戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

テクノロジーって何?

今日の甲州はとてもスッキリとした秋晴れの一日でした。昼間は暑いですが、夜になるとそろそろ上着が欲しくなります。

さて、ひとつテクノロジーの話を。

といっても、戦略で重要になってくるテクノロジーの話ではなくて、そもそも「テクノロジー」とはどういうことかという、ある意味で哲学的な話を。

すでに最近のエントリーでも書きましたが、テクノロジーというのは「戦略の階層」の最下層に位置する概念になります。

===

※ちなみに最近warterlooさんに精力的に書き込んでいただいている「戦略の階層」の上と下のレベルへの拡大についてですが、これについてはまた詳しく書きます。

===

あまり日本では研究されておりませんが、欧米では文化研究の一環という形で「テクノロジーの哲学」というものが真面目に研究されております。

戦略学の分野でこの辺に造詣が深いのが私がお世話になっているロンドン大学のC教授でして、最近の著作の中でも戦争の倫理的な問題にからめてテクノロジーの文化的な面を哲学的に分析したりしております。

私もC教授に触発された形で「テクノロジーとは何か」ということを、特に最近の米軍による無人機(UAVs)などの活用のされかたに刺激されて文献をちょくちょく読むようになったのですが、面白いのはこのような分野では「テクノロジー」という定義そのものが問題化しているわけです。

これは地政学研究において「地政学とは何か?」という問題が議論されたり、「戦略とは何か?」ということがテーマになるのと一緒です。

で、とりあえず「テクノロジー」についてどのような「定義」がでてきているのかというと、私が知る限りでは以下のようにほぼ三つのものがあるような。

1、テクノロジーを「ツール」や「マシン」のような「道具」(tools)として見るもの。

これは純粋に「人間が使うもの」という意味であり、この定義を想定している人はテクノロジーを中立的(ニュートラル)に見る傾向があるような。これだとテクノロジーを使う人間と道具が切り離されているという捉え方になります。

ひとつ問題なのは、この考え方だと(選挙の集票をする政治組織として)「マシン」のような、「道具を使わない系のテクノロジー」を説明できなくなってしまうことでしょうか。これはテクノロジーを単純に「ハードウェア」として見るからです

2、テクノロジーをルール(rules)として見るもの。

こちらはテクノロジーを「ソフトウェア」としてとらえます。このような立場の人たちは、テクノロジーには何かの目的を果たすための「手段と目的の関係」をもつ決まり事としての部分に注目するわけです。

具体的にはゼロ戦というのは単純にいえば単なるハードウェアなわけですが、ここには当時の日本人の汗と涙の知識という「ソフトウェア」が無ければ存在しえないわけえです。

つまり一番重要なのは、「ゼロ戦」という「結果」よりも、それを生み出している「知識」そのもののほうになるのです。

こうなると、いわゆる「テクニック」というのもこれに近くなるわけで、私が紹介している「戦略の階層」でも、テクノロジーというものをテクニックと同列において、ソフトとハードの両方があることを示しているわけです。

3、テクノロジーを「システム」(system)として見るもの。

ハードとソフトの両方を持っていても、それを人間が活用していなければ意味がありません。たとえば2000年前のギリシャ人たちに今のPCを与えても、それを活用するような社会ではないわけですから彼らにとってPCは全く無意味なわけです。

つまりここではハードとソフトを兼ね備えた「PC」という存在が、「現代社会」というコンテクストに当てはめられて初めて効果を発揮するような「システム」である、という風にとらえられわけです。

いいかえれば、テクノロジーは「組織的に、社会的に、人に使われて、維持されて、修理される」という機能があって初めてテクノロジーたりえる、ということですな。

この考え方だと、テクノロジーはそれ自体で生命をもっていて、人間個人のコントロールは及ばないものであるという想定がでてきやすくなります。

つまり人間は、1のように「ただ単にテクノロジーを使う」という立場ではなくて、テクノロジーというシステムの中に含まれた存在である、ということです。

以上、この三つの定義をまとめると、

1、ハード派
2、ソフト派
3、システム派

ということになるでしょうか。

比較してみると、やはり「システム派」が「ハード派」と「ソフト派」の両方を含んでいるという意味で一番包括的、ということがいえるかも知れません。

で、現在もっとも盛んな研究のされかたはもちろん「システム派」なのですが、欧米、とくにアメリカでは、いまだに1の「ハード派」の考えが庶民の間では一般的です。

まあ映画「ターミネーター」の世界では「システム派」の考え方が出てきているわけですが(苦笑

b0015356_23531562.jpg
(桃の共選所というテクノロジー)
Commented by elmoiy at 2009-09-10 08:06 x
>ハードとソフトの両方を持っていても、それを人間が活用していなければ意味がありません。

一時、「インターネットが広まれば中国も民主化される」という主張がなされましたが、現実には中国共産党は「金盾」をはじめとする様々な手段でインターネットを規制していますね。

また中国のネットユーザーも、「政治の話題には触れないことで弾圧されずネットを楽しみたい」と考えているそうです。

ttp://diamond.jp/series/analysis/10112/
日本の政権交代は語っても、自国政治は語らない中国ネット世代たち
Commented at 2009-09-10 11:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アラスカ at 2009-09-10 15:00 x
>>「道具を使わない系のテクノロジー」
「道具を使わない系のテクノロジー」でも、特に国家のシステムは時代による変化が少ないという特徴があるんですよね。例えば今の北京政府は中国史でありがちな「巨大な官僚組織による政治」と言えますし、民主主義も古代のエーゲ海文明で生まれたものですから。
面白いのはテクノロジーが変わっても、「使う人」と「人とテクノロジーの関係」は変わらないって事ですね。

>>たとえば2000年前のギリシャ人たちに今のPCを与えても、それを活用するような社会ではない

一部の人(当時の数学者とか)は喜びそうですけどね。まあ現代は「今頃太陽系を旅行できるくらいにテクノロジーが進歩していた」くらいしか変わらないでしょうけどね。
Commented at 2009-09-10 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sima at 2009-09-10 21:28 x
テクノロジーは人間の宇宙観・世界観を規定していると思います。
宇宙に浮かぶ地球をテレビの中継を見る前と後の宗教観や世界観の変化。
脳死移植が一般化する世界での死生観の変化。
陳腐ではありますが、戦略の階層の最下層の「技術」が最上層の「宇宙観・世界観」の上にきて、めでたく円環の完成かなと。
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:40
elmoiy さんへ

>現実には中国共産党は「金盾」をはじめとする様々な手段でインターネットを規制していますね。

この「インターネット」というテクノロジーが別のコンテクストにおかれたときに別の使い方をされる、という典型ですな。

>日本の政権交代は語っても、自国政治は語らない中国ネット世代たち

「柔軟」ですなぁ、彼らは(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:41
waterloo さんへ

>これは私が文化についておぼろに考えていた事に近いです。

たしかに「文化」というのは「システム」ですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:48
アラスカ さんへ

>「道具を使わない系のテクノロジー」でも、特に国家のシステムは時代による変化が少ない

ということはアラスカさんはテクノロジーを2の「ソフト派」ではなくて3の「システム派」として見ているわけですな。

>テクノロジーが変わっても、「使う人」と「人とテクノロジーの関係」は変わらないって事ですね。

できればここの関係というものをもう少し詳しく説明してください。これは1の考え方ということですか?

>一部の人(当時の数学者とか)は喜びそうですけどね。

うーむ、これは私が言っていたこととちょっと違います。そもそも彼らには電気がないのでPCを使えません(笑)私が言いたいのはコンテクストが重要ということなんです。アラスカさんの話は相変わらず難しいですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:51
waterloo さんへ

>野菜工場ですが結構動きが有るみたいですね。

やってますなぁ。日本がこれからこれをどう活用していくのか興味あるところです。コメントありがとうございました
Commented by fsmism at 2009-09-10 22:32
名著"銃、病原菌、鉄"でも3の様なことが書いてありましたね。
うろ覚えですが、インターネット技術も日本で役立つが、ミクロネシアの島国では役立たない(使い道がない)とかなんとか。

私も3のシステム派ですね。
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 23:16
simaさんへ

>テクノロジーは人間の宇宙観・世界観を規定していると思います。

「規定」よりも「影響」ですかね。実はマッキンダーについての講演をやった時の後半のテーマがこれでした。

>宇宙に浮かぶ地球をテレビの中継を見る前と後の宗教観や世界観の変化。

テレビと衛星放送とロケット技術というテクノロジーですな。

>陳腐ではありますが、戦略の階層の最下層の「技術」が最上層の「宇宙観・世界観」の上にきて、めでたく円環の完成かなと。

これ、実は私の中のジレンマなのです。テクノロジーは「影響」は変えるのですが、完全に円環は完成しないのかなという感覚もあるのです。詳しくは今後ともエントリーで書いていきたいです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 23:17
fsmism さんへ

>名著"銃、病原菌、鉄"でも3の様なことが書いてありましたね。

ああ、そうだったかも知れません。あの本は素晴らしいですよね。

>うろ覚えですが、インターネット技術も日本で役立つが、ミクロネシアの島国では役立たない(使い道がない)とかなんとか。

そういう意味で「コンテクスト」が重要になるわけで。

>私も3のシステム派ですね。

ああいうのを読むと3に行かざるを得ないところがありますよね。コメントありがとうございました
Commented by fsmism at 2009-09-10 23:22
すみません。私は山田洋行です。 ログイン状態だと自動的に名前がアカウント名になるんですね。

同じ筆者の”文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの ”も面白そうですよね。奥山さんは読まれましたか? ぼくは迷い中です。
Commented by アラスカ at 2009-09-11 02:00 x
>>もう少し詳しく説明してください。

えーと、じゃあ二つに分けて説明します。

「使う人」が変わらないというのは、どんなにテクノロジーが進歩しようと、「(不老不死やサイボーグが現れない限り)それを使う人間は生物学的に変わらない」ということです。
同時に「それを使うのは人間であることは変わらない」という意味でもあります。テクノロジーは「社会」と「道具」の延長線上にあり、そして「社会」と「道具」の両方を使える生物は人間しかいないので。
Commented by アラスカ at 2009-09-11 02:12 x
「人とテクノロジーの関係」が変わらないというのは、「人類は新しいテクノロジーの発見を繰り返してきた」という例を挙げて説明します。

時代が変わっても、新しいテクノロジーが現れたときに起きる現象(人とテクノロジーの関わり合い)は変わりません。かなり省略してしまえばどれも
「新しいテクノロジーが現れる→不可能が可能になる→様相が変わる→人間は変化(テクノロジーの及ぼす結果)に追いつこうとし、ついには変化を利用する」という形で表せます。

例えば「近代民主主義」があります。「デモクラシーが現れる(新しいテクノロジーが現れる)→国家の所有者が王ではなく国民になる(不可能が可能になる)→革命の波で世界情勢が変化する(様相が変わる)→国民国家が出現し、ナポレオンのようにそれを利用する者さえ現れる(人間は変化に追いつこうとし、ついには変化を利用する)」
Commented by sdi at 2009-09-11 02:12 x
テクノロジーはやはりハードではないかと、と思います。
古い話で恐縮ですが、火縄銃が直ちに軍事革命(RMA)につながったわけではなく軍隊やその軍隊を支える社会構造そのものが変化をきたした結果が、軍事革命につながったわけです。
戦車にしてもフランスやイギリスの戦闘狭義に従ってる限り、電撃戦なんてまず実現できなかったでしょう。
テクノロジーをどう利用するか、という点で考えるとそれはテクノロジーよりもっと上位の階層の概念の範疇なにるんじゃないか、と思います。

Commented by elmoiy at 2009-09-11 09:07 x
>新しいテクノロジーが現れる→不可能が可能になる

新しいテクノロジーが現れても、必ず不可能が可能になるとは限らないのではないでしょうか。例えば中世ヨーロッパでは、ジョン・ウィクリフをはじめとする宗教改革の先駆者たちが現れましたが、彼らの運動は、ことごとくローマ・カトリック教会によって異端として潰されました。
ルターやカルヴァンによる宗教改革が成功したのは、ちょうどその時期ヨーロッパに出現した「主権国家」と結びついたからです。主権国家は自らの正統性を保証する理論的支柱を必要とし、プロテスタントは彼らを保護する世俗的権威を必要としていたので、ある意味、双方の利害が一致して結びついたキリスト教とローマ帝国の関係に似ているかもしれません。

>国民国家が出現し、ナポレオンのようにそれを利用する者さえ現れる

いったん主権国家が出現すると、フランスのリシュリュー枢機卿のように、「国家理性」を唱えてローマ・カトリック教会よりもフランスの国益を優先するという人物さえ現れましたね。
Commented by アラスカ at 2009-09-11 14:21 x
なるほど、じゃあ「主権国家によって不可能が可能になった」というのはどうでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2009-09-15 01:23
山田さんへ

>私は山田洋行です。

ああ、そうだったのですか。どこかで見たHNだと思ったら(笑

>同じ筆者の”文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの ”も面白そうですよね。

私はその存在を知っておりますが、まだ読んでないのです(苦笑)ただし読んで損はないと見ております。なんせあんな面白い本を書いた人ですから。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-15 01:28
アラスカさんへ

>それを使う人間は生物学的に変わらない」ということ

これはよくわかりますが、フクヤマが「人間の終わり」で書いているように、テクノロジーで人間が変わってしまう可能性も否定できません。アレルギーの蔓延なんかはそういえる部分もありますし。

>「社会」と「道具」の両方を使える生物は人間しかいない

そうなんですが、問題なのは人間がテクノロジーという社会の一部に組み込まれてきているという事実なんですよね。

>ついには変化を利用する

何度も繰り返すようで恐縮ですが、「変化に巻き込まれる」というパターンもありますよね。使われるより使われてしまう、というような。それも「システム」です。コメントありがとうございました
例えば「近代民主主義」があります。「デモクラシーが現れる(新しいテクノロジーが現れる)→国家の所有者が王ではなく国民になる(不可能が可能になる)→革命の波で世界情勢が変化する(様相が変わる)→国民国家が出現し、ナポレオンのようにそれを利用する者さえ現れる(人間は変化に追いつこうとし、ついには変化を利用する)」
Commented by masa_the_man at 2009-09-15 01:31
sdi さんへ

>テクノロジーはやはりハードではないかと、と思います。

これも「あり」です。

>戦車にしてもフランスやイギリスの戦闘狭義に従ってる限り、電撃戦なんてまず実現できなかったでしょう。

むむ、そうなると電撃戦というのは「ソフト」面もあるのでは???

>テクノロジーをどう利用するか、という点で考えるとそれはテクノロジーよりもっと上位の階層の概念の範疇なにるんじゃないか、と思います。

ところが欧米の場合は「テクノロジーにはソフト面も含まれる」ということを言うわけです。まあその上の概念(よりソフトなもの)があるという考え方もいいわけですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-15 01:34
elmoiy さんへ

>新しいテクノロジーが現れても、必ず不可能が可能になるとは限らない

「変化しないもの」ですな。

>主権国家は自らの正統性を保証する理論的支柱を必要とし、プロテスタントは彼らを保護する世俗的権威を必要としていた

社会とテクノロジー(システム?)の相互利用のような。

>「国家理性」を唱えてローマ・カトリック教会よりもフランスの国益を優先するという人物さえ現れましたね。

米軍のように、テクノロジーがすごくても文化理解が浅くて負けるというパターンはそういう意味で暗示しているところが大きいわけですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-15 01:35
アラスカ さんへ

>じゃあ「主権国家によって不可能が可能になった」というのはどうでしょうか?

何か「不可能」で、何が「可能になった」のかを見極めるのが大事だと思いますが。コメントありがとうございました
Commented by アラスカ at 2009-09-16 15:23 x
>>何度も繰り返すようで恐縮ですが、「変化に巻き込まれる」というパターンもありますよね。

全ての人が上の「新テクノロジーの四つの段階」のうちの同じ所にいるとは限らないんですよね。
例えばナポレオンは「変化を利用している」段階にいるのですが、ナポレオンに攻められている側は「様相が変わる」段階にいたんです。

>>何か「不可能」で、何が「可能になった」のか

まあelmoiyさんがすでにおっしゃられているので。
Commented by masa_the_man at 2009-09-17 08:31
アラスカさんへ

>全ての人が上の「新テクノロジーの四つの段階」のうちの同じ所にいるとは限らないんですよね。

これを読んでて思ったんですが、アラスカさんの中では「国家」というのは「テクノロジー」なんですか?なんかここで議論されている根本的なところに戻るようで申し訳ないのですが。

>例えばナポレオンは「変化を利用している」段階にいるのですが、ナポレオンに攻められている側は「様相が変わる」段階にいたんです。

考えてみれば、アラスカさんのこの「四つの段階」というのは必ずしもこういう流れにはならないのではないかと。近代民主主義には「バックスライディング」という問題もありますし。コメントありがとうございました
Commented by アラスカ at 2009-09-17 14:21 x
>>「国家」というのは「テクノロジー」なんですか?

ではなく、「国家の制度」やそれの理由となる「アイデンティティーを与える理論」というソフトがテクノロジーって事です。

>>近代民主主義には「バックスライディング」という問題もあります

「バックスライディング」とはなんでしょうか?
Commented by masa_the_man at 2009-09-17 19:34
アラスカさんへ

>「国家の制度」やそれの理由となる「アイデンティティーを与える理論」というソフトがテクノロジー

すいません、「国家」じゃなかったですね。ということで「近代民主制度」(レジーム)が「テクノロジー」ということですな。しかしこうなると定義的に問題があるような気が。アラスカさんとしては「民主制=テクノロジー」ということになるんでしょうか。

>「バックスライディング」とは

すいません、説明不足でした。一度民主制度をとった国家も、後に独裁制に後戻りすることがある、ということです。フクヤマが「歴史の終わり」を書いた時に受けた批判の中でけっこう指摘されました。コメントありがとうございました
Commented by アラスカ at 2009-09-18 20:56 x
>>民主制=テクノロジー
細かく言うと、民主主義の理由づけとなる理論がテクノロジーだと思いました。

>>一度民主制度をとった国家も、後に独裁制に後戻りすることがある、ということです。
よくわかりました。これは難しいですね。
でも、ナショナリズムと貧困が高まると、民主主義であるがゆえに自ら独裁政権を選ぶケースがあるので、あえてああしました。それも民主主義の一面かな、と思ったわけです。
Commented by masa_the_man at 2009-09-18 23:25
アラスカさんへ

>民主主義の理由づけとなる理論がテクノロジー

そうなると「セオリー」=「テクノロジー」ということですか。極端にいえば私の「横綱論」も「テクノロジー」となってしまいますなぁ。これはちょっと厳しいのでは?

>それも民主主義の一面かな、と思ったわけです。

そうなるとナチス独裁も民主主義の一面ということですか。たしかにナチスは民主的手続きを得て出てきましたが・・・。提案なんですが、「民主主義」という言葉は使わないほうがいいのでは?アラスカさんはおそらく「制度」=「システム」という意味で「民主主義」と言っているみたいですが。「民主制度を採用しているがゆえに自ら独裁政権」を選ぶというのならなんとなくわかります。「独裁政権」というのもかなりつっこまれやすい言葉ですが(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by アラスカ at 2009-09-19 22:16 x
「システムの理由づけとなる理論がテクノロジー」って事です。その点、「横綱論はシステムの理由づけとは違う性質ですから。
まあ、お互い揚げ足を取り合っていたらキリがありません。奥山さんが訂正して欲しいという所があるならそうします。
Commented by masa_the_man at 2009-09-20 00:16
アラスカさんへ

>「システムの理由づけとなる理論がテクノロジー」

そうなるとやはりこれは「理論」が「テクノロジー」ということなんですよね???

>「横綱論はシステムの理由づけとは違う性質」

そうなると「システムの理由づけ」が「テクノロジー」ということなんでしょうか??それとも同じ「理論」でも、性格が違うから「横綱論」はテクノロジーじゃないが、「民主主義」はテクノロジーということですか?

>訂正して欲しいという所があるならそうします。

私はべつにアラスカさんにどこかを訂正して欲しいのではなくて、定義を大切に扱ってほしいだけです。そうでないと上のコメント欄のように話がかなり混乱してきてしまいますので。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-09-10 00:00 | 日記 | Comments(31)