戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

「マッキンダーの地政学」講演会:本日開催

「マッキンダーの地政学」の講演会はいよいよ本日開催です。

気合い入れていきます

■地政学講座シリーズ:第二回目■

<マッキンダーの地政学>

地政学の祖、ハルフォード・マッキンダーの今日的意味を徹底分析!ハートランド理論が教える「地政学の三位一体」と「アメリカの対外政策の源泉」とは?

今回は前回よりも大幅にレベルを上げて、質・量ともに充実させた中〜上級者向けの内容で行います。

具体的な内容としては、前回までに説明された地政学の基本理論を踏まえ、その総合発展形としてのマッキンダーの「ハートランド理論」を中心に、「西洋の戦略観」や「戦略文化」、そして「テクノロジー」というキーワードから地政学を分析していきます。


【日時】

平成21年(2009年)3月07日(土)18:30〜20:30 (開場18:15)

※終了後、懇親会あり(21時から2時間程度を予定)

【会場】

京橋区民館:中央区京橋二丁目6番7号
b0015356_23593116.jpg

アクセス:
東京メトロ銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分
都営地下鉄浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2


【参加費】

講演会(4,000円:お菓子/資料代込み)
  +
懇親会(4,500円)

【お申し込み先】

以下のURLまで。

↓ ↓ ↓ ↓
http://www.realist.jp/so20090307.html

【持ち物】

筆記用具一式、ノート、そして各自の名刺(ネットワーク作りのため)

===

ちなみに第三回目の最後の講座は「スパイクマンの地政学」というテーマで四月上旬頃の開催を予定しております。

それではみなさんと会場でお会いできることを楽しみにしております。
b0015356_13204745.jpg

Commented by 待兼右大臣 at 2009-02-26 21:38 x
今回は参加できます
Commented by うぃすてりあ at 2009-02-27 12:30 x
参加手続きを行ないました。非常に楽しみです。よろしくお願いします。

そういえば、以前奥山さんの先生はネオリアリズムに対して批判的であり、タカ派(?)のコンストラクティヴィストだったとおもうのですが、ネオクラシカル・リアリズムに関してはどうおっしゃっているのでしょうか。ネオリアリズムを理論的出発点としながらも国内政治を重視するネオクラシカル・リアリズムは、ネオリアリズムとコンストラクティヴィズムの中間であると捉えられることもあり、私事ながら注目しているところです。ちょうどネオクラシカル・リアリズムの論文集も出版されたようですので、一度聞いてみたいと思っていました。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0521731925/hatena-ud-22/ref=nosim
Commented by Oink at 2009-03-01 01:59 x
この写真は富士山ですか?

「オーストラリア」という映画が、凄いらしいですね。
第二次世界大戦中、日本兵に対して
アボリジニーと白人が協力してオーストラリアを守った映画で
最後に、アボリジニーに対する謝罪?があるらしいですよ。

そういえば、同時多発テロの直前に開かれたダーバン2001で
奴隷貿易と植民地支配に対しての謝罪と賠償を要求され、
アメリカとイスラエルの代表団が引き上げた事件がありましたっけ。
日本も、南京大虐殺関連で批判されたとどこかで読みました。

以前、ここで書いたことがあるのですが、これも非欧米勢力(おそらく中国)の浸透というか影響力なんですかねぇ?

ttp://geopoli.exblog.jp/8788485/

最近の民主党の安全保障政策は、面白いですねぇ。

小沢の外交・防衛政策は?
ttp://www.youtube.com/watch?v=ecj-Km1YNKw

テレビ東京
民主党は中国との関係を深めることで従属関係になりがちな日本とアメリカの関係に刺激を与えられると見ている。

民主・山岡氏
「中国との関係を良くしていくことはハード面でアメリカへの抑止力になる」
Commented by Oink at 2009-03-01 02:16 x
TBSは、昨夜世界不思議発見で「オーストラリア」を取り上げてました。

韓国の模索:世紀またぐ歴史清算/1 被害者を結ぶ基金構想
毎日新聞 2009年2月19日 東京夕刊

最近、毎日新聞が熱心なのは死刑廃止(名古屋アベック事件)、
フィリピン人の11歳少女と家族の強制退去問題。

現場から:日本人って /神奈川

一部で「非正規滞在」という言葉を使い出していますね。
「不法滞在」じゃ都合が悪いんでしょうか。

New Australia trailer

「大韓航空機爆破事件」の映画とか撮ったら面白いと思うですけどね。
Commented by JJ at 2009-03-01 06:56 x
映画、既にあったような気が。
Commented by エド at 2009-03-01 12:06 x
昨夜の不思議発見では、オーストラリアで捕虜になった旧日本兵が、捕虜になったという事が日本に伝わらないよう、全員偽名を使っていたため身元確認が不可能になったので、オーストラリア政府が慰霊のため旧日本兵の眠る墓地を日本の領土とした、なんて事をやってました。

あと、日本の協力で造ったというオーストラリアの日本庭園は中々素晴らしい物でした。

そんな友好の時代もあったんですね。全然知りませんでした。
今は昔の物語ですかねえ。
Commented by masa_the_man at 2009-03-01 13:42
待兼さんへ

>今回は参加できます

おおっ、それでは楽しみにしております。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-01 13:46
うぃすてりあさんへ

>非常に楽しみです。よろしくお願いします。

ご期待にそえますようがんばります。

>タカ派(?)のコンストラクティヴィスト

私が現在お世話になっている先生は二人いるんですが、これはロンドン大学のC教授のことかも知れませんね。

>ネオクラシカル・リアリズムに関してはどうおっしゃっているのでしょうか。

私の先生は自分で「クラシカルリアリストだ」みたいなことを言っております。私自身は現在この分野の本を訳しておりますのでやや感情移入してしまうところがありますが(苦笑

>ネオリアリズムとコンストラクティヴィズムの中間であると捉えられることもあり、私事ながら注目しているところです。

鋭いですねぇ。

>ちょうどネオクラシカル・リアリズムの論文集も出版されたようですので、一度聞いてみたいと思っていました。

この本は知りませんでした。さっそく注文しました。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-01 13:52
Oinkさんへ

>この写真は富士山ですか?

そうです。江ノ島付近から撮影しました。

>第二次世界大戦中、日本兵に対してアボリジニーと白人が協力してオーストラリアを守った映画

私もイギリスの映画館のトレイラーみた時に「ああなるほど」と思いました。キッドマン自身は「最悪の映画」みたいなことを言っているらしいですね。

>奴隷貿易と植民地支配に対しての謝罪と賠償を要求され、アメリカとイスラエルの代表団が引き上げた事件

そういう報道がありましたなぁ。イギリスは逆に奴隷制廃止の映画を作ってましたが(苦笑

>これも非欧米勢力(おそらく中国)の浸透

彼らは少なくともそう捉えてますね。

>中国との関係を良くしていくことはハード面でアメリカへの抑止力になる

このコメント自体がソフトパワーにやられていると見ることもできますな(苦笑

>一部で「非正規滞在」という言葉を使い出していますね。「不法滞在」じゃ都合が悪いんでしょうか。

そういうことだと思います(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-01 13:54
JJ さんへ

>映画、既にあったような気が。

日本製なんでしょうか?ドキュメンタリー風の番組とかだったらすでに日本でつくられているような気がしないでもないですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-01 13:55
エドさんへ

>オーストラリア政府が慰霊のため旧日本兵の眠る墓地を日本の領土とした、なんて事をやってました。

これは知りませんでした。

>あと、日本の協力で造ったというオーストラリアの日本庭園は中々素晴らしい物でした。

これは欧米なんかにはけっこうたくさんありますよね。いずれもなかなか評価が高いとか。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-03-04 23:25 x
1993年にBBCで放送された「欧米世界大戦前夜」という
2013年のシミュレーションドラマを見ました。

結構面白かったですよ。

中国が「沖縄総領事館」打診、日本側の難色で撤回
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090303-OYT1T00624.htm
サハリンに、日本の外務省が領事館を作ったのは
ロシアの主権を認めたことになると騒いでいたような?!

ブルームの日本人墓地は、壊されてたはずですけど?
日本人の墓118基、荒らされる=捕鯨に抗議か?-豪(2006/09/06)
■英文記事
Children admit desecrating Japanese cemetery. 15/09/2006. ABC News Online
http://www.abc.net.au/news/newsitems/200609/s1741864.htm

そういえば、天皇がサイパンに訪問した後、韓国人が抗議活動とかしていましたね。
そういえば、天皇と戦争といえばこんなニュースがありましたっけ。

両陛下の真珠湾訪問を検討 和解象徴、7月軸に日程調整
ttp://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030101000447.html
Commented by エド at 2009-03-05 13:22 x
ブルームではなくカウラのようです
http://www.ozpro.net/topics/cowra.html

http://www.iec-oceania.com.au/cowra/index.htm
こちらのページにある「カウラ集団脱走と捕虜収容所について」というPDFファイルが詳しいです。

日本人は外国人捕虜を徹底的に虐待したのに、そうしなかったオーストラリア人は偉いという視点で書かれてますが。
あと、日本兵収容所に入っていた韓国人捕虜が日本兵が脱走しようとしていると密告したので之を防げたなど書いてあります。

しかし、ブルームで日本人墓地破壊なんてあったのなら、それも放送して欲しかったです。
「あなたの知らない感動大陸オーストラリア」というタイトルでは無理でしょうけど。
Commented by masa_the_man at 2009-03-05 20:47
Oinkさんへ

>「欧米世界大戦前夜」という2013年のシミュレーションドラマ

こういう番組って日本じゃ絶対作られませんね(苦笑

>中国が「沖縄総領事館」打診、日本側の難色で撤回

着々と狙ってますね。

>日本人の墓118基、荒らされる=捕鯨に抗議か?

彼らにとっての宗教ですからね、これは。それにしても彼らも大陸人と同じようなことするんですなぁ。

>両陛下の真珠湾訪問を検討 和解象徴、7月軸に日程調整

これの政治的な意味は大きいですねぇ。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-05 20:49
エドさんへ

>日本人は外国人捕虜を徹底的に虐待したのに、そうしなかったオーストラリア人は偉いという視点で書かれてますが。

ははは、これが「正統性の戦い」というやつですね。

>「あなたの知らない感動大陸オーストラリア」というタイトルでは無理でしょうけど。

こういう番組はあえて政治色を徹底的に排しますからねぇ。それにしても映画の「オーストラリア」を観光宣伝に使うオーストラリアの神経もかなり図太いと逆に感心してしまいます。コメントありがとうございました
Commented by Oink at 2009-03-05 21:06 x
エドさんへ

あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった〜カウラ捕虜収容所からの大脱走〜
こんなドラマが、昨年日本テレビによって放送されていたんですね。

太平洋戦争における、日本兵捕虜の問題といえばこんな本も。
孤高の鷲―リンドバーグ第二次大戦参戦記

ドイツの苦しみを直視せよ
Facing German suffering, and not looking away
(ドイツの苦しみを直視せよ)
By Nicholas Kulish
IH:Friday, February 27, 2009
ttp://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/623dccb19cb85e9c7ac0d52e3c75b039

「知ってますか、逆転するナチスと日本の評価」(06/09/26)
こんな記事があった事を思い出しました。

オーストラリアといえば、美味しんぼの作者が多文化共生とか
持ち上げまくって、移住していたことを思い出します。
Commented by エド at 2009-03-05 21:44 x
>>孤高の鷲―リンドバーグ第二次大戦参戦記
この本が孫引きされている記事は読んだ事がありますが、恥ずかしながら原典を読んだ事はありませんでした。すでに廃刊なんですね、図書館で捜してみます。

>>こんな記事があった事を思い出しました。
これはプロバガンダ戦における文明の衝突ですね。日本が気付いていないので、争いにさえなってませんが。

>>美味しんぼの作者が〜
あの作者のせいで私も、自虐史観を植え付けられて育ちました。
Commented by WD at 2009-03-07 01:32 x
さすがに今から申し込みはもう無理ですよね。。。
Commented by 山田洋行 at 2009-03-08 02:25 x
奥山様
お疲れ様でした。今回は中上級者向けということで期待しておりましたが、想像以上で後半のテクノロジーの説明は脳汁が出っぱなしでした(笑)
これは来月のスピークマンも期待せざる得ません。待ち遠しいです。


参加者の皆様
お疲れ様でした。特に懇親会では様々な色々な話題で盛り上がり実に有意義でした。
次回もまたよろしくお願いします。
Commented by masa_the_man at 2009-03-10 00:15
Oinkさんへ

>僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった

いいタイトルですねぇ(笑

>孤高の鷲―リンドバーグ第二次大戦参戦記

ああ、これは私も読みかけた記憶が・・・

>ドイツの苦しみを直視せよ

この記事は私もこの前切り取りました。基本的に白人同士ですから彼らの中にもどこかでシンパシーがあるわけで。

>オーストラリアといえば、美味しんぼの作者が多文化共生とか
持ち上げまくって、移住していた

アホですねぇ。たしかに表向きは多文化共生は唱えられておりますが、その反動もあるということを知っておかないとまずいですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-10 00:16
エドさんへ

>プロバガンダ戦における文明の衝突ですね。

そういうことですね。

>あの作者のせいで私も、自虐史観を植え付けられて育ちました。

私はあまり真面目に読まなかったので被害を免れたのかも知れません(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-10 00:18
WD さんへ

>さすがに今から申し込みはもう無理ですよね。。。

返信遅くなってすみませんでした。実はキャンセルが少し出たので席は空いておりました。次回はダメ元でご連絡下さい。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2009-03-10 00:20
山田さんへ

>想像以上で後半のテクノロジーの説明は脳汁が出っぱなし

脳汁ですか(笑)とにかく楽しんでいただけたのであればよかったです。

>来月のスピークマン

これは予定変更で「再来月」になりそうです。いましばらくお待ち下さい。

>特に懇親会では様々な色々な話題で盛り上がり実に有意義でした。

本当に懇親会では刺激的な話が色々と出て面白かったですね。私も逆に多くのことを勉強させていただきました。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2009-03-06 12:00 | 日記 | Comments(23)