戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アメリカが北朝鮮に対して何もできない理由

ちょっと前のものですが、ウォルトの北朝鮮核実験/ミサイル発射事件についての分析です。

===

On North Korea's nuclear and missile tests
Tue, 05/26/2009 - 4:23pm

By Stephen M. Walt

(中略)

There are two reasons why our hands are largely tied. First, we don’t have extensive economic ties with North Korea, so we can't pressure them by threatening to cut off aid, trade, or investment. Second, using military force to disarm or topple Kim Jong Il's regime or to impose a full economic blockade could unleash an all-out war on the Korean peninsula. All-out war could do considerable damage to Seoul, which lies within artillery range of the border, and the sudden collapse of the North Korean state could create a massive humanitarian problem and make it more likely that some of its nuclear materials would escape reliable custody. These considerations explain why China and South Korea generally oppose stronger sanctions on North Korea, even when they are upset by Pyongyang's actions.

So the best response is to remain calm, and stop talking as if this event is a test of Obama's resolve or a fundamental challenge to U.S. policy. In fact, the tests are just "business as usual" for North Korea, and it would better if the United States "under-reacts" rather than overreacts. Instead of giving Pyongyang the attention it wants, the United States should use this incident as an opportunity to build consensus among the main interested parties (China, Russia, South Korea, Japan) and let China take the lead in addressing it.

やや消極的ですが、リアリスト的な分析です。

アメリカが北朝鮮になにもできないのは、

1、経済制裁やっても効かない(「制裁のジレンマ」のため)
2、下手すると第二次朝鮮戦争が起こって大変なことになる

という二つの理由ですね。

「アメリカは過剰反応せずに無視せよ」、「中国に押し付けろ」と結論づけております。

これはつまり「アメリカは日本を守るつもりはない」と言っていることと一緒なんですが(笑
Commented by とおる at 2009-05-30 12:10 x
試しに、北朝鮮が日本の東京などに、核ミサイルを撃ち込んでみて確認すれば、面白いですね。
Commented by nanashi at 2009-05-30 12:25 x
米国は、日本が核武装しなければいい。 それだけ。
だから不拡散をなんのためらいも無く核廃絶に持っていく
ようするに北朝鮮の核騒動で、日本の核武装をいっそう難しくする枠組みを作ろうとしているだけ

まあ、ほんとに 原住民は動物扱いの国だよ アメリカは。
2年前に愛想が尽きた 同盟国というのは修辞の類だよ
Commented by Masaya at 2009-05-30 18:24 x
<これはつまり「アメリカは日本を守るつもりはない」と言っていることと一緒なんですが

 同感です。そこでウォルトの主張する通りになったら、私は田母神将軍がいっているニュークリア・シェアリングをアメリカに提案したらいいと思います。
 当然中国はいやがりますが、今よりも真剣に正日の核に対処してくれるでしょう。もしアメリカが日本とのニュークリア・シェアリングを拒否すれば日本単独核武装の口実ができると思うのです。
 こういうロジックであればオフショア・バランサーのウォルトは納得してくれると思うのですが、奥山さんはいかがですか。
Commented at 2009-05-30 19:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 待兼右大臣 at 2009-05-31 00:58 x
このブログをとりあえず、全エントリ打ち出して、読み返しているところですが、まぁ、イスラエルネタが圧倒的に多いです。次いで、イランネタ、アフガン・パキスタンネタが多いといったところでしょうか。

ためになる文献リストのようなエントリもあるので、初学者にも参考となるようなものがあると思います。

本題ですが、ウォルトの言うように「瀬戸際外交」は注意をひきつけるのも目的のひとつなので「放置プレー」が有効だというのは一面の真実なのですが、ここで、米国がそういう態度に出れば、オバマ政権に対して日本側が持っている「Japan Passing」という懸念を強化することになります。

大使人事でも、日本は中国に対して軽く見られているという論調が強いので、クリントン国務長官の初外遊先に日本を選定したという「好意」の効果も吹き飛んでしまいました。

こういったことは、同盟の維持(ひいては、Blancde fo Power)という観点からは避けたいところですが、これらを両立する妙手があるかどうか。
Commented by カカ at 2009-05-31 03:36 x
今回の北朝鮮騒動は、米国が裏で動いているというより、北朝鮮指導部の暴走が原因じゃないでしょうか?今まで、金正日の瀬戸際外交とも少し違うような気がします。ということは、金正日はいよいよ実権を失ったのも同然なのでしょう。北朝鮮の国家目標は南北統一ですが、これは完全に先が見えない状態、しかも、事実上、北朝鮮は中国の植民地化が進行している。このまま、座視しても、南北統一どころか、中国による北朝鮮の併合が進んでしまう。だったら、たとえ、体制が崩壊しても、中国による北朝鮮併合が阻止したい。それが、影響しているように思います。
Commented by ろろ at 2009-05-31 06:12 x
最近同じテーマの記事を書いたのですが、トラックバックできないようなので、URL貼らせてください。

大事なことは何度でも復習する~北朝鮮という国が持つ意味
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-259.html

あの国が、中国の進路を塞いでいるというのは、まごうことなき事実でありまして・・・なんとかアメリカを経由せずに利用できないものでしょうかね。

Commented by カカ at 2009-05-31 06:25 x
こういうソースを見つけました。これは、なかなか複雑な分析だと思います。確かに、米国や中国は現状維持を望んでいる。しかし、それだけでは、ことの真相は全ては語れないと思います。

「北朝鮮の滅亡が近い」
http://green.ap.teacup.com/kyusiro/496.html
「北朝鮮の滅亡が近い その2」
http://green.ap.teacup.com/kyusiro/498.html
Commented by sj at 2009-05-31 18:23 x
頭の体操の類かもしれませんが、こんな可能性はゼロでしょうか
「なんで北朝鮮が暴れるのか」の理由がこれまでもさっぱり分からず。以下推論してみたのですが、、

米国が凋落・中国の台頭・ロシア伸び悩み→今ここ
韓半島・台湾にとって、未来シナリオでの頼みの綱は日本しかない
北朝鮮にとって、中国との連携に希望がないとしたら
自らの軍事的アドバンテージ(=核)を
安全保障の抑止力に欠ける、経済一流国日本にプレゼンする
ちょうど良い機会だったはず。
北、いや半島勢は日本との統合を願っている。
相互的互恵によって東アジアに非中国・非ロシアの極を作ることが
台湾含めての各国の願い。
北としては、本来の仮想パートナーは韓国だったが、ウォン安や国際経済でのパワーが足りないことが決定的となり、トカゲの尻尾きりでノムヒョンは消された
北と韓国は、そして台湾も、日本と組みたい
NHKの台湾番組も、このシナリオラインに関連している。
by masa_the_man | 2009-05-30 10:59 | 日記 | Comments(9)