戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

おススメの「格言」:その2

昨日の甲州はまたまた蒸し暑かったです。靖国には行けませんでしたが、その代わりに今日は麻生首相に会ってくる予定です。

ネットのほうでもどうやら発売がはじまった『戦略の格言』ですが、大型書店の店頭にはならんでいるのでしょうか?

実際に手にとられた方はおわかりかと思いますが、この本には水色の帯がついておりまして、けっこう目立つ本だと思います。

あらためて完成した本を手にとった時に感じたんですが、ゲラのときよりもかなりの本の厚みを感じます。まあ原著では160ページちょっとだったものが翻訳版では320ページになってしまったわけですから、こればかりは無理もないかも知れませんが。

さて、この本の中から私が訳していて面白いと感じたおススメの格言をまた紹介します。

やはり甲乙つけがたいのですが、やはり面白いと感じたのは格言34の

「防衛費は確実なものであるが、そこから得られる安全保障上の利益は不確実で議論の余地が残るものだ」

というものです。

これはブロディの「戦略は予算(資金)だ」という主張から影響を受けた、ある意味でとても原著者らしい格言なんですが、これは恋愛などにも通じる戦略の普遍的な性質を表しております。

まず、ある戦略を考えたとして、その場合にはそれを実行するために具体的な予算という額がつきます。

ところが戦略にどれだけの予算額が必要で、しかもどれだけの効果を挙げられるものなのかは誰にもわかりません。

これはそもそも「戦略」というものが矛盾するものであり、安全保障というのがある意味で非常に主観的なものであることを表している良い例です。

ようする国家にとっての戦略や、そこから生まれてくる安全というのは、「愛」のように「感覚」の世界なわけです。「愛」というのは、存在するのはわかるんですが、それを数値化できないんですよね。

現著者は、われわれが「防衛計画というのは当て推量の実践である」ということをよく知らないことを指摘しているんですが、たしかにいくら金額をかければ我々の安全が保障されるのかは誰にもわからんわけです。

しかし防衛予算(もしくはデートの予算)というのは具体的な金額を必要とするのであり、客観的な数字として表さないといけないわけです。

「1兆円のミサイル防衛システムで北朝鮮のミサイルを防げます」とか、「次のデートで五万円使ったら彼女は落ちる」とかは言えないんですな(笑

このように、「具体的なもの(金額)によって感覚的な状態(安全)を得る」という矛盾そのものが、戦略の奥深さと難しさを同時にあらわしているわけですね。

原著者は「防衛費は保険的な政策として機能することが多い」と指摘しておりますが、これはなかなか慧眼だと思いました。
b0015356_1442450.jpg

Commented by 白濁 at 2009-08-16 10:51 x
当たり前のことですね。
ま、当たり前のことに気付くのが難しいものなので
それを改めて考えることは有用なのでしょうが。

それにしても当たり前。
Commented by FN at 2009-08-16 13:57 x
>『戦略の格言』ですが、大型書店の店頭にはならんでいるのでしょうか?

私は池袋のジュンク堂で先週金曜に購入いたしました。5Fの古典に学ぶビジネスと国際政治の書棚に並んでいました。あと、当日の昼休みに三省堂本店ものぞいたところ3Fの新刊欄に置いてありました。

ジュンク堂で思ったことでありますが、"戦略"が題名につくと、やっぱりビジネス書の棚にも並ぶんですね。中身を見ると、直接ビジネスは関係ないと思うんですけど。『孫子』や『戦争論』も同じ場所にあるので、まあ納得できる現象ではありますが。
Commented by sdi at 2009-08-16 21:27 x
>たしかにいくら金額をかければ我々の安全が保障されるのかは誰にもわからんわけです。

確かにこのあたりが「非武装中立」や「軍備にかける金で●●●●●人の命が救える」というアジテートが一定の支持を得られる理由なんでしょうね。
Commented by t at 2009-08-16 22:31 x
「次のデートで五万円使ったら彼女は落ちる」は「次の発射までに1兆円使ったら北のミサイルは落ちる」とセットにするとゴロがいいかも?ともかく彼女とのデートというのは面白い例えですね。あまり安全保障に関心がない人に説明するにはうってつけかもしれません。

安心を買う矛盾との話ですが、官僚的なアプローチをするなら防衛費から侵略他の国益を失う量の期待値への写像を作り、それにリスク指向性を加味して費用対効果が高くなるようにする・・・・と言った所でしょうか。
海外派兵ならこれでいい気もしますが、自国本土が脅かされると心理的な不安が国内情勢の実態に悪影響を与えるので、結局政治判断ということになるのでしょうね。
Commented by 待兼右大臣 at 2009-08-17 03:25 x
やっとこさ、待兼山界隈から帰ってきました。
帰省中はネットとは無縁の環境でした。

>『戦略の格言』ですが、大型書店の店頭にはならんでいるのでしょうか?

新大阪駅の書店にも並んでましたから、そこそこの書店ではもう並んでいるでしょう。書泉グランデが1000円お買い上げにつき〇〇というキャンペーンを行なっているので、そこで買おうかと思っています。

>安全保障上の利益は不確実で議論の余地が残るものだ

兵器の性能すら、誰も、正確に数値化できませんから。
というより、兵器の性能は、種々の状況によって変わりますから、その全ての状況に適応できる「防衛力」の換算式なんてものは現時点では作成不能でしょう。
(有名なところでは、大和級vsアイオワ級の「最強戦艦論争」というものもあります)

ボード・シミュレーションゲームやその流れを汲むコンピュータ・シミュレーションゲームで一応の数値化はなされていますし、そういう努力をしている人も知ってはいますが・・・

古い文献では『戦争のテクノロジー』(ジェームズ・F・ダニガン著)というものもありますが。

Commented by 待兼右大臣 at 2009-08-17 03:26 x
>「愛」
「愛」といえば、最近は、直江山城守か約100年ぶりに「黒鳩金」とも言われる民主党党首かですが・・・
Commented at 2009-08-17 08:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by チンネ at 2009-08-17 09:04 x
>「次のデートで五万円使ったら彼女は落ちる」
これ、戦争前によく起こる「相手の意図の読み間違え」にも通じる話ですね。
まぁ私も若い頃はよく読み間違えして何度も玉砕したんですけれども。相手の何気ない仕草がすべて自分の都合の良いメッセージに思えてくるのです。(恥)
Commented by Oink at 2009-08-17 23:03 x
国家間において、相対的な軍事費が大きくなればなるほど
それによる国益の再配分も期待するのが人情だと思うのですけど。

中国の軍事費の増大は、影響力の拡大を期待していますよねぇ?
日本は防衛費は削られる悪寒。
北朝鮮の先軍政治は成功しているんですかね?

中国・北朝鮮を見習えと叫ぶ主要政党が日本に誕生する日は来るのかしら?orz
Commented by sdi at 2009-08-18 00:11 x
Oink殿
政党はともかく、「北朝鮮を見習え」と叫んでる人はいますよ。
月末に講演会開く某氏とか・・・・
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 07:39
白濁さんへ

>ま、当たり前のことに気付くのが難しいものなのでそれを改めて考えることは有用なのでしょうが。

そうなんですよね。冒頭でも原著者は「当たり前のことばかりの格言だが、これに気付くのが難しいからあえて格言として書いて解説した」という風なことを書いております。

>それにしても当たり前。

たしかに(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 07:43
FNさんへ

>池袋のジュンク堂で先週金曜に購入

おおっ、すでに店にならんでおりましたか。

>古典に学ぶビジネスと国際政治の書棚

ははは、そういうことですか(笑

>昼休みに三省堂本店ものぞいたところ3Fの新刊欄に

なるほど。すでに続々とならんでいるんですねぇ。

>"戦略"が題名につくと、やっぱりビジネス書の棚にも並ぶ

たしかに(笑

>直接ビジネスは関係ないと思うんですけど。『孫子』や『戦争論』も同じ場所

この本はジャンル分けが難しいですよね。完全なビジネス書ではないですし、国際政治の割にはやけに戦略的ですし。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 07:46
sdiさんへ

>確かにこのあたりが「非武装中立」や「軍備にかける金で●●●●●人の命が救える」というアジテートが一定の支持を得られる理由

まさにその通りだと思います。原著者はこういった「推測」的な戦略の本質というものを理解しないほうが間違いだ、と言いたいんですがねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 07:48
t さんへ

>「次の発射までに1兆円使ったら北のミサイルは落ちる」とセットにするとゴロがいい

ああ、いいですねぇ、さっそく使わせていただきます(笑

>官僚的なアプローチをするなら防衛費から侵略他の国益を失う量の期待値への写像を作り、それにリスク指向性を加味して費用対効果が高くなるようにする

なるほど、イメージさせるわけですな。

>自国本土が脅かされると心理的な不安が国内情勢の実態に悪影響を与えるので、結局政治判断

そうなんです。どうしても「主観」と「政治」という判断が出てくるのは避けられないわけですね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 07:54
待兼さんへ

>帰省中はネットとは無縁の環境

こういう環境もたまには必要ですよね。

>新大阪駅の書店にも並んでました

なるほど。私も今日都内の書店を見てみようかと思っております。

>書泉グランデが1000円お買い上げにつき〇〇というキャンペーンを行なっている

それは聞き捨てなりませんな。そっちに行こうかしら。

>ボード・シミュレーションゲームやその流れを汲むコンピュータ・シミュレーションゲームで一応の数値化はなされています

「大戦略」なんかその典型ですね。

>『戦争のテクノロジー』(ジェームズ・F・ダニガン著)

あー、積読かも知れません(苦笑

>「愛」といえば、最近は、直江山城守か約100年ぶりに「黒鳩金」とも言われる民主党党首か

両方とも数値化しにくい目標を(笑)しかしクロパトキンにひっかけるとはすごいですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 07:58
waterloo さんへ

>良い本ですね。貴重な授業を受けているような感覚で

ありがとうございます。

>格言21が

ここですか。

>「解決方法は必ずあるだろう。しかし、それは死ぬまでに見つからない可能性の方が高い」とも言える

なるほど、うまいですなぁ。

>曲者なのは五十一の害と四十九の利がある場合だ

なるほど。全体的な利益を見ることの難しさですな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 08:04
チンネ さんへ

>戦争前によく起こる「相手の意図の読み間違え」にも通じる話

ああ、たしかにそうですね。

>相手の何気ない仕草がすべて自分の都合の良いメッセージに思えてくる

わははは、私もかなりこういう経験あります(苦笑)国際政治も人間の営みですから共通の部分がありますよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 08:09
Oinkさんへ

>国益の再配分も期待するのが人情だと思うのですけど。

「人情」なんですがねぇ。

>中国の軍事費の増大は、影響力の拡大を期待していますよねぇ?

その通りです。

>北朝鮮の先軍政治は成功しているんですかね?

彼らの見方からすれば「成功」してるのかも知れませんね。これも主観的なものなので客観的に言えないところがなんとも言えませんが・・・

>中国・北朝鮮を見習えと叫ぶ主要政党が日本に誕生する日は来るのかしら?

あるかも知れません(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 08:11
sdi さんへ

>政党はともかく、「北朝鮮を見習え」と叫んでる人はいますよ。月末に講演会開く某氏とか・・・・

私は誰だかわかりませんが・・・コメントありがとうございました
Commented by at 2009-08-18 14:38 x
masa_the_manさん

>なるほど、イメージさせるわけですな。
お分かりだったかもしれませんが、「写像」は数学用語のつもりで、ある防衛費xを与えればそれに対応した国益を失う量f(x)が決まる、というつもりで書きました。
防衛費を横軸、縦軸に失う(物理的な。カネに容易に換算出来るもの)国益の量をプロットした頓減するグラフを想像していただければ。で、あとはこれに経済学でよく使われる、リスク回避を志向する効用関数をもう一回適用してやったもののグラフを見て、費用対効果を勘定するのを「官僚的アプローチ」と呼んだのです。効用関数の中身自体は政治で決めるものですが・・・
もちろん防衛費から失う国益への写像はそうそう作れませんが、背広組としてはそれを目指しているはず。そこのデータ出さなきゃ政治家の判断材料が出ないわけですし。
Commented by masa_the_man at 2009-08-18 23:04
t さんへ

>効用関数の中身自体は政治で決めるものですが・・・

がー、やっぱり。

>もちろん防衛費から失う国益への写像はそうそう作れませんが、背広組としてはそれを目指しているはず

なるべく具体的にしないといけませんからね、それが無謀であっても。

>そこのデータ出さなきゃ政治家の判断材料が出ないわけですし。

ですね。判断材料としてある程度の具体性ということですな。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-08-23 00:42 x
 ◆朝日友好協会の席に出て
ttp://mainichi.jp/area/yamagata/news/20090818ddlk06070053000c.html

遅い上に自己レスですが見つけちゃいましたorz

北朝鮮の苦境から学ぶことは、自分だけの安全保障を優先しても
地域は平和にも安全にもならないってことじゃないですかね?
Commented by masa_the_man at 2009-08-23 22:44
Oinkさんへ

>「日本は北朝鮮の農業に学ぶべし」だ。

わははは、これはすごいですなぁ(笑

>小規模農業で食料の「自給力」をつける国にするために頑張っているのが北朝鮮であるから日本の農業はそれを学ぶべき、と説かれていた

論理はある意味で「一貫」していると言えなくもないですが(苦笑

>そうした自助努力でもって国づくりに励んでいた国がなぜにいまいろいろな面で世界に、いや日本に大きな問題を投げかけているのかと思うと無念な思いにかられる

政策が悪かったからです。単純な話ですよね(笑)

>そしてそんな思いを晴らすために私はもっともっと広く深く朝鮮という国を知る必要を感じ訪朝してみたいとさえも思っている。

どう「晴らす」のかわかりませんが、とにかく強い思いがあるということだけはわかるような。

>北朝鮮の苦境から学ぶことは、自分だけの安全保障を優先しても地域は平和にも安全にもならないってこと

つまり「セキュリティージレンマ」ということですな(苦笑)コメントありがとうございました
Commented at 2009-08-24 19:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2009-08-25 08:56
waterloo さんへ

>日本は我が道を行くべし

とにかく実績を出し続ける、ということですね(笑

>問題点は伝染病に弱い。システム管理に電気を使うから"地球に優しくない”だそうです。

ああ、なるほど(笑)しかしこの考え方自体が非常に「西洋的」ですなぁ。コメントありがとうございました
Commented at 2009-08-25 10:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2009-08-27 00:26
waterloo さんへ

>管理より多重階層を使って栽培できる所が良い

たしかに。これも「合理的」ですな。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-08-16 01:44 | 日記 | Comments(27)