戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

兵頭二十八氏の講演会

今日の東京はまたまたよく晴れまして、残暑の厳しい一日でした。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、日本安全保障倫理啓発機構主催の兵頭二十八氏の講演会の司会とコーディネーターを本日つとめてまいりました。

兵頭氏はもちろん写真で見たことがあるだけで、文章から受ける印象としてちょっとコワい人を想像していたのですが、会ってみたら本当にくだけた気さくなかたで、打ち合わせの時も非常に楽しい会話をさせていただきました。

講演内容については後ほど啓発機構のホームページ等に内容が掲載されると思いますので詳しい話はここではしませんが、アメリカの無人機をはじめとするロボット関連の話や、シナの「浸透」の実態、そして国防の倫理など、とても充実した内容でした。

軍事技術に関する知識はさすがという感じで、この辺の分析の仕方やその意味合いの解釈の話は私も大変勉強になりました。

また、それよりも参考になったのは、彼の執筆者としての仕事の仕方の部分であり、これは以下のように三つのポイントにまとめられます。

1、本を徹底的に汚す
2、メモを書いたら、その本は捨ててしまう
3、朝四時半くらいに起きて仕事する

とくに面白かったのは「早起きをしたら精神的に前向きになれた」とおっしゃっていたところでしょうか。

実は私も「早起き本」を昔読んだことがあって、このようなことを書いていたことを思い出しました。

彼の一日の仕事のスタイルですが、朝まずおきてから軍事関連のネットのサイト10個くらいを一時間巡回してから執筆の仕事を始めるとのことですが、「かな入力」を駆使して午前中にとにかく書きまくるとのことです。

現在は北海道に住んでいらっしゃるとのことですが、ネットのおかげであまり仕事上の不便は感じないとか。テレビは見ないし、新聞もとっていないとのこと。

笑ってしまったのは、なんと二日間同じホテルの隣同士の部屋に滞在していたという事実です(笑

とにかく刺激的な一日でした。
b0015356_23462732.jpg

Commented by 柴崎力栄 at 2009-08-30 00:08 x
奥山さん..。その三カ条は講演会では出なかった話しなので、兵頭さんから聞き取ったことがらですね。

兵頭さんは函館に在住なので、チークポイントに着目すると、知らないうちに、その付近...この場合は津軽海峡に住まいを定めることになるのかと思っていしまう。

「国防の倫理」!!!。表に出る文書では、慎重に「安全保障倫理」と言っているのに、口語では「国防の倫理」という表現が飛び交っていた場所でしたね。
Commented by 柴崎力栄 at 2009-08-30 00:21 x
成功裏に終わりになる社会運動の創設の頃に、その発足集会のような場にいたことが二つほどあります。今日の集会も、その種の実現すべき目的と、その目的が達成されたならば目的実現のための組織も役目を終えて存在をなくしてゆくという見通しが語られた場でした。

面白い場に、参加したという感想が残りました。
Commented by ろんろん at 2009-08-30 00:49 x
ありゃ、奥山先生、「シナ」と書かれていますね。前回までは「中国」だったのですが。
兵頭先生の影響ですか?
Commented by 邪ブラック at 2009-08-30 08:48 x
司会お疲れ様でした!
兵頭さんが求める、国民の意識レベルの話を聞いていたら、頭の中にポエニ戦争時のカルタゴに対する、ローマ市民(不屈の意志力・愛国心・敢闘精神)の話が浮かんできました!
ではでは!
Commented by カカ at 2009-08-30 19:01 x
シナ=秦であり、満州とか、ウイグルとか、チベットの領域を含まない概念ですよね、たしか。
Commented by masa_the_man at 2009-08-31 15:27
柴崎さんへ

>その三カ条は講演会では出なかった話

そうです。これは後の飲み会での発言を私がメモったものでした。

>この場合は津軽海峡に住まいを定めることになるのかと思ってしまう。

なるほど(笑)ありかも知れませんねぇ。

>口語では「国防の倫理」という表現が飛び交っていた

そうなんです(笑)場の雰囲気ってあるんですよね。

>実現すべき目的と、その目的が達成されたならば目的実現のための組織も役目を終えて存在をなくしてゆくという見通しが語られた場

いわれてみればそうでした。舞台の袖の会話でもそうだったのですが、若い人が多かったことと、質問のレベルが高かったことが話題になっていたみたいですよ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-31 15:29
ろんろんさんへ

>「シナ」と書かれていますね。前回までは「中国」だったのですが。

おおっ、なんと鋭い突っ込みを(笑)個人的には「中国」と書くのにも違和感があるので、ほんとうは「チャイニーズ」と書きたいところなんですが。

>兵頭先生の影響ですか?

ここでは兵頭先生のコメントをそのまま報告するかたちであのように書かせていただきました。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-31 15:31
邪ブラックさんへ

>司会お疲れ様でした!

ありがとうございます。実は当日けっこう緊張してました(苦笑

>ローマ市民(不屈の意志力・愛国心・敢闘精神)の話が浮かんで

そうなんですよね。最終的には国民一人一人の意識の部分に直結してくるわけです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-31 15:32
カカ さんへ

>シナ=秦であり、満州とか、ウイグルとか、チベットの領域を含まない概念ですよね、たしか。

そうですよね。そういう意味で私は「チャイニーズ」といいたいのですが・・・コメントありがとうございました
Commented by ろんろん at 2009-08-31 17:28 x
奥山センセイからレスが! 勇気出して書いた甲斐がありました。ありがとうございます。
勇気出して書いたのが「シナが云々」とのツッコミとは奥山ファンとしてどうかなとも思いますが(笑)、国称問題は思想的なところに絡め取られてしまいがちなので、ちょっと心配していたのです。奥山先生の神髄は政治信条の主張ではなくて、一段上に立ち、冷静に情勢を分析することにあると思ったので。

一ファンからの余計な心配でございました。
日英の往復で大変かもしれませんが、くれぐれもご自愛くださいませ。
Commented by masa_the_man at 2009-08-31 22:08
ろんろん さんへ

>国称問題は思想的なところに絡め取られてしまいがちなので、ちょっと心配

そうなんですよね、これがコワい。

>政治信条の主張ではなくて、一段上に立ち、冷静に情勢を分析することにあると思ったので。

そう思っていただけるとありがたいです。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-08-29 23:20 | 日記 | Comments(11)