戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

コックスの「理論」論

今日の甲州は朝からよく晴れていて気温もぐんぐんあがっております。まるで初夏の陽気ですね。

さて、自分の論文と来月のスパイクマン(スピークマン)についての講演会の準備のために、先週あたりからリアリズムの理論をおさらいしておりまして、そこで気がついたことを少しここにメモっておきます。

リアリズム、特にネオリアリズムの理論を英米系の大学で少しかじったことのある方々ならご存知かも知れませんが、理論書としてはかなりスタンダード(というか古典)な部類に入るものとして

Robert O. Keohane (ed.), Neorealism and Its Critics, (NY: Columimbia University Press, 1986)

b0015356_14381628.jpg


という本があります。

これはいわゆる「ネオネオ論争」の初期の集大成とでも言える論文集でして、ウォルツやギルピンなどがリアリズムを擁護し、それに対して批判的なラギーやアシュレイなどが挑戦を挑むという形になっております。

しかもこれはウォルツの古典『国際政治の理論』(一九七九年:未邦訳)の中から何章か抜き出して書かれているし、しかも批判に対するウォルツの反論も載っているというので、お金のないIR系の学生には「一粒で二度おいしい」本として有名なわけです(ウォルツの原書の方は異様に高いですから)。

この中では「セオリーとは何か」という根本的な問いかけが論じられているんですが、その中で私がいつも感心するのはウォルツの説明よりも、このウォルツを批判したロバート・コックス(Robert W. Cox)が第六章で書いた論文の中の有名な一節です。

コックスはまず社会科学で使われるセオリー(theory)というものは一体どういうものなのかということを論じるわけでして、これを彼は

「セオリーとは、常に誰かのための、何かの目的のためのものだ」
(Theory is always for someone, and for some purpose.) p.207

と書いております。このフレーズではIRの理論業界(?)では結構有名なフレーズです。

と、ここまで書いて時間がなくなってしまいましたので、続きはまた後ほど。

また、この辺については講演会のほうで徹底的に分析していくつもりですので、興味のあるかたはこちらまで(笑

b0015356_14305724.jpg

Commented by アラスカ at 2009-04-23 20:58 x
>>「セオリーとは、常に誰かのための、何かの目的のためのものだ」

なるほど。
この理屈を使えば横綱理論も説明できますね。
「横綱理論とは、奥山さんのための、運をコントロールするためのための物だ」と言ったぐあいに。
Commented by 柴崎力栄 at 2009-04-23 21:17 x
アラスカさん。そうじゃなくて、横綱論とは、将来出来上がるだろう奥山地政学や奥山戦略論を、完成形態として解読して受け取るための公開鍵暗号です。...たぶん
Commented by masa_the_man at 2009-04-24 00:58
アラスカ さんへ

>「横綱理論とは、奥山さんのための、運をコントロールするためのための物だ」と言ったぐあいに。

うーん、面白いんですが、ちょっと分析が甘いですなぁ(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-04-24 00:59
柴崎さんへ

>完成形態として解読して受け取るための公開鍵暗号です。...たぶん

そうですね。まだ理論として完成されているわけではないんですよね。段階としてはまだ「試論」というべきかも。コメントありがとうございました
Commented by アラスカ at 2009-04-24 09:14 x
横綱はまだ試作段階なわけですね。奥山さんはどうやって完成させていくのでしょうか。
Commented by masa_the_man at 2009-04-25 00:32
アラスカさんへ

>どうやって完成させていくのでしょうか。

それは私も教えていただきたいです(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by crikey at 2010-01-28 17:36 x
たまたま見つけたのですが、WaltzのTheory of International Politicsがよーやく安く発売されるようです(発売日: 2010/2/28)。出版社が変わってますね。3000円ちょい。表紙も変わってますね。
www.waveland.com/Titles/Waltz.htm
www.amazon.co.jp/gp/product/1577666704/
それでもこのNeorealism and Its Criticsを買うほうがお得でしょうか?
Commented by masa_the_man at 2010-01-29 05:08
crikey さんへ

>WaltzのTheory of International Politicsがよーやく安く発売されるようです

マジっすか?これはいい知らせです。

>3000円ちょい。表紙も変わってますね。

いいですなぁ。

>それでもこのNeorealism and Its Criticsを買うほうがお得でしょうか?

総合的に考えたらお得だと思います。問題点がわかりますし、ウォルツ自身の反論なんかも含まれておりますので。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-04-22 14:30 | 日記 | Comments(8)