戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

横綱の見分け方:その5

今朝の東京はやや曇り気味ですが、ようやく晴れてきそうな予感が。

昨夜の戦略研究学会にご参加の方々、本当にありがとうございました。この場を借りてまずはご来場いただいた皆さんにまずお礼を。

そういえば一つビックリしたことがありますので簡単な報告を。

学会の発表の前に知り合いに誘われてある昼食会に参加してきたのですが、そこでものすごい人に遭遇しました。

この人はアメリカで三十年間医師をやっていた人らしいのですが、どうやら「ハンドパワー」(気功?)が使える人のようで、その会合でも熱い注目を浴びておりました。

私はたまたまその人の隣の席で昼飯を食べたのですが、そのあと打ち合わせがあり、しかも夜には発表があるために中座しなければならないことを告げると、

「君、なんか身体悪いところある?治しててあげるよ」

みたいなことを言うのです。私はここ数年間というもの花粉症が軽く出るようになっていたので

「ちょっと花粉症が・・・」と言うと、

「あ、そんなの簡単だよ、五分で治るよ」とあっさり。

私は「はぁ?」って感じで全然信じておりませんでしたが、早めに出なくては行けないですし、面白そうなので、とりあえず処置(?)してもらうことにしました。

その人がしたことは私の顔の前に両手をかざしていたことだけだったんですが、不思議なことに2分くらいしたら、私のつまっていた鼻が通り、五分くらいで処置完了。この先生は「ほら、治ったよ」と言いました。

もちろん私は半信半疑で、その後も鼻が通った以外には本当に効果があったのかどうかわからなかったのですが、実は研究会の発表の時になっても全く鼻がつまりません。こりゃすごい。

もちろん完璧に治ったとは言えず、発表の後に宿に帰る間に少しくしゃみは出たんですが、今朝になっても鼻水はぴたりと止まったままです。これはアヤシい。

その人は「エネルギーの不足を補ってやれば治るんだよ」とかあっさりしてましたが、あれは一体何のまじないだったんでしょうか?

======

では横綱論の続きを。

このような人相的なことがわかってくると、けっこう面白いことがわかります。

たとえば日本のある有名な車会社の社長となる人物ですが、この人の顔はあまり芳しくないために、その会社の先行き(特にその人物が就任する七月一日から?)はちょっと不安だなぁ、というような判断もできるようになります。

また、意外に思うかも知れませんが、現在の我が国の首相である麻生さんやオバマ大統領は、けっこう運の良い「大関」ランクの顔をしております。

麻生さんの場合は就任してからしばらくすると人気が下がり、マスコミにもさんざん「短期政権だ」と色々と悪口をいわれましたが、当初の予測とは裏腹に、意外としぶとく政権を維持しておりますし、オバマさんも政策面だけは不人気ですが、それでも本人の支持率はいまだに高い。さすが「大関」。

その逆に、前大統領のブッシュさんの顔は、まあ良く見積もっても「前頭」程度であり、世界を二分化して見る考え方や発言など、完全に運の悪いトップの代表例でした。

そういえば小沢さんもかなり運の悪い顔してますね(苦笑)民主党は選挙戦を本気で戦うつもりなら、やはり党首(の顔)を変えないとまずいのでは?と思ってしまいます。

そういえばひとつ言い忘れたことがあります。それは「運は上下する」ということです。

たとえば「以前は横綱だったけど、最近は小結まで落ちたなあ」という例もありますし、その逆もありなのです。これも顔つきを見るだけである程度のことがわかります。

もちろんこのように顔だけでもかなりのことはわかるんですが、やはり確実に判断するためには、やはりその人の発言などを検証する必要はあるように思いますが。

とにかく人間は運気の上下により、顔つきも変わってきます。しかし昨夜のコメントでもお答えさせていただいたように、顔つきというのは自分の心がけ次第でけっこうコントロールすることができます。

つまりこれは現在「運」が悪くても、やり方さえ分かっていれば、努力次第ではかなり自分の運をコントロールすることができる、ということにもなるわけです。

ただしそのやり方がわからないため、人類はいままでけっこう色々なことをやってきたわけですね。宗教などの果たして来た役割というのは、このように「運を上げる」という面もあったように思います。

現在の私は「宗教やおまじないなどにまったく頼らなくても運を上げられる」と確信できるようになったと自負しているのですが、それにはちょっとしたコツを知らなくてはならないと思っております。

そしてそのコツは三つあるのですが・・・・。

とここまで書いて時間切れです。この続きはまた明日。
b0015356_8503925.jpg

Commented at 2009-05-09 09:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 09:32
waterloo さんへ

>マズロー

そうです。実はカナダ時代に勉強しまして、かなり参考になってます。

>副交感神経が活発

あると思います。

>考察しちゃ、駄目ですかね

いや、いいんじゃないですか(笑

>この方はどのレベルでしょう?

顔だけ見るとかなり高いですなぁ。横綱の一番下か大関のトップという感じです。すごいですね。コメントありがとうございました
Commented by ナリ at 2009-05-09 10:21 x
いつも楽しく拝見させて頂いておりますが、相変わらず「横綱論」面白いですね。顔で見抜くのは練習がだいぶ必要そうですが、それらしい人に近づいて「朱に交わって赤くなる」ことで見抜けるようになるものなのでしょうか?
しかし、この危機で我が国の首相が「大関」なのは幸いですが、小泉元首相はどうだったのでしょうか?あれだけ強運だと思える人は私はいないのですが。
Commented by 寝太郎 at 2009-05-09 10:51 x
私は「花粉症はきれい好きが罹る病」と信じて、患っている方はさぞ几帳面な方だろうと尊敬しています。
雑菌にまみれた生活を幾星霜、全然罹りません。発酵食品が大好きです。ヨーグルトなどお試しですか?
Commented at 2009-05-09 11:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Rogue Monk at 2009-05-09 12:04 x
今回の内容で考えると、

「横綱は、その個人自身の利益においては最高だろうけれども
 集団の指導者やチーム・プレーヤーとして最適の対象だろうか?」

という疑問が出てきますね。

まあ私個人の場合は、
「集団も周囲の人間も、どうなっても良いから、
 自分は横綱になりたい」
ですがw

Commented at 2009-05-09 13:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぱんだ at 2009-05-09 17:59 x
 これまでの横綱についての情報を読んでいくと、横綱は、リアリストでは、なさそうですね。天運のみで生き抜いている、ぼーっとしたような顔つきのユーモア好きの人に、リアリズムは、似合わなそうですから。しかし、そのような雰囲気を持っていながら、考えを聞いてみると、実は、バリバリのリアリストという人もすごそうですが。
Commented by ブラック at 2009-05-09 21:14 x
こんばんは、奥山さん!

つまらない質問なんですが、審判と行司と呼出は、どのように解釈したら良いのでしょうか(笑)!

真面目な質問です(笑)!
写真の船の正体は何でしょうか?
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:36
ナリさんへ

>相変わらず「横綱論」面白いですね。

ありがとうございます(笑

>それらしい人に近づいて「朱に交わって赤くなる」ことで見抜けるようになるものなのでしょうか?

うーん、私の場合はそういうことを教えてくれた人が親族の中にいましたから練習できたわけですが・・・まあできるようになるかも知れません。

>小泉元首相はどうだったのでしょうか?あれだけ強運だと思える人は私はいないのですが。

私は関脇と大関のボーダーラインと見ております。実は麻生さんのほうが(総合的には)強運のようなんですよね。「仕事運」では小泉さんのほうが上かも知れませんが、あくまでも総合的なものなのでこうなります。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:37
寝太郎さんへ

>きれい好きが罹る病

うーん、私はそれほどキレイ好きじゃないですなぁ。

>雑菌にまみれた生活を幾星霜、全然罹りません。発酵食品が大好きです。ヨーグルトなどお試しですか?

ヨーグルトが良いという話は私も聞きました。ためしてみますかねぇ。コメントありがとうございました
Commented by 柴崎力栄 at 2009-05-09 21:39 x
ブラックさん:
艦尾に掲げている旗は、Red Ensignのようです。たぶん、著名な記念艦かと思われます。
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:41
waterlooさんへ

>全集が出されました(全巻持ってます)

すごいですなぁ。

>間違いなく漫画の中の"横綱"です。"暇な時に"ではなく”必読書”と言えると思います。

そういわれてしまうと私も興味が出てきますねぇ。

>日本人の世界観("かつての"というべきでしょうか)はよく現れていると思います。

私も興味が出てきました。チャンスがあればぜひ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:43
Rogue Monkさんへ

>集団の指導者やチーム・プレーヤーとして最適の対象だろうか?

たしかにそうですねぇ。ただしこの人が存在するだけでこの集団に強運を運んでくるということはあるので、ある意味で必要なのかも知れませんが。

>集団も周囲の人間も、どうなっても良いから、自分は横綱になりたい

なるほど(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:45
ぱんださんへ

>横綱は、リアリストでは、なさそうですね。

その通りです。

>しかし、そのような雰囲気を持っていながら、考えを聞いてみると、実は、バリバリのリアリストという人もすごそうですが。

いわゆるリアリストというのは大関や関脇なんかにもおります。しかし横綱でもすべてそういう現実を見て来た上での横綱ですから、以外と現実対応力はあると私は見てますが。見えないだけで、実際はものすごいリアリストというのもありそうですね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:47
ブラックさんへ

>審判と行司と呼出は、どのように解釈したら良いのでしょうか

うおおお、難しい質問ですねぇ(笑)これはやはり「神様」とかいうことでいいんじゃないですか(笑)

>写真の船の正体は何でしょうか?

たしかチャレンジャーとかいう鉄製の帆船です。ポーツマス港に横づけけされている記念艦です。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-09 21:49
柴崎さんへ

>たぶん、著名な記念艦かと思われます。

鋭いですねぇ、まさにその通りです。コメントありがとうございました
Commented by ブラック at 2009-05-09 21:53 x
柴崎さん、奥山さん、ありがとうございましたm(--)m!
Commented at 2009-05-10 02:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-10 07:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanashi at 2009-05-10 08:14 x
トヨタの気が触れたような拡大戦略は、素人目から見ても、何をやってんだろうと不審を覚えたんですが、今の社長は腰巾着みたいな感じですから、次期社長の前に、トヨタを「世界で一番」直前にするというのが狙いだったからもしれませんね。そして、次期社長で世界一を達成する・・・・
Commented by masa_the_man at 2009-05-10 11:01
ブラックさんへ

>ありがとうございましたm(--)m

いえいえ、お安い御用です。来週の土曜日はよろしくお願いします。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-10 11:09
somaさんへ

>チョー運の良い男だと言われてましたが、はたして番付はどのあたりでしょう?

イチローと同じ関脇くらいですね。

>一茂

うーん、小結ということで(苦笑

>たった一言……「姿勢」。

ああ、あるかも知れませんねぇ

>血液や気の流れに関係しているのかもしれませんねぇ。

そう思います。これって面白いですなぁ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-10 11:14
waterlooさんへ

>審判=後世の人、行司=同時代人、呼出=時代

ははは、なるほど(笑)これはいいかもしれませんね(笑

>衆はどうでしょうね。

ギリギリ横綱です。良い顔してますね。

>特にいい笑顔というのは中々、意識して撮られた写真の中には無いので。

そうかも知れません。しかしそれに「落ち着き」みたいなものが入ると本物になるみたいですよ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-05-10 11:15
nanashi さんへ

>「世界で一番」直前にするというのが狙いだったからもしれませんね。

そうなんですか。私はこの辺の事情を知らず、ただ単に顔だけで見てました(苦笑

>そして、次期社長で世界一を達成する・・・・

いやあ、その先が不安です。コメントありがとうございました
Commented at 2009-05-10 13:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by masa_the_man | 2009-05-09 08:50 | 日記 | Comments(26)