればいい点とれる可能性ありますね。コメントありがとうございました
Commented by その筋の人 at 2009-10-12 22:14 x
遅レスですいませんが、私も朝鮮!!

3、第一次世界大戦に参加していた国々は、決定的な勝利を達成する収めるためにこれほどまでに莫大なコストがかかり、しかも大変だったことに驚いたわけだが、これはなぜ?

いきなり答えだけ言いますと、フリッツ・ハーバーがいたから以上!
僅か一行で終わります。(^_^;)

毒ガス開発の父ハーバー
ttp://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4022599340/378-5537648-0024314?SubscriptionId=0C760DFJTH2FN8YG3CR2

因みに私の話の趣旨としては、毒ガス以外のハーバーの貢献に目を向けて貰えればと思います。
ハーバーがいなければ、最長でも2年で終わる筈だったの戦争だったのですが・・・。
Commented by その筋の人 at 2009-10-12 22:29 x
エルトリューム様

>2-産業革命が戦争にもたらしたシロモノとは、いろいろあるでしょうが、個人的には「規格」という考え方だと思います。

「規格」とは工業規格のことでしょうか?
私が産業考古学で学んだ世界初の工業規格は、第一次世界大戦中の米陸軍が真空管の規格を制定し、その後"MIL"スペックとして確立されたと記憶しています。
この説に関して大学の恩師は「現在確認できる資料の中では、最古のものだがこれより古いものがあるかも知れない」と述べておりました。
もし、エルトリューム様が何らかの資料をお持ちでしたら、ご教示頂ければ幸甚です。
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 22:33
その筋の人さんへ

>遅レスですいませんが、私も朝鮮!!

お、きましたね。

>フリッツ・ハーバーがいたから以上!

なるほど、テクノロジー一点突破型の答えですな(笑

>ハーバーがいなければ、最長でも2年で終わる筈だったの戦争だったのですが・・・。

これをしっかりと論証できたらエッセイでもなかなか良い点数がとれるかも知れませんね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-10-12 22:36
その筋の人さんへ

>「規格」とは工業規格のことでしょうか?

かもしれませんね。

>産業考古学で学んだ世界初の工業規格

「産業考古学」なんてあるんですねぇ。これは知りませんでした。

>第一次世界大戦中の米陸軍が真空管の規格を制定し、その後"MIL"スペックとして確立された

なるほど。

>これより古いものがあるかも知れない

非公式なものではけっこうあるかも知れませんね。コメントありがとうございました
Commented by nanashi at 2009-10-14 20:08 x
ムソリーニは英スパイだった=ファシストに意外な過去
10月14日18時37分配信 時事通信

 英紙ガーディアン(電子版)は14日、第2次大戦中のイタリアの独裁者ムソリーニが一時期、英国のスパイとして働いており、報酬として週100ポンドを受け取っていたと報じた。ケンブリッジ大の歴史家ピーター・マートランド博士の研究で明らかになった。
 同紙によると、第1次大戦末期の1917年秋、革命を受け戦線を離脱したロシアにイタリアが続くことを恐れた英国は、当時ジャーナリストだったムソリーニに接近。報酬を与えムソリーニ編集の伊紙「ポポロディタリア」で戦意高揚の報道を続けさせた。当時の100ポンドは、現在の6000ポンド(約85万円)に相当するという。 


やはり、第二次大戦は陰謀だったか。
Commented by masa_the_man at 2009-10-15 09:07
nanashi さんへ

>ムソリーニが一時期、英国のスパイとして働いており、報酬として週100ポンドを受け取っていたと報じた。

おもしろいですなぁ。

>ケンブリッジ大の歴史家ピーター・マートランド博士の研究で明らかになった。

これは最近の情報公開のおかげなんでしょうか。

>当時の100ポンドは、現在の6000ポンド(約85万円)に相当するという。 

つい数ヶ月前のレートだったら120万円くらいの額になりますね。こりゃすごい。

>やはり、第二次大戦は陰謀だったか。

ここはどうなんでしょうねぇ。こんなことしたイギリスは結果的に国力を崩壊させましたし。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-10-07 05:44 | 日記 | Comments(30)