戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

質問に対する答え

今日の東京は曇りがちでしたが異様な蒸し暑さでしたね。さすが日本の夏。


さて、昨日の講演会でうけた質問について一言だけ書いておきたいと思います。

実は講演会にいらした人の中にまもなくイギリスに留学するという方がいらっしゃいまして、日本とイギリスの研究の仕方の違いを教えてくれ、という質問を受けました。

これについて私はその方に、短い時間の中だったのですが、とりあえずそのエッセンスだけをお伝えしました。

ただしこの内容はこのブログをごらんのみなさんにも有益になるものだと思われますので、とりあえずここに簡単に書いておきたいと思います。

このブログを長年ごらんの皆さんでしたらすでにご存知かも知れませんが、私は日本の研究と欧米の研究の違いを、とりあえず「八百屋と料理人の違い」としてとらえられると考えております。

もちろん私は日本の大学で高等教育を受けたわけではないので本当のところはよくわからないのですが、とりあえず日本の優秀な研究者が書いたと思われる文献や研究発表を見ていると、このあたりのことをものすごく実感せざるを得ないのです。

では具体的にどう違うのかというと、まず日本の研究者には「八百屋」が多い。

なぜ八百屋なのかというと、彼らはデータの品揃えが勝負であり、ひとつのテーマについてどこまで詳しいことを知っているかということで勝負しているからです。

つまり、「私はこのテーマについては、これも知ってます、あれも知ってます、そしてこれも、あれも・・・」というスタイルが多いんですね。誤解を恐れずにいえば、いわば知識量で勝負、ということなんですな。

これの良いよい点としては、歴史のような知識量を求められるテーマの場合にはこれが非常に有利になる、ということです。

ただし問題は、これを聞いている側はまったく面白くない、ということになります。なぜなら八百屋のように、このような研究というのは「知識を並べただけ」という側面が強いからです。

よって、下手をすると「よく知っているねぇ、でもそれで?」ということになりかねない。

それに対して欧米の研究者はどうなのかというと、彼らは「料理人」なのです。

なぜ料理人なのかというと、彼らは厳選された材料を選らんで自分のやり方で調理するのが勝負なのであり、ひとつのテーマについてどのような鋭い解釈・分析をできるのかで勝負しているからです。

つまり「私はこのテーマについてはこう思います。その証拠はこれとこれです。文句ありますか?」というスタイルが多いんですね。誤解を恐れずにいえば、いわば独自の見解で勝負、ということになります。

これの良い点としては、何よりも聞いたり読んだりしてて面白いし興味深い。

しかし問題点として、その論証となる証拠がかなり恣意的に選ばれたものだけになるパターンがあり、検証がやや薄い点がありがちだ、ということですね。

どちらが良いかどうかというのは、純粋に「スタイルの違い」なのでなんともいえないのですが、日本の学者が外に行って業績を上げようと思うのなら、まずこの辺の違いを見極めて、いままでの八百屋スタイルをやめて、自分は料理人になるんだ、自分の主張や見解を押し通すんだ、自分の意見をあくまでも守り抜く弁護士になるんだ、という心構えでいけばいいのでは、と思います。

この典型的な例が、拙訳・ジョン・ミアシャイマー著による『大国政治の悲劇』です。ぜひ参考にしてみて下さい。

ということで昨日は本当に大勢の方にお越しいただきありがとうございました。
Commented by 邪ブラック at 2009-08-09 23:31 x
こんばんは、奥山さん!
八百屋と料理人ですが、その分野に対する習熟度・理解度の違いによって、受け止め方が変わってきますよね!
素人レベルだと、八百屋スタイルの「知識の羅列」の方が、、勉強する時に考えるキッカケに成ったりして、凄く役立つ点が有ります(笑)!
まぁ、日本スタイルは素人向けで、欧米スタイルは中上級者向けと、理解していますが、どうでしょうか(笑)! ではでは!
Commented by FN at 2009-08-10 00:07 x
講演会お疲れ様でした。『戦略の格言』は完売で入手できませんでしたが、店頭で見つけ次第、購入します。ちなみに、Amazonを見ると原書のペーパーバックが今月末に発売となるようです。ご参考まで。

さて、日本の研究スタイルですが、学生時代に参加したある研究会(歴史の研究会です)にて聞いた発言が印象にのこっています。内容は、おおよそ次の通りだったと記憶しております。

・日本の研究者は、史料(データ)を丹念に読み込むことで、自説を浮かび上がらせようとする。
・一方、アメリカの研究者は、自説をまず明確にして、その自説に対して史料をぶつけて検証を行っていく。

奥山さんのご指摘とほぼ同じ内容かな、という気がします。日本人研究者が知識の量を重視するのは、知識量そのものを競うためではなくて、そこからセオリーを抽出するのが狙いだからなのでしょう。

極論すると、日本人の場合は、「大事な部分は言わなくても分かるだろう」ということだと思います。あんまり自説をはっきり言ってしまうと野暮なのかもしれません。

八百屋というよりは、一つのことをコツコツ究めていく職人の方が自分のイメージにはしっくりきます。
Commented by 待兼右大臣 at 2009-08-10 00:32 x
 確かに、私が大学院か学部の授業で聞いた範囲でも、政治学系の論文で「イズム」が入り込むのは好ましくないという前提があるようです。その点からすると

データ→仮説の提示

という形式の方が親和性が高いと思われます。
 仮説を最初に提示し、それに対して検証するのは、その時点で「主観(=イズム)」が入り込むという可能性があると思われているのだと思います。
Commented by せきさん at 2009-08-10 17:50 x
日本の学者は実世界の経験が少ないからではないでしょうか?私は英国は知りませんが米国には長く住んでいました。米国人は学者でも実際の経験を重んじますね。

ところで、私は中南米・米国で仕事をしていたんですが、社会が異なると正義や善悪の基準が異なります。技術移転は相手国を技術植民地にする場合がありますから、最後は正義について意識せざるを得ません。自分自身の意見がないと仕事はできないのです。
Commented by nanashi at 2009-08-10 17:58 x
日本の学者のイズムは凄いですけどね
データの収集じたいがイデオロギー政治行動なんですけどね
日本の学者は政治バイアスが強すぎて信用できません
Commented by elmoiy at 2009-08-10 20:27 x
>私はこのテーマについては、これも知ってます、あれも知ってます、そしてこれも、あれも・・・

まさに職人的ですね。レオナルド・ダ・ヴィンチ(彼は今日の基準でいうと、“科学者”ではなく“稀有の優れた職人の親方”です)は、自らを売り込む手紙に、城造りなどの土木工事や軍事技術だけでなく、「絵もよくします」と書いたものです。ミケランジェロあたりになって、神にも等しい絶対的創造者としての自覚を持った“芸術家”が現れてきますけれど。

>その論証となる証拠がかなり恣意的に選ばれたものだけになるパターンがあり、検証がやや薄い点がありがちだ

マルクスは、中国がイギリスに開港すると、資本主義のもとで作られた商品が雪崩を売って流入し、社会的な動揺を招き、革命が発生すると予測しましたが、それは外れ、阿片の輸入量が増加した一方で、イギリス製の綿織物はほとんど売れませんでした。人口が多いことと、市場が大きいこととはまた別なのですが、おそらくヨーロッパ人は、沿岸部の裕福な商人だけを見て中国を判断していたのでしょう。
Commented by sdi at 2009-08-10 22:25 x
講演会、参加できなくて残念です。次回はなんとしても参加したいのですが、業務と重ならずに済むように祈るくらいしか・・・orz>
日本と欧米の研究の違いですが、前者は帰納的、後者は演繹的な研究方針ということになるのでしょうか?日本人はビジネス理論より経験則重視、という説に通じてるところがありますね。
Commented by masa_the_man at 2009-08-10 23:23
邪ブラックさんへ

>その分野に対する習熟度・理解度の違いによって、受け止め方が変わってきます

なるほど、たしかにあるかも知れません

>素人レベルだと、八百屋スタイルの「知識の羅列」の方が勉強する時に考えるキッカケに

教科書的という意味ではそうかも知れませんね。

>欧米スタイルは中上級者向けと、理解していますが、どうでしょうか

うーん、これも主張する人によるところがあるのかも知れません。とにかく私は押しの強い欧米式に慣れてしまったところがあるのでバイアスがあるのかも知れませんが(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 00:05
FN さんへ

>完売で入手できませんでしたが

もう少し持ってくればよかったです。申し訳ないです。

>Amazonを見ると原書のペーパーバックが今月末に発売

ということはけっこう売れているんですねぇ。

>日本の研究者は、史料(データ)を丹念に読み込むことで、自説を浮かび上がらせようとする。

なるほど。

>アメリカの研究者は、自説をまず明確にして、その自説に対して史料をぶつけて検証を行っていく。

ああ、そうですね。

>日本人研究者が知識の量を重視するのは、知識量そのものを競うためではなくて、そこからセオリーを抽出するのが狙いだから

なるほど。その割にはセオリーそのものを論じるのは嫌い、という傾向があるかも知れませんが。

>日本人の場合は、「大事な部分は言わなくても分かるだろう」ということ

なるほど。やっぱり「陰」ですね(笑

>一つのことをコツコツ究めていく職人の方が自分のイメージにはしっくりきます。

「職人」ですか。そうかも知れません。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 00:13
待兼さんへ

>政治学系の論文で「イズム」が入り込むのは好ましくないという前提がある

まあ基本的に欧米でもダメなんですが、逆にそれがあってもうまく論じていればオッケーという雰囲気はありますね。

>仮説を最初に提示し、それに対して検証するのは、その時点で「主観(=イズム)」が入り込むという可能性があると思われている

なるほど。やはり「議論」自体にはあまり主眼がおかれていないという感じがします。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 00:15
せきさんへ

>日本の学者は実世界の経験が少ないからではないでしょうか?

あるかも知れません。日本だと学者が実際の政治にからむのを嫌がる傾向がありそうな。

>社会が異なると正義や善悪の基準が異なります

ですね。

>最後は正義について意識せざるを得ません。自分自身の意見がないと仕事はできないのです。

ビジネスは特にそうかも知れませんね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 00:18
nanashiさんへ

>日本の学者のイズムは凄いですけどね

分野にもよるかも知れませんが・・・。

>データの収集じたいがイデオロギー政治行動なんですけどね

そうなると「科学もイデオロギーだ」ということになりますね。まあ否定はしませんが(笑

>日本の学者は政治バイアスが強すぎて信用できません

うーん、「政治バイアスを入れてはいけない」というバイアスもあるかも知れませんな。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 00:21
elmoiyさんへ

>おそらくヨーロッパ人は、沿岸部の裕福な商人だけを見て中国を判断していたのでしょう。

証拠もセレクティブなのかも知れません。科学はどうしても限定的ですからね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 00:25
sdiさんへ

>次回はなんとしても参加したいのですが、業務と重ならずに済むように祈るくらいしか

申し訳ないです。

>前者は帰納的、後者は演繹的な研究方針ということになるのでしょうか?

ああ、そうかも知れません。それと議論を重視するかどうか、という点ですね。

>日本人はビジネス理論より経験則重視

だからドラッカーが好きなのかも知れませんね(笑)コメントありがとうございまさいた
Commented at 2009-08-11 10:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2009-08-11 21:37
waterloo さんへ

>興味が出たら日本スタイルの知識の羅列形

あ〜、いいかも知れません(笑

>”資料”には良いのですが、"本"としてはやっぱり面白くない

そういうもんですよね(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by anzai at 2009-08-11 23:30 x
興味深いエントリーありがとうございます。

ぼくのブログ「ヨーロッパ文化部ノート」に引用させていただきましたので、ご了解ください。

ここにURLを張ろうとしたらスパム判定をうけたので(苦笑)、名前のクリックでご覧下さい。

Commented by masa_the_man at 2009-08-12 22:21
anzaiさんへ

>「ヨーロッパ文化部ノート」に引用させていただきました

さっそく読ませていただきました。なかなか興味深い内容でした。高度な形で分析されておりますねぇ。

>ここにURLを張ろうとしたらスパム判定をうけた

そうなんです。どうやらこれは無理みたいなんですね。コメントありがとうございました
Commented by FN at 2009-08-13 23:26 x
>だからドラッカーが好きなのかも知れませんね(笑)

ドラッカーはこんなことを言っていたりします。

「『われわれの事業は何か』という問いを発し、正しく答えることこそ、トップマネジメントの第一の責務である」 (『現代の経営 上』63ページ)

企業自身の世界観は何なのか、という質問です。こういった部分まで含めて、日本人がドラッカーを好きなのかと考えると、非常に怪しい気がします。
Commented by masa_the_man at 2009-08-14 00:53
FNさんへ

>企業自身の世界観は何なのか、という質問です

すごいですねぇ。やはり彼はわかっていたんでしょうな。

>こういった部分まで含めて、日本人がドラッカーを好きなのかと考えると、非常に怪しい気がします。

何か「教訓」のようなものが好きだから、という面だけかも知れませんね。ドラッカーがなぜ良いのかという理由も理解しておくべきかも知れませんね。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-08-09 22:11 | 日記 | Comments(20)