戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

「パワー」の研究:その2

今朝の甲州は朝から快晴です。富士山もしっかり見えますから、かなり空気も澄んでいると思われます。

昨日のことですが、麻生首相を見てきました。自分としては現役の国家のリーダーを見るのは初めてです。

パッとみた感じではやはりそれほどオーラを感じなかったのですが、それでも現役首相なりのカリスマみたいなものはやはり感じました。

かなり遠くからでしたが、とりあえず写真をとってきましたのでそのうちここに載せておきます。

さて、パワーの話の続きを。

「パワーには三つの面がある」ということで、その内の二つについては以前のエントリーで簡単に書きましたが、肝心の三つ目についての説明はまだでした。

ということでその三つ目なんですが、これは前の二つのパワーの説明がアクターそのものに帰属したものであったのに対して、パワーは他のプレイヤーたちが形成している状況そのものによって決定されるというものです。

そしてこれを決定するのが「構造」(structure)もしくは社会(society)というものなんですね。

ところがこれの問題点は、

「一体誰が本当のパワー/決定力/影響力を持っているの?」

ということにつながってくるところなんです。

たとえばパワーに関する前の二つ考え方ですと、パワーはあるアクターが「持っているもの」であったり、もしくは二つのアクターの間にある「関係」で決まっていたわけで、これは究極的にいえば「個々のアクターのパワーにそれなりの発言力がある」という前提が生まれてくるわけです。

ところが「社会」や「構造」にパワーが決定されるという話になると、

「個々のアクターの持っているパワーはあまり関係がないのでは?」

ということになってしまうわけです。

これの一例が、日本の持つパワーに関する議論です。

たとえば最近流行の「米中によるG2同盟」のような(誤った)概念ですが、日本で報道されているものの思想の背景にあるのは

「世界政治は米中によって決定され、日本には発言力がない」

という恐れであります。これはつまり

「パワーのない日本は、いくらがんばっても米中が関係を強化してしまったら意味がない」

という考えにつながってくるわけです。

一連の日本核武装論なんかもこの文脈で語られることが多いわけで、

「米中二国に発言力を持つためには核武装が必要だ」

ということになるわけです。

この続きはまた。
Commented by 邪ブラック at 2009-08-17 19:21 x
こんばんはです、奥山さん!
「麻生首相に会ってくる予定です」と言うコメントを読んで、一瞬だけですが、オオ~(・o・)地政学学者としてローゼン閣下に、安全保障関連の意見を、何かして来るのかなぁ~て、期待していた自分がいました(笑)!
普通に考えたら、講演会か立会演説会ですよね、この時期は(笑)!
Commented by Oink at 2009-08-17 22:56 x
8月15日に富士山に登ってきました。一度で十分ですね。

この記事を見て、下のブログを思い出しました。
他国にとっては無価値でも
その国にとってどれだけ重要なものなのかを
理解する、させるのは難しいですね。

民主の国旗切り張り、首相「許し難い」…鳩山代表は謝罪
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000738-yom-pol

日本版ニューズウイークに怒るアメリカ人
ttp://meinesache.seesaa.net/article/3859187.html
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 08:34
邪ブラックさんへ

>講演会か立会演説会ですよね、この時期は

そうなんです(笑)個人的にアドバイスはないですよ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 08:39
Oink さんへ

>8月15日に富士山に登ってきました。一度で十分ですね。

おおっ、上られましたか。私もいつか行ってみたいです。

>他国にとっては無価値でもその国にとってどれだけ重要なものなのかを理解する、させるのは難しいですね。

たしかにそうですね。

>、国旗を切り刻んで上下につなぎ合わせていた。

おおっ、これをアメリカでやったら逮捕ですよ(苦笑

>そんなアメリカ人にとって、アメリカを代表する雑誌が、星条旗をゴミ箱に刺し、「アメリカは死んだ」とまで宣言するというのは、もう驚天動地の裏切り

国旗に対する思い入れの違いですな。それにしても民主党のこういうところはヤバいですなぁ。コメントありがとうございました

by masa_the_man | 2009-08-17 08:04 | 日記 | Comments(4)