戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

訳本の中の名言集:その1

事実、最も暴力的な形であらわれる反米主義のテロリズムも、アメリカの価値観・文化・アメリカのパワーそのものに対する根本的な嫌悪感というよりも、主にアメリカの行動や政策への反応として発生しているように思える・・・

最も顕著な例は、リビアが1987年9月に報復措置として行った、パンナム航空73便のハイジャック事件のハイジャックや、パンナム航空103便の爆破事件、1993年の世界貿易センター爆破事件、そして1991年の在日米軍基地へのロケット発射事件などである。

『米国世界戦略の核心』p.122
Commented by at 2009-09-09 18:05 x
え?ちょっと待ってよ、ハイジャック、航空機爆破、貿易センター爆破と、
在日米軍へのロケット発射が、同格に扱われるんですか?
ロケット発射って誰も怪我人出てないし、大きな損害ってありましたか?
日本にだけ過剰反応してる気がしますね、この著者は。
Commented by elmoiy at 2009-09-09 20:21 x
>アメリカの価値観・文化・アメリカのパワーそのものに対する根本的な嫌悪感というよりも、主にアメリカの行動や政策への反応として発生しているように思える・・・

太平洋戦争前の日本も、アメリカとの関係がどんどん悪化していく中で、庶民はハリウッド映画を楽しんでいましたね(笑)

アラブ世界の反米感情も、アメリカに対する期待や依存がまず最初にあり、
それが満たされないことによる反発によって生じてくるものが多いのだとか。
Commented by nanashi at 2009-09-09 20:49 x
イラクやアフガン人を5年以上も苦しめる米国に嫌悪感を持っています。
覇権国なんだから1~2年で形を付けろよと思う。
こんなに長く掛かるなら最初からやるな
尊敬や畏怖などない。
非常に醜い。 醜悪だと思う。
Commented by ma9 at 2009-09-09 23:31 x
火種=アメリカの具体的な行動や政策
燃料=アメリカ的なものそれ自体

だったり?
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:25
派さんへ

>在日米軍へのロケット発射が、同格に扱われるんですか?

そういうことみたいです(笑

>日本にだけ過剰反応してる気がしますね、この著者は。

まあこれは「歴史」に原因があるんでしょうな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:27
elmoiy さんへ

>太平洋戦争前の日本も、アメリカとの関係がどんどん悪化していく中で、庶民はハリウッド映画を楽しんでいました

ああ、ありがちな(苦笑

>アラブ世界の反米感情も、アメリカに対する期待や依存がまず最初にあり、それが満たされないことによる反発によって生じてくるものが多いのだとか。

ウォルトはアラブの富豪が子息たちをアメリカの大学に留学させたがっている点を指摘しております。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:29
nanashi さんへ

>覇権国なんだから1~2年で形を付けろよと思う。

片付けられない理由が「覇権国だから」という点にあるとも言えそうです。

>非常に醜い。 醜悪だと思う。

まあ「帝国」というのは基本的にこういうものでしょうね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-09-10 21:31
ma9さんへ

>火種=アメリカの具体的な行動や政策、燃料=アメリカ的なものそれ自体

そうかも知れませんね。複合的な原因かも知れません。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-09-09 11:56 | 日記 | Comments(8)